マグネシウムの多い食品が心筋梗塞のリスクを低下

 魚や大豆などの食品に含まれるマグネシウムを多く摂取している人は、心筋梗塞などを発症するリスクが3~4割低いという調査結果を、国立がん研究センターなどがまとめました。マグネシウムを多く含む魚や果物、野菜、豆類、海藻などをよく食べることが望ましいといいます。


2.jpg


マグネシウム摂取量が増えるほどリスクが低下

 「JPHC研究」は日本人を対象に、さまざまな生活習慣と、がん・2型糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究です。「食事からのマグネシウム摂取量と虚血性心疾患発症との関連」研究は、国立がん研究センターと国立循環器病研究センターが共同で実施したものです。

 今回の研究では、岩手、秋田、長野、沖縄、茨城、新潟、高知、長崎に在住していた、1995年と98年に45~74歳だった男女8万5,293人を対象に、約15年追跡して調査し、食事からのマグネシウム摂取量と虚血性心疾患との関連を調べました。

 カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルは必須栄養素で、これらを多く摂取すると脳卒中や虚血性心疾患の予防に有効であることが報告されていますが、日本人を対象とした研究は少ない。研究チームは、食事からのマグネシウム摂取量を、アンケート調査の結果から5等分(Q1~5)に分け、循環器疾患(脳卒中および虚血性心疾患)発症率を比較しました。調査期間中に4,110人が脳卒中を、1,283人が虚血性心疾患を発症しました。解析した結果、虚血性心疾患の発症リスクは、男女とも、食事からのマグネシウム摂取量が増えるほどリスクが低下する傾向がみられました。


男性で虚血性心疾患の発症リスクが34%低下

 ただし、マグネシウムを多く摂取している人は、ナトリウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルも多く摂取している傾向があり、マグネシウムのみが影響しているかは判別できないので、研究チームは、ナトリウム、カルシウム、カリウムの摂取量を調整した分析を実施しました。

 その結果、男性では、食事からのマグネシウム摂取量がもっと少ないグループに比べ、もっとも多いグループで、虚血性心疾患の発症リスクが34%低いという結果になりました。女性では、摂取量が一番少ない群に比べ、摂取量が中間の群で有意差がみられ、虚血性心疾患の発症リスクが39%低いという結果になりました。

1.jpg

マグネシウムは血糖値と脂質値に影響

 過去の研究では、食事でマグネシウムが足りないと虚血性心疾患の発症リスクが高まることが報告されています。マグネシウムの欠乏は、血圧上昇、血糖代謝低下、動脈硬化促進、脂質代謝異常など、虚血性心疾患の要因と関連しています。

 動物実験では、高マグネシウム食を与えると血糖値と脂質値が下がるという結果になりました。これらはマグネシウムを摂取することが、循環器疾患の予防に効果的であることを示しています。研究チームは、「マグネシウムは魚、果物、野菜、大豆に多く含まれ、これらの食品を多く摂取することで、循環器疾患の予防が期待できる」とまとめています。多目的コホート研究の先行研究でも、魚、野菜・果物、大豆製品の摂取により、循環器疾患の発症リスクの低下が報告されています。

(保健指導リソースガイドより)

スポンサーサイト

アルコールを飲むのをやめると、体に起こる7つの驚くべき事

photo.jpg


1.寝付きが良くなる

 2015年にメルボルン大学のMelbourne School of Psychological Sciencesが発表したアルコール依存症に関する研究によると、アルコールは睡眠を妨害する性質を持つため、夜に目覚めたりイライラしてストレスを感じたりする原因になり、日中に眠気が続いてしまうことがあるとのこと。飲酒をストップすると夜間の睡眠の質が向上するため、目覚めが良くなり、一日をリフレッシュした気分で過ごせるようになることが科学的に証明されています。


2.がんになるリスクが減少する

 アルコールの飲み過ぎが肝臓に悪影響を及ぼすことは周知の事実ですが、アメリカ国立がん研究所によると、乳がん・頭頸部がん・食道がん・大腸がんを引き起こす可能性もあるとのこと。日常的にお酒を飲む人は、断酒するだけで肝臓がんを含む5つのがんリスクを遠ざけることができるわけです。


3.節約になる

 1本1000円のワインのボトルを買う代わりに、数百円で買える水や炭酸水にすればお金の節約になるのは明らか。バーでお酒を飲めば1杯のカクテルで500円以上かかり、場合によってはグラス1杯の炭酸水で数百円を支払うことになります。


4.食べ過ぎなくなる

 National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism(アルコール乱用・アルコール依存に関する国立研究所)の調べでは、適度な飲酒量を守っていても、お酒を飲んでいる間はお酒を飲まない人より食べる量が多くなることがわかっています。


5.ダイエットになる

 4番の「お酒を飲むと食べ過ぎてしまう」ということは、お酒を飲まなければ自然と食べる量が適量になるということ。ピザなどのジャンクな食べ物はお酒のいいお供になりますが、食べ物のデータベースサイト「MyFitnessPal」によると、冷凍マルガリータには1枚あたり300kcal、および糖分が23g含まれています。また、カクテルの種類によっては食事と同レベルのカロリーを含むことがあるため、お酒飲まなければ不要なカロリーをカットすることができます。


6.肌がきれいになる

 アルコールを飲むと脱水と炎症を引き起こし、肌に深刻なダメージを与えます。お酒をやめることは肌にみずみずしさを与えるだけではなく、壊れた血管が減少することで肌の色も良くなるそうです。また、同年齢で20年以上飲酒している人とそうでない人は10歳以上の年の差があるように見えることもあり、お酒を飲まなければ老化の速度を抑えることも可能です。


7.胃酸の逆流が減る

 アメリカ国立医学図書館の発表によると、アルコールは胃と食道の筋肉を弛緩させ、胃酸の逆流を起こしやすくなることがあり、「胃食道逆流症(GERD)」の発症リスクになる可能性があるとのこと。もし胸焼けなどの症状が長く続いているのなら、アルコールを少なくしてみると改善するかもしれません。

 このようにお酒を飲まないことでさまざまな利点が得られるわけですが、継続的に飲酒を続けていた人は、禁酒後の数日間に体の震え、不眠、不安感、ゆううつ、発汗などのさまざまな離脱症状に悩まされる可能性があります。しかし、1週間後には禁酒による利点を体で感じられるようになるとのことです。

(LittleThings.com、Gigazineより)

胃がんの多い日本人 原因はピロリ菌が作るタンパク質

 日本人には胃がんが多いが、その背景にはピロリ菌が作るタンパク質の結合様式の違いがある――そんな研究結果を9月20日、東京大学の研究グループが発表しました。これまでも胃がんの発症にはピロリ菌への感染が関わっていると考えられており、日本を含む東アジア諸国と欧米のピロリ菌には発がん性の強さに違いがあったが、その原因は分かっていませんでした。今回の研究で、東アジアと欧米のピロリ菌には生産するタンパク質の構造に違いがあり、それが発がん性の高さの違いにつながっていることが判明したといいます。

 ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、ヒトの胃粘膜にすみつく病原細菌で、感染すると胃潰瘍(いかいよう)や萎縮性胃炎を引き起こすほか、胃がんの発症原因にもなるといわれています。研究グループによると、発がんの過程にはピロリ菌が作り出す「CagA」(キャグエー)というタンパク質が関わっており、これがヒトの胃細胞に侵入して「SHP2」という酵素と結び付くことで、SHP2が異常に活性化し、細胞のがん化が促進されるとしています。


1.png


 中でも日本を含む東アジアにまん延するピロリ菌が生み出すCagAは、欧米型CagAに比べてがん発症への影響が強いとされていたが、両者の違いがどのようにして生まれるかは分かっていなかったといいます。


3.png


 今回研究グループは、2種のCagAを原子レベルで分析し、アミノ酸残基の違いによる立体構造の違いが発がん活性に影響していることを解明。欧米型の持つアスパラギン酸残基よりも東アジア型の持つフェニルアラニン残基の方が、よりCagAとSHP2の結合を安定化させるといいます。また、この安定した結合が胃細胞のがん化を強力に誘導するとしています。


2.png


 今回の研究は、胃がん発症のメカニズムの科学的な解明に役立つほか、胃がんの予防や早期治療の開発などにもつながる可能性があるといいます。研究成果は、米国の科学誌「Cell Reports」(オンライン版)に9月19日付(アメリカ東部時間)で掲載されました。


http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457530_01.pdf


(ITmedia News、日経速報より)

中国がガソリン車禁止へ

 中国政府は将来、ガソリン車やディーゼル車の製造・販売を禁止する方針です。英仏が7月に2040年までの禁止を表明したことに追随し、導入時期の検討に入ったといいます。電気自動車(EV)を中心とする新エネルギー車(NEV)に自動車産業の軸足を移します。世界最大の自動車市場である中国の動きは、大手自動車メーカーの成長戦略や世界のEV市場に影響を与えるのが確実です。


NEV.jpg


 中国天津市で開かれた自動車産業のフォーラムで、工業情報化省の辛国斌次官が9日に「複数の国がガソリン車やディーゼル車の製造販売のロードマップを明らかにしましたが、工業情報化省も研究に着手しました。将来は関係部門と一緒に我が国のロードマップを作っていくだろう」と述べました。

 中国政府はEVやプラグインハイブリッド車(PHV)を中心とするNEVに注力する方針を示しており、その一環とみられます。4月に発表した中長期計画では16年に50万台にとどまったNEVの販売を25年に従来計画の2倍弱にあたる700万台に上方修正したばかりです。

 中国政府がガソリン車などの製造・販売の禁止検討に着手する背景には、北京など多くの都市で大気汚染が深刻になっている事情があります。さらに、ガソリン車などでは日米欧の大手メーカーに対抗することが難しいため、NEVで世界を代表する中国企業をつくり出す思惑もあります。

 中国の自動車メーカーの業界団体幹部はNEVの振興策について「国内企業の保護が目的ではない」と指摘します。中国政府が最大で1台当たり100万円程度の補助金を出しても、16年の販売台数は全体の2%にも満たなかったのは、比亜迪(BYD)など中国メーカーが魅力ある商品を投入できなかったことが要因です。

 NEVのテコ入れを狙って、中国政府は外資大手にNEVに限り従来認めていなかった3社目の合弁を解禁してブランド力を持つNEVを開発させる方針。18年からは自動車メーカーに、一定比率のNEVの製造販売を義務付ける規則を導入する方向で調整を進めています。



 中国の16年の新車販売台数は2800万台で、米国の1.6倍、日本の5.6倍に達するため、世界の大手メーカーもNEV分野に力を入れる方針です。中国市場でシェアを争う独フォルクスワーゲン(VW)と米フォード・モーターはNEVの3社目の合弁を決めました。米EV大手のテスラも中国での現地製造を検討しています。日本も日産自動車やトヨタ自動車が現地生産や新型車の投入など対応を加速する構えです。

 中国政府は4月に外資系自動車メーカーが同国で製造合弁する際の出資規制を緩和する方針を表明しました。25年を目標に50%と定めた出資上限を引き上げる方針。ガソリン車の製造販売規制が新たな中国企業の優遇策とならないように、自動車分野の外資規制緩和の確実な実行が求められることになりそうです。

(日経Web刊より)

アルカリ石けんが「悪玉菌」の勢力をのばす!?

 人間が一生を共にするパートナー。それが「細菌」です。私たちは、オギャーと産声を上げる前に母親の産道などで細菌と出合います。この瞬間に、消化管や口の中、皮膚などに細菌を棲まわせます。

 細菌が最も多くいるのが腸で、その数は100兆~1000兆個。人体を構成する細胞が約60兆個ということは、腸の中だけで細胞の数よりはるかに多い細菌がいるわけです。腸内細菌は、悪玉菌の感染を予防したり、免疫活性を上げたり、人間が消化できない栄養分を消化したり、さまざまな役目を果たしています。人間と細菌は、まさに「共栄共存」の関係です。


行き過ぎた除菌・抗菌は健康に悪影響を

 これほど慣れ親しんでいる細菌ですが、日本人には「たくさんの菌がいるのは汚い」という先入観が植え付けられています。テレビからは「除菌」「抗菌」グッズのコマーシャルが繰り返し流れてきます。生まれたときから私たちは、多種多様な菌と共に暮らしてきたはずなのに……。

 「行き過ぎた除菌・抗菌は健康に悪影響を与える」と警鐘を鳴らす細菌学者や医師は多く、「清潔すぎる環境に育った子どもは免疫の発達が弱く、アレルギー性疾患になりやすい」などの研究報告があります。身近な細菌について、ら私たちが誤解していることが多いようです。



洗いすぎると汚くなる

 科学技術の進歩で、人間の体に棲む細菌の研究が急激に進んでいます。1950年代に腸内細菌の培養研究が進み、どのような構成をしているかが明らかになってきました。しかし、腸内細菌のほとんどが酸素を嫌うため、培養できる細菌はほんの数割に過ぎませんでした。

 ところが1990年代に入って「遺伝子解析」の技術が進展し、2000年代には「メタゲノム解析」で一括して遺伝子情報を調べられるようになりました。そのおかげで、培養困難な腸内細菌が発見されるようになったのです。こうしてアメリカやヨーロッパなど各国で腸内細菌の研究が進められ、続々と論文が発表されています。

 こうした研究の結果、人間の腸や口の中、皮膚、鼻など、体の穴という穴すべてに棲む細菌たちは、互いに勢力争いをしたり、一致団結したりしながら、複雑なネットワークを作っていることがわかってきました。

 たとえば皮膚。「ばい菌をやっつけよう!」と殺菌消毒成分を含む石けんで体を洗っている人は少なくありません。ところが、実はこれが皮膚の細菌に悪影響を与え、「バリア機能」を低下させているといいます。

 皮膚の表面には「皮膚常在菌」がいます。その数は、手の表面の皮膚で1平方センチ当たり約1000個といわれています。皮膚常在菌には、善玉菌である「表皮ブドウ球菌」と悪玉菌の「黄色ブドウ球菌」などがあります。

 表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗をエサにして、皮膚の表面を弱酸性に保ちます。こうして、アルカリ性を好む黄色ブドウ球菌やカビなどの繁殖を防いでいるのです。

 ところが、殺菌消毒成分を含む石けんで体を洗うと、皮膚常在菌が洗い流されます。石けんはアルカリ性であるため、皮膚の表面もアルカリ性に傾きます。そして悪玉菌が勢力を伸ばすというわけです。


細菌も人間社会と同様に「バランス」が大事

 日常よく耳にする「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という言葉を最初に使ったのは、腸内細菌学のパイオニアである東京大学名誉教授の光岡知足氏です。光岡氏は、腸内細菌の生態系である「腸内フローラ」は人間社会の縮図のようだと語ります。

 人間社会はさまざまなタイプの人がいることでバランスが保たれています。悪がはびこれば社会は腐敗しますが、すべての悪を排除しようとする「排他主義」では全体の調和が崩れます。

 腸内フローラも、「善玉菌が2割」あれば、大多数の日和見菌も安定し、悪玉菌からの影響を受けにくい。人間社会と同様、「悪玉さえ追っ払ってしまえばいい」という単純な勧善懲悪では、腸内フローラの調和が崩れます。善玉菌を一定の割合に保つことが重要です。

(Health Pressより)