バイオ企業モンサントが創り出す「スーパーベジタブル」

 実験室でつくる「完全な」オーガニック野菜

 遺伝子組み換え作物で物議をかもしてきたモンサントが生み出した新たな「オーガニック」は農業に変革をもたらすかもしれません。それは遺伝子組み換え作物の供給者としては世界最大規模の地位を築いたバイオ企業、モンサントが新しく取り組んでいる「スーパーベジタブル」です。ビッグアグリカルチャーの代名詞とも言えるモンサントは、いい意味でも悪い意味でも、食料の生産方法に革命をもたらしてきまし

た。同社は自然界がまったく想像もしていなかった性質を作物に組み込んでいます。


0214WIFFMONS0064.jpg


大いなる試食会

 窓ひとつない地下室の部屋で、モンサントの役員3人が、この日のために特別に用意された昼食を待っていました。一人の給仕が各役員の前にトマト、モッツァレラ、バジル、レタスが入ったカプレーゼ風のサラダを並べていくと、役員の一人がサラダを口に運び、ゆっくりと咀嚼しました。ほかの二人の役員も続いて食べ始めました。部屋には、野菜を噛み砕く湿った音が響き渡っていました。

 わたしたちの慣れ親しんだ野菜の新しい品種を社会に送り出そうとするのは、特別驚くことではありませんが、モンサントで開発されているのは、蓄積されたテクノロジーによって創り出された、驚くべき特性を与えられた野菜です。

 新種のレタスは、ロメインレタスよりも甘く、歯ごたえがあり、長い間新鮮さが保たれます。パプリカは、1食分に最適なミニサイズで、食べ残しが出ないように配慮されています。ブロッコリーには、グルコラファニンと呼ばれる体内の抗酸化作用を促進する物質が通常の3倍量含まれています。これらの野菜は全米のスーパーに並べられようとしています。


th_0214WIFFMONS0041.jpg


 しかし、これらのレタスもパプリカも、ブロッコリーも、間もなく世に出る予定のメロンやタマネギも、遺伝子の組み換えが全くされていません。

 モンサントはこれらの新種の野菜を、伝統的な交雑の方法で創り出しました。それは何世紀にもわたって、農家が作物を最適化するのに使用してきた技法です。とはいえ、彼らの用いる技術がローテクなわけではありません。同社が長年かけて蓄積してきた科学的ノウハウを最大限に利用し、有機体がもつあらゆる利点を有する野菜を開発したのです。


0214WIFFMONS0021.jpg


 遺伝子組み換え作物が人体に与える影響について、危惧する消費者は抵抗を示してきました。食料品店は、遺伝子組み換え関する情報ラベルの表示も検討していますが、その前に、各州法が表示を義務化する可能性があります。

 しかし、そうした規制も、モンサントの「スーパーベジタブル」は対象となりません。実験室で誕生した野菜であっても、技術的には、ファーマーズマーケットで売られる野菜となんら変わりません。農薬を使用せず、輸送距離が100マイル以内であれば、オーガニックの地元産野菜と呼ぶこともできます。


th_0214WIFFMONS0031.jpg


 農家が何世紀にもわたって挑戦してきた、交雑によって新たな作物を生み出す方法は、期待通りに作物を変化させるのは一か八かの賭けに等しい試みでした。まず、農家は自分が気に入っている性質をもつ作物を、同様に取り入れたい性質をもつ別の作物とかけ合わせる。それらを混合した種を植え付け、望んでいる性質が次の代にも引き継がれていることを期待します。

 交雑がギャンブルのように言われるのは、優性の遺伝子と劣性の遺伝子が存在するからです。甘い果実をつける木と大きな果実をつける木をかけ合わせても、より甘く、より大きな果実をつける木が誕生するとは限りません。交雑とは、挑戦と失敗の繰り返しであり、膨大な時間と場所と忍耐が必要です。

 遺伝子組み換え技術の目的は、このプロセスを加速させる点にありました。ある品種の遺伝子、遺伝資源を分析し、意のままに操作します。過去30年間こうした取り組みを行い、かつ精度を高める試みを続けてきたモンサントは、ラウンドアップ耐性のある作物をつくりだすと同時に、この分野のパイオニアとなりました。



遺伝子マーキング

 遺伝子組み換え作物は非効率であり、かつコストが高く、着想の時点から当局の承認を得るまで、およそ10年と1億ドルがかかるといいます。複数の遺伝子を加えても、その数種類の遺伝子がうまくかけ合わされた性質が実現するとも限りません。

 必要なのは、優れた野菜を生み出すことです。 その答えが交雑でした。モンサントは、遺伝子工学を用い、化学物質と害虫への耐性をトウモロコシにつける方法を解明する過程のなかで、植物遺伝子の解読方法や遺伝資源の優劣の見分け方を習得していました。そして、期待する性質をもっている作物をつくるのにどのような交雑が適切か、すばやく予測できる技術に長けていました。

 鍵となるのは、遺伝子マーキングと呼ばれる技術です。ある性質と密接に結びついている可能性をもつ遺伝子の配列を解明する技術です。機械が週に20万のサンプルを解読して、その植物の染色体の特定部位の全遺伝子をマッピングしていきます。

 モンサントのこうした手法を使うと、実際に遺伝的性質のパターンを予測することができ、どの性質がうまく引き継がれるかを知ることができます。それは交雑なき交雑、緻密な計算のうえで行う植物の生殖行為です。現実の世界では、20種類の異なる性質をひとつの植物に組み込める確率は、2兆分の1です。自然界ではその過程に1,000年はかかるといわれますが、モンサントはそれをたった数年で成し遂げてしまいました。

もっとも難しいのは、「風味」

 しかし最後の難問に直面していました。風味です。野菜において、風味というのは、色、食感、味、そして香りの組み合わせによって生まれます。こうした特性をつくりだす性質は複雑です。

 風味を生み出す仕組みの解明は、知覚科学と遺伝子に関する研究を進める研究所で行われました。そこでは、白衣を着た科学者たちが、果物と野菜がつめられた容器がずらりと並ぶ実験室の中で、徹底的な調査を行い、硬度計で密度を測定します。ブリックスと呼ばれる装置は、糖分の含有量を測定し、ガス分析図、液体の成分分析、MRIを使って、特定の風味をもつ分子とその濃縮物質を分離します。

 最終的には、ボランティアがその実験サンプルを味見し、判定を下します。各サンプルを試食して、評価を書き込んだあと、参加者はその点数をパソコンにつながった端末に入力します。

世界の食卓へ

 モンサントが開発する新種の作物は、続々と世に出ています。2012年には、パフォーマンスシリーズというブロッコリーを発表しました。従来の方法で交雑された製品で、一般的な種類よりも背が高く、価格は安く、手で採取するよりもずっと速く機械での収穫ができる品種です。モンサントは遺伝子組み換えで消費者が明らかに抵抗を示してきた信頼を取り戻せるのものと確信しています。

(WIRED JAPANより要約)
スポンサーサイト

ほとんど運転しなくていい自走車 実用化は、もはや秒読みか?

(Diamond Onlineより転記、動画、画像を追加)

シリコンバレーの公道を自走車が走り回る

 自走車の話題が、再び騒がしくなってきた。その理由のひとつは、9月16日に、カリフォルニア州で走行テスト許可が29台の自走車に下りたこと。そのうち25台分はグーグルが、アウディとメルセデスが2台分ずつを取得した。



 シリコンバレーでは、グーグルの自走車がハイウェイを走っているのをちょくちょく目にする。しかし、これまでは自走車に与える許可がなかったために、特定のルートだけに限ってテスト走行するのを当局は大目に見てきたのだという。

 2012年に州政府が自走車の走行テストを正式に許可する法律を作り、それが先頃発効した。これで、州内のどの公道でも自走車が走るのを見られるようになるだろう。

 シリコンバレーを抱え、先端テクノロジーをサポートする姿勢をアピールしたいカリフォルニア州は、「自走車は未来の交通手段。その安全性とモビリティーが与える利点は莫大だ」と述べている。

 この許可を取得するのにかかる費用は、1台分たった150ドルで、2台目からは各50ドル。こんなに安くていいのかと心配になるが、最高500万ドル(約5億4,500万円)までの保険をカバーすることが義務づけられているという。

 この話題に花を添えているのは、自走車開発では出遅れたが、ともかく早く実現させると息巻いているテスラだ。同社CEOのイーロン・マスクは、同社は5~6年で完全な自走車を開発できると豪語する。ただし、規制当局とのやりとりに時間がさらにかかるので、実用化までにはさらに数年は必要とのこと。

 以前マスクは、グーグルなどの自走車が搭載しているレーダーやセンサー機器に代わって、高度なコンピュータ・ビジョン技術を用いてコストを下げると言っていたことがある。それ以前にマスクはグーグルに自走車の共同開発を持ちかけたものの、ネゴシエーションは成立しなかった。その後も、どこか他社と提携しているのかどうかは不明だ。

20110824_TALKING_CARS.jpg

自走車は悪天候に弱い?

 そうした前向きの話題が出てくる中で、自走車技術への懸念も出てきている。

 ひとつは、グーグルの自走車は晴天ならば問題ないが、雨や雪の天候ではうまく走行できないというもの。周辺の環境を感知するレーダーやセンサーが妨害され、カメラを通してもモノがうまく把握できなくなる。

 また、信号機に太陽が照りつけて色がよく見えないといった状況、道路脇で警官が交通を止めようと手を振ったりする状況にも対応が難しいという。

 さらに現時点では、あらかじめルートを認識して走行を行うのだが、突然建設された信号機や標識などもすぐにはわからない場合が予測される。ただし、認識できない事態が発生すると、スピードを下げたり停まったりするといった対処は可能らしい。

 2012年にネバダ州で行われた当局向けの走行テストでは、何ヵ所かで人間のドライバーがハンドルをコントロールしなければならなかったという記録も明らかになっている。たとえば、道路工事中の標識が認識できなかったといったケースである。

 もちろん、グーグルはこうした個々のケースをしらみつぶしにして対処しているはずで、実際道路工事の標識をうまく認識して走行できたという記録が、最近ある講演で発表されていた。自走車の技術は、まだ完全ではないものの、日進月歩で進んでいると理解してよいだろう。

 しばらく前までは、夢物語にしか感じられなかった自走車がどんどん現実に近づいてきた。車だけが独自に町を走り回る完全自走車、つまり「ロボ・タクシー」の時代まではまだまだ時間がかかるだろう。だが、自走車の客席に座って、ほとんどハンドルに手を添えることなく目的地へ向かえる日は、かなり迫ってきたのだ。

人は喜びもて勝利の歌をうたう(BWV149)

 9月29日の今日は大天使ミカエルの祝日です。ミカエルは神の御前にいる最高位の天使のひとりで、プロテスタントにおいては唯一の大天使です。新約聖書ではユダ書9節およびヨハネの黙示録12章7節に登場します。


 1728年又は1729年に初演されたとされるこのカンタータは、冒頭の合唱曲でヴァイマール時代に作曲された世俗カンタータ、狩りのカンタータ(BWV208)が使われ、祝い事の晴れ晴れしい気分を伝えています。

 

 ニューヨーク生まれのアメリカンのチェンバロ、オルガン奏者で指揮者のエリック·J·ミルンズの演奏でお聴きください。モントリオール・バロック(古楽アンサンブル)を指揮しています。



1.Chorus

 狩りのカンタータのホルンが3本のトランペットに置き換えられ、新しくティンパニを加え、調性もヘ長調からニ長調に移調され、晴れやかな気分に彩られています。

2.Aria (bass)

 ファゴットがオブリガート楽器のように活躍する、バスのアリアです。

3.Recitative (alto)

 天使に守られていることへの確信が、詩篇の言葉を引用しながら、力強く語られます。

4.Aria (soprano)

 舞曲風のリズムの旋律に乗せて、天使がいつもともにある喜びが歌われます。

5.Recitative (tenor)

 天使を遣わしてくれたことを神に感謝するテノールのレシタティーヴォです。

6.Duet aria (alto and tenor)

 ファゴットが再びオブリガート楽器として使われます。細かく動き回るファゴットは、夜回りをする「聖なる物見」を表すと解釈されています。

7.Chorale:  

 マルティン・シャリングによる「心からあなたを愛します」の第3節のコラールが歌われた後、トランペットとティンパニが華々しく登場して曲を閉じます。


 グスタフ・レオンハルトの演奏もリンクしておきますが、無弁トランペットの演奏に乱れを感じます。古楽の黎明期なので、使いこなせていなかったのだと思います。



 歌詞は《続きを読む》に記載してあります。

続きを読む »

何故に悲しむや、わが心よ(BWV138)

  今日の日曜カンタータは三位一体主日後第14主日、1723.9.5にライプツィヒで初演された作者不詳のコラールに基づくカンターです。後のコラール・カンタータ群を予告しているような実験的な作品です。

 コラールの原詩と自由詩の巧妙な配置により、神の信頼による苦悩からの開放という主題を持つカンタータは、内面的に深い内容で、歌詞の内容と見事に対応しています。 当日の福音書章句に基づき、最初はこの世の悩みをいろいろと挙げていきますが、最終的にはそれらの悩みには、とらわれることはないという確信に到達します。


hqdefault.jpg


 フィリップ・ヘレヴェッヘは1998年にも録音していますが、2012年の新録音でお聴きください。テンポもわずかに速くなり、洗練された 素晴らしい演奏です。



第1曲 合唱とレシタティーヴォ(アルト)

 最初にオーボエでコラール旋律が提示され、曲が進むにつれて半音階の下降音型や不協和音を駆使して「この世の辛苦」を表現しています。

第2曲 レシタティーヴォ(バス)

 第1曲の内容を受けて、不協和音に彩られ、人の日常の苦悩(ため息と涙)が語られます。

第3曲 合唱とレシタティーヴォ(ソプラノ、アルト)

 コラールは大地に満ちる神の恩龍を、レシタティーヴォは貧窮し孤独の中に人の思いを歌います。
第4曲 レシタティーヴォ(テノール)

  「思い煩い」が神への神への信頼を通じて、慰められることが述べられます。

第5曲 アリア(バス)

 メヌエットのリズムに乗って神への確信が得られた喜びが歌われます。この曲は後にミサ曲ト長調(BWV236)に転用されました。

第6曲 レシタティーヴォ(アルト)

 前半の悲しみの原因であった「思いわづらい」は、今や無縁となったことが宣告されます。

第7曲 合唱 

 神への信頼を歌います。コラールの旋律が第1曲、第3曲と共通なので調性もロ短調ですが、軽やかな6/8拍子となり、異なった印象の音樂になっています。


 シギスヴァルト・クイケンの指揮と演奏 ラ・プティットバンドは演奏動画ですが、曲ごとに分割されています。

第1曲 合唱とレシタティーヴォ


   第2曲 レシタティーヴォ

第3曲 合唱とレシタティーヴォ

第4曲 レシタティーヴォ

第5曲 アリア

第6曲 レシタティーヴォ

第7曲 合唱


  歌詞は《続きを読む》に記載してあります。

続きを読む »

食品の放射能汚染について(3)

 食物に含まれる放射性物質を体内に吸収せずに排出する方法

 放射性物質の体内への吸収・蓄積を抑制し、排出を促進させるには、二つの方法があります。
①食事の質を変えること
②消化管からの放射性物質の吸収を阻止して、蓄積した放射性物質の排出を促進させ る食品を、積極的に摂取すること


cont03.gif


質の高い食事とは
 食事の質を高めることによって、放射性物質の吸収率を下げるだけでなく、放射能を含む環境汚染による有害物質に対する抵抗力を高めてくれれます。質の高い食事とは、有害な成分を含まないことと、十分な量の必要成分を含んでいることです。
 過剰な脂肪分は心臓病や血管の病気を引き起こすだけでなく、新陳代謝のスピードも下げてしまうので、体内の放射性物質を排出するスピードも遅くなり、放射性物質やその他の有害物質の体内濃度が高くなってしまいます。ですから、高度に精製された食品(精製油脂、精製された小麦を使用したパン、菓子類:ケーキ・パイ・チョコレート・クッキー・砂糖)を摂り過ぎないようにします。

 人間の食事に不可欠な成分は、たんぱく質・脂質・炭水化物・ミネラル成分・ビタミン群です。これらの成分を一定の割合で、十分に摂取する必要があります。毎日欠かさずに牛乳・乳製品・肉・魚・野菜・果物を食べるようにしましょう。これらの食品が不足すると、身体に必要なカルシウム・ヨウ素・銅・亜鉛・コバルト・ビタミンC・カロチンを含むビタミンA・E・P(ヘスペリジン)・B等が摂取できません。


 牛乳や乳製品(発酵乳・ヨーグルト・カッテージチーズ)が不足すると、身体に必要なたんぱく質やカルシウム塩類が摂取できません。たんぱく質が不足すると、消化系・内分泌系・造血器官等の機能が低下します。労働能力が低下し、有害物質に対する抵抗力が低下するので、放射性セシウムやストロンチウムの体内濃度が高くなり、さまざまな疾病の回復が遅れます。
 牛乳に含まれるカルシウムは、カゼインによってたんぱく質と結合しているので吸収率が高く、カルシウムが不足すると、カルシウムと性質の似ている放射性ストロンチウム90の吸収率が高くなります。

 ストロンチウムが骨組織に蓄積されて骨髄が被曝した場合は、なんとしても消化管にストロンチウムが吸収されるのを阻止しなければなりません。その方法の一つが、牛乳や乳製品に多く含まれるたんぱく質とカルシウムを十分に摂取することです。
 したがって、牛乳や乳製品をたくさん摂ればとるほどカルシウムの摂取量が増え、骨に蓄積されるストロンチウム90の量が減ります。

 但し牛乳は北海道や九州方面のものを選ぶようにしましょう。厳密に言うと、夏は九州、冬は北海道産ということになります。

無題.png


 また、野菜・果物・青菜は毎日欠かさず食べるようにします。これらの食品には、ビタミン・ミネラル・食物繊維等が多く含まれています。野菜や果物が不足すると、ビタミンやミネラル塩類(カリウムを含む)の代謝が悪くなって、排泄による代謝のリズムが崩れます。これらの食品には、セルロース・半セルロース・ペクチン等の食物繊維と呼ばれる成分が多く含まれています。これらの成分は便通の正常化をうながし、放射性物質を含む有害物質を大便と一緒に体外へ排出させます。

 野菜と果物は、カリウムや多くの微量元素を摂取するための重要な食品です。カリウムが不足すると、カリウムと性質の似ている放射性セシウムの体内蓄積量が増えてしまいます。

 カリウムを多く含む食品(数字はカリウム含有量:mg)

IMG_0002-2-2-2-2-2-2-2-2-2-2.png


 成人の体内のセシウム137が半減するまで30年かかりますが、カリウムが不足すると1.5倍以上になります。つまり被曝線量が増加します。

 放射線リスクの高い条件下では、野菜や果物を十分に摂ります。前菜(キャベツ・きゅうり・トマト・青菜・ビート・ラディッシュなど)、メインディッシュの付け合せ、野菜スープにして食べましょう。
 このように野菜や果物は、カリウム・銅・鉄分・食物繊維を体内に供給し、有害物質を体外に排出させ、最終的には被曝量(とくにセシウム137による被曝)を減少させてくれます。

(認定NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金のHPより一部修正)


参考 放射能汚染 ピンポイント この部分が危険 (2014.09.23)テクノ坂上


 以下今月のニュースでも、原発の事故処理が難航している様子が分かります。


福島第一、6000人に作業員急増 現場混乱(中日新聞)

汚染水対策、手詰まり 廃炉作業遅れを懸念(河北新報)

来年12月撤去開始 第一原発1号機がれき カバー解体来月にも(福島日報)

食品の放射能汚染について(2)

食物の放射性物質の含有量を下げる調理法

 食品を調理加工することによって、放射性物質の含有量を大きく抑えることができます。例えば、加工によってセシウム含有量は、魚は87~99%減少し、牛乳を加工すると85~90%減少します。牛乳をクリームに加工すると、放射性物質の含有量は85%減少し、カッテージチーズに加工すると、ストロンチウム90の含有量は60~80%減少。セシウムは85~90%減少します。放射性物質の大部分が、乳清(ホエー)に移行するからです。



 バターの放射性物質の含有量は、原料の牛乳に含まれている含有量の3%です。

このように、牛乳を加工することによって、含有量を5分の1~10分の1に抑えることができます。ただしヨーグルトは減少しません。

 放射性物質の含有量を減らすための調理法で簡単な方法は、外側についた汚れを洗浄によって落とすことです。食品の表面および上層部に含まれる放射性物質は50%減少します。食品に付着した砂・埃・泥によって放射性物質は体内に取り込まれます。砂や泥が付着したり、泥などが入り込んでいる可能性のあるひび割れや、凸凹した表面、くぼみはすべて除去します。

 キャベツ・たまねぎ・にんにくの外側のもっとも汚れた葉や皮は、捨てます。きのこは、付着した泥・埃・落ち葉を除去します。その後流水でよく洗います。

 根菜類(にんじん・ジャガイモなど)は、皮をむく前に、きれいに洗います。食品の表面が粘着性でべたべたしている場合は、水に重曹を溶かして洗います。洗った後で、外側の皮を取り除いてください。

 魚は、よく洗った後で皮を取り除き、ひれ・頭・内臓・えら・骨も取り除きます。その後で、もう一度洗ってください。

水に浸す

 高度に汚染された食品(きのこ・森で採れたベリー類・肉・淡水魚など)は、2~3時間きれいな水に浸してください。

 きのこ類(生きのこ・乾燥きのこ)は、3回ゆでこぼします。1回目は15分間、2回目は30分間、3回目は60分間ゆでてください。

 干したきのこは、2%の食塩水に、30分・2時間・10時間と、3回水を替えてさらした後に、ゆでこぼします。

 肉と魚は、各5グラムの切り身にして、時々水を替えながら、4%の食塩水と3%の酢水に、交互に24時間浸けます。こうすることで、セシウムの含有量は87~99%減少します。

 漬け汁を替えながら、食肉を長時間漬ける(マリネにする) と、セシウムの濃度は2分の1~3分の1になります。(ただし、漬け汁は捨てること)

塩漬けにする

 野菜やくだものは、塩漬けにすると、セシウムの含有量は2分の1になります。しかし漬け汁は捨ててください。漬け汁に、放射性セシウムが排出されているからです。

ゆでる

 食品に含まれる放射性物質や、その他の有害物質(重金属や硝酸塩など)を取り除くためのもっとも手軽な熱による調理法です。

 

Boiling_edamame_by_jonl.jpg


 ゆでることによって、放射性物質はゆで汁やブイヨンに排出されます。たとえば、食肉(牛肉・豚肉・鳥肉・兎肉、魚肉)に含まれる放射性物質の80%がブイヨンに移行します。根菜類に含まれる放射性セシウムの50%が、ゆで汁に排出されます。ですから、ブイヨンやゆで汁は必ず捨てます。

 スープを調理する場合は、まず食品を5~10分間ゆでこぼしてから、新たに水を加えて調理します。食品を焼いたり炒めたりしても、放射性物質を排出することはできません。むしろ濃縮されてしまいます。焼いたり炒めたりする場合は、まずゆでこぼしてから、調理してください。

(認定NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金のHPより一部修正)


参考 料理する前に食品の放射能を少なくする方法


食品の放射能汚染について(1)

  食欲の秋です。サンマの旨い季節になりました。ところがサンマは夏に千島沖に集結し、8月下旬に入ると移動と産卵エネルギーの脂20%以上を身に蓄えた群れか、日本列島に沿って南下を始めます。

3bf59bd3.jpg


 今頃、放射能に汚染された海域を南下しています。放射線物質は魚の体内に蓄積されるので、漁獲した場所が汚染の少ない海域であっても危険度には変わりはありません。サンマはこの地域でしか捕れませんので、本当は食べないほうが良いといえるかもしれません。


20013027705.jpg


 同様なことは、サバ、やサケにも言えますが、別の産地のものを選ぶことができます。しかしカツオは黒潮に乗って北上する前の初ガツオならまだしも、脂が乗って一番旨い戻りガツオは、三陸沖の汚染海域を回遊してくるので、汚染されていると見て間違いないでしょう。

 東京電力が2014年9月18日に「福島第一原子力発電所港湾内の魚介類の核種分析結果」を公表しました。

1.png2.png


 採取場所が湾口付近ではありますが、アイナメで1万9,000ベクレル、ムラソイからは3万2,500ベクレルもの放射線を検出しています。食品安全基準値の数百倍の汚染濃度です。しかも筋肉(身)の部分ですから、腹わたでは遥かに高い放射線量のはずです。

 サンマは「わた」が好んで食べられていますが、それだけは避けたほうが良さそうです。

下の表は昨年の消費者庁が発表した農水産物の調査結果です。

無題2.png

① 基準値を超える放射性セシウムが検出された品目

② 基準値の1/ 2を超える放射性セシウムが検出された品目

③ 飼養管理の影響を大きく受けるため、継続的なモニタリング検査が必要な品目

④ 水産物(基準値の1/ 2を超える放射性セシウムが検出された品目

 基準値(水産物においては基準値の1/ 2)超過が検出されたもの

○ 基準値の1/ 2の超過が検出されたもの(基準値超過が検出されたものを除く

□ 検査対象となっているもの並びに対象品目の移動性又は管理の困難性を考慮し検査が必要なもの


 放射線物質のセシウムは筋肉に蓄積し、ストロンチウムは骨に蓄積します。共に半減期が約30年と長く、その間常に放射線を出し続けて隣接した細胞を攻撃し続けます。やがて血液のがんである白血病や骨のがんを発症してしまうことになります。

e0171614_1156037.jpg

 これだけの危険がありながら、一般のマスコミではあまり取り上げられることはありません。その理由は、風評被害の回避という名目の農水産業者の保護と、国策である原発再開に向けて、ブレーキがかかることを危惧しているからだと思います。

 放射性物質は目には見えません。報道からの情報に頼らず、自ら身を守る必要があります。


参考資料 消費者庁 食品と放射能Q&A 平成25年9月2日(第8版)


 明日は、食物の放射性物質の含有量を下げる調理法や、体内に吸収させずに排出する方法などをブログに書きます。

演奏の比較『パッサカリアとフーガ ハ短調』BWV582

 BACHはわずか18才でアルンシュタットの教会オルガニストに採用されますが、この教会に新しく設置された新造オルガンの試験演奏で人々をあっと驚かせるような演奏を披露してその実力を認めさせました。

 BACHのオルガン作品の大部分は、アルシュタットのオルガン奏者に採用された18才(1703年)から、ヴァイマール宮廷の楽長に昇進する29才(1714年)までの時期に集中しています。よく知られているオルガン曲は、このヴァイマール時代に作られました。


dsc_0609.jpg

アルンシュタットのバッハ教会


 「パッサカリアとフーガ ハ短調」は1710年頃に作曲したと推定されるオルガン曲で、BACHのオルガン曲の中でも最も壮大で完成度の高い作品だと思います。

700px-Bach-raison-passacaglias.gif

 ペダルの低音で始まる主題が20回にわたって8小節の変奏を繰り返します。さらに同じ主題のフーガが展開され、力強い高揚を迎えて曲が閉じられます。

 パッサカリアとは、バロック時代特有の変奏曲形式で,スペイン語の pasear (歩く)と calle (通り)に由来しています。


 最初に盲目のオルガニストとして活躍したヘルムート・ヴァルヒャの厳格な演奏から聴いてください。



 楽譜を見ながら聴くのも鑑賞の楽しみの一つです。以下のPDFを見ながら聴いてみてください。


Passacaglia und Fuga c-moll BWV582


 続けて現代の名演奏家トン・コープマンをお聴きください。2008年来日した時の東京オペラシティでの演奏会録画です。随所に装飾音を交えた、かなり自由奔放な演奏ですが、アゴーギクとは異なる、わずかなテンポの乱れが気になります。



 ハンス・ファギウスは1951年生まれのスウェーデンのオルガン奏者です。



 オッリ・ポルターンは 1957年 生まれのフィンランドのオルガニストです。



 マルーティン・リュッカー(1953年オルデンドルフ生まれ )はドイツのオルガニスト です。演奏録画です。




 ハンス・アンドレ・シュタム1958年生まれのドイツの作曲家でオルガニストです。これも演奏録画です。




 最後にカール・リヒターの演奏録画です。静かに演奏が始まりますが、盛り上がりのある素晴らしい演奏です。楽譜を見ずに暗譜で弾いています。緊張感があり、人気のある理由が分かりますが、頻繁なストップ操作で複雑に音色を変化せているのが少し気になります。



 ダイナミックな演奏という意味では、やはりカール・リヒターでしょうか。私は オッリ・ポルターンの素直な演奏が好みです。

アンチエイジングのカギは睡眠にあり!

 睡眠は、短か過ぎても長過ぎてもいけない

 今年の夏は、立秋前は猛暑が続きましたが、9月に入ってからは比較的過ごしやすくなりました。彼岸を過ぎると、快適な季節になります。秋の夜長ではありますが健康を維持するためにはに、充分な睡眠をとりたいところです。しかも、睡眠はアンチエイジングに大いに関係があるといいます。

 ほぼすべての生物の細胞の中にあって酸化還元反応でエネルギーを生みだす重要な働きをしているのがミトコンドリアですが、ミトコンドリアは加齢によって損傷していくことなどから、老化のカギを握っていると考えられています。

 では長い時間眠れば、その分長生きできるかといえば、そうではありません。短時間で深い睡眠を取るのが健康長寿につながるという意見もありますが、これも正しくないそうです。

無題.png


 丁度よい睡眠時間は7時間で、5~6時間という短い平均睡眠時間でも、8~9時間という長い平均睡眠時間でも、心血管障害のリスクが高まり、死亡率が高いといいます。もちろん長さだけではなく眠りの質も大事です。

 睡眠障害の代表的なものに睡眠時無呼吸症候群というものがありますが、この場合の無呼吸とは10秒以上呼吸がない状態で、これが1時間に5回以上または7時間に30回以上起こることが診断の目安とされます。短いとはいえ呼吸停止が何度も起きるので脳や心臓、血管がダメージを受け、交感神経の緊張が長く続き十分な休息が取れません。強度のいびきも気道が狭まって起きますので、呼吸に影響が出て眠りが浅くなります。睡眠時無呼吸が疑われるなら、早めに医師に相談しましょう。

cpap-1.gif

 そこまでいかないまでも眠りに満足できない人は相当数おり、日本人の約20%が不眠症で悩んでいると言われます。不眠は心血管障害など前述のリスクのほかにストレスホルモンの分泌を増やし、うつをおこしやすくするともいわれています。

レタスやタマネギの匂いに鎮静作用

 レタスにはラクチュコピクリンという鎮静作用のある成分が含まれており、夕食に食べると熟睡効果が期待できます。1回に食べる目安量は大玉4分の1個ほど。生で食べるのが大変なら加熱してスープや炒めものにしても良いそうです。

 タマネギにも鎮静作用があります。タマネギを切ったときに出るあの独特の匂い、硫化アリルに入眠効果が期待できます。わけぎ、にら、ニンニクにも硫化アリルが含まれています。

寝酒よりサプリメントや睡眠薬が合理的

 比較的深刻な不眠で悩んでいるなら、睡眠薬の一歩手前、漢方薬の酸棗仁湯(さんそうにんとう)、サプリメントのメラトニンやバレリアンなどを飲むことも考えられます。ただし、バレリアンなどは肝機能障害のある人には向きませんので、漢方薬、サプリメントを使用する際も医師や薬剤師と相談しましょう。

 仕事などのストレスが強くて寝酒に頼らないと眠れない人がいるかもしれませんが、これは良くありません。寝酒は習慣になり、酒量の増加にもつながります。しかも睡眠時の呼吸に影響が出て、眠りが浅くなります。またお酒によっては糖化につながり動脈硬化が進みます。

 むしろ睡眠薬を上手に使う方が合理的です。最近の睡眠薬は短い時間効くハルシオンやマイスリー、長い時間効くドラール、中間のユーロジンなどいろいろなタイプがあるので、自分の不眠の症状を医師に相談した上で、適切な薬を処方してもらいましょう。


中高年は12時前に寝ても成長ホルモンの恩恵なし

 よく「夜の12時前に寝ると睡眠中に成長ホルモンが出て若返る」などと言われます。中高年でも努力して実行されている方が多くいますが、その効果はあまり期待できません。

 血中成長ホルモン濃度の24時間の推移を調べてみると、健康な18歳~33歳の男性は24時頃、女性は23時過ぎあたりにピークがあり、ある調査では、23時頃に寝ていると、眠るとすぐに成長ホルモンが出ているようです。ところが、51歳~72歳を調べてみると、血中成長ホルモンのピークの量が若い時の3分の1程度に減っているうえ、23~24時のピークは明らかではなくなっています。

 アンチエイジングの面ではこの年齢の方々は24時前に無理に寝る必要はなさそうです。

睡眠と心筋梗塞の関係

 睡眠障害と心筋梗塞のリスクの関係は、2011年に発表された研究で、「不眠症、過眠症、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害は心筋梗塞のリスクを45%上昇させ、また、睡眠中断は心筋梗塞のリスクを30%上昇させる」としています。

 動脈硬化予防にはバランスのとれた食事、身体活動、そして睡眠が重要です。できるだけ質の高い睡眠を取るよう心がけましょう。

(Diamond Onlineより)

3Dプリンターの 発明は日本人

 1980年、名古屋市で開かれた展示会で、液体樹脂が塗られたガラス板に文字の形に光をあてると、光が当たった部分だけが固まり、洗い流すと固まった部分だけが盛り上がり、そこにインクをつけて印刷する仕組みを見て、名古屋市工業研究所の小玉秀男さんが、後に3Dプリンターの技術につながるヒントを得ました。

 この工程を繰り返して樹脂を重ねれば、立体物が作れるはずだと帰りのバスの中で突然ひらめいたそうです。


ee8418ac.jpg


 その後小玉さんは手のひらに乗る大きさの2階建ての家を作りました。厚さ2ミリの層を27枚重ねた家は、細かい間取りや階段、食卓まで作り込まれていました。

 小玉さんは特許を申請しようと周囲に相談したが、職場の支援は得られず、自力で特許は申請ました。論文を書いて日本と海外で発表し、アイデアを公開しましたが、反響は芳しくなく、特許を得る申請後の「審査請求」の手続きをしませんでした。

 ところが、95年、小玉さんは英国の民間財団が優れた発明に贈る「ランク賞」を受賞。3Dプリンターの基礎技術を世界で初めて発表したことが評価されました。このとき、共同受賞者がいました。米国のチャールズ・ハルは小玉さんに遅れること4年、84年に特許出願し、3Dシステムズというベンチャーを起業していました。

 3Dシステムズはいまや、米ストラタシス社に次ぐ3Dプリンターの世界の2大大手です。小玉さんは、もし自分が先に特許を取得していたら、日本だけで40億円、米国でも取得していたらもう1けた多い利益が日本側に生まれていたはずだといます。


 各国の企業が参加する世界最大の家電ショー「CES」で今年、昨年に比べて3Dプリンターのコーナーが急激に拡大しました。3Dシステムズのいまの最高経営責任者エイブラハム・ライケンタルは、「3Dプリンターは今後の数年間で、ロボット技術や人工知能のように、製造業を変えるだろう」といいます。

出遅れた日本、次世代機で巻き返し狙う

 神奈川県小田原市の鋳造業コイワイは、3Dプリンターを使い、自動車部品の試作品を作っています。使っているのは1台1億円もする欧州メーカー製の金属3Dプリンターです。

 作りたい試作品の3次元データをもとに電子ビームやレーザービームで造形します。敷きつめた金属粉末に電子ビームをあてると、金属粉は溶けて固まり、その上に再び金属粉末をかけて同じ動作を繰り返すと、次第にモノの形ができあがります。


pic_massproduction03_l.jpg


 しかし3Dプリンター装置の本体だけでなく、使う金属粉末や砂という消耗品も欧州メーカーから専用品を買うことになります。インクトナーで稼ぐコピー機商法と似ています。3Dで設計するソフトも、ベルギー企業の寡占です。装置、金属粉末など消耗品、ソフト、すべて海外勢に押さえられています。3Dプリンターを使えば使うほど、海外にお金が流れます。

 3Dプリンターのそもそもの起源は日本にあるのに商用化に出遅れ、経済産業省幹部は「樹脂の3Dプリンターは海外に先行され、もう勝ち目がない」と認めています。「だが、金属ならばまだ巻き返せる」と望みをかけています。

銃の製造、米で規制

 高性能な3Dプリンターの開発が進む一方、普及品の3Dプリンターによって検察官が「殺傷能力がある」と主張する銃ができてしまいます。3Dプリンターで拳銃を自作したとして銃刀法違反などの罪に問われた元大学職員の被告、居村佳知の公判から浮かび上がるのは、精密なものが平易にできる、そんな「ものづくり」の変化です。

 被告は子どものときから銃に興味を持ち、その構造に精通していました。工員などを経て大学で学生に機械操作を指導し、自宅には趣味の工作室もあります。



 米フィラデルフィア市では昨年12月、銃や銃の部品を製造するために3Dプリンターを使用することを禁じる条例が成立しました。

 英国では12年、ランカスター大などがつくる「ビッグ・イノベーション・センター」が、3Dプリンター政策についての提案書をまとめました。この新技術が「英国経済に莫大な利益をもたらすことは明らか」としつつ、その中では英政府が考えるべき課題を列挙しました。

 危険物製造に使われないようにする規制だけでなく、3Dプリンターで作られたモノの製造物責任をめぐる法的枠組みの整備、モノのデザインデータの公開性と知的所有権の保護をどう両立させるか、などです。

 提案はこう指摘しています。「3Dプリンターによってインターネットと実世界の壁が取り払われた。規制当局には重要な問いが投げかけられている」

(Asahi Diditalより編集)