FC2ブログ

パスタは食べても太らない!

パスタは同じ炭水化物でもライスやパンとは違う健康食品

 糖質制限ダイエットが流行するなか、嬉しい研究結果が発表されました。糖質の源として他の炭水化物と一緒に目の敵にされてきたパスタが、実際は食べても太らないどころか減量にもよいことが研究で明らかになりました。



 カナダ・トロントのセント・マイケルズ病院の研究チームによれば、パスタがGI値の低い食品であることが重要です。GI(グリセミック指数)とは、ある食品が血糖値をどれだけ急激に上昇させるかを測定するための数値。数値が低くゆっくり体内に吸収される食品は、脂肪を作るインシュリンが分泌も抑えられて太りにくいといいます。

 これに対し、同じ炭水化物でも米や小麦を使ったパン、ジャガイモなどGI値が高い食品は身体への吸収が速く、血糖値が急激に上昇します。血糖値を下げようとするインシュリンの分泌もその分、増えます。

 パスタと体重の間に「食べると太る」という相関関係があるかどうかを確かめるため、研究チームは延べ2500名近い被験者を対象に32回の比較試験を行いました。

 被験者は、GI値の低い健康的な食事を心がけ、炭水化物ではパスタだけを食べる生活を送りました。その結果、被験者が食べたパスタの量の中央値は週3.33人前でした。

 その後、被験者の体重やBMI(ボディマス指数)、体脂肪、胴囲を計測したところ、パスタを食べても体重や体脂肪率の増加にはつながりませんでした。それどころか、3カ月の実験期間中に、被験者の体重は平均で0.5キロ減少しました。



食べ過ぎを抑制

 この結果について研究チームでは、低GI食品のほうが空腹感を満たす効果が高く、そのため食べ過ぎを抑えられたのではないかと考えています。この研究結果は、学術誌「BMJオープン」に掲載されました。

 研究チームによれば、パスタにはさまざまな種類があるものの、小麦を使ったパンなど、他の炭水化物が多い食品に比べてGI値が低い点は共通しているといいます。さらに、全粒粉を使用したパスタでも、通常のものとGI値に大きな違いがない点を強調しています。

 精白小麦を原料に使用している場合でも、パスタは平均的にほかの精白小麦食品と比べてビタミンやミネラルなどの微量栄養素の含有量が多いといいます。

 研究チームは論文で、「炭水化物は太るという情報が氾濫しているだけに、この研究結果は重要だ。こうした情報は、毎日の食卓に影響を及ぼしており、炭水化物、特にパスタの消費量は最近になって減少する傾向にあった」と記しています。

 研究論文の筆頭筆者で、セント・マイケルズ病院の臨床栄養・リスク緩和センターに所属する臨床科学者ジョン・シーベンパイパー博士は、「太ると言われ敬遠されるパスタは、実際は低GI食として、健康的な食事のメニューに加えて良さそうだ」と言います。

 今回の研究の結果、「パスタを食べても太ることはないと、ある程度の確証を持って言うことができる」と、同博士は続けます。

 ただし、パスタに必要以上に油や砂糖を足すのは禁物です。パスタは太るという先入観の源は、食べ方にもあったようです。

(Newsweekより)

スポンサーサイト

3つのマッサージャを購入

 自転車エルゴメーターの次に、マッサージャを3つ購入しました。


シートマッサージャー


レッグマッサージャー


エアーマッサージャー


 シートマッサージャーはベッドに平らに敷いて寝ながら使用でき、特に腰の疲れ(腰痛)が緩和されます。予想以上に効果があり、1日2~3回使用しています。

 レッグマッサージャ-はふくらはぎの疲れが取れます。椅子に座っているときや、寝ながらシートマッサージャーと併用すると、全身がもみほぐされているようで、うとうと寝てしまいます。

 エアーマッサージャーは振動ではなく、底面のいぼいぼがランダムにもり上がり、ベルトで固定した足の甲の裏側の土踏まずを刺激します。いわば電動の竹踏みです。

 これらのマッサージャーは管理医療機器(クラスII)に分類されているもので、使用における安全上のリスクが低い機器です。



 運動不足になりがちの高齢者には、テレビを見ながらでも使用できるので、最適ではないかと思います。

 私はアウトレットやメルカリを利用して3点で8,000円程度で購入しました。

認知症の原因は運動不足よりも座ること

 PLOSONE(オンライン版)に掲載された研究報告によると、常日頃から「座った姿勢」で長時間を過ごす人の場合、新たな記憶の形成に重要な役目をしめる「脳領域の皮質」が薄い傾向が判明したと、不可視な脳内環境の格差を伝えています。



 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)セメル神経科学ヒト行動研究所のPrabha Siddarth氏らによる研究から導き出された結論は、椅子やソファに長く座り過ぎると、従来から示唆されてきた「心臓」ばかりでなく「脳」にも悪影響を及ぼす可能性が高いといいいます。

 しかも、この脳領域皮質の、専門用語で言うところの「菲薄化」に関しては、座りがちな生活による結果、つまり運動不足が原因の本質というよりも、むしろ源流ともいえる「座ること自体が関連しているのではないか」と指摘している点が、Siddarth氏らの見解の斬新さです。


座りがち生活の悪影響

 最新知見を掘り出した研究は、認知機能が正常である男女被験者35人(45~75歳)の協力を得て行なわれました。まず、各自の日常的な運動量を問い、過去1週間の1日当たりの平均座位時間についても申告してもらいました。

 次に脳のMRI検査を実施し、「記憶の形成」に関わる部位の解析を行ないました。具体的には、内側側頭葉(medial temporal lobe)と小領域(subregion)の皮質の厚さと運動量の関連を、さらに各被験者の座位時間との関連も詳細に調べました。

 解析の結果、日頃から座っている時間が長ければ長い人ほど、「記憶の形成」に欠かせない内側側頭葉と小領域の皮質が薄い事実が判りました。

 そう聞くと、若禿げや薄毛問題とも違い(それはそれで、人によっては大きな問題ですが……)、自分の眼で視認できない分、その菲薄化の悪影響が気になるものです。

 事実、Siddarth氏ら研究陣は、内側側頭葉の皮質が菲薄化すると「中年期以降に認知機能が低下したり、認知症を発症する前兆である可能性も否めない」と指摘。

 日常の座位時間をいかに短くするか、その自覚と実践が「アルツハイマー病やその他の認知症を予防するカギとなる」と推奨しています。


座りがち生活が招く悪影響

 さらに注目すべきなのは、この脳領域皮質の厚さという問題の場合、「各自の運動量との関連は取り立てて認められなかった」という点です。事実、普段の生活で比較的運動をしていると答えた被験者でも、座位時間のほうが長ければ上記領域の皮質が薄い傾向を読み取れたそうです。

 もっとも専門家の一人、米国ズッカー・ヒルサイド病院のMarc Gordon氏はこう述べています。「なにも座るという行為全般が脳に悪影響を与えるわけではないと思う。問題は座っている間に、それぞれが何をしているかだ。その内容によって影響は異なるだろう」

 このタイプ別影響力の違いという意見には、Siddarth氏らも同意の見解を示しており、次のように述べています。

 「座っている時間や状態は一緒でも、それが認知的な活動をしている人の場合と、ただテレビや映画を鑑賞しているだけの人の場合では影響上の差が生じる可能性も否めない」

 ここでいう、「座りながらの認知的な活動」とは、たとえばがクロスワードを解くとか書き物をする、仕事上の書類を作成したり、コンピュータゲームで遊ぶのも、その範疇だとか。


「座りすぎ」が病を生む!?

 かつてNHKの『クローズアップ現代』で「『座りすぎ』が病を生む!? 『座りすぎ』に注意」という特集が組まれ、趨勢となりつつある世界の取り組みを紹介した番組がありました。

 「オーストラリア人よ、立ち上がれ!」と国が警鐘を鳴らし、高さ調整が可能な机の導入で立ちながら授業を受けられる小学生たちの様子が報じられていました。

 一方、エコノミック・アニマルという過去の異名(蔑称!?)が健在なのか、わが国(民)は今日でも「座りすぎ大国」と呼ばれて、20の国や地域比較でも「7時間」の最長国です。

 前述のように、従来の研究でも座位時間の長さと心臓病や糖尿病との関連、あるいは早期死亡リスクが高まる点は指摘されてきました。

 こうした忍び寄る健康リスクへの懸念から、日本でもスタンディングデスクを導入する企業も増えつつあります。

 運動不足が真の原因ではなく、座ること自体が諸悪の根源?そこまで斬新な示唆に傾聴/反映できる日本人経営者がいったい何人いるのでしょうか。

(Health Pressより)

自転車エルゴメーター(エアロバイク)を購入

 私の疾患は筋肉が硬直するのも特徴の一つです。今まで1日7,000歩を目安にウオーキングを続けてきましたが、7月に入ってから暑さのため室外はは歩けず、仕方なく車で近くのショッピングモールに行き、冷房の効いたモール内を2時間くらい歩き、スターバックスやドトールでコーヒーとサンドウィッチを食べてから帰宅するという日課でした。

 その後入院することになり、運動不足で足腰が衰えてしまいました。よく入院するとかえって悪くなると言われますが、その多くは運動不足が原因です。

 そこで購入したのが自転車エルゴメーターです。これがあれば暑い日でも雨の日でも、冷房を入れた室内でエクササイズができます。



 LCDモニターが装備され、時間、走行速度、走行距離、カロリー、積算走行距離、心拍数がわかります。

 スポーツクラブにあるような立派なものではありませんが、小さいサイズにもかかわらず重量が20kgあり、左右も安定しており予想以上にしっかりした構造です。

 まだ使い始めたばかりですが、トレッドミル(ウオーキングマシン)と異なり、モーターが付いていないので静音で、下の階にも音が伝わらず、近所迷惑にもなりません。

 私は昨年購入したAbee AFFINITY E101(PC)を、VESAマウントで取り付けた小型ディスプレイを正面に設置し、NETFLIXAmazon Videoを観ながら1日2回、1回に約45分間(Videoの1シーン)トレーニングをしています。

 リハビリ用としてだけではなく、室内でできるエアロバイクによるダイエットにも最適です。 TVを見ながらダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。Amazonで15,000円程度で購入できます。

高齢でも若々しい「脳」を維持できる脳の老化対策とは?

 人間も高齢になると「脳細胞が減る一方で、決して増えることはない」というのが一般的な脳(細胞)の捉え方です。ところが、その一般常識を覆すに足る新知見が『Cell Stem Cell』オンライン版に掲載されて話題を集めています。

 これは急死した各世代の男女28人(14~79歳)の脳の海馬を剖検を経て、米コロンビア大学の研究陣が導いたかなり画期的な結論です。

 サルやマウスを用いた従来の基礎研究では、高齢を迎えるに従って脳細胞を新しく生成する能力は失われることが示されてきました。ところがヒトの脳の研究においては異なる結果が得られてきたものの、結論には至っていませんでした。



高齢者も海馬で新しい神経細胞を生成

 脳の海馬はヒトの記憶や学習に重要な役割を担います。その海馬で、前駆細胞から新しい神経細胞(ニューロン)を生成する能力があり、その点は高齢者においても若い人と変わらない可能性が強いといいます。このような示唆が、今回の研究でなされたました。28人の剖検対象者には、「認知症」やその他の神経疾患、精神病性障害の診断を受けた人は皆無でした。

 剖検に際し、高齢層と若者層の脳を比較した結果、中間型の前駆細胞と未熟な神経細胞がほぼ同数見つかりました。加えて、海馬の容量に関しても年齢における差はとくに見られないとの結論も得られました。

 ちなみに神経細胞は、電気信号を発して情報のやりとりを行なう特殊性に富み、脳を構成するいわば「主役」です。その数は大脳で数百個、小脳で1000臆個、脳全体では千数百臆個にものぼります。

 一方、前駆細胞は、幹細胞から発生し、体を構成する最終分化細胞へと分化することのできる中間位置の細胞です。主に、古くなったり傷ついたりした組織の再生に利用されます。

 研究を主導した同大学准教授のMaura Boldrini氏は、成果の意義を次にように語ります。

 「今回の結果は、ヒトの場合は高齢になっても脳内に前駆細胞が存在することを示唆できた。これは高齢者にとって朗報と呼べるだろう」

 ただし、健康な79歳の人の脳と、50歳も開きのある29歳の若々しい人の脳とが、「全く同じでいうわけではない」と、Boldrini氏は説明します。


「若々しい海馬」を維持している高齢者の生活習慣とは?

 今回の研究では、高齢者の脳においては「血管新生」が少なく、一部の海馬領域については静止期(G0期:細胞分裂も分裂準備も行なわれていない状態、ないしは細胞周期から分かれた活動停止状態)の前駆細胞ポールが小さいことも判明しました。

 米ウェイル・コーネル医科大学のEzriel Kornel氏は、今回の知見に関して専門家の立場から「高齢者の脳においても、若い人の脳と同様に新しい神経細胞同士が信号を伝達したり、機能したりするものなのかどうか。その点は詳らかにされていない」と指摘。

 反面、Kornel氏は「彼らの成果を有望視している」という評価派の一人として、こう語ります。

 「高齢者の脳において神経細胞を生成させ、細胞同士の信号伝達を促進する因子に関してはさらに研究を進めていく必要性と意義は大いにあるだろう。私の立場から願わくば、健康な高齢者と認知症の高齢者同士の脳を比較することにも期待したい」

 こうした意見に当のBoldrini氏も同意を示しており、次のような見解を述べている。

 「アルツハイマー病の死亡例として、脳の海馬においては神経細胞の数が減ることが従来の研究で判っている。しかし、その理由がはたして神経細胞が生成されなくなったためなのか、神経細胞が死滅した結果によるものなのか、その点は明らかにされていない」

 その点も、今後、専門家筋が期待する比較研究を実施すれば、「高齢でも認知機能が衰えない人がいる理由を突きとめられる可能性」や「新しい認知症治療の開発につながる可能性がある」と言及しています。

 そしてBoldrini氏は「高齢になっても若々しい海馬を維持している人が実践している生活習慣を知ることも大切だろう」と加えます。


今日から始める脳の老化対策

 多くの示唆や研究報告が寄せられるアルツハイマー病協会(Alzheimer’s Association)によれば、認知症リスクとの関連で推奨されている生活習慣例は下記のような事項です。


 ①喫煙をしない


 ②適正体重や正常血圧の維持


 ③健康的な食生活


 ④定期的な運動


 ⑤社会活動や知的活動


 さらに、ニューロジェネシス(神経新生)を研究する神経科学者が提唱している「神経細胞を増やすための習慣」を補足紹介しておけば、


 ⑥20~30%のカロリー制限


 ⑦(食事と食事の間隔を空けるなどの)断続的断食法


 ⑧(サーモンなどの)脂身の多い魚に含まれるオメガ3脂肪酸の摂取


 ⑨ブルーベリーやダークチョコレートに含まれるフラボノイドの摂取


 対して、飽和脂肪酸の摂り過ぎや飲み過ぎは、「神経細胞の形成」に悪影響を与える食習慣となります。海馬の神経細胞の生成も「一日にして成らず」、生活習慣の見直し時期に、それこそ「年齢差」はありません。

(Health Pressより)