卵子に入れない精子にする「分子コンドーム」

 精子は身長の24,000倍の距離を泳ぎ、卵子に到達すると狂ったように回ってドリルのように侵入します。このラストスパートを駆動するのがカルシウム。それならばカルシウムを断ってしまえば永久に卵子にタッチダウンできないのでは? そう考えたUCバークレーが古今東西の男性避妊の薬効の聞こえ高い自然の生薬を調べ回り、ついにそのカルシウム噴射の元を断つ成分に辿り着きました!

 

 

 ひとつ目はプリスチメリン(pristimerin)という、ライコウトウ(別名トリプテリジウム・ウィルフォルディ)から抽出される成分です。関節リウマチの治療薬として使われており、漢方薬の世界ではすでに精子に作用し生殖機能を低下させる効能で知られています。もうひとつはルペオール(lupeol)。こちらはマンゴー、アロエ、たんぽぽの根やぶどうに含まれています。抗がん薬として臨床実験が行なわれたりもしているものです。

 以上2つの成分は避妊効果は得られますが、卵子と精子にはなんらの悪影響もないそうです。また、男性が発情するホルモン系男性避妊薬と異なり、これと言う副作用もありません。

 Polina Lishko分子細胞生物学助教授率いるチームは早速これを「分子コンドーム」と呼び、成果をPNASに発表しました。

 

メカニズム

精子は2億総参加のマラソン水泳で卵子を目指します。実際にはあらぬ方向に泳いで終わる精子、ただ回って終わる精子も多く、まともに卵子を目指せない精子がざっくり半分。ここで倍率は1億倍に下がります。方向感覚に優れた精子1億人(まだ人ではないが)を待ち受けるのが透明帯(zona pellucida)という卵子の堅い殻ですこの岩場に頭をぶつけると精子はそれまでのニョロニョロした動きをやめ、パワーキックモードに気持ちを切り替えます。尾っぽのところに「CatSper」という燃料供給路からカルシウムが噴射されて稼働するので、ドリルのように回ります。

 前回の研究でチームは、このカルシウム供給弁を開ける鍵を握る成分まで突き止めていました。それは女性ホルモンの一種「プロゲステロン」。これがABHD2と合体すると、カルシウムの蛇口が開きます。この知見をもとにチームは今回、ABHD2や供給路と関連がある化学物質、このカルシウムをブロックできる物質を探し求めました。世界各地の民間療法の薬を当たり、上記2つに絞り込み、実験した結果、プロゲステロンとABHD2の合体を邪魔する効能があることがわかりました。そして、、、

 

プロゲステロンとABHD2が合体しないとカルシウムの弁が開かない

 

→燃料がないから精子にもスイッチが入らない

 

→卵子の厚い壁を呆然と見上げるだけの精子

 

→精子、無念のうちにこの世を去る

 

…という流れで避妊に成功しました。助教授はこう言っています。

「2つの植物性化合物はとても、とても低い濃度で避妊効果が得られます。緊急避妊薬のレボノルゲストレルのおよそ10分の1の濃度で済みます。次世代の緊急避妊薬として期待できるということで、チームでは『分子コンドーム(molecular condoms)』というニックネームで呼んでいます。植物由来の、毒性のない、ホルモンを使用しない、低濃度で抑えられる避妊方法。そんなものが使えるなら、それを使うほうがベターなオプションと言えそうです」

 精子は女性の生殖器に入ってから5~6時間かけて成熟するため到達までにラグがあり、事後の緊急避妊薬としても有望なうえ、スキンパッチやリングに応用すれば永久避妊も可能とのことです。

(GIZMODOより)


スポンサーサイト

52の「知能遺伝子」が人間のIQ差に2割の影響を与えていることが徐々に明らかに

 人間は、姿形は似ていても脳の働きから生まれる「知能」には差があります。同じ場所に住む人であっても知能に違いが生まれる原因はまだよく解明されていませんが、ある研究結果によるとその違いに関連する52個の遺伝子の存在が浮き彫りになっています。

 

 

 この研究を行ったのはヨーロッパとアメリカの合同研究チームで、8万人を対象にした研究結果から、52の遺伝子が知能に関連していそうなことがわかってきたとのこと。これまで、知能を決定する背景に遺伝子が存在するのかどうかすらよくわかっていなかった中、この研究結果は「画期的である」とする科学者も存在しています。

 しかし、現時点ではこの遺伝子が知能を決定するものではないことも事実とのこと。その影響力はごくわずかで、知能はその人が暮らしている「環境」によってもっと多くの影響を受けることがわかっています。

 過去100年におよぶ科学では、知能をはかるテストでは被験者に対していくつかの質問を問う形式で行われてきました。これには非常に多くのテスト項目があり、その結果には偏差がありますが、知能が高い人はどのテストでもだいたい結果が良く、逆に低い人は総じて低い傾向にあることがわかっています。

 脳における何が知能に影響しているのかは、現在の科学ではまだ明らかにされていません。関連する項目の1つが「脳の容積」、つまり脳の大きさとも見られていますが、実際には脳の容積が小さい人でも知能の高い人は存在しているとのことです。

 

 

 研究を行った、オランダ・神経ゲノミクス認知研究センターのダニエル・ポスツマ研究員はこの分野の研究を1990年代から行っており、その違いについて「脳内の信号伝達の効率か?それとも受容体の働きが悪いことで影響が出るのか?」といった目線で調査してきたとのこと。

 遺伝子と知性の関連を調べるにあたり、最も有用な例となるのが同じ卵子から誕生した一卵性双生児による双子のケースです。年の離れた兄弟に比べ、一卵性双生児は同じような知能を示すことが過去の研究からも明らかになっていますが、それでも知能に遺伝子が影響しているとはいえません。研究チームでは関連する調査を行ってきたものの、なかなか目指していたような結果が出せない状況が続いたとのこと。

 研究チームは7万8000人におよぶ過去の研究事例13件の情報をデータベース化して調査を行いました。ポスツマ氏は「どうせ何も出ないだろう」と思っていたとのことですが、ここから52の遺伝子が知能に関連していることをしめす結果が浮き彫りになったとのこと。このうち、12の遺伝子は既知のものでしたが、残りの40個は初めて確認されたものだったそうです。

 

 

 これまで、遺伝子が知能に与える影響は未知数とされていましたが、今回の結果はそこに関連性があることを浮き彫りにしたという意味で、複数の研究者が「画期的」なものであるとの見方を示しています。しかし、この遺伝子によって説明される知能の違いは全体の20%程度と、限られたものであるということも事実です。

 今回は遺伝子と知能の関係が認められる糸口となったわけですが、研究者は「まだまだ進むべき道は長いです」と語り、さらなる研究が求められているとのこと。また、ここには自閉症との関連があることも明らかになってきており、さらなる解明が待たれるところです。

(The New York Times―Gigazineより)


中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ

豚の立場から食肉の現実を告白


buta.jpg


 俺は豚。もうすぐあの世に行く運命にある。このままお別れするつもりだったが、黙って逝くのには心残りがある。遺書を残すことにした。そうすれば、豚に生まれてきた甲斐もある。

 短い一生だったが、豚に生まれたことを後悔していない。人間は万物の霊長だというけれど、俺たち豚も、人類の歴史上、大きな役割を担ってきたと自負している。豚肉は人類が古くから慣れ親しんできた。食用する人口は最も多く、品種も最も豊富だ。もし豚肉が無かったら、人類の生活や歴史が様変わりするはず。そうだろう?

 もっとも、豚としての人生に後悔はなくとも、生まれる場所を間違えたことだけは、とても悔やんでいる。もし来世があるならば、もう絶対に中国だけはご免だ。君たち中国の消費者に、あまりにも申し訳ないからだ。

  今どきの豚肉は美味い食べ物どころか、君たちの健康を損ない、命を危険にさらす毒食品でしかない。俺たちのほとんどは、添加物の入った飼料で肥育されるものだ。より大きな経済利益を追い求め、より多く金を稼ぐために、俺たちの飼い主がエサに何を混ぜているか、君たちは知っているか?

 ずっと昔、俺たちの先祖は自然な食べ物を与えられて育ち、通常は100キロに成長するのに12カ月かかっていた。だが今は違う。俺たちは促成肥育で飼育され、わずか5~6カ月で100キロから150キロに成長する。飼料にさまざまな添加物が使われているからだ。

 子どものころは毎日1キロから1.5キロの飼料が与えられる。飼料50キロのうち、十キロ以上は添加物だ。こうしたエサを食べると、1日で500グラム以上成長する。だがこのころはまだ、豚小屋の中で走り回るだけの力がある。

 体重が25キロを超えると、飼料の量は同じでも毎日1キロから1.5キロも体重が増えてゆく。しかも大量に水を飲むようになる。そしてこの時期から、食事の時に人間に起こされるときを除いて、ほぼ一日中眠り続けるようになる。

 毛並みの良い見た目がきれいな豚は高値で売れるから、体重が50キロになると添加物入りの飼料に顆粒の尿素も追加される。通常は畑にまく、化学肥料の尿素だ。こうした飼料を食べると、俺たちの成長速度はものすごく速くなる。そして100キロから150キロくらいになったらすぐに出荷される。それ以上太ると自分の重みで立てなくなるからだ。


添加物の成分は安物のホルモン剤、ヒ素、鎮静剤、銅

 飼料の添加物の成分を知りたいって? 安物のホルモン剤、ヒ素、鎮静剤、銅などだ。ホルモン剤は豚の成長を促進できるが、安いホルモン剤は人間の身体にもとても悪く、女の子の初潮が早まったり、高齢者の発病率が上がったりする。ヒ素が毒なのは言うまでもない。鎮静剤は人間の頭の回転を悪くするし、銅を多量に摂取すると知能指数や健康に深刻な影響を被る。

 つまり、これらの化学物質や化学薬品が人の体内に入ると、どんどん蓄積され、人間の成長発育に悪質な影響を与えるのだ。食べ続けると長期的な不定愁訴が現れるようになって、そのうち体に痛みが出て、最終的にはガンを発症する。これでもまだ、今の豚肉が毒でないと思うかい?

 俺たちの飼い主は、こうした危険性を知らないのではないか、などと甘いことを考えたらダメだ。そんなことは承知の上だ。だから養豚業の関係者が普段食べているのは、こうした飼料を与えられずに「普通に」育てられた豚の肉だ。ごく一握りの幸運な豚は、添加物不使用のエサを与えられて成長する。養豚家の口に入るために。

 危険性を知っても肥育法を変えようとしないのはなぜか? 理由は簡単。俺たちが速く大きく成長し、高値で売れるからだ。もし昔のやりかたで養豚業を営んだら、間違いなく大損する。

 そうそう、大切なことを言っておく。俺たちの肝臓や血液、そして肺は毒素が一番蓄積している部分だから、絶対に食べないように。

 実は豚に限らず、今いる全ての家畜や養殖魚はぜんぶ似たり寄ったりの方法で飼育されている。なぜ中国がまたたくまに世界一の畜産国になったか、秘密はここにあるのだ。

 現代社会の人間は、良心をどこかに置き忘れて金の亡者と化している。でも俺は、善良で無能な一匹の豚として、君たちに危害を与えたくない。だが俺には、この世を去る前に君たちに真実を語る以外になすすべがないのだ。

 そろそろ時間だ。みなさん、さようなら。


 以上中国系ニュースサイト「大紀元」の中国産の食品の危うさを豚の立場で書いた秀逸なエッセイです。中国国内では「本当に危ないのは中国産」との声も上がっていますが、いずれにしても他国からの輸入食品にかぎらず、日常的に口にする食品の安全性に対する不安は最も大きいもののひとつです。

(Health Pressより)

男性と女性の遺伝子にはなんと6,500もの違いがある!

 イスラエル、ワイツマン化学研究所のシュムエル・ピエトロコフスキ氏とモラン・ゲルショニ氏による最新の研究によると、20,000個の遺伝子を解析し多結果、男性と女性では6,500もの違いがあることを明らかにしました。


男女の遺伝子は6,500の違いがある

 『BMCバイオロジー』に掲載された最新論文では、男女間で発現に違いがある遺伝子を含めて解析を行ないました。そうした遺伝子を特定するために、550人の成人ドナーの内臓と組織における遺伝子発現を記録した大規模な研究「GTExプロジェクト」のデータを利用。20,000個の遺伝子の性別毎の発現率で整理したところ、少なくとも1つの体組織においては6,500の違いがあることが判明しました。



 例えば、男性の皮膚で発現しやすい遺伝子として、体毛の成長に関連するものが挙げられます。また男性の筋肉の発達に関するものや女性の脂肪蓄積に関するものもそうした例です。 乳腺にも男性の半分にしか発現しない遺伝子が発見されました。男性がこれに完全に適合しているのに乳房が機能しないことから、その一部は乳の分泌を抑える働きを持つ可能性があるようです。

 よく分からない発見もあります。女性の心臓の左室でしか発現しない遺伝子です。しかしその1つはカルシウム取り込みに関連しており、若い女性で強く発現し、加齢とともに急激に減少します。この遺伝子は女性の心臓を守っていますが、更年期になると機能しなくなります。そのために心疾患や骨粗しょう症が起きるのではないかと考えられます。

 女性の脳や肝臓で活発な遺伝子もあります。前者は神経細胞を守り、パーキンソン病を防いでいると考えられます。この病気が男性の方に多いのはこのためでしょう。後者は薬物代謝に関連しているらしく、女性と男性では体内での薬物の処理に違いがあることの証拠と言えるものです。



 本研究ではさらに突然変異が蓄積されやすい性別毎の傾向についても調査。性別によって遺伝子を淘汰するプレッシャーに違いが出るのかどうか調べました。その結果、性別によって自然淘汰の効率が異なることが明らかとなりました。発現が片方の性別に偏るほどに、自然淘汰が効きにくくなります。さらに男性に発現する遺伝子の方が、淘汰が効きにくいことも判明しました。性別によって発現に偏りがある遺伝子は、人口の中に残りやすいということです。

 論文ではこうしたことが起きる理由をはっきりと説明していませんが、ピエトロコフスキ氏によれば、1930年代の性進化理論がヒントになるかもしれないといいます。多くの種では、メスは限られた数の子孫しか残せませんが、オスは理論的にはより多くの子の親になることができます。つまり種の生存の点では、オスよりもメスの生存能力の方が重要になります。したがって自然淘汰はオスにのみ有害な遺伝子を”適当”に扱うかもしれないということです。

 こうした視点から考えると、人類の進化は共進化と見ることができる、とゲルショニ氏はコメントします。本研究の発見は、病気から不妊治療まで、医療の現場で大きな意味合いを持つことになるといいます。

(Mail Online―カラパイアより)

イタリアの神経外科医が、脳移植で死者を生き返らせることを計画

 イタリアの脳神経外科医であるセルジオ・カナベーロ博士は、今年12月に世界初の「頭部」の移植の準備を進めています。遅くとも3年以内には世界初の「脳」移植の実現を計画しているそうですだ。この手術がうまくいけば、死亡後に極低温凍結された人間の脳が、新しい体に移植されることとなり、事実上生き返ることとなります。科学的にも、倫理的にも大きな議論を呼びそうな計画です。



人間の頭部移植手術は2017年12月実施予定

 頭部移植手術は今年12月、中国北部のハルビン医科大学で中国人の患者に対して実施されるといいます。最大の難関は脳を切断した脊柱につなぎ合わせ、動きや感覚の制御を再び可能にすることです。

 カナベーロ博士によれば、Texas-PEGという液体を用いて脊柱を完全に切断したマウスの動きを回復させる実験に成功しており、今では問題は解決されているのだといいます。それ以外にも中国と韓国で動物実験を行なっており、成果は「間違いない」とのことです。


世界初の脳移植計画も3年以内に予定

 また、世界初の脳移植も計画しています。独『Ooom』誌のインタビューにおいて、「今、世界初の脳移植を計画しており、遅くとも3年以内に準備が完了するのではないかと考えています」とカナベーロ博士は答えています。


脳移植の優位性と問題点

 学会の中には懐疑的な意見が根強いが、同博士によれば、脳移植にはいくつもの利点があるといいます。例えば、免疫反応がほとんどなく、拒絶反応の心配がないこと。脳はある意味、中立な器官なのだそうです。しかし脳を完全に別の体に収めねばならないという問題もあります。その影響は、実際に行ってみるまでよく分かりません。


冷凍保存されている患者を蘇らせたい

 それでもカナベーロ博士は、米アリゾナ州のアルコー延命財団で冷凍保存されている患者を蘇らせたいと願っています。仮にこれに成功したとすれば、人類の世界観が一変することは間違いありません。「宗教は永遠に一掃されるでしょう」と博士は話します。

 「宗教はもはや必要なくなります。死を恐れる必要がなくなるからです」意識は死から蘇ることができると分かれば、人はもはやキリスト教も、ユダヤ教も、イスラム教も必要としなくなります。そして「人生の意味は?」との問いも余計なものになるだろう、とカナベーロ博士は話しています。

(express―カラパイアより)