道路を広くすると渋滞はさらにひどくなる

 単純に考えれば、高速道路の路線をもっと増やして2層構造にして、上下を車が走るようにすれば、渋滞は無くなると考えられます。しかし、こうしたアイデアは、実際にはうまくいかないことがわかっています。ここ数十年の間で交通工学に関わる人たちは、渋滞のない道路をつくることはできないということを発見したのです。渋滞を引き起こすのはほかでもない、道路そのものだそうです。


shutterstock_74043355.jpg


新たな道路は新たなドライバーを生む

 これは経済学でいう「誘発需要」という概念で、何かが供給されればされるほど、人々はそれをもっと欲しがるようになる、というものです。1960年代にはすでに、この現象に注目していた交通工学者もいました。しかし、新しい道路をつくるたびにこの現象が起きることを示すだけの十分なデータを、社会科学者たちが取りまとめたのは実に最近のことです。

 この発見が示すのは、人類がこれまで行ってきた渋滞緩和策が基本的に役に立ってはいないということであり、また、われわれがほんの少し合理的に行動すれば、渋滞を大きく緩和できるということでもあります。

 2009年、2人の経済学者は、1980年から2000年にかけてアメリカの異なる都市で建設された一般道路および高速道路の総数と、同期間におけるそれぞれの都市の合計走行距離を比較しました。

 同期間の道路の交通容量が10%増えたある都市では、交通量も10%増加しました。同じ都市で1990年から2000年にかけて道路の量が11%増えたが、交通量も同じく11%増えています。2つの数字は完璧に同調し、同じ比率で変化していました。

 彼らが「交通渋滞の根本原理」と呼ぶものです。それが示すのは、新たな道路が新たなドライバーを生み、結果として交通量は変わらない、というものでです。道路交通網を拡張するのは細いパイプを太いものに取り替えるようなもので、水 (クルマ) の流れが良くなると思われがちです。しかしそうではなく、太いパイプにはそれだけ多くの水が流れ込むということです。

 それでは、新たに増えるというドライバーは、どこから来るのでしょうか。その答えは、道路とは人々にとって何を可能にする存在なのか、ということと関係しています。その答えは、「動きまわる」ことです。


0fb8282cf9a63a94a03190affbe7104d49dc1ad5.14.2.9.2.jpeg


公共交通を整備しても、交通量は減らない

 わたしたち人間は、動きまわるのが好きな生き物です。移動手段を拡張すると人々はもっと移動するようになり、職場から遠い場所に住むようになります。そのため、街にクルマで移動することを余儀なくされます。同時に運転の利便性が高まるので、人々は他の交通手段よりもクルマを使って移動することが多くなります。結果的に、道路に依存するビジネスが、トラックや積荷とともに街に殺到します。

 これらの要素すべてが重なることで、新たな道路網によって増加した“容量”は埋め尽くされて、交通状況は以前とまったく変わらないということになります。道路の利用が簡単かつ安価であり続ける限り、それを使いたいという人々の欲望はほぼ無限なのです。

 公共交通機関への投資を増やせば、この混乱を軽減できると考える人もいるかもしれなません。多くの鉄道やバス路線の敷設計画が進められ、また政治家も、こうした交通機関の利用者が増えれば渋滞が減ると断言しています。

 しかしデータでは、公共交通機関を拡大した都市においても、交通量はまったく変わらなかったということが示されています。

 地下鉄を新たにつくれば、クルマを停めてそれを利用するようになる人もいます。しかし新たなドライバーがまた現れます。新たな交通機関を増やしたところで、高速道路に新たな車線を追加するのと同じことでしかなく、渋滞量は変わりません。これは公共交通機関が良くないということではなく、交通機関が整備されることで、より多くの人が移動しやすくなるわけです。

 面白いことに、その作用は逆の場合にも当てはまります。ある街では、車線の減少計画がもち上がるたびに、住民は渋滞がひどくなると反対しました。しかしデータでは、そうひどい結果にはならないことが示されています。道路の交通量は単純に再調整され、混雑度そのものは増加しないのです。


img_1.jpg


 例えばここ数十年間、パリでは大幅な道路の縮小・削減政策が継続的に行われています。以前はパリで運転するのはひどいものだったといいます。いまでも良いとはいえませんが、以前ほどではありません。

 では、ドライバーたちはどこへ行ったのでしょうか。その多くは公共交通機関に切り替えたのです。例えばパリにおけるその利用者の数は、ここ20年で20%増加しました。あとの人は移動を控えるか、徒歩で行動するようになったそうです。

 クルマの利用を止めようと熱心なのは、ヨーロッパの人々だけではありません。米サンフランシスコでは、1989年当時、1日に10万台の交通量があった「セントラル・フリーウェイ」と呼ばれる高速セクションを撤去しました。そこに取って代わった大通りの交通量は、いまでは1日わずか4万5千台となっています。

 同様の取り組みのなかでいちばんのサクセスストーリーは、韓国・ソウルのものです。同市は、1日の交通量が16万8千台もあって、欠かせないものと思われていた高速道路を解体しました。代わりに川や公園、いくつかの小規模道路を設置しましたが、交通が悪化することはなく、大気汚染の改善やさまざまな面で良い効果を生み出しました。


kokusaikaigi02.jpg

それは旧ソ連のパン配給に似ている

 しかしこれにも限度はあります。10車線の高速道路を1車線にすれば、当然クルマはどん詰まりになります。逆に、10車線の高速道路を100車線にすれば、二度と渋滞を目にすることはないはずです。「根本原理」は万有引力の普遍的法則とまったく同じというわけではありません。

 現代のわたしたちの道路利用法は、旧ソ連の食パン配給に似ているところがあるといいます。かつてこの共産主義国家においては、中央政府が各製品に対する価格を決定し、物資はすべての人に平等に配られていました。その設定価格は人々の予想額より遥かに低いことが多かったため、商品を買うおうと行列ができていました。人々が欲しがるものをタダ同然で与えるという点で、いまの道路のありようも同じです。

 より合理的な交通政策を求める多くの人々が提唱しているのは、通行料制度と呼ばれるものです。

 これは、道路交通の需要が高まれば料金も上昇する仕組みです。ラッシュアワー時には、最も混んでいる道を利用するドライヴァーは利用料を支払わなくてはならない。そうすると、その価格に二の足を踏んで「いまは行く必要がないな、あとにしよう」と考える人が出てくる、というわけです。

 実際、多くの道路が、そのキャパシティを十分に生かしていません。時間帯によっては、道路にほとんどクルマが走っていないことがあります。最も混んでいる時間帯を避けるために、ドライヴァーにインセンティヴを与えれば、もっと道路を有効利用でき、また道路利用に追加料金が発生すれば、公共交通機関はより魅力的な選択肢となり、利用率の増加にもつながるはずです。

 通行料制度は、ロンドン、ストックホルム、シンガポールといった都市でうまく機能しています。他の都市でも、この改善策を取り入れようという動きが出はじめています。

 ニューヨーク市では、2008年に通行料制度計画が却下されていますが、サンフランシスコではこの制度を市内に導入しようという動きがたびたび見られます。問題は投票者です。例えそうすることが自分たちにとって得策だとしても、いままで無料だったものに金を払いたがる人はいません。

 通行料制度が第一歩にならないのであれば、駐車に関するより合理的なアプローチが、渋滞緩和への二次的なステップになるだろうといいます。大半の都市において、駐車料金は本来あるべき料金よりも遥かに安く、多くの場合無料です。

 無料なので人々は濫用し、常に満車状態です。駐車スペースを探すドライバーは、交通渋滞の大きな要因です。いくつかの統計では、都市中心部における交通の30パーセントは、駐車スペースを探しまわっているドライバーだというデータも出ています。

 需要が高まっている時に駐車料金を上げることで、人々はいままでよりも速くその場を離れるようになり、より多くのドライバーが駐車スペースを利用できるようになります。サンフランシスコはまさにこれと同じことを2011年にスタートさせ、結果として、より多くの客が駐車場を利用できるようになった小売業の売上が増加しました。需要が低い時には料金も下がるため、この計画はドライバーの節約にもつながります。市内周辺地域やその他のエリアへの駐車メーター拡大のために同市が行った駐車調査によれば、市内には44万以上の公共駐車スポットがあり、それを端から端まで並べると、カリフォルニアの海岸線よりも長くなるといいます。

 つまり、渋滞に巻き込まれるのは、運転の仕方を知らない愚か者のせいではないということです。それは、走っている道路のせいなのです。

(WIRED NEWS(US)より要約)
スポンサーサイト

命に関わる「LOH症候群」とは

 女性と同じように、男性にも更年期障害があることは、かなり知られてきました。年をとってテストステロン(男性ホルモン)が減ることで、さまざまな不調を引き起こします。テストステロン値は人によって異なりますが、血中の遊離テストステロンが最低ラインの8.5pg/ml未満になると、LOH(late-onset hypogonadism)症候群と診断されます。日本語に訳せば「加齢男性性腺機能低下症候群」。こうなると立派な病気です。

mens_health06.jpg


 日本のLOH症候群の潜在患者数は約600万人。60代以上の2割、50代以上の1割と言われます。早ければ40代でも起こるといいます。

 テストステロンが下がると、頭痛、不眠が続き、筋肉が減り、骨がもろくなるなどの身体症状が現れますがが、それだけではありません。精神面にも大きく影響し、分泌量が減ると、意欲が衰え、気持ちが沈みがちになってしまいます。実際、テストステロンが低い人はうつ病になりやすいという報告もります。

なぜ、そんなことが起こるのか?

 誰でも、些細なことでも何かしらの恐怖体験をしたことがあります。今までの人生で体験した「恐怖の記憶」は、脳の扁桃体にためこまれ、普段は表に出てこないようになっています。このフタをしているのがテストステロンで、テストステロンが少なくなるとフタが緩み、昔の恐怖体験がよみがえります。その結果、不安感が強くなります。


loh03.jpg


 女性の更年期は閉経前後の5年程度で終わりますが、男性の場合は放っておくとテストステロンは下がる一方で、不快な症状がいつまでも続きます。

 年をとればホルモンが減るのは仕方ないので、LOH症候群は、がんや心臓病のように命にかかわる病気ではないと思われています。ところがテストステロンが低いと、脳血管障害、心筋梗塞、がんなどのリスクが高まります。すなわち、明らかに死亡リスクが高くなるといいます。LOH症候群は決して軽く見てはいけない“死に至る病”といえるわけです。

あなたは大丈夫? 自己診断してみよう!

 心配になった方は、ぜひ下の「AMS(エイジング・メイルズ・シンプトンズ)質問票」を試してみましょう。これはLOH症候群の診断で世界的に使われているもので、17個の質問に答え、合計点が26点以下は正常、27~36点は軽度の症状、37~49点は中等度の症状、50点以上は治療が必要とされます。

無題.png


各設問に当てはまる症状の程度をチェックし、点数を合計する。
 17〜26点:男性更年期障害ではない
 27〜36点:軽度男性更年期障害の可能性

 37〜49点:中等度男性更年期障害の可能性

 50点以上 :重度男性更年期障害の可能性

 50点以上だった人は、すぐに泌尿器科に行ったほうがいいといいます。できればメンズヘルス外来や男性更年期外来に行くのがベストです。

ストレスはテストステロンの大敵

 重症のLOH症候群患者には注射によるホルモン補充療法がありますが、これが行われるのは3割程度といいます。残りは「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などの漢方薬、バイアグラなどのPDE5阻害薬、食事療法などで対処します。

 AMS質問票で「軽度」だった人はあわてて病院に行く必要はありません。とはいえ、テストステロンが下がっているのは確かです。生活習慣を改善して、テストステロンの分泌を高めるようにします。

 テストステロンが下がるのはさまざまな原因があります。老化による精巣(睾丸)の衰えは仕方ないとして、気をつけてほしいのはストレスです。

 強いストレスを感じると、脳の視床下部からCRFというホルモンが出て、精巣がテストステロンを作るのを抑える作用があります。「ストレスで立たなくなる」というのは決して気のせいではないわけです。深酒やタバコなど肉体に負担をかける方法は避けて、上手にストレスを解消する方法をマスターしましょう。

 ストレスの他にも、睡眠、食事、運動といった生活習慣によって、テストステロンの分泌量は大きく変わります。

 テストステロンをキープするには、「自分の居場所」を確保することも大切です。テストステロンは、社会に自分を押し出すホルモン。定年を迎え、社会に居場所を失うことで一気にLOH症候群になってしまう人も多いといいます。特に仕事一筋の男性は要注意です。定年は男性にとって大きな危機。40代くらいから本格的な趣味を探し、定年後に備えることが必要だといいます。

(Nikkei Goodayより)

天の王よ、よくぞ来ませり(BWV182)

 今日は棕櫚の主日で、復活祭の一週間前の日曜日です。受難の前にイエス・キリストがエルサレムに入城した時に、群衆がナツメヤシ(日本語訳聖書では棕櫚と翻訳されている)の枝(葉)を路に敷き、また手にとって迎えたことを記念する日で、パーム・サンデーともいわれます。

 この曲はBACHがヴァイマルのカントルに昇進し、定期的にカンタータの上演を行うようになってからの最初の作品で1714.3.25に初演されました。10年後の1724年にもライプツィヒで再演されています。


erunyu.jpg


 マタイ福音書におけるイエスのエルサレム入城は、フランクと思われる台本では、信者の心への入城に置き換え、現世における主の最後の凱旋を、受難死を克服しての永遠の凱旋として捉えています。


 2007年に結成されたモスクワのアンサンブル、バッハ・コンソートのライブ録画でお聴き下さい。指揮者無しの小編成で、ヴァイマル時代の初稿をOVPP(One Voice per Part)で演奏しています。




1.ソナタ

2.合唱

天の王よ、あなたをお迎えします。

こんな私たちをも、あなたのシオンとしてください。

 お入りください、

  あなたはもう、私たちの心を

   占めてしまわれたのですがら。

3.レチタティーヴォ(バス)

見なさい、私は来る。

私のことは巻物にこう記されている、

御心を、私の神よ、私は喜んで行こう、と。

4.アリア(バス)

強い愛、

それこそあなたを、大いなる神の子よ、

栄光の王座から

駆り立てたもの。

かくてあなたは、この世の救いのために

身を犠牲として立て、

血をもっておのれを捧げられたのです。

5.アリア(アルト)

救い主の御前にひれ伏しなさい、

キリストのものである心よ。

信仰の汚れない衣をまとって

救い主に近づきなさい。

体と命と財産を、

いまこそ王に捧げなさい。

6.アリア(テノール)

イェスよ、幸いの時にも災いの時にも、

あなたといっしょに行かせてください。

世がただ「十字架につけろ!」と叫んでも

私を逃れさせないでください、

主よ、あなたの十字架の御旗から。

冠と棕櫚の枝がここにあるからには。

7.コラール

イエスよ、あなたの受難は

私には純なる喜び。

あなたの傷と冠、嘲りは、

私の心の牧場。

私の魂はばらの園へと向かう、

あなたの受難を思いみるとき。

願わくは天のひと隅を

私たちにお与えください。

8.合唱

さあ、 喜びのサレム(シオン)に行こう。

王に従って、愛と受難の道へ赴こう。

主は 先に立って、

道を開いてくださる。

85%の腰痛は原因不明?

 腰痛の人は日本全国で推定2800万人いると言われてます。特に中高年に多く、40〜60歳代の約4割が腰痛に悩んでいます。腰痛を感じて病院に行き、すぐに治っていれば、こんなに腰痛持ちが多くなるわけがありません。つまり、病院で解決できていない腰痛が多いということです。そして腰痛は、解決できない以前に、85%は原因すら特定できない「非特異的腰痛」、診断名で言えば「腰痛症」だといいます。

PB1-7.png

85%もの腰痛が「原因不明」で「異常なし」である理由

 たとえば、ぎっくり腰で這うようにして病院に行き、レントゲンを撮り、さらにMRI検査まで行ったのに「どこも異常はありません」と診断されることがあります。 まともに立って歩くこともできないのに、異常がない!? そんな馬鹿な!と思いますが、これは実によくある話です。

 医師の「異常なし」と患者の「異常なし」には乖離があります。この場合、医師の「異常なし」は決して「どこも悪いところはない」という意味ではなく、医師が考える一刻を争う重篤な病気や、レントゲンなどに映る骨の異常などはないというだけに過ぎません。

 患者は医師に「黙って座ればピタリと当てる」ことを期待します。少なくともレントゲンやMRIなどを撮れば、どこが痛みの原因なのか、見つけられるはずだと考えます。最適な治療法は必ず1つしかないはずだと思っています。

 しかし、それは患者の思い込みだといいます。医師は最初に鑑別診断を行い、患者が一番に訴える症状を聞いて、その症状から考えうる疾患リストを頭の中に思い浮かべます。腰痛の原因となる疾患は実にいろいろあり、尿路結石やすい臓炎などの内臓の病気、腹部大動脈瘤など血管の病気、化膿性脊椎炎や結核性脊椎炎などの背骨の病気、そして、もちろん椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの整形外科的疾患まで、そのリストは膨大です。

 腰痛を引き起こす疾患リストの中のいずれなのかを絞り込んでいくことになるのですが、医師はそこで除外診断を行います。除外診断とは、がんなどの一刻を争う病気や手当をしないと危険な骨折など、より重篤で治療を急ぐ病気の可能性をひとつひとつ確かめて除外していく診断です。この除外診断のために、レントゲンなどを撮ります。

8D9892C982CC92C982DD82C68CB488F6.jpg

 そして、一通り考えられる重篤な疾患の可能性を排除できたとき、医師はほっとした思いと共に「異常はありません」と言います。しかし患者は、痛いのに「異常がない」はずがないと思うので、医師に不信感を抱き、医者は役に立たないと感じます。処方された鎮痛剤をごまかしだとすら思ってしまいます。

 痛いのに「異常がない」状態とは、いったいどんな状態なのか? たとえば、ぎっくり腰はおおむね「腰の捻挫」です。捻挫とは、関節に無理な力がかかって可動範囲を超える動きをしたことにより、骨と骨がずれはしなかったものの、関節の周囲の靭帯が伸びるなどして内出血や炎症を起こした状態で、骨に異常はないし、靭帯が切れたわけでもないので、レントゲンには異常が映りません。従って、医師は原因をおおよそ推測はしていますが、どこの部分がどう損傷しているかはっきりとは特定できません。この場合、このぎっくり腰は、腰痛の85%である原因が特定できない「非特異的腰痛」と診断されます。


無題.jpg


 しかし、捻挫はしばらくすれば、おおむね自然に治ります。痛みが3か月以内に治まれば急性腰痛。ところが3カ月過ぎても痛い、それどころか何年も痛いことがしばしばあります。非特異的腰痛の慢性腰痛です。

しばしば解決にならない「腰椎間板ヘルニア」の診断

 腰痛と聞くと、多くの人が思い浮かべる「腰椎間板ヘルニア」。脊椎の硬い骨である椎体と椎体の間にある、クッションと関節の役目を果たす軟骨の一種で、椎間板が、骨の間から飛び出してしまった状態です。飛び出した椎間板が神経を圧迫すると神経痛が生じて、痛みや痺れ、運動麻痺などが起こるとされています。多くの人が「腰痛=腰椎椎間板ヘルニア」と考えますが、実は腰痛のうち腰椎椎間板ヘルニアはわずか4〜5%に過ぎません。

 それでも椎間板ヘルニアと診断されれば、原因箇所もはっきりして、治療方法もはっきりあると思っている人が多いのですが、実は「腰椎間板ヘルニア」の診断は難しいく、レントゲンでは「もしかしたら」程度しかわかりません。MRI検査などをすれば確率が上がるので、自分の腰痛の原因を知りたいと思いつめた患者は、医師に頼んで、お金をかけて検査をしますが、「腰椎間板ヘルニア」と断定できない場合もあります。

 患者は悪い個所があれば、どこの病院で誰が撮ろうが、レントゲンやMRIにまちがいようもなく映るものだと思いますが、これも幻想で、整形外科のさらに腰痛を専門とする医師が、まず患者から、いつ、どういう動きをしたときに、どこがどう痛むのか、丹念に時間をかけて聞き出して、腰痛を引き起こしている問題個所が腰のどのあたりなのか、見当をつけます。そのうえで、その部分をその問題個所が映りやすいように、さまざまな角度から技師が映します。その画像を専門家が分析しながら読み込んで、ようやく見つけられます。

 もし「腰椎間板ヘルニア」と確定診断が出たら、治療が進み、すっきりと腰痛とおさらばできるのでしょうか。そもそも「腰椎間板ヘルニア」と腰痛は必ずしも結びつきません。1995年に国際腰痛学会で報告された、衝撃的な研究では、腰痛を訴えて椎間板ヘルニアと診断された人と、腰痛の経験がない健康な人を調べたところ、健康な人の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が発見されました。椎間板変性とは、加齢などにより椎間板が老化して、椎間板の水分が減少することにより弾力性が失われた状態のことで、椎間板の一部にヒビが入り、痛みが走ることがあります。この研究により、椎間板に異常があっても、ほとんどの人は腰痛を感じないことが明らかにされました。

 異常の程度問題で、異常がひどく、ヘルニアのため神経がひどく圧迫されているから痛むケースもあります。しかし、痛みを感じていない人と感じている人の異常の程度が変わらない場合も少なくないといいます。腰痛があり、かつ腰椎間板ヘルニアがあったら、腰椎間板ヘルニアが腰痛の原因だと考えるますが、実は2つにはなんの関係もなく、ヘルニアの治療をしても、痛みが減らない可能性も大いにあります。

 椎間板ヘルニアなど異常がはっきりわかれば、すっきり治るわけではなさそうだということがわかります。患者は医師に「治す」ことを期待していますが、治すのは実は患者自身であり、医師はそれを手伝うに過ぎません。特に「異常がない」腰痛の場合は、医師が手伝えることは少なく、治す主体は患者自身です。

 さらに衝撃的な事実は、ヘルニアがあっても「様子を見ましょう」と、ときどき診察で確かめるだけで治療を行わずにいると、9割のケースでヘルニアは自然に消滅してしまいます。

「腰椎間板ヘルニアだった! 手術してすっきり治して、腰痛とおさらばだ!」という考えが、いかに甘いかわかります。ですから、かつては多かった腰椎間板ヘルニアの手術は、近年、あまり行われなくなりました。手術しても治らない、むしろ悪くなった、と不満を持つ結果が多いからです。

(HEALTH PRESSより)

空中で3倍早く育つ。エアロポニック野菜とは?

テクノロジーは食糧難も解決する?

 21世紀の末までに地球の人口は40億人増えると予測されており、このままでは将来確実に食料不足の時代がやってきます。この対策として、高層ビルを農場に変えて空中で植物を栽培するという方法が考えられています。また、各家庭にネットワークでつながった食料コンピューターを設置するという方法も研究されています。


1.jpg


 この2つの斬新なアイディアは、NASAが宇宙で食料を栽培するために開発した「エアロポニック」という方法を取り入れています。エアロポニックは土を使わず、最低限の水と液体肥料をスプレー噴射して植物を栽培するという方法。日本でも、東芝の野菜工場でエアロポニック野菜が作られています。


2.jpg


 エアロポニックは、環境を適切に管理することで生産エネルギーを大幅に削減し、殺虫剤や肥料を使わずに、自然に育てた野菜よりも栄養価の高い野菜を栽培することができるそうです。

5.5平米で300人分の食料

 MITメディアラボのCityFARM創始者で、農業用の建物を何年にもわたって設計してきたCaleb Harperさんは、自然界は逆に植物を育てにくい環境なのだと言います。建物という閉鎖的な空間の中なら、廃棄物を最小化し生産量を最大化するために、二酸化炭素、水、光といった植物が必要とする要素すべてを正確にモニタリングし、コントロールすることができるからです。


4.jpg

エアロポニックで栽培された小なす


 CityFARMの「野菜工場」では、ブロッコリー、いちご、レタス、ピーマンなどの野菜が、ガラス張りのケースの棚からぶらさがっています。エアロポニックでは、植物は空中に吊り下げられ、スプレーで水を吹きかけられます。この状態で育つ植物は、栄養を摂取するために髪の毛のように細い根を伸ばして根の表面積を増やすのだそうです。

 この方法で育てることによって植物の根のすべてのシステムを活性化できるそうです。土で育てる場合、植物は土の中に根を張りますが、その状態では水やミネラルを摂取するために植物が持っている能力を完全には発揮できません。だからエアロポニックでは植物をずっと速く育てることができます。

 Harperさんのチームはデータサイエンスを使って、植物の環境を最適化しています。植物に設置したセンサーで葉の膨圧(細胞の圧力)などの生体情報をモニタリングし、いつ、どれくらいの時間、水をスプレーするべきか判断するために使います。

 さらに、スプレーされる水には、植物が必要とする栄養分(ニトロゲン、リン、カリウムなど)が厳密に計算された量だけ含まれています。Harperさんは、この水やりは従来の水やりと比較して、98パーセントまで効率が上がる可能性があると言っています。


3.jpg


 栄養素や水が十分に与えられている場合、植物の成長は光によって左右されます。CityFARMは栽培用LEDランプを使うことで自然光を拡張し、成長の限界を押し上げます。このLEDランプは、植物が光合成に使う赤色光と青色光とに調整されています。自然界では、植物は自然光に含まれるあらゆる波長の光の中から、光合成用の光をフィルタリングしているのですが、その手間を省いてしまうというわけです。

 CityFARMで使われる栽培用ランプを製造するHeliospectraは、植物を育てるのにもはや自然光は時代遅れで、光合成に最適化された栽培用ランプがあれば、多くの植物にとって自然光は完全に不要だと考えています。

 現時点ではCityFARMの実験はごく小さな規模で行われていますが、異常なほど良い結果が出ているそうです。CityFARMの植物は、自然界で育てた場合よりも3倍から4倍速く成長しています。たった5.5平方メートルの建物から、MITメディアラボの職員300名に行き届く量の収穫が得られたのです。

 確かに、CityFARMやシカゴ・オヘア空港にあるエアロポニックガーデンなど、最近の屋内農場を見ると、技術の進化を実感できるといいます。しかし規模拡大となるとそれなりの投資も必要なので、技術的コストとの兼ね合いがネックになりそうです。CityFARMも、高級品から規模を拡大していく製薬・化粧品業界の手法にならい、現在は高級品用に規模を拡大しようとしています。生産するのは、育てるのが簡単でスーパーなどで高い価格で販売されている葉もの野菜やハーブ、季節外れのベリー類などになるだろうとのことです。

 エアロポニックシステムが既存の高層ビルのガラス壁に組み込めるようになれば、経済的にもっと規模を拡大できるようになるということで、CityFARMは現在その可能性を探っています。

食料パソコン


5.jpg


 あるいは、全く正反対の選択肢として、規模を小さくする方法も検討されています。それが今Harperさんが取り組んでいる「食料パーソナルコンピューター」です。およそ60センチ四方のエアロポニック栽培ボックスで、植物の成長に必要な環境を正確に管理、制御しようという試みです。

 箱の中に、二酸化炭素や酸素、気温や湿度まで、全ての気候をつくります。野菜の味は遺伝子と同様、環境にも影響されます。Harperさんが思い描いているのは、あらゆる環境条件をキュレーションして、自分だけの「デザイナーズ野菜」が栽培できるようになり、そのレシピを保存したり、世界中にシェアしたりできる世界です。

 例えばトマトをこのボックスで一度育てたら、データレシピを手に入れることができます。そのレシピには、栽培に使用する二酸化炭素、水、光の量が具体的に記されています。レシピを手に入れたら友達に連絡をして、その友達が自分のボックスにレシピをダウンロードし、スタートボタンを押します。そうすると、その友達は全く同じ食感や色、味のトマトを栽培することができます。

 地球の反対側に住む友人同士で全く同じ野菜を栽培できるデザイナーボックスは、もちろん都市全体の需要を満たすには全く足りません。しかし、Harperさんにとって、このパーソナルな食料コンピューターは始まりにしかすぎません。

 このボックスが都市中に1万個あると仮定します。製品としては、個々の使用や価値は限定されています。しかし、ボックス同士がネットワークでつながり、コミュニケーションを取ったりお互いに学んだりすることができれば、やがて、分散型の食料コンピューターを持っていることになります。

 高層ビルの中でトウモロコシや麦が栽培されている風景が一般的になるまで、あるいは食料コンピューターが家庭に普及するまで、何十年かかるのかはわかりません。しかし、このアイディアは、現代の都市型環境にマッチするように農業のあり方を変えるという要望に応えています。

 また、現在アメリカ食料の生産・輸送には、食料摂取1カロリーにつき約10カロリーの燃料がかかると見積もられています。10倍のエネルギーがかかっているわけです。ハイテク農業によって生産エネルギーを80パーセント程度削減できるというHarperさんの読みが正しければ、環境にやさしいうえにエネルギーコストが減って最終的な利益も上がります。

 「工場やパソコンで作った野菜」と聞くとちょっと抵抗もありますが、味のほうはどうなんでしょう?

(GIZMODOより転載)

花粉症が引き起こす「眠りの三重苦」

 3月~4月は花粉症の季節です。今年は関東を中心に例年より飛散量が多く、花粉症患者を悩ませています。スギ、ヒノキの文字を見ただけで鼻水が……などという悲惨な人も含めてこの時期は老若男女を問わずマスク姿が激増します。花粉症の患者は増加する一方なので、そのうちにインフルエンザ→スギ・ヒノキ→ざわちん→ヨモギ・ブタクサ→インフルエンザ、と1年中マスクをする生活になってしまうかもしれません。

kafun02.png


 アレルギー性鼻炎では、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが3症状と言われます。鼻炎薬のCMのうたい文句になっているほどですが、これら以外にもさまざまな症状に悩まされます。勉強や仕事に集中できない、思考力や記憶力が低下する、人付き合いが煩わしい、倦怠感、疲労感、いらいら、憂鬱、などなど。そしてこれらの症状を直接間接に引き起こしているのが睡眠問題です。

アレルギー性鼻炎が睡眠に及ぼす影響

 たとえばアレルギー性鼻炎がある人を対象にしたある睡眠調査では、回答者の平均年齢は40歳ですが75%以上が睡眠で困っており、同年代の一般人に比較して寝つきが悪い、夜中に目が覚める、熟眠できないなどさまざまな不眠症状が高率にみられます。また50%以上の回答者が日中の眠気に悩んでいます。これはとんでもなく高い数値です。アレルギー性鼻炎によってなぜこれほど多くの人が夜はウツラウツラ、昼はボーッとした春先を過ごさなくてはならないのでしょうか。その理由は、眠りと目覚めを妨げる三重苦を抱えているからです。

-PB1-10.jpg

 第1の苦難は、鼻づまり(鼻閉)によって眠りの質が悪くなってしまうことです。鼻閉はとりわけ夜間に悪化します。鼻から息が吸い込みにくいため喉の奥(咽頭)に陰圧がかかってつぶれてしまい、ひどいときには息が止まってしまいます。睡眠時無呼吸症候群は肥満だけではなくアレルギー性鼻炎でも起こります。苦しくなって口呼吸をすると口内や喉が乾燥してこれまた気道を塞ぎやすくなります。当然ながら息が止まれば血液中の酸素濃度が低下して苦しさから睡眠が浅くなってしまいます。たとえ中途覚醒がなくても睡眠がそのような状態では疲れが取れません。

花粉のせいで睡眠時無呼吸症候群も!

 第2の苦難は、アレルギー反応で産生される免疫物質によって慢性的な眠気が生じてしまうことです。スギ花粉などアレルギーの原因物質(抗原、アレルゲン)が体に入ってくると、免疫細胞から抗体(Ig E)が放出され、その後、さまざまな細胞に作用してインターロイキン、ロイコトリエンなどの炎症性メディエイターと呼ばれる免疫物質が連鎖的に放出されます。これらの免疫物質がくしゃみ、鼻水を引き起こすのですが、中には強い眠気を生じるものが幾つもあります。

 体を温めてゆっくり休むという健康法が人気を集めているが、もともと人にはそのようなシステムが備わっており、風邪を引くと免疫物質によって体温が上昇し、ウイルスの活動を弱め、免疫細胞の活性が高まり、同時に睡眠がとりやすくなります。花粉症の時期にずっと日中にも眠気が続きます。

 ただでさえ眠いのにさらに追い打ちをかけるのが第3の苦難、治療薬による眠気です。最近でこそ眠気の少ない鼻炎治療薬が登場しましたが、アレルギー治療薬と言えば抗ヒスタミン薬、抗ヒスタミン薬と言えば眠くなるというイメージがあります。ヒスタミンはアレルギー性鼻炎のくしゃみ、鼻水の原因となるホルモンですが、同時に非常に強い覚醒効果を持つ脳内神経伝達物質としても働いています。それに抗するわけですから眠くななるのは当然です。

96958A9F889DEAE6E7EAE1E7E6E2E.jpg

旧世代の抗ヒスタミン薬では記憶力、計算能力、反応時間が低下

 眠気のない抗ヒスタミン薬の条件は、鼻に効いて脳内では働かないことですが、古いタイプの抗ヒスタミン薬は血液中から脳内に移行するため大脳皮質にあるヒスタミン受容体に結合して強い眠気を生じてしまいます。これを改良して脳内に移行しにくくしたのが第2世代の抗ヒスタミン薬です。今では第2世代が治療薬の主流になりつつありますが、未だに旧世代の抗ヒスタミン薬を好んで処方するドクターもいます。

 その理由の1つがアレルギー治療と不眠対策の「合わせ技一本!」狙いです。鼻閉がある、息苦しい、眠れない……。そこで眠気があって鼻炎にも効くなら「寝る前に」服用すれば一石二鳥ではないかと、そのように考えるのは自然です。しかしこれは2つの理由から誤りであることが分かっています。

 第1の理由は副作用としての過剰な眠気です。確かに旧世代の抗ヒスタミン薬を服用すると寝つきは良くなります。ところがその眠気は朝になっても取れないことが多く、理由は抗ヒスタミン薬はいったん脳内ヒスタミン受容体に結合するとなかなか離れにくいからです。ある脳画像研究によれば、旧世代の抗ヒスタミン薬を服用してから12時間以上経過しても、その半分は脳内ヒスタミン受容体に結合したままであったといいます。血液中からは大部分が排出された後でも、旧世代の抗ヒスタミン薬はなかなかしぶといのです。

 その結果何が起こるのか。旧世代の抗ヒスタミン薬と、睡眠薬、プラセボ(偽薬)を健康な若者に就寝前に服用し、翌日に記憶力、計算能力、特定の刺激に対する反応時間など高次脳機能に及ぼす悪影響を比較すると、旧世代抗ヒスタミン薬は、眠いだけではなく、仕事の能率が低下すること間違いなしの結果でした。

眠くなるだけでは不眠症は治療できない

 旧世代の抗ヒスタミン薬を鼻炎+不眠対策に使ってほしくない第2の理由は、そもそも不眠症の治療効果があるか確認されていないからであす。眠気をもたらす物質は山ほどありますが、イコール、慢性不眠症の治療効果がある物質とは言えません。旧世代の抗ヒスタミン薬は慢性不眠症患者を対象にして長期処方したときの効能も安全性も確認されていません。したがって慢性不眠症の治療効果があると謳ってはいけないことになっています。


無題.png


 にもかかわらず、くだんの旧世代の抗ヒスタミン薬は市販の睡眠薬としてドラッグストアの店頭で販売されています。「使用上の注意」を読むと次のように書いてあります。

「次の人は服用しないでください。」

1.妊婦又は妊娠していると思われる人

2.15歳未満の小児

3.日常的に不眠の人

4.不眠症の診断を受けた人

 花粉症患者は増加する一方で、今や日本人の5人に1人、2000万人以上いると言われています。この3/4が花粉症による眠りで困っているのですから社会に対する影響も甚大です。花粉症が車の運転にどの程度影響するか調べたある研究では、8割以上のドライバーが何らかの影響があると答えています。学校や職場で眠気が出るだけならまだしも、居眠り運転や作業中のけがなどには十分気をつましょう。

(資料:Natural Geographic他)

暁の明星のいと麗しきかな(BWV1)

 今日は、大天使ガブリエルがマリアにキリスト受胎を告知した、マリアのお告げの祝日です。受難に先立つ四旬節は、ライプツィヒでもカンタータの演奏が禁止されていましたが、マリアのお告げの祝日は唯一の例外でした。BWVのトップを飾る名作カンタータです。1725. 3.25ライプツィヒで初演されました。


angel13.jpg

フィリップ・ド・シャンパーニュ作「受胎告知」(1644年)


 ここで主役になるのはマリアではなくイエスで、「暁の明星」とは、やがて生まれてくるイエスの象徴です。歌詞はフリープ・ニコライのコラールに基づき、全編がイエスへの賛歌になっています。


 シギスヴァルト・クイケン指揮ラ・プティット・バンド、シリ・ソーンシル(S)ペトラ・ノスカイオヴァ(A)、マーカス・ウルマン(T)、ヤン・ファン・デル・クラッベン(B)の演奏でお聴きください。OVPP(One Voice per Part)で演奏しています。




1.合唱

あしたに 輝く

恵みと まことの

たえなる 星よ

ダビデの 裔(すえ) なる

イェス 君こそ

わが 心の 主なれ

いとし

やさし

栄えに 満ちたる わが イェス

いと 高き 君よ

2.レチタティーヴォ(テノール)

まことの 神の 子

いかに うるわし

なが 命の 言葉

民ら みな 久しく

待ち望みし もの

み使いの 訪れ

ベツレヘムに 現わる

おお 天(あめ)の み糧(かて)よ

怖れも 死も はや

こを 奪いえず

3.アリア(ソプラノ)

充たせや 天なる 神の 炎

あこがれ 望む わが 胸を

心に 迫るは

いと つよく 燃えさかる 愛

地にて 受くる み国の 幸

4.レチタティーヴォ(バス)

この 世の 輝き

心に 触れず

喜びは み神より いず

主の 血に より

わが 糧

備えらるればなり

されば われら

主に 向かい

ともに 捧ぐべし

喜びと 感謝の

ほめ歌をば

5.アリア(テノール)

歌と 楽の音(ね)もて

なれを 讃(たた)えん

感謝と

捧げもの そなえん

心と 念(おも)いは

大いなる 主を 讃えて

高めらる

生ける かぎり

6.合唱

げに 幸なるかな

とこしなえの 主に

より頼めば

あまつ み国にて

主は われを 招き

友と したまわん

アーメン

アーメン

来たれ 喜びの 冠(かむり)なる

主こそ わが 望み

              (大村恵美子訳)

有線接続はUSB Type-Cの時代がくる?

 アップルが3月9日に発表した新しいMacBookは、ポートがUSB Type-C1つのみという割り切った仕様で登場しました。USB Type-Cとはどんな規格なのか、調べてみました。

 USB規格の策定団体である米USB Implementers ForumがUSB Type-Cの策定に取りかかったのは2013年の12月。この時点で「Micro-BタイプのUSBコネクターと同等サイズの新デザイン」「リバーシブル仕様」「大容量給電に対応」「従来のUSBコネクターとの互換性なし」という4つの方向性が示されていました。



USB Type-Cの規格とは?

 ひとつの大きな特徴はやはり、USB Implementers Forumが策定開始時点で公表していた「リバーシブル仕様」です。現在主流のUSB Type-Aで、差し込みが逆では入りませんが、上下・左右がシンメトリーなType-Cでは、どちらでも差し込めます。

 例外を除き、多くのUSB機器は、ホスト側がType-A、デバイス側がType-Bという設計になっています。ところがType-B側はかつてデジタルカメラやゲーム機などに見られた「Mini-USB」、スマートフォンやタブレットの充電コネクターで現在主流の「Micro-USB」、プリンターや複合機などによく使われている「Standard-USB」など、デバイスにより多くの規格が混在している状況です。


USB01_369x297_369x297.jpg


 Type-Cはホスト側もデバイス側もType-Cで接続できる上、差す向きにかかわらず、双方向に給電可能な設計になっているため、Type-Cを採用したPCや周辺機器が増えれば、Type-C - Type-Cのケーブルをさまざまなホストとデバイスに使い回せる時代になることも期待できます。

そして、USB 3.1とは?

 USBにはType-Xのほか、1.0、1.1、2.0……と数字による規格も設けられています。Typeがコネクターとポートの形状を表しているのに対し、数字は転送速度や給電能力の違いを世代別に表しています。初のUSB規格は1996年に策定された「USB 1.0」で、1998年の「USB 1.1」、今でも広く使われている2000年の「USB 2.0」、2008年の「USB 3.0」と続きます。

Photo03_420x240.jpg

 最新の規格は、2013年に策定された「USB 3.1」で、USB 3.0には「SuperSpeed USB」の通称がありますが、USB 3.1の通称は「SuperSpeed+ USB 10Gbps」で、名の通り理論値で最大10Gbpsでのデータ転送が可能で、実測では、USB 3.0と比べて、2倍以上速くデータをやり取りできます。

 USB 1.1からUSB 3.0までは下位互換性があるため、たとえばUSB 2.0ポートにUSB 3.0規格の機器を接続しても、性能が下位に依存する点をのぞけば、ほとんどの場合問題なく動作すしますが、USB 3.1も同じく過去の世代との互換性を持っています。

 USB 3.1なら必ずしもUSB Type-Cというわけではなく、USB Type-Cなら必ずしもUSB 3.1とは限らないという点です。USB Implementers Forumが公開している仕様表には、USB Type-Cの形状でUSB 2.0規格の仕様も載っています。

 しばらくは、USB 3.1規格のUSB Type-A、USB Type-B端子を搭載したUSB 3.1対応機器、あるいはUSB 3.0規格、USB 2.0規格のUSB Type-Cコネクター搭載機器などが混在するかもしれなません。

すべての接続をUSB Type-Cでまかなう時代になる?

 Type-C - Type-Cのケーブルをさまざまなホストとデバイスに使い回せる時代になることが期待できるのは、もうひとつ大きな理由があります。

 米Video Electronics Standards Association(VESA)という映像規格の団体が、USB Type-CにDisplayPortの働きをさせる「DisplayPort Alternate Mode」という規格を策定したためです。

usb_725x155.png

 新MacBookは早速この規格を採用しているため、USB Type-Cポート経由でのデータ転送、給電に加えて、映像の伝送も可能です。

 この規格に対応したUSB Type-Cコネクター搭載機器が増えれば、データ転送、映像伝送、給電がすべてUSB Type-C経由でまかなえるということになります。充電は電源コネクター、データ転送はUSB、映像の出力はHDMI、HDMIは対応していないからVGAアダプターが必要、DisplayPortしかないから対応ケーブルが必要という、現在の悩ましいケーブル事情を一気に解消してしまいます。

00-top.png

 グーグルが3月11日に発表した新しいChromebook PixelにもUSB Type-Cが搭載されていますが、グーグルによる公式動画では、プロダクトマネージャーのアダム・ロドリゲス氏が「将来的にAndroidスマートフォンにも採用していくだろう」と発言していることから、今後はUSB Type-Cを採用したスマートフォンが登場してくることも予想できます。

 また、双方向に給電できる、最大給電容量100W、というType-Cの特徴を生かした、映像を受けながらホスト側に給電できるディスプレーといった今までにない周辺機器の登場も期待できるます。

 Micro-USBクラスの大きさ、これまで必要だったポートを省ける仕様は本体の薄型化にも貢献し、「有線接続といえばUSB Type-C」の時代が来るのも遠くないかもしれません。

(Gigazine、ASCII.Jpより要約)

体脂肪をふやす原因は甘い物

体脂肪は増えすぎると悪さをする

 肥満の元と敵視される脂肪ですが、そもそも体脂肪は、必要なときに体にエネルギーを提供する「貯蔵庫」の役目を果たすもので、なくてはならないものです。

 体脂肪は主に「皮下脂肪」「内臓脂肪」の大きく2つに分けられます。「これら2つの「脂肪組織」は、食肉の脂身のようなもので、脂肪をため込むことに特化した「脂肪細胞」が集まって形成されています。

 脂肪細胞の中には、エネルギー源としての脂肪が、中性脂肪の形で蓄えられています。脂肪細胞は、太っている人だけでなくやせている人にもありますが、細胞の中に入っている中性脂肪の量が違います。食べすぎなどでエネルギーが過剰なときには中性脂肪が大量に蓄積され、脂肪細胞自体が肥大化します。


mae2.jpg


 肥大化した脂肪細胞からは生活習慣病を加速させるホルモンが分泌。さらに、増えた中性脂肪は血管や筋肉、肝臓といった臓器の細胞にも取り込まれ、血管や細胞、臓器、筋肉などの機能を下げてしまいます。脂肪が本当の“敵”となるのは増えすぎたときです。

体脂肪が増えるのは主に2カ所

・皮下脂肪

 全身の皮膚のすぐ下にある脂肪組織で、外の刺激から身を守るクッションのような役割を果たす。また、体の熱を維持する働きもある。運動しても使われるのは内臓脂肪の次となるため、一度ついたら減りにくい。

・内臓脂肪

 多くの内臓は表面が膜に覆われている。その膜と内臓のすき間や、膜と膜とのすき間に脂肪細胞があり、内部に中性脂肪が蓄積。体でエネルギーが不足すると、内臓脂肪はすぐに分解されて肝臓に運ばれ、使われるので減らしやすい。

甘い物の食べすぎで“脂身”が体内で作られる

 甘い物などを食べすぎて、エネルギーとして使われずに余ったブドウ糖は、肝臓や筋肉にも取り込まれますが、その量には限りがあり、残った分は脂肪細胞に入り、中性脂肪に形を変えて蓄積されます。

 甘い物を食べすぎたら太ることは常識として知っていても、「糖」がそのまま体の“脂身”に直結することを認識している人は意外と少ないようです。

 体脂肪を増やしたくないからと揚げ物や肉の脂身をほとんど食べないようにしている人がいますが、一方で甘い物を食べすぎていれば結局、体脂肪は増えることになります。それは中性脂肪を作る2大原料が糖質と脂質のためです。

 糖質は砂糖やご飯、パン、麺などに多く含まれます。食事から摂取した糖質は胃や小腸などでブドウ糖に分解された後、血液によって全身に運ばれてエネルギー源となります。ただし、糖質を過剰に摂取すると、それを分解したブドウ糖も過剰になり、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上昇します。すると、インスリンが多く分泌され、ブドウ糖は筋肉や脂肪細胞に取り込まれます。このとき、脂肪細胞の中でブドウ糖は脂肪酸に変化しますが、その種類はステアリン酸やパルミチン酸といった肉の脂身に多い飽和脂肪酸です。糖のとりすぎが“脂身”の多い体へと直結する理由です。

 血液中のブドウ糖は、食後1時間ぐらいに最も増え、過剰分はすぐに脂肪へと変化していきます。脂肪に変えずエネルギーとして使うには、食後できるだけ動くことです。

脂質もとりすぎると体内にたまる一方

 糖質オフダイエットが広く知られるようになり、糖質さえとりすぎなければ、たんぱく質や脂質はどれだけとっても太らないと考えている人もいるかもしれません。しかし、脂質も過剰に摂取すれば、やはり肥満の元となります。

 例えばビタミンCのような水溶性成分の場合、必要以上に摂取した分は尿中に排出されますが、水溶性成分とは異なり、脂溶性の成分は必要量を超えた分も体内に蓄積します。脂質も同様で、多すぎる分を体外に排出する仕組みは体に備わっていません。

 ごく一部には、体脂肪となりにくい脂質もあります。ココナツ油などに多い中鎖脂肪酸は肝臓に入りエネルギーとして使われます。魚油に多いDHAやEPAは中性脂肪を減らす働きがあります。これらを除くと、油の種類によって脂肪のつき方に大きな差があるわけではなく、問題なのは量です。どんな油でも、とりすぎないことが大切です。

 食事で摂取した脂肪を必要以上に体内に取り込まないためには、食物繊維など、脂肪を吸着して便中に排出する成分を一緒にとるのも効果的です。

脂肪細胞は大人になっても増える

 脂肪細胞の数は子どものころに決まったら、一生変わらないという説がありますが、脂肪細胞の数が急激に増えるのは幼児期と思春期の2回で、このとき、数はある程度決定されます。しかし、太りすぎると大人になっても増えることがあります。

 糖質や脂質のとりすぎなどでエネルギーが過剰になり中性脂肪が蓄積されると、脂肪細胞はどんどん肥大化していきます。これ以上脂肪をため込めないという限界まで大きくなると、前駆脂肪細胞が脂肪細胞となり、脂肪細胞の数が増えます。実際に、肥満の人には大小の肥満細胞が混在しています。

 女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンが減少する更年期になると内臓脂肪が増えやすくなります。脂肪を増やさないためにも、脂肪をため込まないような生活習慣を継続していくことが大切です。

(日経ヘルス&メディカルより)

私の心は満ち足りて(BWV204)

 BACHがこの世俗カンタータを作曲したのは、ライプツィヒのトマス・カントルに就任後1726~1727頃と推定されています。「自ら足ることを知る」という当時の道徳律を歌ったソプラノ独唱のカンタータで、特別な機会というよりは友人の家庭の音楽会で演奏されたと思われ、ソプラノを担当したのは、ケーテン宮廷付き歌手として活躍したBACHの妻アンナ・マグダレーナであったともいわれます。


img_1.jpg


 歌詞にはケーテン宮廷と深い関係にあったハレの詩人、クリスティアン・フリードリヒ・フーノルドの「満足について」と題する詩を修正したものが使われています。

また、第8曲のアリアは結婚カンタータ「満ち足れるプライセの都よ」BWV216に転用されています。


 トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック・オーケストラとソプラノ歌手リサ・ラーション 演奏でお聴きください。





1.レチタティフ(ソプラノ)

私は自分に満足している、

心配性の人もいるだろう、

しかし心配したからといって

財布も胃袋も満たされるわけではない。

私は金持ちでも偉くもないし、

名誉もとぼしいが、

それでも満ち足りた時が

私に心の平安を与えてくれる。

私は自分を誇らない、

愚か者は鐘を打ち鳴らすが

私は静かに自分を守る。

臆病な犬は吠えたてるが、

私は自分の行動に気を配り、

怠けて暮らしながら

それでも大きな幸運に恵まれる者がいても、

気にせず、その人の幸運にまかせよう。

私の楽しみは、

自分の欲望に打ち勝つこと、

困窮を恐れず、

空しいものに心を向けない。

このような人は堕罪の後で

再びエデンの園に入り、

地上においても幸福のうちに

救いにあずかるのだ。

2.アリア(ソプラノ)

穏やかに自分に満ち足りていることは、

この世で一番の宝。

世界のあらゆるものを手にしても、

心がからっぽなら、

何も持っていないのと同じことだ。

3.レチタティフ(ソプラノ)

お前たち、自分の外に

いつも迷い出て、

消えゆく影のような財宝と引き替えに

心の富みを売り渡す者たちよ、

欲望の力に捕らわれている者たちよ、

地の果てまで探し求めるがよい。お前

たちは、手にいれることの出来ないものを求め

手に入れたものはお前たちを

満たしてはくれないのだ。

満たされたと思っても、それは欺きにすぎず、

ついには塵のように消え去る。

宝を自分の外に持つ者は、

他人の好運で金持ちになる商人と同じだ。

そのような人には豊かさは生まれない、

たとえ破産はしなくても、

いつも破産の心配で

心が一杯なのだから。

金銭、快楽、名誉、

このような物は、

財産などといえる物ではない。

それらを無視して徳高く生きることこそ、

はるかに豊かな財産なのだ。

4.アリア(ソプラノ)

広い世界の無数の宝よ、

私の魂の平安を乱さないでおくれ。

貧しさの中で豊かであり得る者に、

天の宝は常に宿るのだ。

5.レチタティフ(ソプラノ)

多くの虚しい宝を持ち、

しかも間違った愛によって執着しないことは 難しい。

しかし、もっと難しいのは、

憂いや煩いを 重荷としないことだ。

もしかすると満足は

手に入れやすいかも知れない、

しかしこの世の美しさと同じく、

それがはかなく過ぎ去った時、

煩いの重荷がやってくるのだ。

自分の中に戻り、

自分の内に求め、

良心の呵責もなく、

天に顔を向ける、

これこそ私のすべての満足。

天もそれを助けて下さるだろう。

貝は光に照らされると開き、

その中の真珠の結実を示す。

そのようにお前の心を

天に向かって開け、

そうすれば、神の光によって

お前も宝を受けるだろう。

それは全世界の宝も

およぶことのない宝なのだ。

6.アリア(ソプラノ)

私の魂よ、満足していなさい、

神のお計らいがどのようなものであっても。

世界の大海を究めることは、

危険で虚しいことだ。

自分の中にこそ

満足の真珠を見出すべきなのだ。

7.レチタティフ

高貴な人は真珠貝にも似て、

自分の内面に豊かさを持つ。


高い身分も求めず、

さまざまなこの世の栄誉も求めない。

たとえ地上に私の領地はなくとも、

神こそ私の住みか。


多くの財産を求め、金銭という

汚物を求めても、何の助けになろうか。

財産を誇ってみても何になろうか。

すべてはこの世のものにすぎない。


虚空にさまよう者はだれか。

私はそんなことは目指さない。

私は天を目指す、

これこそ私の受くべき賜物。


友に頼ることは虚しい、

友が多くてもあてにはならない。

困窮の時に友に頼るよりは、

まだしも風の方が頼りになるぐらいだ。


もし私が快楽の中に生きて

虚栄にのみ仕えるとすれば、

私は常に不安の中にただよい、

自分を苦しめるだけだ。


時間の中にあるものはすべて滅び行き、

始まりは終わりを告げ、

一人が生まれれば、一人が死ぬ、

やがて滅亡が来るのだ。

8.アリア(ソプラノ)

天から与えられる満足よ、

その満足に自分を委ねる心は

思い煩いを知らず、

黄金の時を味わって生きるのだ、

天から与えられる満足よ。

                                             

神から与えられる満足よ、

お前は貧しい者を豊かにし、

王侯に等しいものとする、

私の胸は永遠にお前の神殿だ、

神から与えられる満足よ。
                     翻訳:川端純四郎