Windowsを狙ったサイバー攻撃、史上最大規模

 米国家安全保障局(NSA)から盗み出されたとみられる技術を使ったサイバー攻撃が12日、世界各国を襲いました。ロイター通信は被害国数を約100カ国と伝えており、史上最大規模のサイバー攻撃となる可能性があります。日本でもトレンドマイクロとカスペルスキーのセキュリティーソフトが防いだ件数を集計した結果確認されましたが、実際に国内で感染被害が出ているかどうかは明らかになっていません。

 使用されたのは「ランサムウエア」と呼ばれるウイルスとみられます。標的のコンピューターを使えなくした上で「身代金」を仮想通貨ビットコインで支払うよう要求しています。

 AFP通信によると、ウイルス対策ソフトで知られるチェコのソフト開発企業アバストの関係者がブログで公表した被害国は、日本時間13日午前5時の時点で「99カ国」。被害件数は「7万5000を超える」と報告しています。

 英国では病院の端末が次々と使用不能になり、各国に先駆け大きな被害が伝えられました。救急車が病院に戻れなくなり、手術は中止されました。しかし、メイ英首相は「英国の医療制度を狙った攻撃ではない。世界的な攻撃だ」と警告しました。

 並行して米国では物流大手フェデックス、スペインでは通信大手テレフォニカの被害が報じられました。各国選挙でサイバー攻撃の発信源と非難されてきたロシアも被害国となり、強力な治安機関の一角を占める内務省が狙われました。中国でも、北京大学など各地の多くの大学が被害を受けたと伝えられました。



 感染したコンピューターの画像には「ファイルは暗号化された」とメッセージが表示され、解決策伝授と引き換えに300米ドル(約3万4000円)を要求。3日以内に支払わないと身代金は倍額になると脅しています。1週間以内に支払わなければ、ファイルは消えるといいます。

 病院が狙われた理由についてアバストの専門家は「病院のような場所を狙えば患者の命を人質に取れる。特に悪質だ」と指摘しました。ただ、こうしたサイバー攻撃の恐れはかねて警告されてきており、英国民保健サービス(NHS)当局者は「患者の安全を守るための対応計画が既に始動している。救急車は(攻撃を逃れた)近くの病院に行き先を変更した」と説明しました。

 今回狙われたのは米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)ウィンドウズを使った端末で、ウイルス攻撃は通常、メールの添付ファイルを開いたり、広告をクリックしたりして感染しますが、AFP通信は「メールを使わずネットワークを利用して端末から端末へ次々感染している」と語る米専門家の話を伝えています。

 一方、ネット上では13日、これ以上の被害拡大を防ぐ「キル・スイッチ」を発見したと主張する情報が早くも現れました。ただ、発見を主張する人物もAFP通信に対し「ウイルス拡散は止められるが、危機は終わらない。犯行集団も手を変えてまた攻撃してくる」と述べました。既に感染したコンピューターの復旧策は見つかっていません。

 マイクロソフトは12日、「3月にすでにこの悪質なソフトから守るアップデートを提供しており、アップデートをした利用者は守られている。攻撃を検知する機能を付加し、さらなる支援をしている」とコメントしました。

(JIJI.COM他より)

スポンサーサイト

Intelの新しいメモリー「Optane」でHDDでもSSD級に速くなる!

 Intelといえば、CPUのメーカーですが、このほどIntelが発表した、新しい「インテル Optane メモリー」(以下Optane=オプテイン)は、メモリ業界でも同社の存在感を大きくアップさせる可能性を秘めています。

 新たにリリースされるOptaneは、HDDモデルでも抜群に動作スピードが向上し、SSDモデルかと思わせる使用感を体験できるといいます。Intelは「これぞメモリ業界において、過去数十年間で最大の進歩だ」と発表しています。


optane.jpg


 PCのメモリは通常はRAM(Random Access Memory)のことをいいますが、そのなかでも、PC本体に挿さるDRAM(Dynamic RAM)は、容量が大きければ大きいほど、PCの動作スピードを向上させるものといった認識が一般的です。とはいえ、あくまでもDRAMは揮発性メモリのため、電源を落としてしまうと記憶内容は消えてしまいます。電源が供給されないと、記憶している情報を保持できないため、ユーザーの利用プログラムを学習してスピードアップを図ったり、電源オンからPCが起動するまでの速度を向上させたりするためには用いられません。

 一方、SSDが属するNANDメモリなどの不揮発性メモリは、たとえ電源がオフになっても学習内容を記憶できます。ただし、揮発性メモリに比べるとスピードが落ちる欠点を抱えています。


インテル Optane メモリー

 そこで新たにIntelが発表したOptaneは、DRAMの高速性を維持しつつも、よくアクセスして使われるプログラムやデータを、たとえ電源が切られた後でも記憶保持。そのため、PCの起動速度を倍に向上させるほか、ブラウザの立ち上がりが5倍も高速化されるといった導入効果が明かされています。




 また最大のメリットは、安くで量産できるため、HDDモデルにOptaneを組み合わせた仕様にすれば、テラバイト級のストレージを備えつつ、SSDモデルのような高速感を味わえると謳われています。また、SSDモデルにOptaneを組み合わせると、さらなるスピードアップも実現します。なおこのメモリは、同社が昨夏に披露した「3D Xpoint」アーキテクチャがベースとなっています。

 ちなみにOptaneは、これまで挿さっていたDRAMの隣りに挿せばよいだけで、従来のシステムのスーパーチャージャーのように動作します。つまり、まるでアドオンのような働きをし、なくても動くものの、あったらより高速化されるという位置づけです。たとえOptaneが動作不良に陥っても、システムそのものは問題なく動き続ける原理です。

 しかしHDDモデルのDRAMの横に挿して使うわけにはいかず、やや厳しい動作条件が設定されています。まずOptaneは、米国で4月24日に発売され、ラインナップはデスクトップPC向けの16GBモデルと32GBモデルのみ。しかも、Intelの「Kaby Lake」世代のプロセッサーのみでサポートされており、いわゆるOptane対応のマザーボードのスロット以外では、たとえ挿しても認識してくれません。よほど最近のモデルでなければ、いま使っているPCへそのまま挿すだけで使えません。

 Intelによると「Optane Memory」を使用するための3D XPoint SSD「Optane」は既存のNVMe SSDと同じM.2フォームファクタで供給され、接続帯域はPCI-E3.0x4となります。モジュールサイズはM.2-2280とM.2-2242の2種類、メモリ容量は16/32/60/120/180GBがラインナップされるようです。

 3D XPoint SSD「Optane」は従来のNVMe M.2 SSDと同じスロットを使用するため、200シリーズチップセットではPCI-Eレーンが100シリーズの20レーンから24レーンに拡張され、マザーボードベンダーも「Optane Memory」を意識しているので、すでに発表されている多くのマザーボードで2スロット以上のM.2端子が搭載されています。


200シリーズマザーボード(ASRock B250M-HDV)


 そのため基本的にKabyLake CPUと200シリーズマザーボードを購入すれば3D XPoint SSD「Optane」が発売されたら「Optane Memory」を使用できると考えられます。

 Intelは、Optaneを大々的に普及させていくことを狙っており、続々と対応マザーボードや搭載PCが発売されていく予定です。今年後半からはノートPC向けにも用意される方針が明かされているため、ゆくゆくはPCの標準メモリのような扱いになってくるかもしれません。

インテル Optane メモリー、GIZMODO他より)

完璧なパスワードはBRAINPRINT(脳紋)

 顔・声紋・指紋といった身体的・行動的特徴に基づき個人を認識する技術、「生体認証」の重要性は、セキュリティ保全の分野においてますます増しています。従来の個人識別番号とパスワードでは容易に破られてしまうからです。バークレイズは、スマホからネットバンキングを行う顧客向けに指紋認証システムの「TouchID」を導入しました。

 しかしこれだけでは不正を完全に防ぐことができません。極端な話、指を切り落としてしまえばいいのです。またセロファンを使って、ガラス面に付着した指紋を採取し、そこにゼラチンを塗るなど、指紋を偽造する方法はいくつかあります。こうしたことから、コピーが困難な、より高度な生体認証システムの開発が急務です。その答えとして有望視されるもの、それが「脳」です。


image.jpg


脳の電気的活動をベースにする脳紋の研究

 脳の電気的活動をベースにする生体認証技術は、不正を防止する確かな潜在能力を示しています。ここ数年になされたいくつもの研究が、脳が考える方法は人によって異なっており、”BRAINPRINT(脳紋)”は人それぞれ独自のものであることを明らかにしています。

 事実、当時ですら、102人の被験者を対象にした実験で98パーセントの精度で個人を特定できています。これは指紋の99.8パーセントかなり近い精度です。最近では、こうしたことが血流の変化から脳の活動を測定するfMRIによって確認されています。

 ある研究では、リラックスする・ストーリーを聞く・計算する・感情を浮かべた顔を見る・体の動いている部位を想像するといった特定の精神的作業を行わせることで、最大99パーセントの精度で個人の特定に成功しています。


脳紋を認証する装置の開発

 しかしfMRIのコストと難しさ(長時間スキャナーの中でじっと横になっていなければならない)は、日常的な生体認証を行う上では実用的ではありません。電極で脳波パターンを計測する脳波計(EEG)が注目されたのはこのためです。しかしEEGも楽ではありません。計測にはゼリーが塗られた電極付きのキャップを被らなければならないからです。こうしたことが脳紋を利用する技術の実現を阻んでいました。

 ところが最近では、一般的なイヤフォンの表面に組み込んだ電極を用いて、ゼリーを塗ることなく、耳から脳波を測定できるようになりました。だからといって脳紋の測定は簡単ではありません。脳が常に様々な情報を処理しているために、脳波は雑音だらけだからです。そうした雑音を減らす技術もありますが、それには強力な演算能力が必要でした。しかしスマートフォンの進化は目覚ましく、理論的にはあらゆる演算能力をスマートフォンで賄えるようになってきました。



双子には使えない、脳紋が安定しないなどがネックだった

 では脳紋が未だに普及していない理由は何でしょうか? まず1つには、双子には使えないことが挙げられます。双子の脳波はほとんど同じパターンを示します。しかし最大の問題は長期的に脳紋が安定していないことである。脳紋は一度測定すればそれで済むというものではなく、例えば1か月間隔といった具合で、定期的に測定を続けなければなりません。これは脳の接続が可塑的な振る舞い(経験に応じて変化する)をすることが原因です。


特定の発信音を使用することで弱点を克服

 しかしイギリス、ケント大学の研究チームの調査からは、イヤフォンで鳴らす特定の発信音を用いれば、こうした変化を最小限に抑えられることが判明しました。発信音が脳に与える影響についてはまだ完全には明らかになっていませんが、これが脳を落ち着かせ、活動に対する集中力を増加させると推測されています。

 ニューヨークの銀行では、ニューヨーク州金融サービス局が推奨する多因子認証プロトコルが導入されるようになるといいます。これは内部システムなどにアクセスする際、3つ以上の認証メカニズムを併用するものです。

 指紋認証や声紋認証も有望ですが、新しいサイバーセキュリティ基準を満たす上でよりふさわしいのは脳紋です。例えば、指紋の場合は一生変化することがないために、仮にセキュリティが破られてしまっても、新しい指紋を用意することはできません。しかし脳紋は異なる精神的活動を用いれば、更新することができます。


89c44147.jpg


将来的にはパスワードを入力する代わりに利用できる可能性も

 脳紋はさらに、従来の英数字のパスワードに代わるパスワード生成にも利用することができます。例えば、ATMの利用者はいちいち暗証番号を入力するのではなく、イヤフォンを耳に入れて、ATMの画面に表示される個人識別番号を見るといったやり方です。個人識別番号を見ると脳に変化が現れ、それが認証されてATMを利用できるようになります。

 また強要されている状況においては、ストレスで脳紋が機能しなくなります。したがって犯罪の防止にも有効です。こうした点や他人の思考をコピーすることの難しさを考えれば、脳紋を利用する利点は明らかです。

 特に多因子認証システムの一部として今後脳紋が採用される可能性は非常に高いでしょう。いつの日か、銀行から脳波を測定するイヤフォンが送られてくるかもしれません。パスワードを入力しなければならないことが多い昨今。パスワードをうっかり忘れがちな私にとっては朗報なのかもしれません。iPhoneなどの指紋認証や、乾燥体質の為か、何度指で押しても開かない時、結局パスワード打ち込んでるわけです。パスワードを一切覚えなくていい未来がくるかもしれません。

(Mail Online―カラパイアより)

フルデジタルアンプ NFJ UPA-D152Jを購入

 パソコンを無音化してから、オンボード・オーディオのアナログ出力から、ノイズの影響が少ないUSB-DACに交換しようと模索していましたが、USB-DACヘッドアンプは数万円から数十万円と高価で、隠居老人には手が出せません。

 しかし最近は中国製の安価で評価の高いUSB-DACコンバーターやヘッドフォンアンプがが販売されています。そこでアナログの音とUSB-DACの音を比較するために、NFJ UPA-D152Jを楽天のラクマから3,480円で購入しました。


NFJ UPA-D12J.jpg


 通常はUSB-DACコンバーターからプリメインアンプに入力しますが、このNFJ UPA-D152Jは、テジタル信号をダイレクトにアンプICまで伝送し、ノイズ混入や歪みなどの音質劣化原因を極力排除するよう考慮されたフルデジタル設計で、高音質化を図ったとしています。

 搭載されているUSBバスパワーで動作が可能で、パソコンとUSBで接続してパッシブ・スピーカーをドライブできるパワーアンプが内蔵されています

nfj_h78_4.jpg

 またMCU(マイクロ・コントロールユニット)を搭載し、デジタルアンプICのトーンコントロール・電子ボリューム(32STEP)・ミュート等の調整機能を制御し、設定値の記憶保持も可能です。簡単に言えば電子ボリュームとミュート操作で、スイッチON/OFF時のポップノイズや、ボリューム・コントロールの時に出やすいバリオームやギャングエラーが出なくなります。

 理屈はともかく、従来使っていたオンボード・アナログ出力とUSB出力の音の違いを簡単にレポートします。なお使用したのは愛用しているFontek Research製のコンデンサー型ヘッドフォンminifon A-4です。このヘッドフォンはヘッドフォン出力からではなく、スピーカー出力にカプラー(写真右)を繋いで使用します。


 まだUPA-D152Jのエージングが完全に済んでいませんが、最初の印象は音色に雑味がなく、ヴェールを1枚剥がしたようなスッキリとした音でした。周波数帯域もフラットで、低音域から高音域まで素直に再生されます。 従来使っていたアナログ出力はGIGABYTEのマザーボード搭載されているRealtek ALC889 High Definition Audioで、ノイズの影響もなく大きな不満はありませんでしたが、USB-DACフルデジタルアンプで聴くと、今まで聞こえなかった楽器特有の反響音まで聞き取れます。

 しかし暫く聴くうちに音色が少し刺々しく感じるようになりました。やはり高価なUSB-DACコンバーター+プリメインアンプを使わないと、本当に良い音は出ないのでしょう。

 以上はコンデンサー型ヘッドフォンでの試聴ですが、試しに居間のテレビの下に置いてあるabee AFFINITY E101UPA-D152Jを繋ぎ、Jordan Watts Jumboピーカーを鳴らしてみました。正直この方が相性が良く、Netflixで映画を観ると、会話がこもらず明瞭に聞えます。音楽は、さすがにこのスピーカーでは低音が出ないので、オーケストラには向いていませんが、ヴァイオリンやチェンバロなどの独奏楽器は明瞭に聞えます。

 最後の試みとしてUPA-D152Jヘッドフォン出力からアナログアンプのLine INに繋いでヘッドフォンで聴いてみました。UPA-D12JのUSB-DAC(コンバーター)だけを使うわけです。結論としてこの方法が一番音色も良く、聴きやすいことがわかりました。私はそれほど高価なアンプは使っていませんが、音色が刺々しく感じたのは、UPA-D152J内蔵されているデジタルアンプが原因でした。

 音響機器は、いろいろ聞き比べてみないと、どれが自分の好きな音楽に合っているのか分かりません。やはり安価なUSB-DACアンプNFJ UPA-D152Jはデスクに置く小型スピーカー向きのようです。どんな高価なスピーカーでも、コンデンサー型ヘッドフォンに比べると音がぼやけているので、少し刺々しい音を入力した方が音色が鋭くなり、音が良くなったと錯覚するのでしょう。

フルHDモニターを購入

 PCにグラフィックボードを挿入してから、モニターの解像度が気になるようになりました。今まではデスクトップPCを置くスペースの関係で、22型テレビをモニターとして兼用していましたが、数年前に購入した三菱テレビはHDMI入力がPCに対応せず、仕方なくD-subで接続していました。

 そこでHDMI入力ができる22~24インチのフルハイビジョンテレビを探しましたが、国産ではシャープのアクオスの22型しか見つかりません。テレビが2台あっても無駄なので、PC専用モニターを購入することにしました。高画質を望むのであれば、4Kディスプレイが理想なのですが、殆どが28インチ以上で、設置するスペースがありません。そこでフルHDモニターを探しました。


AOC.JPG


 価格コムで条件を22~24インチフルHDで検索すると、23インチで最安値のAOC I2381FH/11が見つかりました。しかも画像が美しく視野角が広いAH-IPSパネルを使用し、ベゼルが7mmの薄型で、ユニークな形状のアルミ製スタンドを採用した未来デザインの製品です。

 AOC (Admiral Overseas Corporation)というメーカーは日本ではあまり知られていませんが、カラーテレビを製造する最初のブランドして、アメリカで設立されたアドミナル社が母体の台湾に本社を置くメーカーで、海外では高く評価され、Philipsモニターのライセンスパートナーでもあります。

 評価の高いIO DATAやASUSU等と比較した結果、AOC製品に欠点は見つからず、デザインと価格に惹かれ、11,980円で購入しました。

 安価なのであまり期待していませんでしたが、設定の幅が広く、モード設定ではスタンダード、テキスト、インターネット、ゲーム、映画、スポーツなどが選べます。画面が明るすぎるので、初期設定の100から10まで落としました。色彩はブルーライトを抑えた設定で、フォントも美しく、ジャギーが全く見られません。

AOC I2381FH/11期待以上のフルHDディスプレイでした。

 今まであまり気にしなかったグラフィックボードやモニターの重要性を再認識しました。これからは美しい画像や、YouTube、映画等を見るのが楽しみです。