FC2ブログ

YOGA BOOK Androidを購入

 スマホが普及したため、今の大学生はスマホで卒業論文を書くといいます。つまりWindows PCの使い方を知らないからです。

 Windowsは20年以上前に開発されたOSで、現在のWindows 10になるまではトラブルも多く、とても出来の悪いOSでした。今でも毎月定例のアップデートや、年2回の大規模アップデートなど、メンテナンスが煩わしく、余計な時間をとられます。

 そこでスマホと同じAndroid OSが使えるキーボード付きのPCを探したのですが、Androidは殆どがタブレットで、唯一 LenovoのYOGA BOOKしかありませんでした。



 YOGA BOOKの最大の特徴は、デジタイザーを兼ねるキーボード「Halo Keyboard」で、キーはLEDでその輪郭が浮かび上がり、物理的な凹凸は一切ありません。タイピングをすると振動によるフィードバックがあり(振動はOffにもできます)、タブレットのオンスクリーンキーボードの入力感に近いのですが、入力には慣れが必要です。キーボードのホームポジションの突起もないので、ブラインドタッチは難しいかもしれません。

 またユニークなのがデジタイザー機能で、右上のペンのマークをタップすると、キーの輪郭が消えて、表面が真っ黒になり、デジタイザーとして使えます。ワコムのfeel IT technologiesに対応し、繊細な筆圧検知も可能で、付属のペンを使って文字や絵を書くことができます。キーボードに紙や厚いノートを置いた状態でも、筆記が可能です。



 YOGA BOOK使い方はスマホとほぼ同じで、Windows PCには対応していないAndroid用アプリが多数あり、またWord、ExelやPower Pointの代わりにGoogle Driveを使えば、ブログの下書きや表計算、プレゼンテーションの原稿などにも活用できます。

 CPUはAtom x5-Z8550で非力ですが、Androidは軽快なOSなのでストレスを感じません。ディスプレイが10.1型と小さいので、Micro HDMI出力ポートから大型ディスプレイに繋いで使うことも考えています。

 私はWindows 10のPCを5台所有していますが、今後は YOGA BOOK AndroidメインPCになりそうです。

 なお初期状態ではAndroid6.0がインストールされていましたが、間もなくアップデートされ、現在はAndroid7.11で動いています。

 本体サイズは256 x 170 x 9.6mm、質量は約690gで、今話題のSurface Goとほぼ同じサイズですが、Surface Goはキーボードを付けると765gになるのでYOGA BOOKの方が75g軽く、ノートPCですからディスプレイの角度が自由に調整できます。私はSurface Goより遥かに魅力を感じます。スマホしか使えない若者でも使い方はスマホとほぼ同じなので、キーボードに慣れれば、長い文章を書くには最適です。

 Halo Keyboardデジタイザーは未来を先取りした機能で、この優れたノートPCがなぜブレイクしないのか、とても不思議です。
スポンサーサイト

自転車エルゴメーター(エアロバイク)を購入

 私の疾患は筋肉が硬直するのも特徴の一つです。今まで1日7,000歩を目安にウオーキングを続けてきましたが、7月に入ってから暑さのため室外はは歩けず、仕方なく車で近くのショッピングモールに行き、冷房の効いたモール内を2時間くらい歩き、スターバックスやドトールでコーヒーとサンドウィッチを食べてから帰宅するという日課でした。

 その後入院することになり、運動不足で足腰が衰えてしまいました。よく入院するとかえって悪くなると言われますが、その多くは運動不足が原因です。

 そこで購入したのが自転車エルゴメーターです。これがあれば暑い日でも雨の日でも、冷房を入れた室内でエクササイズができます。



 LCDモニターが装備され、時間、走行速度、走行距離、カロリー、積算走行距離、心拍数がわかります。

 スポーツクラブにあるような立派なものではありませんが、小さいサイズにもかかわらず重量が20kgあり、左右も安定しており予想以上にしっかりした構造です。

 まだ使い始めたばかりですが、トレッドミル(ウオーキングマシン)と異なり、モーターが付いていないので静音で、下の階にも音が伝わらず、近所迷惑にもなりません。

 私は昨年購入したAbee AFFINITY E101(PC)を、VESAマウントで取り付けた小型ディスプレイを正面に設置し、NETFLIXAmazon Videoを観ながら1日2回、1回に約45分間(Videoの1シーン)トレーニングをしています。

 リハビリ用としてだけではなく、室内でできるエアロバイクによるダイエットにも最適です。 TVを見ながらダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。Amazonで15,000円程度で購入できます。

退院しました。

 昨日、8月7日立秋初日に退院しました。二十四節気に合わせたように猛暑から解放され、雨にも濡れずに自宅に戻ることができました。

 検査入院なので、1週間くらいで終わると思っていましたが、4週間の入院になってしまいました。今後数か月通院して検査を受けたのち、正式な疾患名が決まると思います。


核医学(RI)検査


 ブログ上で疾患について詳しく書いても良いのですが、私的なことで興味を引く話題ではないので、難病の疑いありとだけ書いておきます。簡単にいえば、もともと頭が良くないのに、時間とともに徐々に脳幹や小脳が劣化する疾患です。(認知症やアルツハイマー病ではありません)


脳血流シンチグラフィー


 入院中はタブレットを病室に持ち込み、情報集めをしていたので、これらを題材に後日ブログを書きたいと思っています。

 更新のペースは週に1回程度で再開しますが、次回の更新日は未定です。時々アクセスしていただければ幸いです。

検査入院しました。

 ブログの更新が止まっていますが、実は原因不明の疾患のため、7月18日(水)に某大学病院に入院しました。検査の結果がまだ出ず、退院できるのは立秋頃だと思います。

 皆さんが今年の猛暑に耐えている中、空調の効いた病室で快適に過ごしていると、とても申し訳ない気分にもなります。

 体調は5月にアメリカ旅行した時とあまり変わりませんが、計画したグランドキャニオン観光は、無理かもしれません。

 しばらくブログは中断します。退院したら再開するつもりです。 

グランドキャニオン旅行計画

 来年の5月頃、5回目のアメリカ旅行を考えています。次回は5泊6日グランドキャニオンに行く予定で、今から計画を立てています。



 ロサンゼルス空港からグランドキャニオンの入口の町Williamsまで約500マイル(約800Km)。東京~広島くらいの距離で、休まずに走ると、およそ8時間くらいかかります。ラスベガスから行った方が近いのですが、ヒストリック・ルート66走り、途中砂漠の町に1泊して、アメリカのローカルな生活も見たいと思っています。また今年5月の旅行では散策できなかったパームスプリングスの繁華街にも立ち寄る予定です。

 運転時間は午前中2~3時間。1時間の昼食と休憩のあと2時間走れば、3時過ぎには次の街のホテルにチェックインできます。つまりLAから日帰りでサンディエゴを往復するのと同程度のドライブですから、それほど無理な運転ではありません。そこで次のようなスケジュールを組みました。


1日目 パームスプリングスを経由してブライスまで



15:15 HND発

09:00 LAX着

09:30 レンタカーで出発

11:30 パームスプリングス着 散策と昼食

13:30 パームスプリングス出発

15:30 ブライス着 Clarion Inn Blytheに1泊




2日目 カセドラルロックを観光してウイリアムズまで



09:00 ホテルを出発

13:00 セドナ(カセドラルロック)で休憩、昼食


カセドラルロック


14:00 セドナ出発

15:30 ウイリアムズ着 Ramada by Wyndhamに2泊




3日目 グランドキャニオン~アンテロープキャニオン観光




アンテロープキャニオン



4日目 ヒストリック・ルート66を走りニードルズまで



10:00 ホテルを出発

12:00 ハックベリーで休憩、昼食

14:00 ハックベリー出発

15:00 ニードルズ着 Quality Inn Needlesに1泊




5日目 バーストーを経由してノース レドンドまで


10:00 ホテルを出発

12:00 バーストーで休憩、 昼食

13:00 バーストー出発

15:00 ノース レドンド着 Best Western Innに1泊



6日目 帰国

08:30 ホテルを出発

09:00 レンタカー返却

11:00 LAXより帰国


 もっと時間をとってグランドサークル巡りも考えたのですが、体力的に一人では無理なので、カセドラルロック、グランキャニオン及びアンテロープキャニオンに絞りました。事前にビューポイントを調べて、じっくり観光してきたいと思っています。