男性ホルモンが減ると、うつ病になりやすい!

 ここ数年、男性ホルモンに対する関心が高まっています。男性ホルモンと聞くと“下半身”の話を連想する方が多いかもしれませんが、それだけでなく、男性ホルモンにはさまざまな働きがあることが分かってきました。

 例えば、全身の筋肉を増やし、体脂肪を減らす作用もあります。男性ホルモンが減るとメタボリックシンドロームになるリスクが高くなり、寿命が短くなることも分かっています。さらに、男性ホルモンの「精神面」への影響も近年の研究で明らかになってきました。

男性ホルモンが作用する体の部位

b.jpg


 主要な男性ホルモンであるテストステロンは社会性のホルモンでもあり、男性ホルモンが多い人は精力的で元気が良くなり、外に出て、積極的に他人とかかわろうという意欲を起こさせます。また、リスクを恐れない冒険心も強くなるといいます。これに対して、家にひきこもって人と会わない生活をしている人は、男性ホルモンの分泌が少なくなることが知られています。


男性更年期外来患者の47.8%がうつ病だったという報告も

 テストステロンの数値が極端に低くなった状態を男性更年期障害やLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼びますが、その「診療の手引き」には主な症状として「抑うつ」が挙げられています。2015年の米国内分泌学会の第97回年次会議(ENDO 2015)でも、「男性ホルモンとうつ」の関係が報告されました。テストステロンが標準よりも低い20~77歳の男性200人のうち、実に56%にうつ症状が見られ、25%は抗うつ薬を使っていたそうです。

 日本でも男性更年期外来の受診患者のうち47.8%がうつ病だったという報告があります。男性更年では80.0%にうつ症状が見られました。

 テストステロンが低くなると、なぜうつ病になりやすくなるのでしょうか。まだ正確なメカニズムは分かっていませんが、もともとテストステロンは「外に出て人と会おう」という意欲を高める社会性のホルモン。減ると行動するのがおっくうになり、人とかかわりたくなくなるのは納得できます。

 また、脳の扁桃体(へんとうたい)が関係しているという説もあります。扁桃体とは感情の処理や記憶を担う部位で、普段思い出したくない恐怖の記憶がため込まれている部分。テストステロンはこれにフタをする働きがあり、テストステロンが少なくなるとフタがゆるみ、抑えられていた恐怖の記憶がよみがえるため、不安感や恐怖感が強くなるというわけです。

 逆にうつ病の患者にテストステロンを投与すると改善する人が多い、という研究もあります。最近、やる気がしない、人と会いたくなくなった、という人は男性ホルモンが減っているのかもしれません。


人と会って、ストレスを解消しよう

 このほか、最近では、男性ホルモンと認知機能の関係も注目されています。テストステロンの投与によって、認知症が改善したという報告は国内にも海外にもあります。

 テストステロンの分泌量は、ちょっとしたことで大きく変わります。勝負に勝つと上がり、負けると下がります。また、運動で筋肉に刺激を与えると分泌が高まることも知られています(ただし、マラソンのようなハードなスポーツをすると逆に下がります)。睡眠、食事、運動も大切ですが、人と会うことも効果があります。テストステロンは社会性のホルモンなので、人と会うだけでも分泌が増えるといいます。

 テストステロンを下げるのはストレスです。規則正しい生活を心がけるとともに、オフタイムは積極的に友人と会い、上手にストレスを解消しましょう。

(日経Goodayより)

スポンサーサイト

ゼロカロリー飲料の合成甘味料は、脳腫瘍・脳卒中・認知症リスク増大の可能性

 「ゼロカロリー」や「低カロリー」をうたった缶コーヒー、スポーツドリンク、コーラ、乳飲料、ノンアルコールビールなどの飲料が各種売り出されており、ダイエットのためにそれらを買って飲んでいる人も多いでしょう。そんな人たちにとってショッキングな研究成果が、4月に発表されました。

発表したのは、米ボストン大学の研究グループです。同グループによると、合成甘味料の入ったダイエット飲料を飲む習慣のある人は、飲まない人に比べて脳卒中や認知症になる可能性が約3倍高いといいます。



 同グループは、マサチューセッツ州のフラミンガムという町で、住民の健康について継続的に調べていますが、脳卒中は45歳以上の男女2888人、認知症は60歳以上の男女1484人を対象に、10年以内に脳卒中になった97人と認知症になった81人について、食生活などとの関連を分析しました。

その結果、合成甘味料入りのダイエット飲料を1日に1回以上飲んでいた人は、まったく飲まない人より脳卒中や認知症になる確率が約3倍も高かったそうです。

 この研究では、砂糖入り飲料を飲んでいる人についても調べられましたが、それによる目立った影響は認められませんでした。

 同グループによると、合成甘味料の摂取が発症リスクを高めているのか、発症しやすい体質や生活習慣の人がダイエット飲料を飲んでいるのかは、不明だといいます。ちなみに、この研究結果は、アメリカの心臓協会の専門誌に発表されました。


合成甘味料の危険性

 現在、アメリカや日本で広く飲料に使われている合成甘味料は3種類あります。アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK(カリウム)です。

 アスパルテームは、アミノ酸の一種のL-フェニルアラニンとL-アスパラギン酸、劇物のメチルアルコールを結合させてつくったもので、砂糖の180~220倍の甘みがあります。アメリカでは1981年に、日本では1983年に添加物としての使用が認められました。しかし、アメリカでは1990年代後半に複数の研究者によって、アスパルテームが脳腫瘍を起こす可能性のあることが指摘されました。スクラロースは、ショ糖の3つの水酸基(-OH)を塩素(Cl)に置き換えたもので、砂糖の約600倍の甘みがあります。日本では1999年に添加物としての使用が認められました。アメリカではそれよりも前に使用が認められています。

 スクラロースは、悪名高い「有機塩素化合物」の一種です。有機塩素化合物は、農薬のDDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)やBHC(ベンゼンヘキサクロリド)、地下水汚染を起こしているトリクロロエチレンやテトラクロロエチレン、猛毒のダイオキシンなど、すべてが毒性物質といっても過言ではありません。

 ただし、スクラロースが、DDTやダイオキシンなどと同様の毒性を持っているというわけではありません。それでも、妊娠したウサギに体重1kgあたり0.7gのスクラロースを強制的に食べさせた実験では、下痢を起こし、それに伴う体重減少が見られ、死亡や流産が一部で確認されています。

 アセスルファムKは、砂糖の約200倍の甘みがあるとされる化学合成物質で、日本では2000年に添加物としての使用が認められました。アメリカではそれよりも前に使用が認められています。犬を4群に分け、それぞれにアセスルファムKを「0%」、「0.3%」、「1&」、「3%」含むえさを2年間食べさせた実験では、0.3%群でリンパ球の減少が認められました。また、3%群では肝臓障害の際に増えるGPTが増加し、さらにリンパ球の減少が認められました。さらに、妊娠したラットにアセスルファムKを投与した実験では、胎児への移行が認められています。

 以上のように、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKはいずれも問題のある添加物です。特にアスパルテームは、脳腫瘍の原因になる可能性が指摘されており、スクラロースは、動物実験で脳にまで入り込むことがわかっています。これらは、アスパルテームとスクラロースが脳に悪影響を及ぼす可能性を示しています。そのことと、今回のボストン大学の研究結果は、なんらかの関係があるのかもしれません。

 これら3つの合成甘味料は、使用が認められてからまだ日が浅く、スクラロースとアセスルファムKは、17~18年しか経過していません。つまり、今まさに私たちの体で安全なのかどうかを試されているような状態です。

こうした未知の化学物質は、できるだけ摂取しないようにしたほうが賢明です。肥満や高血糖などを気にしている人は、1日に摂取する糖質の量を減らすことによって、ダイエットを試みましょう。

(Business Journalより)

脂肪を落としたい人が意識すべき「ニート」とは?

 私たちが食べたものは、体の中で消化・吸収され、活動するのに必要な成分に変換されます(エネルギー代謝)。このエネルギー代謝のうち、60~70%は生命維持のための「基礎代謝」が、20~30%は運動や日常生活での「身体活動時代謝」が占めています。残りの10%は、食べたものを消化・吸収するときに使われる「食事誘発性熱産生」です。

 この「身体活動時代謝」のうち、運動を除いた日常生活の活動による代謝を、「非運動性身体活動時代謝」と呼びます。この「非運動性身体活動時代謝」の別名が「ニート(NEAT;non-exercise activity thermogenesis)」です。NEATはつまり、家事やオフィスワーク、立ち座り、階段の上り下りなど、運動とは呼べないような日常生活活動によるエネルギー代謝全般を指します。

 エネルギー消費に関わるものとして、多くの人がまず思い浮かべるのは運動ですが、実は、運動によるエネルギー消費は、考えているほどには多くありません。毎日スポーツをしたり、何時間もジムで運動できるかというと、現実的ではありません。運動でやせたいなら、併せて食事の量を減らすことが大切です。

 運動でやせるのは案外ハードルが高い。そこで最近注目されているのが、NEATです。特別な運動をしなくても、NEATを増やせば、肥満や糖尿病、メタボリック・シンドロームなどを防げることが分かってきました。

 例えば、肥満の人と肥満でない人のNEATを比べると、肥満の人の方が1日350kcal少なかったという研究があります。350kcalはいちごのショートケーキ1個分のエネルギーに相当します。1週間で2450kcal、1カ月で1万500kcalと考えると意外と侮れません。

 また、同じ研究で、肥満の人は、肥満でない人よりも座っている時間が1日当たり164分長く、立っている時間が152分短いことも報告されています。

 肥満の人は、ソファに座ってテレビを見て、携帯電話を操作しながらお菓子を食べて、暑くなったらリモコンでエアコンをつけて…と必要なものを全て手の届く範囲に置き、動かなくていい状態を作っていることが多いものです。こういったコックピットにいるかのような生活は肥満のもとです。

 ちりも積もれば山となる。通勤の際、電車やバスは1駅前で降りて歩く、駅やオフィスではエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、こまめに掃除をするなど、「ちょっとした動き」でNEATを増やし、エネルギーを消費することを心がけてみましょう。

(日経Goodayより)

脂肪肝の人は高血圧や糖尿病などの生活習慣病を起こすリスクが高くなる!

 日本人の3人に1人が「脂肪肝」といわれます。肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値が少し悪くなっても症状が現れません。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれませんが、脂肪肝を甘くみてはいけないといいます。


a.jpg


 脂肪肝とは肝臓(肝細胞)に脂肪(特に中性脂肪)が蓄積した状態のことで、具体的には、肝臓に30%以上の中性脂肪がたまった状態を脂肪肝と呼んでいます。

 脂肪肝を放置すると、肝細胞が壊れて、長期的には正常な細胞が減少してしまう可能性があり、これが肝機能の低下です。そして肝機能が低下すると、肝硬変、さらには肝臓がんに至る可能性があります。

 現在では、脂肪肝はさまざまな病気の入口になるということもわかってきています。脂肪肝の人は、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を起こすリスクが高くなります。さらに、動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中を発症するリスクも高くなります。糖尿病になると認知症リスクも高くなる――というように、脂肪肝を放置すると、さまざまな病気を誘発する“負のスパイラル”が起こる可能性があるわけです。

“沈黙の臓器”「肝臓」を正しく理解する

 肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、さまざまな機能を担っています。 肝臓は1.2~1.5kgもある人間最大の臓器で、血液中のさまざまな成分を酵素によって変化させ、必要な物質を作り出しています。そのため肝臓は“生命の科学工場”とも呼ばれています。

 肝臓は生命維持に欠かせない臓器であることから、かなり余力がある臓器です。健康な肝臓なら、手術で半分切ったとしても機能には全く問題がないそうです。 健診の数値が正常値からちょっとはみだした程度では、医学的には肝機能が低下したとはいいません。本当の意味での肝機能の低下は、肝硬変を指します。


脱“脂肪肝”の落とし穴、油だけでなく“糖質”に注意!

 冒頭でも触れたように、今や国民の3人に1人は脂肪肝という時代です。なぜこんなに多くの人が脂肪肝になるのでしょうか。

 その最大の原因は“食べ過ぎ”にあります。「食の欧米化」「飽食」が背景にあるといわれています。摂取するエネルギー(カロリー)が、使うエネルギーよりも多いと、余ったエネルギーは肝臓に運ばれて中性脂肪になります。

 多くの人が「脂肪を食べると脂肪肝になる」と思いがちですが、そこに大きな落とし穴があります。実は、糖質も中性脂肪になります。実際、脂肪肝で肥満の人は、主食を多く摂っている人が多いそうです。特に、“主食の重ね食べ”をしている人は注意が必要です。

有酸素運動で脂肪を燃やすのが王道

 脂肪肝を改善するには「食べ過ぎないこと」が肝心ですが、たくさん食べても運動量が多ければ脂肪肝にはなりません。要は、エネルギーの摂取量と消費量のバランスの問題です。脂肪肝の予防・改善には、運動もとても重要なファクターとなります。

 対策には、ウォーキング、ジョギング、プールで歩くなどの有酸素運動が有効となりますが、脂肪を燃焼させるには激しい運動は必要ないといいます。自分の運動能力の5割程度の強度が有効だそうです。「運動能力の5割程度」と言われてもピンとこない人も多いかもしれませんが、これは軽く汗ばむ程度の運動を指します。

 一方、「肝臓にいい」といわれるサプリメントもよく販売されています。これらを使って、手軽に脂肪肝を改善することはできないそうです。脂肪肝の人には、シジミとウコンについては肝臓の細胞にダメージを与える可能性があるためすすめられません。

大量飲酒は「脂肪肝」にまっしぐら

 脂肪肝の一因に、お酒の飲み過ぎがあります。脂肪肝には大量飲酒が原因のアルコール性脂肪肝と、肥満、脂質異常、糖尿病が関与する非アルコール性脂肪肝の2タイプがあり、一般に非アルコール性脂肪肝の患者の方が多いのですが、“酒飲み”の方の場合は、アルコール性脂肪肝である可能性が高いといいます。

 お酒の飲み過ぎが脂肪肝につながる理由は二つあります。一つは、アルコールが中性脂肪の材料になるため。もう一つは、アルコールが肝臓で代謝されている間は脂肪の燃焼が阻害されるためです。1日の純アルコール摂取量が60g(日本酒にして3合)を越えている場合は、アルコール性脂肪肝であることがほとんどなのだそうです。この対策としては、アルコールの総量を減らすことが大切で、適量は純アルコールに換算して週に150g程度です。また、お酒と一緒に食べるおつまみも、炭水化物の摂り過ぎは避けるようにしましょう。

(Nikkei Goodayより要約)

ソーシャルメディアが精神に及ぼす6つの悪影響

 健康に関する専門家たちの中には、座っていることは喫煙に等しいと訴える人たちもいます。座っていることに関連する病気の数と、それらの病気で命を落とす人たちの数を考えれば、私たちの健康にどれほど悪影響をもたらすかは明らかです。しかしそれとは別にもう一つ、私たちの精神的な健康に関して懸念すべき習慣があります。



 米国小児科学会(AAP)は、幼い子供や十代の若者たちに対するネットいじめや「フェイスブックうつ」など、ソーシャルメディアがもたらす悪影響について警告しています。ただし、それらの影響は世代を超えて、誰にでも当てはまるものと考えられます。過去の研究結果が示すソーシャルメディアの精神的幸福への6つの影響は以下の通りです。


1. 依存性がある

 インターネット依存症やソーシャルメディア依存症というものが実際にあるのかどうか、専門家の意見は分かれています。しかしどちらについても存在の可能性を示す証拠となるものが確認されています。英スウォンジー大学が行った研究では、ソーシャルメディアをはじめインターネットの使用を中止すると、引きこもりの状態に見られるような心理症状を経験することが分かりました。また、その後の追跡調査により、使用をやめた人には小さいながらも測定可能なレベルの生理的影響が出ることが確認されました。


2. 孤独感が増す

 ある研究では、ソーシャルメディアの利用は社会的孤立感の増大と関連していることが分かりました。研究チームは11のソーシャルメディア(フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなど)を利用している人たちによるそれらの利用の程度と、「自覚している社会的孤立感の度合い」との関連性を調査しました。その結果、これらのサイトに費やす時間が長くなるほど、利用者本人が自覚する社会的孤立感が増していました。


3. 比較は精神的な「害」

 フェイスブックが私たちに社会的な孤立感を与える要因には、他人と比較してしまうということがあります。私たちが他人の投稿を「見上げる」(うらやましく思う)か「見下げる」(あなどる)かについて行ったある研究結果によれば、私たちはどちらの感情を持った場合にも、嫌な気分になることが分かりました。実生活の中では、私たちが嫌な気分になるのは誰かの方が自分より優れていると思い、うらやむときです。しかしソーシャルネットワークの世界ではどちらの感情を伴う比較も、抑うつ症状と関連していると見られます。


4. 嫉妬と「悪循環」を生む

 フェイスブックを利用している際に感じる嫉妬やその他の否定的感情に関する研究結果をまとめた論文の著者らは、「フェイスブック上でのやり取りを通じて持つ嫉妬心だけを見ても、その大きさには驚くべきものがある」として、フェイスブックが不愉快な感情の「培養地」になっているとの考えを示しました。さらに、そのフェイスブックを使うことは、悪循環を招くことにもなります。つまり、嫉妬することでその人は、自分の生活を他人に対してより良く見せたいと思うようになり、他の誰かが嫉妬しそうな投稿をします。別の研究では、うつをフェイスブックと関連付けているのは嫉妬心だとの結論が導かれています。


5. 「助けになる」と誤解する

 ソーシャルメディアに関する不健康なサイクルには、使用した後に嫌な気分になることが分かっていても、それでも使い続けるという悪循環が含まれています。そして、そうした行動に出てしまうことは恐らく、「感情予測エラー」と呼ばれるものが原因だとされます。例えば、私たちは薬を飲めば効果があると思って服用しています。しかし実際には気分が悪くなることでも、「効果がある」と誤解して行っていることもあります。結果として悪化するにもかかわらず逆の効果を期待するのは、その他のタイプの依存症にかかっている人たちと同じ思考パターンです。


6. 友人について誤解する

 昨年初めに発表された調査結果によれば、ソーシャルメディア上の友人が多いことは、必ずしもより良い社会生活を送っていることを意味しません。私たちの脳が対応し切れる友人の数には限りがあり、その人たちとの友情を維持するには、バーチャルではなくリアルな社会的交流が必要だといいます。孤独感は心身の健康に関するさまざまな問題(早死にを含む)に関連しています。そして、実際の友人たちとは異なり、仮想の友人と過ごす時間に私たちを癒やす効果はありません。

 これらの結果はいずれも、ソーシャルメディアには何の利益もないと指摘しているわけではありません。ただ、フェイスブックから少し離れてみることが、私たちの精神的な幸福を高めるのに役立つことを示しています。

(Forbesより)