FC2ブログ

新型コロナウイルスは人工のウイルス?

 エイズ ウイルス(HIV)を発見したことで2008年にノーベル生理学医学賞を受賞したフランスのリュック・モンタニエ博士が、「新型コロナウイルスは中国武漢にあるウイルス研究所から事故的に漏洩してしまった、人工操作されたウイルスだ」と発言しました。もともと、噂があった話ですが、ノーベル賞受賞博士の発言だけに、人々の関心を集めています。



 博士は発表の中で、新型コロナウイルスSARS-CoV-2の中にエイズウイルス(HIV)が含まれていると語りました。モンタニエ博士とタッグを組んでいる数学者ジャン・クロード・ペレズ氏によると、「これは時計職人が行うような精密なもので、自然に存在することはあり得ない」としています。武漢のウイルスセンターはもともとダニ媒介ウイルスの研究から始まり、長くコロナウイルスの一種であるSRASやエボラウイルスの研究をしているといいます。

 モンタニエ博士によると、自分たちより先にインドの科学者が同様の研究発表をした、とのこと。しかし、それらはどういう理由かわからないけれど強い圧力によって却下されてしまったのだといいます。研究論文は削除され、URLには論文のタイトルしか残っていません。モンタニエ博士は「自分はもう高齢(87歳)だし、圧力など怖くない。科学的な真実というものは必ず明らかになるものだ」と語りました。

 フランスのテレビ局BFM TVワシントン特派員の報告によると、アメリカの政府関係者が、「武漢ウイルス研究所にいた研究生が誤って感染し広めた可能性がある」と語ったといいます。新型ウイルスが人工的であると信じる科学者はまだ少ないのですが、人工的ではないにしても、武漢ウイルス研究所となんらかの関わりがあってもおかしくないと考える人が増えつつあります。そこへ来ての、今回のモンタニエ博士の発言、この問題の解明が進むかもしれません。


新型コロナウイルスの中のHIV要素は時間と共に消える!

 モンタニエ博士によると、このコロナウイルスの改変された要素は、感染が拡大していくにつれて排除されるとして、以下のように述べました。

「自然にある存在は、分子の人為的な改変を一切受け入れないのです。自然の存在は、これらの不自然な変化を排除していきます。特別、何もしなくても、このような人為的な改変は消えていきます」

「そのために、状況は次第に良くなっていくでしょうが、残念ながら、それは多くの人々の死を伴った後になってしまうかもしれません」

 そして、モンタニエ博士は次のように述べています。

「(ウイルスの)干渉波の影響の中で、ウイルスの中の人為的な配列が排除されていき、結果としてパンデミックは止まるでしょう」

 モンタニエ博士は、誰かを非難するようなことをしたいわけではありませんが、中国人科学者たちが、彼らの研究室で起こったことを彼ら自身が認めることを期待しているといいます。博士は「いずれにせよ、真実は必ず出てきます」と言っています。「自然にある存在は、分子の人為的な改変を一切受け入れないのです」

 博士は、「エイズのワクチン開発のためのウイルスが流出した」という説を主張し、武漢の研究所では、まだ世界に登場していない「エイズウイルスのワクチン」を開発するために、得意分野であるコロナウイルスを用いていたようだといいます。

 また「人間は 2種類以上のウイルス感染を同時に発症することはない」という原則があります。人為的な操作から元に戻ったコロナウイルスが、人為的なウイルスに干渉して消していくといいます。新型コロナウイルスは、長い時間はかかるのかもしれないですが、感染の拡大の中で、「元に戻る変異」を続けていき、そして、最終的に「単なるコロナウイルス」に戻っていきSARS のような感染力が弱いコロナウイルスに戻っていくと思われます。


参考文献

HIVを発見したリュック・モンタニエ博士によると、中国のコロナウイルスは人工ウイルスです。

スポンサーサイト



指定難病に認定されました。

 1月27日にさいたま市保健所疾病対策課宛に申請した指定難病医療給付が、やっと認定されました。保健所は新型コロナウイルス対策で、多忙を極めているのは理解できますが、認定まで2か月と20日かかった理由は全く理解できません。お役所仕事の典型です。

 さいたま市の保健所長は、PCR検査をすると新型コロナウイルスの患者が増えるので、なるべく検査しないようにと指示した、全国でも悪名高い

保健所長です。市長は誤解されかねない発言があったと言い訳をしていましたが、言い訳せずに即刻解任すべきです

 全国でも一番遅れた医療体制のさいたま市で、新型コロナウイルスに感染したら、命はありません。

 飛沫感染は何とか防げても、まだ感染経路が解明されていない接触感染の予防策は、常に携帯用アルコールスプレーを持ち歩き、買い物などの前後に手にスプレーして防御しています。

 帰宅した後は購入した物を、次亜塩素酸水を入れた超音波加湿器のミストを潜らせています。厚生労働省は次亜塩素酸水の効果を認定していませんが、かなり前から医療機関で使われている滅菌方法で、アルコール消毒では効果がないノロウイルスやロタウイルスにも有効だといいます

 話は逸れましたが、指定難病医療給付は月額5,000円を超えた分の治療費が給付されることと、薬価が高い薬が処方されることになります。私の場合、対症療法として唯一の薬、セレジストが処方される予定です。



 この高価な薬を1日2錠服用するので、1か月の薬代は以下のようになります。

セレジスト錠の場合(先発品)

927.2×2×28=51,923(円)

タルチレリン錠の場合(ジェネリック)

405.7×2×28=22,719(円)

 健康保険の自己負担額は1割なので、1ヶ月の薬代は5,130円又は2,270円です。私は他の薬代がおよそ1,600円かかるので、ジェネリックを選んだ場合、合計が3,870円となり指定難病医療給付はありません。

 指定難病に認定されなければ処方されない薬が飲めるので、それに満足するだけです。治療できない難病なので、この薬が少しでも効果があることを期待します。

免疫力を高める

免疫力とは

 免疫とは体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムです。免疫の仕組みは実に精巧にできており、いくつもの免疫細胞が協調しあって働いています。

 人間の身体の中では毎日、ガン細胞などの異物(身体に害をもたらす細胞)ができますが発病しないのは、さまざまな免疫細胞が連動し、ガンなどをを死滅させるために働いているからです。もし、免疫というシステムが体から無くなったら、私たちはすぐに何らかの病気にかかってしまいます。

 そこで万が一COVID-19に感染した場合、重症化を避けるためには自らの免疫力を高めておくことが必要です。もちろん私のような高齢者は、そもそも免疫力が落ちているので、感染すれば重症化しやすくなります。

 免疫力を高めるためにはどうしたらよいか調べてみました。


① 質の良い睡眠をとる

 睡眠時間を確保することも大切ですが、質の良い睡眠をとることで免疫力が上がります。睡眠の質を高めるためには、寝る2時間前は食べないようにします。私の場合、7時の軽い夕食の後は水しか飲みません。軽い飲酒は睡眠効果を高めますが、おつまみは一切厳禁です。

 また昼寝は30分以内にします。時間が長いと、就寝時刻が遅くなりがちで、質の良い睡眠がとれなくなります。就寝時刻も毎日同じ時刻で8時間の睡眠をとり、決まった時刻に起きるようにします。


② 運動で筋力アップ

 体温が1度低くなると免疫力が約30%低くなるといわれています。筋肉量と体温は比例しており、筋肉をつけることで体温アップ、基礎代謝の向上に繋がります。特に、大きい筋群を鍛えるとより効果が出やすいといいます。胸・背中・脚などの筋肉を意識的に使ってみましょう。

 またストレッチも血流の促進やリラックス効果、疲労回復の効果があります。運動とストレッチはセットで行うと理想的です。


③ 腸内環境を整える

 免疫細胞の約70%が腸の中に暮らしている為、腸内環境を整える事は免疫力アップに繋がります。バナナなど食物繊維豊富な食品、発酵食品ヨーグルトや乳酸菌飲料などがオススメです。また、免疫力を上げるには体温を上げる食品も大切です。しょうがニンニクタンパク質などがあります。

 反対に免疫力を下げる食品は、食品添加物、合成着色料、保存料などの化学的な添加物です。極力摂らないよう心がけましょう。

 また、腸内環境を整えるためには毎日一定量の便通が必須です。1日でも便通がないと腸内環境が悪くなります。便秘は免疫力の低下に繋がります。


④ 入浴で身体を温める

 ゆっくり入浴することは身体を芯から温め、全身を心地よくほぐしながら免疫力を高める良い方法です。38~40℃ぐらいのお湯に、20~30分ゆっくり浸かるようにします。

 私は浴槽にバブルバスBadedasを入れて泡立て、先日購入した防水スマホAquosSense3でYouTubeなどを見ていると、あっと言う間に20~30分が経過します。 


⑤ ビタミン剤を服用する

 ビタミンCは、風邪やインフルエンザなどの感染症の時、その必要量が増加します。ビタミンCを必要量1日100mgを食品だけで摂るのは大変です。そこでサプリメントを服用します。

 免疫力を高めるにはビタミンA、ビタミンE、ビタミンDなども必要です。

 

 ビタミンDには細菌やウイルスを殺す「カテリジン」というタンパク(抗菌ペプチド)を作らせる働きがあります。ビタミンDは食べ物から摂る以外に紫外線を浴びることで体内に合成されますので、紫外線が減少する冬場はビタミンDが減少し抗菌ペプチドも減少。風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。暖かくなった今日この頃、人込みを避けて公園などでたっぷり太陽を浴びましょう。

 しかし食事だけでは不足することもあるので、私はマルチビタミンのカプセルを毎日服用しています。自己防衛システムを高めることで新型コロナウイルスに対抗しましょう。

超音波加湿器による次亜塩素酸水の噴霧

 先月からCOVID-19の対策としてバイオ抗体フィルターを付けた空気清浄機、DAIKINストリーマーを24時間使用していますが、そのおかげで室内の空気がとても綺麗になったように思います。料理をするときはもちろん換気扇を回しますが、換気扇を止めても室内にこもった料理の匂いも、数分で消えてしまいます。

 しかしバイオ抗体フィルターはどこまでCOVID-19に有効かは検証されていないので、一部の医療機関で使われている超音波加湿器次亜塩素酸水を入れて噴霧する方法を試みることにしました。

 感染者が出た施設などで、次亜塩素酸水を使った消毒の様子は、テレビ画像などでよく流れますが、この方法では表面をふき取るだけで、細部に入ったウイルスを除去することはできません。

 そこで次亜塩素酸水超音波加湿器で噴霧すれば次亜塩素酸水ミストが室内に充満し、毛髪や衣服に付着したウイルスも感染力が失われるはずです。

 次亜塩素酸水は野菜などの消毒にも使われ、口に入れたり、次亜塩素酸水を含んだ空気を吸い込んでも無害です。


 

 次亜塩素酸水を噴霧するにはこれに対応した超音波加湿器が必要です。普通の超音波加湿器に使用すると、金属が腐食して使えなくなります。

 次亜塩素酸水を超音波加湿器に使用するときは、50ppmに希釈します。通常販売されている次亜塩素酸水は500ppmなので10倍に薄めますが、ppmが低下しやすく短期間で通常の水になってしまいます。原液でも使用期限は製造から3か月です。水に溶かす粉末も販売されているので、この方が使いやすそうなので思案中です。

 最後に次亜塩素酸水次亜塩素酸ナトリウムは用途が異なります。次亜塩素酸ナトリウムは漂白剤にも使われ、pHが高く強アルカリ性 原液が身体に付着すると化学火傷を起こし、ひびや水泡ができます。

 次亜塩素酸水pHが6.5くらいの弱酸性で口に入れても無害です。しかも殺菌力次亜塩素酸ナトリウムよりも強いといわれます。

 新型コロナウイルスの対策を講じているうちに、自宅は通常のクリニック以上の防御策をとることになってしまいましたが、COVID-19飛沫感染と接触感染が主な感染経路だといわれるので、外出時は手で目、鼻、口を絶対触らず、店や人込みに中ではハンカチなどで作ったマスクで鼻と口を覆い、帰宅した時は何処にも触らず、石鹸で手を丁寧に洗えばまず感染することはないでしょう。

自家焙煎珈琲リフォルメ

 自宅近くの住宅街にある自家焙煎珈琲店リフォルメは、カフェではなく珈琲豆の量り売り専門店です。店主は山谷にある名店カフェ・バッハで修行し、およそ10年程前に嫁さんの実家の庭に小さな店を作ったそうです。



 喫茶店ではありませんが、コーヒーを買わなくても好みのコーヒーを一杯250円で試飲できます。しかし席は1つしかありません。

 店主は話し好きの読書家でインターネット情報にも詳しく、しっかりとした思想の持ち主です。勿論コーヒーの淹れ方もこと細かく指導してくれます。

 コーヒー好きの私は週に一度はお邪魔して長い時間話し込んでしまい、いつも迷惑をかけています。

 しかしコーヒーのような嗜好品は一度味わうと病みつきになり、今ではスーパーで売っている、ブランド品の挽いた豆を買う気にはなりません。

 このたび店主の許可を得てこのブログを書きました。私の文章より下記のホームページにアクセスしてみてください。


coffee REforme 自家焙煎珈琲リフォルメ