目覚めよと呼ぶ声あり(BWV140)

 今日は11月30日ですが、教会暦では待降節第1日曜日で、今日から2015年度の教会暦がはじまります。カンタータの名曲「目覚めよと呼ぶ声あり」は三位一体主日後第27主日に演奏されたのですが、この日は復活祭が早い時期に巡って来る年でないと暦に現れません。バッハの在任中この祝日があったのは1731年と1742年で、このカンタータは1731年に初演されたと考えられています。そこで待降節第1主日のカンタータは来週聴くことにして、今日はこの名曲を聴くことにします。

無題2.png

 花婿の到着を待つ乙女のたとえを用いて、神の国の到来への備えを説きます。それをふまえ、真夜中に物見らの声を先導として到着したイエスが、待ちこがれる魂との喜ばしい婚姻へと至る情景を描いています。たとえというより本当の婚宴用と言ってもおかしくないほど美しく官能的な雰囲気を持っています。フィリップ・ニコライの美しいコラールを用いたコラール・カンタータの最高傑作です。


 最初にトン・コープマン指揮アムステルダム・バロック・オーケストラの演奏動画でお聴きください。この演奏にはバロックオーボエの名手マルセル・ポンセールが参加しています。歌手は リサ・ラーション(S)、. ローター・オディニウス(T)、クラウス・メルテンス(B)です。



第1曲 (コラール) 目覚めよと、われらに呼ばわる物見らの声

 弦とオーボエが付点リズムを行進曲風に奏し、やがてコラール旋律がソプラノに現れます。

第2曲 (レチタティーヴォ) 彼は来る、まことに来る

 イエスの姿を伝えるテノールの語り。婚礼の祝宴を前に、再び「目覚めよ」の声が発せられます。

第3曲 (二重唱) いつ来ますや、わが救いのきみ?

 魂(ソプラノ)とイエス(バス)の間で交わされる、霊化された愛の二重唱。ヴィオリーノ・ピッコロの技巧的なオブリガートを伴います。

第4曲 (コラール )シオンは物見らの歌うの聞けり

 テノールの歌うコラールは、ユニゾンの弦が晴れやかな落ち着きを持って絡みます。

第5曲 (レチタティーヴォ )さらばわがもとへ入れ

 花嫁が登場し、イエスに擬せられたバスが「永遠の契り」を宣告します。

第6曲 (二重唱) わが愛するものはわが属となれり

 再び魂とイエスとの二重唱で、軽やかに浮かれ立つようなオーボエ・オブリガート付きの明朗な音楽が繰り広げられます。

第7曲 (コラール) グローリアの頌め歌、汝に上がれ

 ニコライのコラールが三たび変ホ長調で歌われます。簡潔な4声体楽曲です。


 今日はこの演奏動画だけで十分ですが、しばらくこの日が巡ってこないので、ジョシュア・リフキン指揮、バッハ・アンサンブルの演奏もリンクしておきます。



 歌詞は《続きを読む》に記載してあります。

続きを読む »

スポンサーサイト

プロバイオティクスについて

 最近「プロバイオティクス」という言葉によく接するようになりました。スーパーで売られているヨーグルトや乳酸菌飲料などにも目立つように表示してあります。

 プロバイオティクスとは「消化管内の細菌叢を改善し、宿主に有益な作用をもたらす有用な微生物と、それらの増殖促進物質」のことです。プロバイオティクス機能を持つ微生物を摂取すると、それが消化管内(口腔内や腸内)のフローラ(細菌叢)に作用し、フローラの健常化をはかりながら、疾病の予防、改善を行う、というものです。

 人間は体内の微生物のバランスを崩すと病気になるという考え方から、体内環境を整えるために、乳酸菌に代表される善玉菌を食品から摂取することで、消化器系のバランスを改善し、病気の発生を未然に抑えることができるといわれます。日本でも古い歴史があり、納豆や味噌などの発酵食品もプロバイオティクスの一種です。日本ではでは1919年に初めて乳酸菌飲料が発売され、1970年代初めにヨーグルト製品の販売が始まっています。

projectB-3-1a.png

 世界的にも注目が集まっています。世界のプロバイオティクス製品のマーケットは、2013年から2018年までの間に毎年7%以上の成長率で拡大するという予想もあります。市場にはプロバイオティクス関連の製品が出回り、その機能についてはいろいろあり、同時にプロバイオティクスに関するさまざまな効果とエビデンスが発表され、自分の目的に合った製品を選ぶことが可能な時代になってきています。


無題.png


 こうした中、プロバイオティクスの国際カンファレンスが、ハンガリーの首都ブダペストで開かれました。今年は前年の2倍以上の参加者があり、関心の高さがうかがえます。

 日本からも日本プロバイオティクス学会理事長である、古賀泰裕教授(東海大学医学部・感染症研究専攻)をはじめ、プロバイオティクスの研究者が発表を行いました。古賀教授は2000年に胃潰瘍や胃がんの原因とも言われるピロリ菌に対して、すぐれた抗菌作用がある乳酸菌「LG21」の研究発表をしています。

image.jpg

 人間の胃の中は強い酸と消化酵素があるため、以前は無菌と考えられていました。ピロリ菌の発見はそれを根本から覆したのですが、ピロリ菌以外の細菌種については、ほとんど解明されていません。しかし、近年の分子生物学的手法を採用することで、複雑な胃内微生物の詳細な分析が可能になってきたといいます。

 今回のカンファレンスで、古賀教授は人間の胃液に存在する胃内細菌とプロトンポンプ阻害薬(PPI)の関連性について研究成果の発表を行いました。

 プロトンポンプ阻害薬(PPI)は胃酸の分泌を抑える薬剤です。胃潰瘍や胃食道逆流症(GERD)の治療のために広く処方されています。胃酸の分泌を抑えると、理論的には、胃の内部の細菌を増殖させると推測されまが、LG21乳酸菌を摂ることで、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を服用している胃食道逆流症患者の腹部症状が改善されたことが観察されました。


H2BlockerPPIimage1.jpg


 3年ほど前、佐賀県の小中学生が、R-1乳酸菌を使用したヨーグルトを継続して食べたことで、インフルエンザの罹患率が大幅に下がったというニュースが報道されました。今回、この免疫力を高める乳酸菌の研究成果についても紹介されています。

 体の中には細菌やウイルスの侵入を阻み、見つけ次第、攻撃して、体の健康を維持するために働く「免疫」というシステムがあります。その中でも、とりわけ攻撃的で破壊力があるのが、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)と言われています。NK細胞の活性力が高い人ほど、風邪などの感染症にかかりにくく、1073R-1乳酸菌(以下R-1乳酸菌)は、このNK細胞の活性を高め、風邪やインフルエンザなどの感染症の予防に寄与するといいます。

 山形県と佐賀県に住む健常高齢者を対象に行われた調査では、R-1乳酸菌を使用したヨーグルトと牛乳を摂取するグループを各地域2つのグループに分けて、調査しました。どちらの地域でも、1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトを食べたグループが牛乳を飲んだグループと比較すると、加齢に伴って本来低下するT細胞増殖能とNK細胞の活性が上昇し、風邪罹患リスクについては1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトを食べたグループのリスクが大きく減少したという結論が出しました。

caspi.png

クレモリス菌(便秘の改善、免疫力UP、コレステロールの低下)


 ほかにも、各国の発表の中で、肥満や高血圧などのメタボリック症候群やがんなどの生活習慣病との関係についての研究発表が目立ちました。今後は、便秘や下痢などを正常な状態に戻す整腸作用や胃内の改善から、生活習慣病予防のための気軽にできる健康維持の方法として、プロバイオティクスに対する期待が高まっています。

 医師や管理栄養士に相談して、自分の目的に合った製品を選ぶことも必要だと思います。

(参考資料apital、Wikipedia等)


参考:腸内改善ラボ

車にかかる費用は生涯で約4000万円!

車にかかる維持費は年間でどれくらい?

 生涯の家計収支の中でも、生活・住宅・教育・保険についで大きな支出を占めているクルマ。ライフプランとカーライフについて考えてみます。

無題.png

 車種や年式、状態、使い方などによって、車を有するのにかかる費用もさまざまです。共通して必要な項目と年間にかかる金額として、2000CCクラスの車で計算すると

●ガソリン代:15万円

・平均燃費 約10キロ/1リットル 

・1リットルのガソリン代 約150円

・年間走行距離 約1万キロ

→1万キロ÷10キロ/リットル×150円/リットル=15万円

●整備費用など:11万円

・車検、点検、オイル交換費用 9万5000円(車検代は1年分を概算で算入)

・タイヤ代 1万5000円(1万5000円/本×4本÷4年ごと)

●税金・保険:10万円

・自動車税 3万9500円(2000CC以下)

・任意保険 4万6580円(17等級)例:事故なし概算

・自賠責保険料 1万3920円 (2年間2万7840円÷2年)

●高速道路通行料:2万円程度

●駐車場代:12万円(1万円/月×12カ月) 例:郊外の共同住宅

 ここまでを合計すると、年間50万円、月額で4万2000円がかかっています。その他にも、カー用品や洗車代、出掛けた先でのパーキング代などの費用も不定期に発生します。

年間でトータル80万円超もかかる

 また、5年に一度新車230万円(諸費用込み)を乗り換えるという人なら、下取りが80万円としても、5年ごとに150万円の車両購入費用が必要です。150万円を乗り換えまでの5年間で割ると、単純計算で年間30万円になります。

 車に対する車両購入費用約30万円と維持費約50万円を合計すると、1年間の支出は80万円(月額6万7千円)ということになります。

車と生涯付き合ったらなんと約4000万円!

 同じ条件で、仮に20歳~70歳までの50年間、車に乗り続けたらいくらになるでしょうか。

●車の購入代金

150万円(下取りを差し引いた金額)÷5年間×50年間=1500万円

●車の維持費

50万円/年間×50年=2500万円

 合計でなんと約4000万円です。マイホームの購入金額に匹敵します。もちろん、車の種類や使い方でこの金額は変わってきますが、いずれにしても数千万円単位の出費が必要です。

 ちなみに軽自動車だと、概算で上記金額の約半分の2000万円、高級車だと上記金額の1.5~2倍程度、6000万円~1億円程度が必要です。

 一家でで普通車と軽自動車の2台保有する家庭も多いですが、その場合は普通車で約4000万円、軽自動車で約2000万円の合計6000万円です。会社員の生涯賃金は2億円から3億円と言われていますが、かなりの割合がカーライフに充てられることになります。



車に対する価値観やライフプランも費用に影響

 車好きな方も多いと思いますし、一方で、車は走ればいいという価値観もあります。好きな車に乗り続けたいというのも価値観。どちらも否定できません。

 いずれにしても、生涯のライフプランの全体像を掴んだ上で、カーライフをどうしていくか考えていく必要があります。

車を持たない生活はいくらかかる?

 タクシーや公共の交通機関、レジャー時にはレンタカーを使うカーライフのスタイルもあります。都心だと駐車場代だけでも1月3万~5万円は当たり前です。その代わり、地下鉄などの公共交通機関が発達しているエリアでしたら、不自由はありません。思い切って車を所有せずに、代わりにかかる費用を試算すると

●交通費

月に1万円ずつタクシーを使ったとして50年間で計算

→1万円/月×12カ月×50年間=600万円

●レンタカー代

月に1回レジャーを楽しむためにレンタカーを24時間借りる場合

→トヨタ プリウスで約1万2000円+高速代・ガソリン代約7000円=約2万円/月

→2万円/月×12カ月×50年間=1200万円

合計すると、50年間で1800万円。生涯2000ccクラスに乗り続けた場合の4000万円との差額は、2800万円にもなります。

レンタカーのほかに、カーシェアリングを利用する手も

 レンタカーだと、気分によってRV車にしたりスポーツタイプにしたりとチョイスして、いろいろな車に乗ることもできます。子供が生まれた、引っ越しした、といった環境の変化による買い替えの必要もありません。一方で、自分の所有物ではないことや、他の人も運転する車であるというデメリットもあります。

 また、カーシェアリングという手段もあります。拠点が近くにあれば、レンタカーよりリーズナブルに利用できるかもしれません。

 人それぞれのライフスタイルや住んでいる地域などで、車はどうしても必要という場合もあります。

 一方で、車のように生涯付き合うものは、少し目先を変えるだけで、小さい金額のようでトータルでは、かなり大きな金額の違いがでてきます。価値観を大切にしつつ、ライフプランを考えていきましょう。
 クルマが道楽だった私も、自己満足のためにずいぶん無駄な出費をしてきたと、今では反省しています。

(All Aboutの記事を基に、再計算しました)


参考:自動車ランニングコスト シミュレーション


「糖化」を防いでアンチエイジング

 昨年、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されました。ヘルシーなイメージが強い和食ですが、健康・長寿を向上させるという明らかなメディカル・エビデンス(医学的根拠)は残念ながら出されていません。さらなる研究が待たれるところです。

 同じく無形文化遺産に登録された地中海料理については、さまざまな調査研究がなされ、いくつかのエビデンスが明らかになっています。

 代表的なものに2013年に報告された「地中海食と血管障害発症予防」があります。約7500名を対象に4.8年の追跡期間を費やして行われたもので、エキストラバージンオイルとナッツなどの摂取により、心血管障害の発症が30%抑制されたというものです。


無題.png


 心血管障害というのは、心筋梗塞、狭心症などの病気のことですが、これらの病気にならないということは、健康寿命が延びることになりますから、アンチエイジングという観点からみても有力なデータです。

アンチエイジングの分野で注目されている「糖化」

 以前ブログにも書きましたが、老化を促進する因子として近年注目されているのが、身体の中で起きる酸化と糖化です。酸化は細胞内での情報伝達を担うなど、部分的にはよい役割も果たします。ところが、呼吸時に取り入れた余分な酸素が活性酸素となり、体内の脂質を酸化させると全身の細胞を傷つけ、動脈硬化を促進するなど、老化の原因ともなります。

 活性酸素を抑える抗酸化機能も体内にはあるのですが、タバコ、ストレス、紫外線、大量飲酒、大気汚染など様々な要因によってそのバランスが崩れてしまいます。活性酸素を抑制するには、抗酸化ビタミン(ビタミンCやビタミンEほか)やβカロテンなどを摂り入れるのが有効です。

3.png


たるみやしわにつながる「糖化」

 一方、糖化というのは体内の余分な糖分が蛋白質と結びつく反応です。糖は人間にとって大事なエネルギー源であり、糖がなければ脳も身体も動きません。しかし、この糖も食べすぎや、甘い物の摂りすぎなどが続いて過剰になると、蛋白質と結びつきAGE(終末糖化産物)という強力な老化促進物質をつくります。

 このAGEが体内にたまると身体を構成する組織や血管がもろくなってきます。体のあちこちで組織が硬直化や化石化するというイメージです。

 糖化が進むと、皮膚ではたるみやしわができ、血管の弾力性は失われて動脈硬化が促進され、骨粗鬆症や白内障、アルツハイマー型認知症にもつながっていきます。



 AGEは細胞の受容体とくっついて炎症シグナルを活発化させ、細胞に炎症を引き起こします。この炎症で大きなダメージを受けるのが血管です。血管の内側で起きる炎症こそが動脈硬化の真の原因と最近の研究は警告しています。

 酸化と糖化はお互いに影響しあいながら進行していくという厄介な関係にあるので、どちらかにだけ注意すればいいというものではありません。

 酸化と糖化が進むと老化が急速に進行します。これらを抑えられれば、老化のスピードは緩くなります。元気で若々しくパワフルであるためにも酸化と糖化を防ぐことが大事です。

食後の高血糖状態には気をつけよう

 糖化は食後、血液の中に余分な糖があふれている状態で発生します。ですから、できるだけ食後の血糖値を急速に上げないことが肝心です。しかし自分では気づかないまま、意外とこの数値が高くなっている人がいます。

 もし、食後1時間の血糖値が150を超えていたら、糖化の危険が迫っている可能性が高く、200を超えているならかなり良くない状況にあります。例えば、食後必ず眠くなる人の一部は食後血糖値が高い可能性があります。血糖値は通常空腹時の値を測りますが、頼めば食後血糖値を測ってもらえるので医師に相談ましょう。

(Diamond Online、Asahi Digital他より)


参考 AGEチェッカー

演奏の比較『半音階的幻想曲とフーガ ニ短調』BWV903

 BACHのチェンバロ曲の中でも特に有名な曲ですが、同時代の写譜も多く、当時から人気のあった作品だと思われます。大胆な構想と絢爛たる演奏効果によってBACHの生前から強い印象を与えてきたといいます。

無題.png

 華麗なトッカータ形式のパッセージに始まり、続くフーガでも半音階的主題の厳格なフーガから熱のこもった自由な展開を示しています。チェンバロとクラヴィコードの演奏で聴き比べてください。


 最初にドイツのチェンバロとオルガン奏者ミカエル・ボルグステーデの演奏会の動画でお聴きください。フーガの主題に装飾音を加えた少し変わったスタイルです。



 クリストフ・ルセは、フランス生まれのチェンバロ奏者です。使用容楽器は1751年製のフランスのチェンバロの銘器アンリ・エムシュです。素晴らしい演奏です。


※動画が開かない場合は、画面最上部のタイトルをもう一度クリックしてください。

 スコット・ロスはアメリカ・ピッツバーグ生まれで、フランスおよびカナダを中心に活躍しましたが、38歳の若さでエイズのために夭折しました。この曲は死の1年前に録音されたものです。



 ブランディーヌ・ヴェルレはフランスのクラヴサン奏者です。チェンバロにしてはかなり自由な演奏をします。好きな演奏家ですが、次世代のクリストフ・ルセを聴いた後では少し物足りなさを感じます。



 Anna Maria McElwain はフィンランドの鍵盤楽器奏者ですがこの曲をクラヴィコードで演奏しています。しかし、華やかな曲想のこの曲には、やはりチェンバロの方が合っています。(あまり上手い演奏とは思えません)



 最後はグスタフ・レオンハルトの演奏です。使用楽器はBAHCと同時代の名工、クリスティアン・ツェルで、イタリア風の明るい響きを持ち、この作品にはぴったりの銘器ですが、鍵盤の音が少し気になります。私のCDコレクションです。



 この中で私が気に入った演奏はクリストフ・ルセとスコット・ロスです。レオンハルトはフーガに少し重苦しさを感じます。

 この曲は特に幻想曲に演奏家の個性がでます。聴き比べが楽しい曲です。

体内時計で体調管理

 体内時計とは、朝になったら目が覚めたり、夜になったら眠くなったり、お腹がすいたりという生命を維持する上で基本的な活動のリズムのことです。体温や肺活量、エネルギーの代謝やホルモンの分泌などにはそれぞれ波があり、食べても太りにくい時間帯、特定の栄養素を吸収しやすい時間帯があるといいます。体のリズムを理解して、体調管理に役立てましょう。

 普通の生活をしていれば、朝になれば目が覚めて、夜になると眠くなります。これは、生物が備えている体内時計の働きです。体内時計は、光やメラトニンというホルモンが重要な役割を果たしています。体内時計を動かしているのが時計遺伝子と呼ばれる細胞内の遺伝子です。時計遺伝子には2種類あり、脳にある中枢時計と、体内の臓器などにある末梢時計です。どちらも25時間周期で活性化、沈静化を繰り返します。

体内時計のネットワーク.jpg

 これまでの研究から、体内時計には16種類あまりの遺伝子が関係していて、それぞれの遺伝子産物が周期性を持って発現し、お互いに調節しあっていることがわかって来ました。マイクロアレイや比較ゲノムの手法を用いて、この16の遺伝子の転写のネットワークがどのようになっているのかを解析した結果、ヒトとマウスに共通な3つの転写制御配列(E-box、D-box、RRE)が存在し、体内時計のネットワークの中心として働いています。

 また、腎臓や肝臓などの末梢器官にも時計機能があることが知られており、食事などの摂取量によっても、体内時計のリズムに影響を及ぼすことを示唆した論文も出ています。

無題.jpg

日光がリセット

 朝、太陽の光を浴びると視神経を通じて中枢時計に刺激が伝わり、脳に伝わるとリセットされ、1日の始まりを認識します。同時に末梢時計に指令が送られ、全身が活動モードになります。このれを「同調」と呼んでいます。

 光で整える中枢時計に対し、末梢時計を調整するのが食事です。朝起きてから2時間以内に食べることでリセットされ、中枢時計と同調します。

 朝食を抜くと末梢時計がリセットされないので、頭では1日の始まりを認識できていても、体の時計は自前の25時間周期で動いています。このずれは、時差ボケのような状態を生み、体の不調にもつながりやすくなります。

 朝食の中身も重要です。おにぎりやトーストのみの朝食では十分なリセット効果を得られません。炭水化物とたんぱく質を中心に、1日の食事量の4分の1以上を摂る必要があります。

 時計遺伝子には一定のリズムがあります。例えば中枢時計に含まれるBmal1(ビーマルワン)というたんぱく質は、夜になると増え、昼間は少なくなります。このたんぱく質には脂肪の合成を促す作用があり、ビーマルワンが少ない時間帯に食べると太りにくいといいます。6時から18時までの間が食べても比較的太りにくい時間帯だそうです。


時計遺伝子.jpg


 1日の総食事量を10とした場合、脂肪をため込まないためにはなるべく夕食は軽めにして、3・3・4程度にとどめた方がいいそうです。夜は活動量が減るうえ、ビーマルワンが活性化して脂肪をため込みやすくなります。

 体のあちこちにある末梢時計も、それぞれ異なるリズムがあり、体温や血圧は睡眠中に最も低くなり、起きると上昇し始めます。運動能力や肺活量は夕方にかけてピークを迎え、夜になると緩やかに低下していきます。


成長ホルモン.jpg


骨の形成は夜

 こうした末梢時計の動きも、食生活で対応することができます。例えばカルシウムは夕方に摂取した方がいいわけです。成長ホルモンは就寝してから眠りが深くなる1.5時間までの間に大量に分泌されるからです。朝になるとカルシウムが血液中に溶け出してくるため、骨の破壊を防ぐ薬は朝、形成を促す薬は夕方に飲むのが有効です。

 塩分の吸収にもリズムがあり、血中の塩分を体に蓄える作用があるアルドステロンというホルモンは、16時から20時まではあまり分泌されません。医療現場でも夕食ではある程度、塩分の摂取制限を緩めるなどメリハリをつけています。

 体調と密接に絡む1日のリズムですが、夜間の仕事など不規則になりがちな人は、自分の活動時間を昼と考え、光と食事に気をつけるようにします。


体内リズム.jpg


服薬「いつが最適」解明へ

 体内リズムは、医療分野にも応用されています。例えば降圧剤。高血圧の症状の中には起床後に急激に血圧が上昇するタイプがあります。体内リズムを調べることで、早朝に降圧剤を飲むなどの治療ができます。

 時計遺伝子の解明が進み、「時間薬理学」と呼ばれる分野が確立されてきました。利尿薬や脂質異常の改善薬、潰瘍の薬など、どのタイミングで服用するのが最適なのか、副作用が最も少ない時間帯はいつか、などの研究が進んでいます。

(日経プラスワン他の記事を基に編集しました)

死ぬことを忘れた人々が住むギリシャの離島「イカリア島」

 ドキュメンタリー映画「ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―」の舞台となったイカリア島は、今世界的に注目されている島です。人口およそ8千人で石垣島よりも少し大きいこの島は、BBC、CNN、ガーディアン誌、NYタイムズ誌などで「死ぬことを忘れた人々が住む島」として紹介されています。


a0141199_2010115.jpg


 イカリア島が注目されるようになったきっかけは、2004年から冒険家でライターのダン・ベットナーがナショナルジオグラフィック誌とチームを組み世界の長寿研究プロジェクト「ブルーゾーン」を開始し、世界的に長寿な地域として選出した5ヶ所に、イカリア島が含まれていたことです。

 「ブルーゾーン」として選ばれた場所は、サルディーニャ島(イタリア)、沖縄(日本)、ロマリンダ(アメリカ)、ニコヤ半島(コスタリカ)、そして5ヶ所目に選ばれた場所がイカリア島(ギリシャ)でした。

ダン・ベットナーTED Talk「100歳を超えて生きるには」

※日本語字幕を選択できます。

「ブルーゾーン」のチームがイカリア島で発見した7つの教訓

・ヤギのミルクを飲む

・歩く(イカリア島は丘が多く高低差がある)

・地中海料理を食べる

・ハーブティーを飲む

・昼寝する

・たまに断食する

・家族や友人との時間を大切にする



 この他、イカリア島の長寿の秘密について、GreeceJapan.comが2012年、アテネのイッポクラティオ病院のアテネ大学・第一心臓臨床医学研究所の主催の医学会議で以下の要因があると発表されたと紹介しています。

・食卓:特に魚介類、果物、野菜、豆類、そしてお茶がイカリア人の心臓と血管を増強し、高齢者のうつ病を克服する。

・昼寝(シエスタ)の習慣

・歩行から農作業に至る日常的な運動

・家族の絆

・少ないストレス

・良好な交友関係

・頻繁な近所付き合いと地元の催事への参加

・高い教育レベル

 出来そうなことは結構ありそうです。他にもポリフェノールが多く含まれる赤ワインもいいと紹介されていました。

幸せに老いる達人たち、イカリア島の老人たちから学べることは?

「人生を楽しめないなら 死んだ方がマシよ」

こう断言できる老人に出会ったこと、ありますか?しかも本当に幸せそうに。

彼女は、ギリシャの離島、イカリア島に暮らす101歳のおばあさん。


2014-10-09-p23.jpg


今にも走り出しそうなほど、心身ともに100%元気ハツラツです。

「これまで人生を悲観したことは一度もなかったわ」とも言います。

ここイカリア島は、ずっと平和だったわけではありません。

この100年で戦争や内乱、経済危機など幾度となく大変な困難があったんです。

それでもこんな老人たちが、活き活きと人生を楽しみながら生きています。



商店を営む80歳のヨルゴスさんもとてもアクティブです。

店に客が来なければハチミツを採る。

ハチミツがなければオリーブオイルを作る。

オリーブオイルの仕事がなければ野菜を作る。

そんなヨルゴスさんは、踊りの名人で女性たちに大人気です。

生涯現役!リタイアなんて考えはないのでしょうね。



別な老人はこう語ります。

「大富豪だって1人前の料理しか食べられない」

金持ちになることなんかに興味がないってことでしょう。

日本的に言えば「足るを知る」。

イカリア島はギリシャの首都アテネから遠く離れた離島。

トルコの方が近いぐらいで、決して裕福な島じゃないのに、イカリア島にはこんなふうに年老いても人生を楽しむ達人が沢山います。

ギリシャの経済危機があろうと、彼らがずっと人生を楽しんでいられる理由は、

どこか達観した考え方にあるのかもしれません。

ないものを数えるのではなく、あるものを数えること。

欲しいものではなく、必要なものを基準に物事を考えること。

そして、人生を楽しむこと。

そう、もしかしたら、進んで人生を楽しもうと思考するから、幸せに近づくのかもしれません。

とてもシンプル。

幸せになろうとするから、幸せに近づき、幸せになる。

幸せはスキルで、練習すれば誰でも上達する。

そして、好きなことをすることが、幸せな人生の土台となる。

イカリア島の人々は、きっと幸せになることを人生の目的にはっきりと置いているのではないでしょうか。そして、結果として長生きに。

最後に、イカリア島を含め、5ヶ所が世界で長寿な場所「ブルーゾーン」として選ばれていますが、ブルーゾーンに生きる100歳たちの共通ルールは以下の9つだそうです。

・適度な運動を続ける

・腹八分で摂取カロリーを抑える

・植物性食品を食べる

・適度に赤ワインを飲む

・はっきりした目的意識を持つ

・人生をスローダウンする

・信仰心を持つ

・家族を再優先にする

・人とつながる

(The Huffington Postより転載)

各々に各々のものを(BWV163)

 今日の日曜カンタータは三位一体主日後第23日のために作られ、1715年11月24日にヴァイマルで初演された室内楽カンタータです。

 当日の福音書章句はファリサイ派の人々とイエスの対話です。イエスは「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」と述べます。これは世俗権力と宗教的権力とを峻別する考えの表明で、「我々の本国は天にある」とする福音書の内容と通じ合っています。ザーロモ・フランクの台本はこれをふまえ、真の税金としての敬虔な心を神に捧げようと歌います。


BernardoStrozziThetributeMoneyMuseum.jpg

 

 鈴木雅明指揮、バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏でお聴きください。歌手は

柳沢亜紀(ソプラノ)、太刀川 昭(A)、櫻田 誠(T)、シュテファン・シュレッケンベルガー(B)です。日本の歌手が3名参加しています。



1.アリア(テノール)

 「各自に各自のものを」という句が繰り返されます。短い歌詞をBACHは自由に展開しています。

2.レチタティーヴォ(バス)

 「あなたは、私の神よ、すべての賜物の与え手です」に始まり、最後に「ああ、しかし、ああ、それは偽金ではないでしょうか?」の所で不協和音が鳴らされます。
3.アリア(バス)

 楽器は低音楽器とオブリガート・チェロによって構成され、対位法的に動きまわります。これは貨幣鋳造所で働く様子を描写したものとも言われています。

4.レチタティーヴォ(ソプラノ、アルト)

 通奏低音の伴奏によるアリオーソ形式の2声部の珍しいレチタティーヴォです。

5.アリア(ソプラノ、アルト)

 全曲から引き継いだアリアで、背後では弦がユニゾンでコラールの旋律を奏でます。

6.合唱

 自筆譜には数字付き通奏低音が記されているのみですが、歌詞はへールマンのコラール「私はどこに逃れゆくべきか」であることが分かり、単純4声コラールを復元して演奏しています。


 歌詞は《続きを読む 》に記載してあります。

続きを読む »

毎日コーヒーを飲むべき11の理由

 コーヒーを飲んだことがない人は、世界広しと言えどもめったにいないでしょう。コーヒーは至る所で飲まれ、アメリカ国内のスターバックスの店舗数だけを見ても(2012年時点で1万924店舗)、私たちはカフェインが大好きなのが分かります。

 18歳以上のアメリカ人の54%は毎日コーヒーを飲み、彼らはコーヒーにより多くの恩恵を受けています。コーヒーは脳や肌、体にもすばらしい効用をもたらします。これを読めば、目覚めた時コーヒーの香りを嗅がなければならない11の理由が見つかるはずです。


coffee-gif1.gif


① アメリカ人はコーヒーからより多くの抗酸化物質を摂取

 2005年に行われた研究によると、コーヒーほど多くの抗酸化物質を提供する飲料は他にありません。果物や野菜にも抗酸化物質が豊富に含まれていますが、コーヒーからもっとも多く吸収しています。


tumblr_this-is-the-thyme.gif


② コーヒーの香りを嗅ぐだけでストレスが軽減

 ソウル国立大学の研究者は、睡眠不足とストレスを与えたネズミの脳を調査したところ、コーヒーの香りを嗅いだネズミの蛋白質に変化があることが判明しました。ただし、香りによるこの研究結果はすべてのストレスに該当するわけではなく、あくまでも睡眠不足がもたらすストレスに限られます。あなたの枕元も、毎晩、焙煎されたコーヒー豆の袋を置いておくのが良いかどうか分かりませんが、試してみてもいいかもしれません。


peace-coffee-cooling-pt2-4.gif


③ コーヒーがパーキンソン病の症状を軽減する

 2012年に「サイエンス・デイリー」誌で、研究著者のロナルド·ポスツマ医学博士は、コーヒーを飲むことは、パーキンソン病を制御するのに一役買うかもしれないと、述べています。「カフェインを摂取している人は、パーキンソン病を発症しにくいという研究結果が出ました。この研究は、カフェインがパーキンソン病特有の体の動きを制御することを明らかにした先駆的なものの1つです」。


5828059120_cd2d34b6cf_o.gif


④ コーヒーは肝臓に最適 (アルコールを飲む人は特に効果あり)

 2006年に発表された研究によると、22年間にわたり12万5000人を対象に調査を行った結果、1日に少なくとも1杯のコーヒーを飲む人は、肝硬変を発症する危険性が20%低下することを示しました。研究者のアーサー・クラスキーは、コーヒーはアルコール性肝硬変に対するいくつかの保護の利点を持っている。より多くのコーヒー人はアルコール性肝硬死亡のリスクが少ないように見える」とガーディアン紙に語りました。

 また、コーヒーが非アルコール性脂肪性肝疾患の発症を防ぐことも発表されています。デューク・シンガポール国立大学医科大学院(Duke-NUS)医学部率いる国際研究チームは、コーヒーまたは紅茶を1日4杯以上飲むと、非アルコール性脂肪性肝疾患の進行が抑えら可能性があるとしています。


tumblr_strawberrylicorice.gif


⑤ コーヒーは幸せな気分にしてくれる

 アメリカ国立衛生研究所の研究により、コーヒーを4杯以上飲む人は、そうでない人に比べて鬱になる可能性が約10%低いことが分かっています。その理由は、“カフェインハイ” と呼ばれるカフェインによる気分の昂揚によるものではないようです。なぜなら、コーラにもカフェインハイの作用があるが、こちらは効果が無いからです。研究著者であるホンレイ・チェン氏は、Prevention.com にて、コーヒーを飲むと気分が良くなるのは、信頼できる抗酸化物質のおかげだと語っています。


billmurray.gif


⑥ コーヒーを飲むと自殺率が低下

 ハーバード公衆衛生大学院が行った研究により、2~4杯のコーヒーを飲むと、男女共に自殺率が約50%低下することが明らかになりました。これは、コーヒーがセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの特定神経伝達物質の生産を高めることで、軽度の抗鬱剤として作用するためだとされています。


tumblr_lbatl.gif


⑦ コーヒーは皮膚がんの予防になる (ただし女性に限る)

 ブリガム・アンド・ウィメンズ病院とハーバード大学医学部が20年間にわたり11万2897人の男女を調査したところ、1日3杯以上のコーヒーを飲む女性は、そうでない人に比べて皮膚がんの発症率がかなり低いことが分かりました。


coffeeLabo497-short-blur-Micael-Reynaud.gif


⑧ コーヒーより良いアスリートを作ることができる

 ニューヨーク・タイムズは、「運動前に1杯のコーヒーを飲むと、特に長距離走やサイクリングといった持久力の必要なスポーツの運動効果が高まることを、科学者と多くのスポーツ選手は昔から知っている」と伝えています。カフェインが血中の脂肪酸濃度を高めることで、筋肉が脂肪酸を燃やしてエネルギーを得て、貯蔵量の少ないグリコーゲンをその後の運動にとっておくことができるといいます。


tumblr_accept-yourself.gif


⑨ コーヒーは2型糖尿病を発症するリスクを減らす

 アメリカ化学会が行った研究によると、コーヒーは2型糖尿病にかかる危険性をも下げるといいます。1日に4杯以上のコーヒーを飲む人は、2型糖尿病の発症率が50%少ないことが判明しました。さらに、飲む量が1杯増えるごとに発症率は7%ずつ低下します。


nava64tumblr.gif


⑩ コーヒーを飲むと、脳の健康が長く保たれる

 サウス・フロリダ大学とマイアミ大学の研究によると、65歳以上でカフェインの血中濃度が高い人は、濃度が低い人に比べてアルツハイマーの発症が2~4年遅いことが分かりました。共著者であるサウス・フロリダ大学の神経科学者、チュアンヘイ・カオ氏は、次のように語っています。「適量のコーヒーを飲めば完全にアルツハイマーを防止できるというわけではありません。しかし、アルツハイマーの発症率を大きく下げ、発症を遅らせることができると強く信じています」。


tumblr_mqygj5jARu1sogdb9o1_1280.gif


⑪ コーヒーは、あなたをより知的にするかもしれません。

 睡眠不足の時、よくコーヒーを飲みます。 そんな時のコーヒーには、目を覚ます作用があるだけでなく、頭をスッキリさせる作用もあります。CNN は、コーヒーが脳を活性化させると伝えています。TIME 誌の記者であるマイケル·レモニック氏は、次のように述べています。「睡眠不足の時にカフェインを取ると、さまざまな効果が得られます。反応時間が早くなったり、警戒感や注意力が高まったり、 論理的推論ができるようになったりと、複雑な知能の働きのほとんどに効果が見られます」。

この話の教訓?コーヒーは最高のものです。飲み続けてください。


tumblr_m3w9j9TqZi1r8nrkqo1_500.gif


(THE HUFFINGTON POSTより)

11 Reasons You Should Drink Coffee Every Day

ピンぼけなしの光線記録、後からピント自在の次世代カメラ

 カメラが登場してから約180年。フィルムからデジタルに様変わりしたような、革新が起ころうとしています。コンピューターの性能向上を生かした次世代技術の登場により、シャッターを切るだけで、誰もがプロのカメラマンが撮った以上の「作品」を生み出せるようになるかもしれなません。


AS20141027000180_comm.jpg


 目の前の光景を焼き付けたい――。人々の長年の思いを実現するカメラが実用化されたのは1839年。レンズから入った光が結んだ像を銀めっきした銅板に焼き付ける「銀板カメラ」を、フランスのダゲールが作りました。

 1880年代には、セルロイドのロールフィルムに焼き付けるカメラが登場し、それから100年ほど後には、撮像素子(センサー)でとらえた光をデータとして記録するデジタルカメラが現れ、今ではスマートフォンにも内蔵されるようになっています。

 しかし、現在普及しているデジカメも「レンズから入った光を二次元の像として記録するという仕組みはフィルムカメラと同じです。

 その仕組みを大きく変えようとしているのがコンピューターの進化です。特に、1970年代後半にパソコンが登場してから小型化や低価格化が急速に進みました。従来のように光景を焼き付けるだけではなく、カメラの使い方や機器の形を大きく変える次世代カメラ技術「コンピューテーショナルフォトグラフィー」の研究が、この10年ほどで広がり始めました。

「写真」が変わる?

 次世代カメラ技術を生かした「ライトフィールドカメラ」は、「絶対にピンぼけで失敗しない」ことが特徴だです。

 ライトフィールドとは、空間を飛び交う光線の「場」のこと。あらゆる光線を記録することで、これまでは撮影時に決めていたピントやアングルを、後から自由に変えることができます。今までは、シャッターを押す瞬間に、まず撮影者の意図がありました。新技術は、写真を見る人の「ここが見たい」という意図が反映されます。

 ライトフィールドを撮影するには、カメラをレールに沿って移動させながら連写したり、複数のカメラを格子状に並べたりして、光の来る方向を捉え、ひとつの画像に合成する方法などがあります。


LYTRO ILLUM


 米ベンチャーのLYTRO社は2011年、レンズの後ろに約10マイクロメートルのレンズを蜂の巣状に並べることで、片手で操作できるライトフィールドカメラを発表しました。今年発売された新製品にはマイクロレンズが10万個以上使われているといいます。パソコンに取り込んだ画像は、好きな場所にピントをあわせることができます。斬新な表現ができる特徴を生かして広告写真などへの応用を見込んでいます。

 現在は、解像度やコストなどの制約がありますが、大手メーカーが参入すれば一気に普及する可能性もあります。撮影行為や写真の概念そのものが変わるかも知れないといいます。

LYTRO のリビングギャラリー(手のマークをポイントするとピントが合います)


「透視」も研究中

 産業や医療への応用にもつながりそうです。

 奈良先端科学技術大学院大学の向川康博教授(情報科学)が研究しているのは、周囲を一度に撮影できる全方位カメラです。カメラの上部に凸面鏡を置いて撮影し、コンピューターで計算してゆがみのない画像に補正します。

 カメラを回転させる必要がないため時間差がなく、複数のカメラで撮った際に生じる画像のつなぎ目もありません。鏡を組み合わせれば、人が両目で奥行きを感じるように、像のズレから距離の測定もできます。このような仕組みを使った全方位カメラは、工業用ロボットや監視カメラに利用されるようになってきました。

 特定の光だけを取り出すことで、X線撮影のように人体などを「透視」できるカメラも研究中です。

 例えば、手の骨や血管を撮る場合、カメラの反対側から光を当て、手を通り抜けてカメラまで直進してきた光だけを取り出して画像にします。ほかの方向に散乱する光はコンピューターが取り除きます。人体など複雑なものを鮮明に撮るには、まだ課題がありますが、X線による被曝(ひばく)なしで撮影できることが利点です。食品の異物検査などにも利用できるといいます。

 「これまでのカメラは画像を記録するものだったが、次世代技術で、目的に合わせて様々な光を記録できるようになる。人間の目の模倣とは違った発展が考えられる」と向川さんは話しています。

<撮像素子> デジタルカメラではフィルムの代わりに撮像素子(光学センサー)が使われる。画素数が多いほど、画像の情報量が多くなり精密な写真が撮れる。同じ画素数でも素子のサイズが大きいほど多くの光を感知できるので、暗いところなどもきれいに撮れる。

<画像エンジン> デジカメ内部には、フィルムの現像に当たる処理をする「画像エンジン」という計算装置が積まれている。画像の色や明るさを調整するほか、人物や風景、夜景などシーンに合わせた補正や、顔を認識してピントを合わせるなどの機能も担っている。

(Asahi Digitalより転載、画像追加)