高齢でも若々しい「脳」を維持できる脳の老化対策とは?

 人間も高齢になると「脳細胞が減る一方で、決して増えることはない」というのが一般的な脳(細胞)の捉え方です。ところが、その一般常識を覆すに足る新知見が『Cell Stem Cell』オンライン版に掲載されて話題を集めています。

 これは急死した各世代の男女28人(14~79歳)の脳の海馬を剖検を経て、米コロンビア大学の研究陣が導いたかなり画期的な結論です。

 サルやマウスを用いた従来の基礎研究では、高齢を迎えるに従って脳細胞を新しく生成する能力は失われることが示されてきました。ところがヒトの脳の研究においては異なる結果が得られてきたものの、結論には至っていませんでした。



高齢者も海馬で新しい神経細胞を生成

 脳の海馬はヒトの記憶や学習に重要な役割を担います。その海馬で、前駆細胞から新しい神経細胞(ニューロン)を生成する能力があり、その点は高齢者においても若い人と変わらない可能性が強いといいます。このような示唆が、今回の研究でなされたました。28人の剖検対象者には、「認知症」やその他の神経疾患、精神病性障害の診断を受けた人は皆無でした。

 剖検に際し、高齢層と若者層の脳を比較した結果、中間型の前駆細胞と未熟な神経細胞がほぼ同数見つかりました。加えて、海馬の容量に関しても年齢における差はとくに見られないとの結論も得られました。

 ちなみに神経細胞は、電気信号を発して情報のやりとりを行なう特殊性に富み、脳を構成するいわば「主役」です。その数は大脳で数百個、小脳で1000臆個、脳全体では千数百臆個にものぼります。

 一方、前駆細胞は、幹細胞から発生し、体を構成する最終分化細胞へと分化することのできる中間位置の細胞です。主に、古くなったり傷ついたりした組織の再生に利用されます。

 研究を主導した同大学准教授のMaura Boldrini氏は、成果の意義を次にように語ります。

 「今回の結果は、ヒトの場合は高齢になっても脳内に前駆細胞が存在することを示唆できた。これは高齢者にとって朗報と呼べるだろう」

 ただし、健康な79歳の人の脳と、50歳も開きのある29歳の若々しい人の脳とが、「全く同じでいうわけではない」と、Boldrini氏は説明します。


「若々しい海馬」を維持している高齢者の生活習慣とは?

 今回の研究では、高齢者の脳においては「血管新生」が少なく、一部の海馬領域については静止期(G0期:細胞分裂も分裂準備も行なわれていない状態、ないしは細胞周期から分かれた活動停止状態)の前駆細胞ポールが小さいことも判明しました。

 米ウェイル・コーネル医科大学のEzriel Kornel氏は、今回の知見に関して専門家の立場から「高齢者の脳においても、若い人の脳と同様に新しい神経細胞同士が信号を伝達したり、機能したりするものなのかどうか。その点は詳らかにされていない」と指摘。

 反面、Kornel氏は「彼らの成果を有望視している」という評価派の一人として、こう語ります。

 「高齢者の脳において神経細胞を生成させ、細胞同士の信号伝達を促進する因子に関してはさらに研究を進めていく必要性と意義は大いにあるだろう。私の立場から願わくば、健康な高齢者と認知症の高齢者同士の脳を比較することにも期待したい」

 こうした意見に当のBoldrini氏も同意を示しており、次のような見解を述べている。

 「アルツハイマー病の死亡例として、脳の海馬においては神経細胞の数が減ることが従来の研究で判っている。しかし、その理由がはたして神経細胞が生成されなくなったためなのか、神経細胞が死滅した結果によるものなのか、その点は明らかにされていない」

 その点も、今後、専門家筋が期待する比較研究を実施すれば、「高齢でも認知機能が衰えない人がいる理由を突きとめられる可能性」や「新しい認知症治療の開発につながる可能性がある」と言及しています。

 そしてBoldrini氏は「高齢になっても若々しい海馬を維持している人が実践している生活習慣を知ることも大切だろう」と加えます。


今日から始める脳の老化対策

 多くの示唆や研究報告が寄せられるアルツハイマー病協会(Alzheimer’s Association)によれば、認知症リスクとの関連で推奨されている生活習慣例は下記のような事項です。


 ①喫煙をしない


 ②適正体重や正常血圧の維持


 ③健康的な食生活


 ④定期的な運動


 ⑤社会活動や知的活動


 さらに、ニューロジェネシス(神経新生)を研究する神経科学者が提唱している「神経細胞を増やすための習慣」を補足紹介しておけば、


 ⑥20~30%のカロリー制限


 ⑦(食事と食事の間隔を空けるなどの)断続的断食法


 ⑧(サーモンなどの)脂身の多い魚に含まれるオメガ3脂肪酸の摂取


 ⑨ブルーベリーやダークチョコレートに含まれるフラボノイドの摂取


 対して、飽和脂肪酸の摂り過ぎや飲み過ぎは、「神経細胞の形成」に悪影響を与える食習慣となります。海馬の神経細胞の生成も「一日にして成らず」、生活習慣の見直し時期に、それこそ「年齢差」はありません。

(Health Pressより)

スポンサーサイト

「座りすぎ」は脳にも悪影響、運動でも相殺できない可能性

 座っていることが健康にとって最悪の行動の一つであることを、あまり信用していなかった人もいるかもしれなません。しかし、そうした考えを変える可能性がある研究結果が発表されました。

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが米科学誌プロスワンに発表した論文によると、座っていることは体の健康に悪影響を及ぼすだけでなく、神経学的に見た健康リスクでもあるといいいます。着座している時間が長い人は、記憶と関わる脳の領域に皮質の菲薄(ひはく)化が見られ、その影響は強度の高い運動でも相殺することができないと見られます。



 研究チームは、座っていることと運動、記憶形成に関わる内側側頭葉とその小領域の皮質の厚さの関係について調べるため、45~75歳までの男女を対象に調査を行いました。参加者には過去1週間の平均着座時間について尋ねたほか、強度が低、中、高レベルの運動をどの程度行ったかについても答えてもらいました。

 さらに、身体計測とアルツハイマー病との関連が確認されている「アポリポタンパクE(APOE)」遺伝子の検査、脳のMRI検査を実施。MRIでは、内側側頭葉の領域の皮質の厚さを確認しました。

 これらの結果、検査した脳の領域の厚さと運動の強度との間には、相関関係が見られませんでした。つまり、運動は座りすぎによってもたらされるダメージを帳消しにすることができないと考えられます。

 座って動かずにいることは、アルツハイマー病のリスクを増大させる予測因子であるとも見られています。研究チームは、アルツハイマー病の症例のうち約13%は活動的でない生活習慣が原因だとする過去の研究結果を指摘しています。また、着座時間を25%減らしても、それで減少するアルツハイマー病の発症数は、世界全体で100万件程度と推計されるとの研究結果もあります。

 そのほか、座って過ごす時間が長くなるほど、認知能力が低下する可能性があるとの見解も過去に示されており、これは脳そのものが変化したことによって現れる兆候とも考えられます。UCLAの研究チームによって確認された神経学的変化は、これらの関連性を適切に説明するものと言えるかもしれません。

 座っていることはなぜ、脳の健康に上述のような影響を及ぼすのだろうか。神経再生の抑制、脳の可塑性の低下、炎症の発生など、脳の多くのメカニズムが関係している可能性があります。これらのメカニズムはいずれも、運動によって促進されることが分かっています。そのため少なくともUCLAの研究では「影響を相殺する効果がない」との結論が示されたことは、興味深い点です。

 これまで数多くの研究結果から、座り続けることが心臓病からがん、早死にまで数多くの問題に関連していることが示されてきました。米国心臓協会は長時間の着座の危険性について、「もっと座らず、もっと動く」ことを呼び掛けています。体の健康だけでなく、脳の健康にも同じことが言えるのかもしれません。

(Forbesより転載)

緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる

 年齢を重ねるにつれて認知能力は自然に衰えていきますが、緑色の葉物野菜を毎日食べていると、記憶力と思考能力の低下を抑えられる可能性があるという調査結果を、米国のラッシュ大学医療センターが発表しました。



葉物野菜を食べると認知能力の衰えを抑えられる

 「ホウレンソウやキャベツ、レタスなどの葉菜類を毎日の食事に取り入れることが、脳の健康を促進するための効果的な方法となる可能性があります。先進国では社会の高齢化が進み、認知症が急激に増えています。認知症を予防するための効果的な戦略が求められています」と、ラッシュ大学医療センターのマーサ クレア モリス氏はいいます。

 研究では、緑色の葉物野菜を1日に1回以上食べている人は、ほとんど食べない人に比べ、記憶力と思考能力のテストで低下率が低く、認知能力では最大で11歳の差が生じることが明らかになりました。

 「ラッシュ大学・メモリ・エイジング・プロジェクト」は、退職した高齢者が住むシカゴ地区の公営住宅コミュニティで実施されている、生活スタイルと認知能力の関連を調べている大規模な研究です。今回の調査は、このプロジェクトに参加している58~99歳の高齢者960人を対象に、平均4.7年間追跡して行われました。


●日本食に認知症を予防する効果 認知症を予防するための食事療法

●糖尿病と認知症の「危険な関係」 血糖値が高いと認知症リスクが上昇

●運動が糖尿病の認知症リスクを抑制 運動療法は脳を変える


葉物野菜を食べている人は脳の年齢が11歳若い

 参加者は、食事内容に関するアンケート調査に回答し、ホウレンソウやレタス、ケールなどの葉物野菜を毎日どれだけ食べているかを申告しました。同時に認知能力を評価するテストを毎年受けました。

 研究チームは、葉物野菜の摂取量に応じて参加者を5つのグループに分け、もっとも多く食べた人(1日に150g以上)、ほとんど食べない人(1日に10g程度)の、認知能力の推移を比較しました。

 年齢を重ねるにつれ、参加者の認知能力は低下していく傾向がみられましたが、葉物野菜をもっとも多く食べている人は、ほとんど食べない人に比べ、認知能力の低下が抑えられていました。葉物野菜を多く食べている人では、年数にすると11歳に相当する差が生じていました。

 魚介類やアルコールの摂取、喫煙、高血圧、糖尿病、肥満、身体活動や認知活動など、脳の健康状態に影響するさまざまな因子を考慮しても、葉物野菜を食べることで認知能力の衰えを抑えられる傾向は明らかでした。研究は米国神経科学アカデミーが発行している医学誌「Neurology」に発表されました。


葉菜類を食べることと脳の老化の抑制に関連が

 ホウレンソウやキャベツ、レタス、ケール、コラードグリーン、コマツナ、ハクサイ、ミズナ、チンゲンサイなどの葉物野菜には、ビタミンK(フィロキノン)、ビタミンE(α-トコフェロール)、ルテイン、β-カロチン、葉酸、フラボノイドの一種であるケンペロールなどの、抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれます。

 認知症のひとつであるアルツハイマー症の原因は、加齢により脳の中にアミロイドβやタウといった不要なタンパクが蓄積することだと考えられています。葉物野菜に含まれるビタミンやポリフェノールなどの抗酸化作用によって、細胞が活性酸素から守られ、アミロイドβなどが蓄積し脳に広がるのを防げる可能性があります。これらの栄養素は、活性酸素によって引き起こされる慢性炎症を抑えるのにも効果的です。

 「緑色の葉菜類には体に有用な栄養素が多く含まれます。今回の研究では、どのようなメカニズムで脳の老化を抑えられるのか特定できていません。しかし、葉菜類を食べることと脳の老化の抑制に関連があることは明らかです」と、モリス氏はいいます。


認知症の予防効果のある「マインド ダイエット」

 「マインド ダイエット」と呼ばれる新しい食事スタイルが、アルツハイマー病などの認知症を予防するのに効果的であることが、米国のラッシュ大学医療センターの過去の研究で明らかになっています。

 認知症を予防するために効果的な食事スタイルについてはこれまでも研究が行われていますが、同大学が行った研究によると、「マインド ダイエット」と呼ばれる食事スタイルは、ほどほどに守っていても効果を得られる点が従来の食事スタイルと異なり画期的だといいます。

 「マインド ダイエット」は、米ラッシュ大学の栄養疫学部が開発した食事スタイルで、健康的な食事として知られる「地中海式ダイエット」と「DASHダイエット」の長所を組み合せたものです。

 「地中海式ダイエット」は、野菜・果物・豆類などの植物性食品と、地中海地域の特産のオリーブオイル、新鮮な魚介類などを組み合わせた食事スタイルで、肥満やメタボの予防効果があることが知られます。一方、「DASHダイエット」は高血圧の予防・改善のために開発された食事スタイルで、玄米や全粒パンなどの全粒穀物や、低脂肪の肉や乳製品、ナッツや豆類などを積極的にとることが勧められています。


認知症を予防するための食事スタイルは糖尿病や肥満にも効果的

 「マインド ダイエット」では、▽葉菜類(キャベツ・ホウレンソウ・レタス・ケール・コマツナ・ハクサイなど)、▽根菜類(ニンジン・トマト・ブロッコリー・カブ・ゴボウなど)、▽豆類(大豆・インゲン・グリーンピースなど)、▽全粒穀物(小麦の全粒粉や玄米など)などを十分に食べることが勧められています。

 今回の研究で、葉菜類を食べることが、高齢になっても認知能力が低下しないようにするために効果的であることが裏付けられました。認知症を予防するための食事スタイルは、糖尿病や肥満を予防・改善するための食事療法と共通する部分が多く、糖尿病や高血圧、肥満などを改善することが、認知症の予防にも役立ちそうです。

(保健指導リソースガイドより)

脚を鍛えれば血圧は下がる!

 気温が下がると血圧は上昇傾向になります。寒さのために、血管が収縮して細くなるので、心臓はより力を入れて全身に血液を送り出そうとするからです。

 心臓が収縮して大動脈へ血液を送り出すときの圧力が「収縮期血圧」(俗にいう「上の血圧」)で、心臓が拡張して全身の静脈から心臓に血流が流れ込むときの血圧が「拡張期血圧」(下の血圧)です。



 2000年までは血圧の正常値は上=140mmHg未満、下=90mmHg未満であり、「高血圧」は上=160mmHg以上、下=95mmHg以上で、その中間は「境界型高血圧」と呼ばれ、もちろん降圧剤の処方はされていませんでした。

 ところが2000年に日本高血圧学会が高血圧の基準を突然、上=140mmHg以上、下=90mmHg以上に引き下げ、さらには血圧を下げる場合の目標値を上=130、下=85としました。この基準からいけば、日本人の少なくとも約4000万人、多く見積もると約6000万人が高血圧ということになります。

「高血圧」が長く続くと、脳卒中(出血、梗塞)、高血圧性心臓病(心不全)、虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞)、高血圧性腎臓病(→腎不全→透析)、腹部・胸部大動脈瘤破裂、脳血管性認知症などを発症しやすくなるので、西洋医学では投薬により何がなんでも140/90mmHg未満に抑え込もうとします。

 脳、心臓、胃腸、腎臓、肺など、ありとあらゆる体内の臓器は、血液が運んでくる種々の栄養、水分、酸素、ホルモン、免疫物質などを糧にして、生活(その臓器特有の働き)を営んでいます。よって、血圧を必要以上に無理に下げると、こうした臓器に栄養が十分に届けられないので、健常な働きが完全に遂行できず副作用が表れることもあります。

 「血圧」は全身の臓器に血液を送り届けるための「心臓の圧力」です。血圧が上昇するということは、なんらかの理由(血管が動脈硬化で細くなっている、病気の臓器が血液を大量に必要としている、など)があるからです。ですがら降圧剤なしでも、正常血圧に保てるような生活習慣を身に付けることが肝要です。


正常血圧を保つ生活習慣

 それには「高血圧」の原因を理解し、それに対処する生活習慣を励行する必要です。しかし、若い人には高血圧に悩む人は少ないし、年齢と共に高血圧患者は増えてくるので、高血圧は「シミやシワ、白髪や薄毛」などと同じく、「老化現象」の一面があります。

 「老化は脚から」ともいわれるように、足、腰、尻など下半身の筋力・筋量が低下してくると種々の老化現象が出現し、血圧は上昇してくる傾向があります。

 若いときは尻、太ももなどの筋肉が発達しており、その筋肉内を走っている毛細血管の数も多く、下半身に血液が潤沢に巡り、「頭寒足熱」の健康状態にります。歳と共に下半身の筋力や筋肉が減弱してくると、毛細血管の数も減り、行き場を失った血液は上半身に集まってきます。その結果、上半身の腕で測る血圧が上がってきます。

 ですからウォーキングをはじめとする運動、スクワット、ももあげ運動などで下半身の筋肉を鍛えると、上半身の血液が下半身に降りてきて、血圧は下がってきます。また、筋肉運動により「プロスタグランジン」「タウリン」などの「降圧物質」の産生分泌が増加し、血管が拡張し、また利尿も促進され、塩分、水分も排泄されて血圧が下がってきます。

 「老化は脚から」といわれますが、「高血圧の最大の原因は脚の弱り」と考えられます。高血圧をはじめ、心臓病、糖尿病、痛風、脳卒中などの生活習慣病を防ぐために脚の筋肉の鍛錬は極めて大切です。

(Business Jouenalより)

友情によって脳はブーストする!

 80歳でありながら50歳の人々よりも高い認知能力を示す「スーパーエイジャーズ」と呼ばれる人々を調査した研究が発表されました。アンケート調査によると、スーパーエイジャーズは多くの点でスーパーエイジャーズでない高齢者と評価を同じくするのですが、人間関係に関しては顕著な違いが出たそうです。



 ノースウェスタン大学の研究者らは9年にわたって、自分よりも20~30歳も年下の人たちよりも記憶力がよい80歳以上の男女「スーパーエイジャーズ」を調査しました。被験者らは期間中、アンケート調査と神経心理学のテスト一式、脳スキャン、神経学的なテストなどを行いました。

 スーパーエイジャーズに関する研究結果はこれまでにも発表されていますが、最新の研究では31人のスーパーエイジャーズと19人の「普通の」年配の人々に対して42項目からなるウェルビーイングについてのアンケート調査を実施。すると、人生の目的や自主性といった多くの項目についてスーパーエイジャーズは「普通の」人々と同じような評価を行う一方で、満足感・温かさ・信頼関係といった項目の評価は大きく異なっていたとのこと。このことから、「社会的な人間関係が非常に重要になってくる」のだと研究を行ったエミリー・ロガルスキー教授は語りました。「絆の強いソーシャルネットワークを持っていればアルツハイマー病にならないといった単純な問題ではないのですが、健康的な食事をする、禁煙する、といった項目と並んで『社会的なネットワークを持つ』ということが健康的な選択としてあるのです」とロガルスキー教授。

 退職者のためのコミュニティに参加しているスミスさんもスーパーエイジャーズの1人。スミスさんは新しい人が入ってくると、彼・彼女が自分の家にいるかのように感じられるよう温かく迎えます。「私は新しい人が入ってくると、その人の名前をできる限り早く覚えようとしますし、彼らを見かけたら『おはよう。調子はどう?』と声をかけます」「年配の人の多くは同じ話を何度も繰り返し、人の話に興味を持つのではなく不平ばかりを言う人も。これはひどいことです。人の話を聞くべきなのに」とスミスさんは語りました。コミュニティの管理者であるブライアン・フェンウィック氏も「彼女は人と深く関わる人物で、私たちのコミュニティをよく保ってくれます。彼女は何が起こっているかに敏感ですし、話し出すことを恐れません」と語っています。

 別のスーパーエイジャーである86歳のビルさんは、1999年にセールス&マーケティングの職から退いて初めて「感情をあらわにすることの大切さ」に気づいたのこと。「男性は通常、感情について話しません。私も自分を閉じ込めるタイプの人間でした。しかし、他人に対して心を開くことを学んだのです」とビルさん。

 ビルさんが創設に携わった、退職した男性のためのコミュニティ「Men Enjoying Leisure」には、今や150人のメンバーが所属しています。Men Enjoying Leisureでは月に2時間ほど集まって自分の身に起こっている物事について語り合うそうです。病気・離婚・子どものことなどについて話し合うことで、人々は自分だけが問題を抱えているのではなく、人も同じような問題を抱えているのだと学びます。語り合いを通して、男性たちはいい友人関係を築けるとのこと。

 研究に参加したスーパーエイジャーのうち2人は一緒に暮らしていますが、そのうちの1人であるフィネガンさんは、もう1人のグレースさんがいなければ孤独だったかもしれないとのこと。フィネガンさんは難聴と加齢黄斑変性を患っていますが、その他については驚くほどに健康です。そのフィネガンさんも「電話を取ってくれる友人がいるということがとても重要なのです」と語っています。2人は高校の同級生なのですが、88歳になっても毎日ほかの友人を含めたみんなでおしゃべりを楽しんでいるとのこと。

 過去にもスーパーエイジャーズを対象とした研究は行われており、MRIの結果、スーパーエイジャーズたちの脳は普通の人と比べて、灰白質から構成され神経が豊富な外皮質が分厚いことがわかっていました。しかし、実際の生活面でどのような違いが出ているかは、今回の研究で初めてわかったこと。

 上記の調査結果は、「認知力の低下リスクを軽減するためにはポジティブな関係が役立つ」といった過去の研究結果と一致します。ただし、ノースウェスト大学の研究者らは、スーパーエイジャーズがどのようにして良好な人間関係を維持しているのかや、スーパーエイジャーズにとって有効なことが他の人にとっても役立つのかの調査をまだ行っておらず、今後の調査が待たれるところです。

(Gigazineより)