「飛ぶヨット」がアメリカズカップ連覇を狙う

 スポーツのトロフィーに関していえば、「アメリカズカップ」の優勝杯ほど歴史の古いものはありません。アメリカズカップの出場チームは1851年から、「オールド・マグ」と呼ばれる、凝った装飾が施された純銀製の水差し型カップをめぐって闘ってきました。



 アメリカズカップに参戦するヨットは、F1カーがファミリーセダンに似ていないのと同様、高級ヨットとは似ても似つかない形をしています。高級ヨットのように帆走しますが、共通点はそれだけです。最高峰のヨットレースで優勝を目指すチームは、最新技術と最新素材に大金を投じ、水面を切るように航行するというよりも「水上を飛ぶ」ヨットを生み出しました。

 前回の優勝チームである「オラクル・チームUSA」は2月14日、2017年に進水させるヨットを発表しました。そのデザインは、黒と赤のツートンカラーのミサイル2基を、格子状になったカーボンファイバー製のパイプで結びつけ、その上に布製の帆がそびえたようなもの。伝統的な要素は、この帆だけです。今にも飛び立ちそうに見えるのは、オラクルの依頼を受けた大手航空機メーカーのエアバスがチューニングしたといわれます。



 このヨット「AC50」は、前回のアメリカズカップで優勝したヨットの設計を一部改良したものです。前回の使用艇はパワフルすぎて、プロのクルーでも扱うのが難しいと批判されました。サンフランシスコで開催された2013年のレースでは、数艇のヨットが衝突し、クルーが1人死亡しました。そのため今回の新艇は、全長が72フィート(約22m)から50フィート(約15m)になり、必要なクルーも11人ではなく6人となっています。なお、挑戦艇はいずれも、前回の優勝艇(防衛艇)が選んだのと同じ基本設計を採用します。

 このレースで使われるヨットの技術は進化を続けてきました。アメリカズカップ・クラスの双胴船(カタマラン)は、船体の下にある水中翼によって発生した揚力を利用して、船体を波から引き上げて飛ぶように航行させます。船体で水面を切るように航行するのではなく、水面を滑っていきます。その外観は、船体の下に小さな足があるように見えます。

 「ホッケースティックのようなこの小さな水中翼で、水を切るように進んでいきます」と、オラクル・チームUSAの設計者アーロン・ペリーは説明します。同氏はこの1年半、バミューダで新しいヨットを開発してきました。抵抗が小さいほどスピードが増すので、水中翼を使い始めてから速度は2倍になりました。2013年のアメリカズカップでは、エミレーツ・チーム・ニュージーランドが時速80kmを上回っています。今年の参加艇は小型化していますが、速度はもっと速いとみられます。



 小型化して高速化することに、創造性が入り込む余地はあまりなく、50ページにわたる設計ガイドラインで、水中翼の形状や制御システムなど、いくつかの主要素を除いて同じ設計にするよう求められているからです。そこでエアバスのエンジニアは、空気力学に関する専門知識に焦点を合わせなした。「航空技師にとっては驚きでしたが、水面から浮くこのヨットの設計に採用された技術は、航空機の開発やテストに使われているものとよく似ています」と、セーリング好きで知られるエアバスの事業開発担当責任者ピエール=マリー・ベローは語ります。

 エアバスは、ハンブルクにある試験施設で水中翼をテストしました。そこでは航空機の翼によく行われる振動試験やねじり試験、曲げ試験のほか、極限までの圧力試験も行われました。その成果は素晴らしいもので、以前のヨットは追い風のときしか「飛ぶ」ことができませんでしたが、オラクルは状況に関係なく水中翼を使いこなせる方法をほぼ完成させました。「練習では水中翼が外れることなくレースを完走しています」と、オラクル・チームUSAのペリーは言います。

 なにごとも運任せにはしたくないオラクル・チームUSAは、BMWと提携し、ツーリングカー・レースに由来するステアリングシステムも組み込みました。自動車用に設計された半自動操舵システムを利用して、ほぼ瞬時に舵輪の回転に反応するヨットをつくったのです。

 さまざまな技術をとり入れて試験を重ねてきたとはいえ、レース当日は人的要因に左右されます。「それは水上の状況と、クルーがいかに良い仕事をするかにかかっています」とペリーは語ります。すべてが完璧なタイミングでなければならないし、“飛行”の際には調整やバランスを的確に取る必要があります。そこにクルーの動きが調和しなければなりません。

 5月に予選が始まると、オラクル・チームUSAは、英国、フランス、スウェーデン、ニュージーランドのほか、日本の「ソフトバンク・チーム・ジャパン」による挑戦を受けながら、優勝トロフィーのオールド・マグ獲得をめぐって争うことになります。

(Wiredより)
スポンサーサイト

CEとCLR

  ヨットは頭で考える乗り物です。車や自転車はハンドリングと動力をコントルールするだけなので、理論を知らなくても練習すれば乗れるようになりますが、ヨットは風という自然の力をコントロールしなければ、思うように走れません。そこで少し理論的に解説してみます。

CE.png

 まず、セイルで受ける風の中心点を求めます。この位置を推進力の中心点という意味で Center of Effort(CE) と呼びます。CEはメインセイルの中心点とジブセイルの中心点を結んだ線を、各々の面積の逆比例に分割した位置がCE 、つまりメインとジブを合わせたセイルパワーの中心点と考えます。

 青木ヨットスクールの教科書「インナーセーリング」や舵社の「ヨット百科」などでは、正比例に分割した位置という誤った記述があります。これはセイルをコントロールする上で大切なことなので、訂正してほしいと思います。

CLE.png


 次に水に浮かべた船体を横方向に押すと、上図のような動きをします。②の船体が真横に移動する側面の抵抗力の中心点をCenter of Lateral Resistance(CLR)といいます。

 実際の船の動き方で説明すると、CE(セイルの推進力の中心)がCLRの後にあると船が風上に向かおうとし(ウエザーヘルム)、CEがCLRの前あると船が風下に向かおうとします。(リーヘルム)

 理論的にはCEとCLRが同じ位置であれば、舵を使わなくても船は真直ぐ進むわけですが、風や波の影響でとても操船しにくくなります。実際にはCEがCLRの少し後方にあったほうが操船しやすいので、ヨットデザイナーは、フルメイン、フルジブで走る時、わずかにウエザーヘルムが出るように設計しています。

BT8P6341縮小.jpg

イメージ写真(クローズホールドよりやや落として走っています)


 セイリングする時、常にCEとCLRを意識していれば、色々の場面で対応できます。例えば、クローズホールド(風上に向かう)で走っている時、風が強くなってくるとヒール(傾き)が強くなってきます。同時にウエザーヘルムも強くなります。セイルパワーが大きすぎるためです。ガンネル(船の縁)が水没したまま走るようになるとラダー(水中の舵板)の抵抗も大きく、また危険なので、まずメインシートを緩め、パワーを逃がします。するとヒールが戻ります。このままでも走れますが、CEは前に移動するので不安定な走りになります。そこで、まずジブセイルをリーフ(縮帆)し、その後メインセイルをリーフしてシートを引き込み、セイルのエリアを修正してCEの位置を出します。(わずかにウエザーヘルムが出るようにする)

 かなり理屈っぽい話になりましたが、気まぐれな自然の風を相手にするわけですがら、車のアクセルをコントロールするようにはいかないのです。

ヨット用語

  今日は海の日なので、ヨットについて話題にします。ヨットに乗るのは夏よりも梅雨前が絶好の季節です。真夏は暑すぎ、夏の終わりから秋にかけては台風シーズンに入り天気が安定しません。「・・・心と秋の空」の季節になります。

Sence.jpg

Bénéteau社の最新型クルーザー


 ヨットは複数の人数で乗ることが多いので、用語を知らないとコミュニケーションがとれません。初めて乗せてもらった時は、クルーが何を話しているか全く理解できませんでした。ヨットを話題にする時のために艇体とセイルに使われる用語を簡単に解説します。

セイル.gif


 この図はディンギーという小型ヨットですが、パーツの名称は大型クルーザーと同じで、これが基本です。前のセイルをジブセイル大きいセイルをメインセイルといいます。

 また、セイルにはコーナーと各辺に名前が付いています。

セイル.jpg


 これはメインセイルですが、ジブセイルも同じです。違いはメインセイルのラフはマストに固定されており、フットはクリューアウトホールからロープで引っ張られています。これはテンションをかけるだけでフットは固定する必要はありません。ジブセイルはラフだけがフォアステイ(マストを先端から支えているワイヤー)に固定されていますが、ブームはないので、クリューからシート(帆足綱)で後方のコクピットにリードされています。メインセイルのブームはメインシートによって下方の船体に引かれています。


 他の用語説明は下記の通りです。

● メインハリヤード=セイルを上に引き上げるロープ、又はワイヤー

● バテン=セイルに張りを持たせるためのプラスチック(FRP)製の細い板状の棒

● ドラフト・ライン=セイルのカーブを見るためのライン

● リーチ・リボン=風の流れを読むリボン

● カニンガム・ホール=ラフのテンションを強くするためにロープを架けて下方に引く

● ブーム・バング=メインシートを緩めた時にブームが上方に跳ね上がるのを抑える

 ヨット用語はまだまだ沢山ありますが書いていたらきりがありません。その都度解説していきます。

 ヨットはスポーツの中でも結構頭を使う遊びです。このブログを読んで興味をもたれた方は、是非挑戦してみてください。ディンギーはクラブに入会すれば指導してくれます。自分でボートを買う必要はありません。クルーザーはクルー不足の船が多いので、初心者でも会費無料で乗せてくれるヨットもあります。「舵」という雑誌の巻末にクルー募集の記事が載っていますので、連絡すれば体験セーリングができると思います。

ロープワーク

  ヨットを楽しむためには、最初にロープの結び方を覚える必要があります。この結び方は日常生活でも応用できるので、覚えておくと便利です。

ロープワーク.jpg


 すべての船のロープワークは世界共通です。その条件は、絶対に解けないこと。しかし解くのが楽なこと。矛盾してるようですが、その一つが「もやい結び」です。

もやい結び.jpg 

もやい結び(Bowline knot)


 港の繋留にも使いますが、セイルにロープを結び付けるときはすべてもやい結びを使います。

一般的な使い方としては

● ロープを使って人を吊るすとき。登山ではブリーン結びともいわている。

● バケツや梯子を上げ下げするときなど。

固結びより解けにくく、ほどくのが簡単です。

 小型船舶免許を取得する教室、尾道海技学院の教官の動画を御覧ください。




 小型船舶の場合、保管係留する場所のポンツーン(浮き桟橋)にはクリートという繋留金具がづいているので、もやい結びを使わず、クリートに8の字に巻きづけます。船の方にも両舷の前後にクリートが付いています。

桟橋のクリート結び.jpg

クリート (cleat)結び


 もう一つ必要な結びは、クラブヒッチ(Clove Hitch) 又は「まき結び」です。この結びは船をに係留する時などに、舷側が直接岸壁さん橋や他の船との接触による損傷を防ぐフェンダーという防眩材を、船から釣り下げる時に使います。


クラブヒッチ.JPG

クラブヒッチ(Clove Hitch)

エアーフェンダー.jpg

エアーフェンダー


 以上3つの結び方をまず覚えることが、マリンレジャーの基本です。簡単なようですが、素早く結べるようになるまでには、かなり経験が必要です。

ヨットと健康

  昨日関東甲信地方、東北南部でもで梅雨入りしました。平年より早い気がします。毎年6月の梅雨入り前は、ヨットには最高の季節なのです。今年は5月末に突然夏日になってしまい、絶好のセイリングができませんでした。梅雨が開けるまでは乗ることは少なくなります。 

 ヨットでも小型のディンギーに乗るには結構体力が必要ですが、セイリングクルーザーの場合はレースにでも出場しない限り、それほどの体力は必要としません。マリーナから出港し、初めはエンジンで機走して海域に出ます。そしてヨットを風に立てて(舳先を風の吹いてくる方向に向けること)メインセイルを揚げます。その後メインセイルに風を入れて走る方向を決めます。次にジブセイルを揚げますが、レース艇以外はほとんどジブファーラーが付いています。これはフォアステイ(マストを支える、上方から舳先を結ぶワイヤー)にジブセイルを予め巻きつけておき、ジブシートを引くとジブセイルが展開する装置です。展開した後は走る方向に合わせてセイルをトリム(調節)します。


yacht.jpg

 この作業が終わると方向を変える時まで、ヘルムスマン(操舵手)以外のクルーは周囲をワッチする以外何もすることはありません。コクピットに座っているだけですが、これがいい運動なのです。つまり自分が動かなくてもヨットが動くので、体を動かしているのと同じことなのです。無精者には最高です。多分ウオーキング以上の運動量です。その証拠にヨットに乗ると昼前にとても空腹感を覚えます。体調維持には最高のスポーツです。

伊豆諸島


 もう一つのヨットの楽しみは数日かけてクルージングをすることです。連休には伊豆諸島へはよくクルージングをしました。艇は漁港に停泊しますが、各島には魚料理の店があり、安価で新鮮な魚料理が食べられます。地元の漁師が獲ったった魚ですから、普段食べている魚とは比べ物にならないくらい美味です。これもクルージングの楽しみの一つです。この楽しさを覚えてからは、一般の旅行はしなくなりました。


べっこう寿司


 写真は伊豆大島のべっこう寿司ですが、大島名物の目鯛の漬けのにぎり寿司です。目鯛は淡白な味の鯛ですからコブ締めなどにしますが、この島では少し甘みのあるたれに漬け込み、にぎりにします。表面がべっこう色に輝いています。

 食事の後は艇に戻ってサロンで宴会をした後、眠くなったら各自寝室で寝ます。水に浮かぶヨットは程よく揺れますが、これが睡魔を誘い、朝まで熟睡できます。ある脳科学者は母親のお腹の中の羊水に浮かんでいた時のことを脳が記憶しているのだと言います。それはともかくこんな楽しい遊びは、他には思い当たりません。