大麻の主成分が、脳の老化と精神的退化を逆転させる可能性!

 マウスを使った実験から、大麻に含まれる有効成分を日常的に摂取することで、老化にともなう脳の老化を防止できる可能性があることが浮き彫りになってきています。しかし、その効果を得るのに投与された成分の量から、マウスの健康状態がどの程度確保できているのかは不透明です。

 

GettyImages.jpg

 

 ドイツとイスラエルの共同研究チームによる研究では、生まれてから2か月・12か月・18か月のマウスに対して大麻に含まれる有効成分「THC(テトラヒドロカンナビノール)」を4週間にわたって与える実験が行われました。これらのマウスは年齢的に「若いマウス・中高年のマウス・老いたマウス」に分類される世代となっており、それぞれの脳の中でどのような変化が起こり、精神状態的な変化および遺伝子活性のレベルが調査されています。

 THCは大麻の陶酔作用を生みだす基となるもので、動物の体内に備わっているカンナビノイド受容体と結合することでその作用が生まれる仕組みです。これまでの研究から、このカンナビノイド受容体の働きは加齢により低下することがわかっており、研究チームは加齢に伴う精神的な働きの低下と関連していると考えています。

 そこで研究チームは、上記の3タイプのマウスにTHCを与えて、学習能力と記憶能力の変化を観察しました。その結果、全ての年代のマウスにおいて老化による影響が見られなくなったとのことで、いずれも生後2か月のマウスと同等の能力が認められたとのこと。また、遺伝子活性のレベルについても同様の「若返り効果」のようなものが確認されているといいます。

 しかし一方で、生後2か月かつTHCを与えられたマウスの脳内では、遺伝子活性の様子がTHCを与えられていない年老いたマウスと同じ状態になっていたことも判明しているとのこと。この不可思議な結果について研究チームは「さらなる検証が望まれる」としています。

 このように、「若返り」とも取れる効果が見られたマウスによる実験ですが、欠点がないわけではないようです。この研究では、体重1kgあたり3ミリグラムの有効成分がマウスに与えられており、これを1時間あたりに換算すると、体重1kgあたり毎時125マイクログラムという数値になります。人間の場合、この2倍の数値となる体重1kgあたり毎時250マイクログラムの有効成分を摂取すると、自動車の運転に明確な悪影響が現れるレベル、つまり「ラリっている状態である」ということになるため、例え老化が食い止められたとしても正常な日常生活を送れるかどうかは不透明です。研究チームでは、2017年後半にも人間が参加する研究を実施する予定とのことです。

(The Guardian、 Ars Technica、Gigazineより)


スポンサーサイト

人は汝らを追放せん(BWV44)

 復活祭後第6主日に聞くカンタータは、1724.5.21ライプツィヒで初演さライプツィヒでのカンタータ第1年巻の最後を締めくくる作品です。この日のためのカンタータは2曲しか残されいないので、再度取り上げました。

 

kaigakimyou79-1.jpg

 

 この日に朗読された福音書の章句は、ヨハネによる福音書の「使徒たちが受ける迫害の予言」です。カンタータはまずこの予言から出発し、そこに述べられた迫害と苦難を描いた後に、神を信ずることによってこれに耐えるように勧めています。

 

 前回はフリップ・ヘレヴェッヘと鈴木雅明の演奏を取り上げたので、今回はトン・コープマンの演奏で聴いてみたいと思います。歌手はキャロライン・スタム(S)、マイケル・チャンス(CT)、ポール・アグニュー(T)、クラウス・メルテンス (B)です。

 Youtubeは、BWV 42, 43, 44, 45 &46の連続動画なので、BWV44は

1:00:10迄です。

 

https://youtu.be/a9gVUHQwED4?t=2634

 

 

人は汝らを追放せん(BWV44)

1.アリア(テノール、バス) 
Sie werden euch in den Bann tun.

「人々はあなたがたを会堂から追放するだろう」
2.合唱 
Es kömmt aber die Zeit, dass, wer euch tötet,

しかも、あなたがたを殺す者が皆、

wird meinen, er tue Gott einen Dienst daran.

自分は神に奉仕していると考える時が来る。
3.アリア(アルト) 
Christen müssen auf der Erden

キリスト者は地上では

Christi wahre Jünger sein.

キリストのまことの弟子でなくてはならない。

Auf sie warten alle Stunden,

すべての時が彼らを待っている、

Bis sie selig überwunden,

彼らが至福のうちに

Marter, Bann und schwere Pein.

拷問と追放と辛い責め苦に打ち勝つまで。

4.コラール(テノール) 
Ach Gott, wie manches Herzeleid

ああ神よ、なんと多くの心の悩みが、

Begegnet mir zu dieser Zeit.

いまわたしを襲っていることか。

Der schmale Weg ist trübsalvoll,

狭い道は苦難に満ちている、

Den ich zum Himmel wandern soll.

わたしが天国に到るまで歩まねばならぬその道は。

5.レシタティーヴォ(バス) 
Es sucht der Antichrist,

アンチ・キリストが探している、

Das große Ungeheuer,

あの大きな怪物が、

Mit Schwert und Feuer

剣と火をてにして、

Die Glieder Christi zu verfolgen,

キリストの肢々たちを迫害しようとして、

Weil ihre Lehre ihm zuwider ist.

彼らの教えが彼には不快だから。

Er bildet sich dabei wohl ein,

おそらく彼は思い込んでいる、

Es müsse sein Tun Gott gefällig sein.

彼のすることが神の意に叶うにちがいないと。

Allein, es gleichen Christen denen Palmenzweigen,

とはいえキリスト者たちは、さながらかれらの棕櫚の枝が、

Die durch die Last nur desto höher steigen.

重荷によってさらに高く伸びるのににている。

6.アリア(ソプラノ) 
Es ist und bleibt der Christen Trost,

キリスト者の変わることない慰めとは、

Dass Gott vor seine Kirche wacht.

神がその協会を見守っていてくださること。

Denn wenn sich gleich die Wetter türmen,

なぜならたとえ嵐が次々とやってきても、

So hat doch nach den Trübsalstürmen

苦しみの嵐の後には

Die Freudensonne bald gelacht.

やがて喜びの太陽が笑顔を見せるのだから。

7.合唱 
So sei nun, Seele, deine

だから魂よ、おまえのそのままでいなさい。

Und traue dem alleine,

そしておまえをお創りくださったかただけに

Der dich erschaffen hat.

信頼を寄せるのです。

Es gehe, wie es gehe,

ことが進むようにことが進むもの、

Dein Vater in der Höhe,

いと高きところのおまえの父は、

Der weiß zu allen Sachen Rat.

いかなることにも良き知恵を知っておられます。

                       対訳:磯山 雅

ヨハネによる福音書 15章 26、16章 1-4

わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのだから、証しをするのである。これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである。人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る。彼らがこういうことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。しかし、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである。」


「辛い食べ物」をやめられない理由

 辛い食べ物は最高です! でも、カプサイシンによる痛み、水の飲み過ぎによるお腹の膨れ、止まらない汗など、不快なオマケも付いてきます。それらのオマケをもらわないで辛い食べ物を楽しむ方法はないものでしょうか?

 

バッファローウィング:鶏肉の手羽を素揚げにし、辛味の強いソースをまぶしたアメリカの料理である。ニューヨーク州のバッファロー発祥で、バッファロー住人には「チキンウィング」や「ウィング」と呼ばれている。

 

愛してしまうのにはわけがある

 実はその痛み、私たちが辛い食べ物を欲する理由の1つでもあります。耳から火が出るような経験が、そのカレーやバッファローウィング、あるいはサルサを、単純に味がいいだけでなく、風味豊かだと感じさせます。

 味と風味の違いは何でしょう? 風味は、3つの要素から成っています。味覚(酸っぱい、しょっぱい、甘いなど)、嗅覚(食べ物の匂い)、三叉神経の感覚(神経が感じる感覚)です。唐辛子の成分であるカプサイシンは、痛みの受容体を活性化し、食べた人に熱いと感じさせます。とはいえ、実際にやけどをするわけではなく、痛みとして感じるのです。

 また、カプサイシンはハイな感覚ももたらします。口の痛み受容体が活性化すると、体内でドーパミンとエンドルフィンが分泌されます。私たちが辛い食べ物の「経験」を愛する理由は、味だけでなくこのプロセスにもあります。知覚したカプサイシンの痛みは、風味を豊かにします。つまり、この痛みはバグではなく、機能の1つなのです!

 

耐久力を鍛えよ

 都市伝説ではなく、辛い物への耐久力を鍛えることは可能です。痛み受容体は、カプサイシンに何度もさらされることで、物理的に変化を起こします。

 雑誌「Discover」にこう書かれています。

 「カプサイシンにさらされると、これらの受容体は開いて、ナトリウムとカルシウムイオンを受け入れます。これにより、脳に熱いという信号が送られます。しかし、カプサイシンに短時間さらされることを繰り返すうちに、カルシウムイオンがレセプターのドアを閉じるようになります。そのため、痛みの信号がそれ以上送られなくなります。さらに、長期的に辛い食べ物を繰り返し食べていると、神経終末が劣化し始めます。そのメカニズムは、まだ解明されていません」

 もちろん、神経は再び成長します。つまり、耐久力を維持するには、辛い食べ物を定期的に食べ続ける必要がありそうです。このことから、非常にシンプルな答えが導き出されます。スパイスを少しずつ増やしていきます。赤唐辛子のフレークをスープにかけ、食事の黒コショウを増やしましょう。本当に辛いのが苦手なら、ケチャップにタバスコを2滴たらすことから始めるのがいいそうです。

 

正しい冷却剤を選びましょう

 もちろん、耐久力を鍛えれば、三叉神経に由来する風味を失うリスクがあります。ですから、受容体を劣化させたくないのであれば、別の熱さ対策を講じなければなりません。これは、正しい冷却剤を見つけることを意味します。それは水や炭酸飲料、ジュースではありません。もっと、牛乳のようなものが適しています。

 カプサイシンは脂肪に溶けやすく、水には溶けません。学術誌「Pharmacological Review」に掲載されていた論文で、このように説明されていました。

 「カプサイシンは水に溶けないため、局所用製剤やスプレーでは、アルコールやその他の有機溶剤を使って可溶化します。口内の過剰なカプサイシンを水で軽減できないのは、このような脂溶性が原因だと考えられます。それよりも、ラッシーのようなヨーグルトベースの飲み物のほうが、口からカプサイシンを取り除いてくれるでしょう」

 ライターのMichelle No氏が、さまざまな冷却剤を試しています。その結果、成分無調整の牛乳とココナッツウォーターがもっとも効果が高かったそうです。ほかに口の中の火事を消してくれる食材と言えば、砂糖、米、サワークリーム、はちみつ、それからライムなどの酸です。

 辛い物を食べて水を飲み過ぎてしまうのは、水に冷却効果がないためです。ですから、冷却剤を変えて、少量で痛みを抑えられるようにしましょう。

 

焦らない、焦らない

 最後に、熱さを楽しむシンプルなアイデアは、ゆっくり食べること。ちょっとでいいので、食べるペースを落としてみませんか。「The Kitchn」が指摘するように、カプサイシンを多く食べるほど、反応が強くなります。ですから、ゆっくり焦らずに食べることで、体内で「安定的で耐えうる量」を維持することができるます。辛い食べ物の効果は、所詮15分程度しか続きません。間食をするのであれば、このことを覚えておきましょう。熱さをやり過ごしたら、また食べるのです。

 カプサイシンによる舌への刺激がどんなに好きでも、不快感が勝ってしまえば食事を楽しめません。ですから、風味豊かな食べ物をぺろりと平らげることと、辛すぎて悲劇になることの間でバランスを取るのが大事。ここで紹介したヒントを参考にバランスを見つけてください。最適な量の痛みであれば、風味を増してくれる効果があります。

(Lifehackerより)

卵子に入れない精子にする「分子コンドーム」

 精子は身長の24,000倍の距離を泳ぎ、卵子に到達すると狂ったように回ってドリルのように侵入します。このラストスパートを駆動するのがカルシウム。それならばカルシウムを断ってしまえば永久に卵子にタッチダウンできないのでは? そう考えたUCバークレーが古今東西の男性避妊の薬効の聞こえ高い自然の生薬を調べ回り、ついにそのカルシウム噴射の元を断つ成分に辿り着きました!

 

 

 ひとつ目はプリスチメリン(pristimerin)という、ライコウトウ(別名トリプテリジウム・ウィルフォルディ)から抽出される成分です。関節リウマチの治療薬として使われており、漢方薬の世界ではすでに精子に作用し生殖機能を低下させる効能で知られています。もうひとつはルペオール(lupeol)。こちらはマンゴー、アロエ、たんぽぽの根やぶどうに含まれています。抗がん薬として臨床実験が行なわれたりもしているものです。

 以上2つの成分は避妊効果は得られますが、卵子と精子にはなんらの悪影響もないそうです。また、男性が発情するホルモン系男性避妊薬と異なり、これと言う副作用もありません。

 Polina Lishko分子細胞生物学助教授率いるチームは早速これを「分子コンドーム」と呼び、成果をPNASに発表しました。

 

メカニズム

精子は2億総参加のマラソン水泳で卵子を目指します。実際にはあらぬ方向に泳いで終わる精子、ただ回って終わる精子も多く、まともに卵子を目指せない精子がざっくり半分。ここで倍率は1億倍に下がります。方向感覚に優れた精子1億人(まだ人ではないが)を待ち受けるのが透明帯(zona pellucida)という卵子の堅い殻ですこの岩場に頭をぶつけると精子はそれまでのニョロニョロした動きをやめ、パワーキックモードに気持ちを切り替えます。尾っぽのところに「CatSper」という燃料供給路からカルシウムが噴射されて稼働するので、ドリルのように回ります。

 前回の研究でチームは、このカルシウム供給弁を開ける鍵を握る成分まで突き止めていました。それは女性ホルモンの一種「プロゲステロン」。これがABHD2と合体すると、カルシウムの蛇口が開きます。この知見をもとにチームは今回、ABHD2や供給路と関連がある化学物質、このカルシウムをブロックできる物質を探し求めました。世界各地の民間療法の薬を当たり、上記2つに絞り込み、実験した結果、プロゲステロンとABHD2の合体を邪魔する効能があることがわかりました。そして、、、

 

プロゲステロンとABHD2が合体しないとカルシウムの弁が開かない

 

→燃料がないから精子にもスイッチが入らない

 

→卵子の厚い壁を呆然と見上げるだけの精子

 

→精子、無念のうちにこの世を去る

 

…という流れで避妊に成功しました。助教授はこう言っています。

「2つの植物性化合物はとても、とても低い濃度で避妊効果が得られます。緊急避妊薬のレボノルゲストレルのおよそ10分の1の濃度で済みます。次世代の緊急避妊薬として期待できるということで、チームでは『分子コンドーム(molecular condoms)』というニックネームで呼んでいます。植物由来の、毒性のない、ホルモンを使用しない、低濃度で抑えられる避妊方法。そんなものが使えるなら、それを使うほうがベターなオプションと言えそうです」

 精子は女性の生殖器に入ってから5~6時間かけて成熟するため到達までにラグがあり、事後の緊急避妊薬としても有望なうえ、スキンパッチやリングに応用すれば永久避妊も可能とのことです。

(GIZMODOより)


歓呼のうちに神は昇天したもう(BWV43)

 今日は昇天祭です。キリストの昇天を記念する日で、復活したキリストが40日にわたって弟子たちにの前に姿をあらわし、復活後40日目に昇天したと伝えられ、復活祭と連動する移動祭日で、復活祭後六週目の木曜日に祝います。

 今日聞くカンタータは1726.5.30の昇天祭のために作曲され、ライプツィヒで初演されました。

 

the-ascension-.jpg

 

 この作品の歌詞は、ルードルシュタット詩華撰から取れれており、旧約聖書と新約聖書の引用を中心に構成され、第2部からは7行からなる詩節の連続で、最後をコラールで締めくくっています。

 

 フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮、コレギウム・ヴォカーレ・ゲント&管弦楽団、ドロテー・ミールズ(S)、ダミアン·ギヨン(CT)、トマス・ホッブズ(T)、ペーター・コーイ(B)の演奏会録画でお聴きください。マルセル・ポンセール(第1オーボエ)の横で北里孝浩も演奏しています。なおこの動画はBWV6、BWV11他が続きます。

 


 

 

歓呼のうちに神は昇天したもう(BWV43)

第1部

1 .合唱

Gott fähret auf mit Jauchzen

神は歓呼の中を昇られ、

und der Herr mit heller Posaunen. Lobsinget,

主は角笛の響きと共に昇られる。

lobsinget Gott, lobsinget,

歌え、神に向かって歌え。

lobsinget unserm Könige.

歌え、我らの王に向かって歌え。

2 .レチタティーヴォ(テノール)

Es will der Höchste sich ein Siegsgepräng bereiten,

至高者は勝利の凱旋を用意され、

Da die Gefängnisse er selbst gefangen führt.

みずから捕らわれ人を連れて行かれる。

Wer jauchzt ihm zu?

主に歓呼の声を上げるのはだれだ。

Wer ists, der die Posaunen rührt?

角笛を吹き鳴らすのはだれだ。

Wer gehet ihm zur Seiten?

主のかたわらを歩むのはだれだ。

Ist es nicht Gottes Heer,

それは主の軍勢ではないか、

Das seines Namens Ehr,

主の御名の栄光と、

Heil, Preis, Reich, Kraft und Macht mit lauter Stimme singet

救いと賛美と御国と御力と権能とを声高に歌い

Und ihm nun ewiglich ein Halleluja bringet.

主に永久にハレルヤを捧げるのは。

3 .アリア(テノール)

Ja tausend mal tausend begleiten den Wagen,

まことに千の千倍もの人々 が神の御車に従い、

Dem König der Kön'ge lobsingend zu sagen,

王の中の王に賛美の歌をうたう、

Dass Erde und Himmel sich unter ihm schmiegt

天と地が主の御下に従い

Und was er bezwungen, nun gänzlich erliegt.

主が征服されたものは今や全て屈服したと。

4 .レチタティーヴォ(ソプラノ)

Und der Herr, nachdem er mit ihnen geredet hatte,

ward er aufgehaben

主イエスは、弟子たちに話した後、

gen Himmel und sitzet zur rechten Hand Gottes.

天に上げられ、神の右の座に着かれた。

5 .アリア(ソプラノ)

Mein Jesus hat nunmehr

わたしイエスはいま

Das Heilandwerk vollendet

救いの御業を終えられ

Und nimmt die Wiederkehr

彼を遣わされた方のところへと

Zu dem, der ihn gesendet.

ふたたび還られた。

Er schließt der Erde Lauf,

彼は地上の活動を終えられた、

Ihr Himmel, öffnet euch

天よ、門を開き

Und nehmt ihn wieder auf!

彼をふたたび迎え入れよ。

第2部

6 .レチタティーヴォ(バス)

Es kommt der Helden Held,

勇者の中の勇者がやってくる、

Des Satans Fürst und Schrecken,

サ夕ンも恐れる王者は、

Der selbst den Tod gefällt,

死さえも打ち倒し、

Getilgt der Sünden Flecken,

罪のけがれも拭い去り、

Zerstreut der Feinde Hauf;

敵の群を蹴散らす。

Ihr Kräfte, eilt herbei

諸々 の力よ、急いで集まり

Und holt den Sieger auf.

勝利者を高く掲げなさい。

7 .アリア(バス)

Er ists, der ganz allein

彼こそは、ただひとり

Die Kelter hat getreten

酒ぶねを踏まれた人である。

Voll Schmerzen, Qual und Pein,

痛み、苦悩、苦痛を満身に受けられたのは、

Verlorne zu erretten

貴い価を払われて

Durch einen teuren Kauf.

堕落した者を救うため。

Ihr Thronen, mühet euch

諸々 の王座よ、力を尽くし

Und setzt ihm Kränze auf!

主に王冠を捧げなさい。

8 .レチタティーヴォ(アルト)

Der Vater hat ihm ja

御父はあの方に

Ein ewig Reich bestimmet:

永遠の御国を定められた。

Nun ist die Stunde nah,

いまその時は近づいた、

Da er die Krone nimmet

幾千の不幸に代えて

Vor tausend Ungemach.

王冠を被られるその時が。

Ich stehe hier am Weg

わたしはここの道ばたに立って

Und schau ihm freudig nach.

喜びつつあの方の御姿を追うのだ。

9 .アリア(アルト)

Ich sehe schon im Geist,

わたしはすでに霊において見ている、

Wie er zu Gottes Rechten

あの方が神の右に座り

Auf seine Feinde schmeißt,

敵どもを踏みつけ、

Zu helfen seinen Knechten

あの方の僕たちを

Aus Jammer, Not und Schmach.

悲惨と困苦と恥辱から救われるさまを。

Ich stehe hier am Weg

わたしはこの道ばたに立って

Und schau ihm sehnlich nach.

憧れつつあの方の御姿を追うのだ。

10.レチタティーヴォ(ソプラノ)

Er will mir neben sich

主は御自身のお隣に

Die Wohnung zubereiten,

わたしの住まいを用意される、

Damit ich ewiglich

わたしが永遠に

Ihm stehe an der Seiten,

深い悲しみから解き放たれて、

Befreit von Weh und Ach!

あの方の傍らに立っように。

Ich stehe hier am Weg

わたしはこの道ばたに立って

Und ruf ihm dankbar nach.

感謝してあの方に呼びかける。

11 .合唱

Du Lebensfürst, Herr Jesu Christ,

いのちの君、主イエス・キリスト、

Der du bist aufgenommen

あなたは天に挙げられた

Gen Himmel, da dein Vater ist

あなたの御父と

Und die Gemein der Frommen,

信ずるともがらがいます天に、

Wie soll ich deinen großen Sieg,

わたしはあなたの勝利をどのように讃えよう、

Den du durch einen schweren Krieg

あなたが辛い戦いによって

Erworben hast, recht preisen

得られた勝利を、

Und dir g'nug Ehr erweisen?

そしてあなたに充分な尊敬をどのように示そう。

Zieh uns dir nach, so laufen wir,

われらはあなたが引き寄せるままに歩みます、

Gib uns des Glaubens Flügel!

われらに信仰の翼をお与えください。

Hilf, dass wir fliehen weit von hier

助けたまえ、われらがこの地から遠く逃れ

Auf Israelis Hügel!

イスラエルの丘に到るように。

Mein Gott! wenn fahr ich doch dahin,

わが神よ、いつわたしはかの地に行き、

Woselbst ich ewig fröhlich bin?

永遠の喜びを味わうのですか。

Wenn werd ich vor dir stehen,

いつわたしは御前に立ち、

Dein Angesicht zu sehen?

あなたの御顔を拝めるのですか。

訳詞:磯山 雅

 

マルコによる福音書 16章 14-20

 その後、十一人が食事をしているとき、イエスが現れ、その不信仰とかたくなな心をおとがめになった。復活されたイエスを見た人々の言うことを、信じなかったからである。それから、イエスは言われた。「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。信じる者には次のようなしるしが伴う。彼らはわたしの名によって悪霊を追い出し、新しい言葉を語る。手で蛇をつかみ、また、毒を飲んでも決して害を受けず、病人に手を置けば直る。」主イエスは、弟子たちに話した後、天に上げられ、神の右の座に着かれた。一方、弟子たちは出かけて行って、至るところで宣教した。主は彼らと共に働き、彼らの語る言葉が真実であることを、それに伴うしるしによってはっきりとお示しになった。