「辛い食べ物」をやめられない理由

 辛い食べ物は最高です! でも、カプサイシンによる痛み、水の飲み過ぎによるお腹の膨れ、止まらない汗など、不快なオマケも付いてきます。それらのオマケをもらわないで辛い食べ物を楽しむ方法はないものでしょうか?

 

バッファローウィング:鶏肉の手羽を素揚げにし、辛味の強いソースをまぶしたアメリカの料理である。ニューヨーク州のバッファロー発祥で、バッファロー住人には「チキンウィング」や「ウィング」と呼ばれている。

 

愛してしまうのにはわけがある

 実はその痛み、私たちが辛い食べ物を欲する理由の1つでもあります。耳から火が出るような経験が、そのカレーやバッファローウィング、あるいはサルサを、単純に味がいいだけでなく、風味豊かだと感じさせます。

 味と風味の違いは何でしょう? 風味は、3つの要素から成っています。味覚(酸っぱい、しょっぱい、甘いなど)、嗅覚(食べ物の匂い)、三叉神経の感覚(神経が感じる感覚)です。唐辛子の成分であるカプサイシンは、痛みの受容体を活性化し、食べた人に熱いと感じさせます。とはいえ、実際にやけどをするわけではなく、痛みとして感じるのです。

 また、カプサイシンはハイな感覚ももたらします。口の痛み受容体が活性化すると、体内でドーパミンとエンドルフィンが分泌されます。私たちが辛い食べ物の「経験」を愛する理由は、味だけでなくこのプロセスにもあります。知覚したカプサイシンの痛みは、風味を豊かにします。つまり、この痛みはバグではなく、機能の1つなのです!

 

耐久力を鍛えよ

 都市伝説ではなく、辛い物への耐久力を鍛えることは可能です。痛み受容体は、カプサイシンに何度もさらされることで、物理的に変化を起こします。

 雑誌「Discover」にこう書かれています。

 「カプサイシンにさらされると、これらの受容体は開いて、ナトリウムとカルシウムイオンを受け入れます。これにより、脳に熱いという信号が送られます。しかし、カプサイシンに短時間さらされることを繰り返すうちに、カルシウムイオンがレセプターのドアを閉じるようになります。そのため、痛みの信号がそれ以上送られなくなります。さらに、長期的に辛い食べ物を繰り返し食べていると、神経終末が劣化し始めます。そのメカニズムは、まだ解明されていません」

 もちろん、神経は再び成長します。つまり、耐久力を維持するには、辛い食べ物を定期的に食べ続ける必要がありそうです。このことから、非常にシンプルな答えが導き出されます。スパイスを少しずつ増やしていきます。赤唐辛子のフレークをスープにかけ、食事の黒コショウを増やしましょう。本当に辛いのが苦手なら、ケチャップにタバスコを2滴たらすことから始めるのがいいそうです。

 

正しい冷却剤を選びましょう

 もちろん、耐久力を鍛えれば、三叉神経に由来する風味を失うリスクがあります。ですから、受容体を劣化させたくないのであれば、別の熱さ対策を講じなければなりません。これは、正しい冷却剤を見つけることを意味します。それは水や炭酸飲料、ジュースではありません。もっと、牛乳のようなものが適しています。

 カプサイシンは脂肪に溶けやすく、水には溶けません。学術誌「Pharmacological Review」に掲載されていた論文で、このように説明されていました。

 「カプサイシンは水に溶けないため、局所用製剤やスプレーでは、アルコールやその他の有機溶剤を使って可溶化します。口内の過剰なカプサイシンを水で軽減できないのは、このような脂溶性が原因だと考えられます。それよりも、ラッシーのようなヨーグルトベースの飲み物のほうが、口からカプサイシンを取り除いてくれるでしょう」

 ライターのMichelle No氏が、さまざまな冷却剤を試しています。その結果、成分無調整の牛乳とココナッツウォーターがもっとも効果が高かったそうです。ほかに口の中の火事を消してくれる食材と言えば、砂糖、米、サワークリーム、はちみつ、それからライムなどの酸です。

 辛い物を食べて水を飲み過ぎてしまうのは、水に冷却効果がないためです。ですから、冷却剤を変えて、少量で痛みを抑えられるようにしましょう。

 

焦らない、焦らない

 最後に、熱さを楽しむシンプルなアイデアは、ゆっくり食べること。ちょっとでいいので、食べるペースを落としてみませんか。「The Kitchn」が指摘するように、カプサイシンを多く食べるほど、反応が強くなります。ですから、ゆっくり焦らずに食べることで、体内で「安定的で耐えうる量」を維持することができるます。辛い食べ物の効果は、所詮15分程度しか続きません。間食をするのであれば、このことを覚えておきましょう。熱さをやり過ごしたら、また食べるのです。

 カプサイシンによる舌への刺激がどんなに好きでも、不快感が勝ってしまえば食事を楽しめません。ですから、風味豊かな食べ物をぺろりと平らげることと、辛すぎて悲劇になることの間でバランスを取るのが大事。ここで紹介したヒントを参考にバランスを見つけてください。最適な量の痛みであれば、風味を増してくれる効果があります。

(Lifehackerより)

スポンサーサイト

お酒を飲むとジャンクフードが食べたくなる現象の科学的説明

 お酒をたらふく飲んだ後の深夜2時、変色したゆで卵や、しぼんだソーセージ、粉っぽいパンケーキが、ビックリするほどおいしく感じたことはありませんか? それはあなただけではありません。DNewsが、お酒を飲むとジャンクな食べ物がおいしくなる理由を科学的に説明しています。



 アルコールは人体に複雑な影響を及ぼしますが、「お酒を飲んだあとの食欲」は、AgRP(アグーチ関連ペプチド)と呼ばれる神経ペプチドに起因します。AgRPには、空腹でないときにも食欲を起こさせる働きがあります。また、AgRPが食欲調節ホルモンであるレプチンを抑制するために、満腹感を感じなくなると考えられています。




 それだけでなく、アルコールは、食べ物の味や食感、食べやすさなどを脳が処理するやり方に影響を与えます。その結果、普段ならとうてい食べたいとは思わない冷めてしなびたピザが無性に食べたくなり、まるで一流シェフがつくった料理のようにおいしく感じられるのです。また、このように、お酒を飲むとジャンクフードが食べたくなることが、飲みすぎると体重が増えてしまう大きな原因となっています。ですので、こちらの「体重が増えない健康的な飲み方」をよくチェックしてください。

(Lifehacker より)

アメリカのチョコレート

 日本ではあまり知られていませんが、アメリカにはいくつかのチョコレートの名品があります。日本では殆ど入手困難ですから、私はアメリカ土産はいつもチョコレートです。


IMGP2533.jpg


Dove



 その一つはイリノイ州シカゴのDoveチョコレートです。Doveはギリシャ系のアメリカ人によって作られたチョコレートです。

 私はミルクの入らないダークチョコレートが好みですが、その硬さ、歯ごたえ、キメの細かさは絶品です。ただしアメリカらしくダークでも僅かに甘さが強く感じられます。

 写真のダークチョコレートは表記されていませんが、多分カカオ60%程度の製品だと思われます。


See's Candies



 甘いもの好きのアメリカ人に絶賛されている人気No1のチョコレートです。カリフォルニアでMary See が1921年創業したアメリカン・ホームメイドスタイルのチョコレート・キャンディーショップのチョコレートです。

 主力製品は中に甘い練り物の入ったシェルチョコレートなので、私は購入しませんでした。空港にも専門店があり、アメリカ土産には最適です。

 私は小さなダークチョコバーを1本買って出発前の待合室で食べましたが、ダークでも甘みが強く、私の好みではありませんでした。しかし美味しいチョコレートです。

 2001年に日本第1号店が表参道にオープンし、銀座店もあります。日本で買うととても高価です。その意味では土産としての価値があります。


Ghirardelli


ghirardelli-chocolate72% (1).jpg


 サンフランシスコに行かれた方はご存知だと思いますが、1852年にイタリアから来たドミンゴ・ギラデリ(Domingo Ghirardelli) によって創業された老舗です。 絶妙な甘さとチョコレート特有の香り(臭み)があり、私の大好きな銘柄です。60%カカオのダークが食べやすいのですが、72%カカオは私のフェイバリットです。以前土産としてあげた人は、苦くて食べられないと言っていました。

 ただ現在ではスイスのリンツ&シュプルングリー社の子会社となり、以前より味が落ちたような気がします。企業利益追求の結果でしょうか、残念です。


他のチョコレートとの比較

 アメリカには日本にも以前から輸入されているアメリカ最大のチョコレートメーカーHershey'sがありますが、大衆的な製品で、名品とはいえないので対象から外しました。空港の出国ロビーの土産屋でもあまり見かけません。


 ベルギーの
Godivaは1972年に日本橋三越に日本1号店をオープンさせたこともあって、有閑マダム御用達のチョコレートですが、味よりイメージが先行し、アメリカの知人はスノッブ好みのチョコレートだと評していました。現在はキャンベル・スープ・カンパニー傘下のメーカーです。

20091026_595743.jpg

 日本ではスイスやベルギーのチョコレートに人気がありますが、私はアメリカのチョコレートが大好きです。アメリカ土産には最適なので、GhirardelliDoveは日本には安易に進出してほしくない銘柄です。

国連が食べることを勧める10の昆虫 (閲覧注意!)

 日本でいう「食虫」は英語ではエントモファジー(Entomophagy)といいますが、これは成虫だけでなく、卵やサナギや幼虫も含まれており、来るべき食糧難に備え、貴重なたんぱく源として、国連も虫を食べることをバックアップしています。個体的に言えば昆虫は地球上で相当数を占め、養殖も容易なので種が絶滅する危険性も低いのもその要因でしょう。

 国連が最近発行した報告書によると、食べられる虫は1900種類以上いるそうですが、実際に人間が虫を食べる文化は世界中にあり、調理次第ではおいしく食べられる食用昆虫は多く存在します。


1. タランチュラ


1.jpg


 クモは驚くほどタンパク質が豊富です。中でもタランチュラは、世界中で珍味として堪能されています。揚げタランチュラは、カンボジアのような地域で好んで食べられています。特にpingというタランチュラは、人の手のひらほどもあり、タイゼブラ(写真)という種類は、多くのレストランでも定番メニューとして普通に出てきます。昆布のうまみ成分MSGと、つぶしたガーリック、砂糖、塩をまぶして揚げれば、理想的な軽食またはメインにもなります。


2. ミルワーム(ゴミムシダマシ)


2.jpg


 幼虫が、ディナーテーブルにすばらしい色を添えてくれます。この虫はオランダで飼育され、栄養価がとても高く、銅、カリウム、ナトリウム、セレンなどを含み、体の免疫力をつくりあげる元になり、髪や爪の健康にもいいといいます。また、多価不飽和脂肪があるため、最適な脳内環境を整えます。オーブンに焼くだけで簡単に調理でき、チョコレートをかければ、すばらしいスイーツにもなります。


3. カメムシ


3.jpg


 Encosternum delegorguei は、もっとも人気の食用カメムシです。ほかの虫よりも成長が早く、寒さで動きが鈍くなっている明け方に収穫します。弱火で煮て、彼らの持っている防衛のためのあの独特なにおいをとります。この需要なステップが済んだら、スープやサンドウィッチなど、好きなように料理できます。


4. シロアリ


4.jpg


 シロアリは、およそ38%のタンパク質をもっていて、健康食品としてとても価値があります。 Syntermes aculeosusは、ベネズエラ産の種で、64%ものタンパク質をもっています。また、鉄分、脂肪酸、トリプトファン、カルシウムも豊富に含み、このことから彼らは最適なヘモグロビン値や、骨密度を保つための良質な食糧源なのがわかります。シチューやカレー、スープ、サラダなどに広く使われています。


5. イモムシ


5.jpg


 アジア地域では有名な食材。イモムシの燻製は、北ザンビアの一部で珍重されている珍味。三ヵ月まで保存することができるので、悪天候に左右されず、長期間食べ物の保存ができない場合でも、頼れる食料源になります。タンパク質の含有量は25~35グラム、脂肪は20グラム、炭水化物はなし。ターキーの足一本の栄養分よりも勝ります。


6. 甲虫


6.jpg


 メキシコでは、この虫にライムとトウガラシをふりかけて炙って食べます。chapulineとして知られる珍味です。タンパク質とカルシウムが豊富で、とてもカロリーの高い虫です。ほかの虫よりも美味で、たっぷりの油で揚げるのがベスト。揚げる前に茹でると、固い外皮が柔らかくなります。オレガノやレモン汁をふりかければ、最高のスナックになります。


7. サソリ


7.jpg


 中国では特別な食材で、最初に毒素を取り除くために高温の油を使って、強火で手早く炒めます。それから、スパイスや香草にまぶして揚げ、炊き立てのご飯と一緒に食べます。味はエビに似ていて、タンパク質を多く含んでいるため、高タンパク食を処方されている人には特にお薦めです。


8. ハチ


8.jpg


 ミツバチやススメバチは、アフリカ、オーストラリア、メキシコ、アメリカなどさまざまな地域でおいしいスナックとして食べられています。

 本体のハチは一般的に幼虫の段階で食べますが、針のないハチはそのままバリバリ食べます。ハチの子(まだ卵の中にいる幼虫か、ハチの巣にいるサナギ)は、ピーナッツかアーモンドの味がします。スズメバチは松の実のような味がするといいいます。


9. コオロギ


9.jpg


 この虫はさまざまな方法で食べられています。プロテインバーやハンバーガーに使われるパウダーまで、コオロギは食品業界のいたるところに浸透しています。

 高タンパクなので、急性タンパク質欠乏症、甲状腺や副腎の機能不全の人にも処方されます。オランダでは大人気で、研究者は普通の肉と比べて栄養価も高いと言っています。特にマグネシウムはビーフより5倍も高く。日本でもイナゴが食されている地域がありますが、味も香ばしくておいしいそうです。


10. ゴキブリ


10.jpg


 信じられないかもしれなませんが、ゴキブリも種によってはおいしい昆虫食となります。バーベキューの煙でいぶし、ホワイトペッパーをかけると最高に美味なのだそうです。

 タンパク質が豊富な珍味で、世界中であらゆる年齢層の人たちに広く食べられていますが、特に中国が盛んです。津南産のゴキブリは最高級品で、村にとってこの虫は費用効果の高い生き物なので大規模に飼育しています。天日干ししたゴキブリは手ごろで、エネルギー補給のためにナッツやプロテインバーをストックしておくのを忘れてしまうぐらいだそうです。

(HealthyPanda―翻訳:カラパイアより)

世界8つのおいしい健康食

 フランスの女性はスリムな体形を維持できていると言われていますが、その理由は赤ワインに含まれているポリフェノールの褐色脂肪細胞にあるそうです。この細胞はなんと脂肪を燃焼してくれると言います。



 隣の国、イタリアでは、毎日山盛りのパスタを食べたり、真夜中まで食べ続けるという食生活をしているにも関わらず、イタリア人は健康大国の一員です。栄養学者たちによると、この理由は、イタリアでは、鮮魚や脂身の少ない肉やたっぷりのオリーブオイルなど栄養豊富な食事が多いからだそうです。

 そこで、多くの栄養学者たちに世界で健康的な食事をしている国々を上げてもらったところ、このような地図ができあがりました。


1.日本食:がん予防に最適な健康で美味しい料理


1.jpg


 マリリン・グレンビル栄養学博士は「世界の中での日本食は一番健康的な食事のひとつでしょう」と語ります。日本人がよく食べる魚には心臓病や心筋梗塞を予防してくれるオメガ3脂肪酸が含まれており、また味噌やアブラナ科の野菜などはホルモンバランスを整えてくれ、乳癌を予防してくれる効果もあります。

 また、日常的に食されている海草類にはセレニウムやヨードなど甲状腺機能を健康に保ってくれる微量元素が含まれています。おなじみのお寿司は、エネルギー源となりながらも、脂肪は少ないことで知られています。また、ネタの魚に含まれているオメガ脂肪酸には血液をサラサラに保ってくれる効果もあります。さらに日本の多くの野菜は加工されていないため、ビタミンやミネラルが豊富に摂取できます。


2.地中海料理:身も心もヘルシーに


2.jpg


 シーフード、オリーブオイル、野菜、フルーツ、穀物。これらの食べ物はすべてビタミンやミネラルが豊富で心臓病や糖尿病の予防に役立っています。地中海料理にはチーズや肉も使われていますが、バランスもよく、量も適切だと専門家は述べています。またオリーブオイルが大量に使われているのも特徴で、オリーブオイルは血液中のコレステロールを下げる働きをし、炎症にも効果的です。オメガ3を含む魚や、記憶障害を防いでくれる抗酸化物質を含む食べ物も多く食べられています。


3.シンプルだけど体にいいアイスランド料理


3.jpg


 アイスランド料理はとてもシンプルです。新鮮なシーフードと羊肉メインで、アイスランドの最初の入植者が持ち込んだ北欧の保存食品であるチーズやヨーグルトも彼らにとって欠かせない食材となりました。

 善玉菌を使用した高品質のヨーグルトは、アイスランド人の必須食材です。新鮮な魚はオメガ3脂肪酸を含んでおり健康な心と脳を保つのを助け、認知症やアルツハイマー病、心臓病や脳卒中のリスクを軽減しています。


4.スカンジナビア料理は消化器系に効く


4.jpg


 彼らは野菜をあまり食べませんが、それでもスカンジナビアの食は健康的だと言います。スウェーデン人のお気に入り食材といえばベリー類、抗酸化物質を多く含んでおり、ビタミンも豊富。地元で採れたものをヨーグルトやデザートにたっぷりと入れて食べるのが彼らのスタイルです。

 アイスランド人もスウェーデン人も消化や免疫の働きを助ける発酵乳製品をよく食べます。私たちの免疫システムの70パーセントは腸内に関係しているので、これらの食べ物はとても大切になってきます。


5.エチオピアの万能全粒


5.jpg


 エチオピアの食事は高い栄養素を含み、さらに低脂肪。そのメインとなるのが、全粒粉です。日本ではまだなじみがないが、テフ粉は、鉄分、繊維、カルシウムを豊富に含む全粒粉で、エチオピアのほとんどの料理で使われています。

 全粒粉は胃腸システムで重要な役割を果たしており、腸がんのリスクを減らしてくれます。エチオピア人気のサラダ、アジーファは緑レンズ豆のサラダで、玄米やピタなどと一緒に食べます。このレンズ豆はタンパク質や繊維が豊富で脂質が少く、女性にも男性にも効果的なホルモンバランスを整えてくれる植物性エストロゲンを含んでいます。


6.中国人は箸とお茶で満腹感


6.jpg


 食事はゆっくり食べなさいとは小さい頃よく言われたものですが、忙しい現代ではついつい時間短縮のため、早食いしてしまう人も多くありません。そんな人は箸を使うといいと言います。ゆっくり食べる事で少量でも満腹を感じることができるので、食べ過ぎ防止にもつながります。日本も箸文化ですが、最近ではスプーンやフォーク、手で食べられるファストフードで済ませる人も多いので要注意です。

 食べ物の消化は口の中から始まっています。咀嚼することで、口内ではアミラーゼなどの唾液酵素が出され食べた物を分解してくれます。かめばかむほど、食べ物は小さくなり胃で消化する際の負担を減らしてくれます。つまり、吸収率が良くなり、栄養も多く取り込めます。

 また、中国ではお茶がよく飲まれていますが、これは毒素を排出し、消化を助け、食欲を抑制してくれます。さらに心臓病や癌の原因となるフリーラジカル(フリーラジカルの代表は活性酸素)も退治してくれるというスーパードリンクです。日本の緑茶もこれに該当します。


7.フランス人は赤ワインで体脂肪を減らす


7.jpg


 チーズやフランスパンなど、炭水化物や高脂質が好きなフランス人、しかし一般的に彼らの体型はいたってスリムです。その秘訣は、夕食時に飲む赤ワインにあると専門家たちは言います。赤ワインの素となる葡萄やベリー類は、微生物の侵略と戦うための強力な抗酸化物質を含んでいます。抗ガン性物質も含んでおり、健康ドリンクとしても有名な赤ワインは、癌の原因といわれているフリーラジカルに損傷をあたえるだけでなく、細胞の複製能力も高めてくれます。

 また、体内の酸化を防ぐことで老化も遅くなるため、長い間健康でいられます。専門家によると、薬剤に含まれている薬でも、抗ガン性物質ほど細胞の複製に効果的なものはないと言います。最後に、赤ワインにかかれば余分な体重さえ、カロリーを燃焼してくれる褐色脂肪細胞に変えてくれるまさに魔法のドリンクです。


8.スパイス好きのインド人は善玉菌と仲良し


8.jpg


 インド料理といえばスパイスです。スパイスは味付けに限らず、色付けにも使用されており、体に良いことでも知られています。ターメリックは抗炎症作用が高く、免疫芽球性肉腫の症状を和らげてくれます。ショウガは胃の不快感に効き、消化系システムから余分なガスを排除してくれ、腸の働きを整えてくれます。

 また伝統的なヨーグルト飲料として知られているラッシーはリフレッシュ効果もあり、ミントやマンゴーなどさまざまな味が楽しめます。また、ラッシーに含まれている善玉菌は消化機能を助けてくれる効果もあります。

(Mail Online―カラパイアより)