「遺伝子組み換えで農薬が減る」はウソ!

除草剤の発がん性が新たな脅威に

 スーパーに陳列されている食料品に、最近普通に見かける「遺伝子組み換え」「遺伝子組み換えでない」という文字が、豆腐や豆乳、食用油、スナック菓子などの商品に見られます。

 遺伝子組み換え(GM)とは、生物に対して自然界では起こらない遺伝子操作を行う技術で、それにより栄養価の高い食品や機能性を高めた食品を開発したり、生産性を向上させたりなど、消費者と生産者の双方にさまざまなメリットをもたらすといわれます。

o0443027910750153037.jpg

 そのひとつが、農薬の使用量を減らせることです。たとえば当初は、ある強力な除草剤に耐性のある遺伝子組み換え作物を栽培していれば、今までは何種類もの除草剤を散布していたのをひとつで済ませることができ、その結果、除草剤の全体量が減ると予測されてきました。

 しかしこの理論上の試算は現在、世界中で裏切られているといいます。遺伝子組み換え作物の普及により、むしろ発がん性の疑われる除草剤の使用量が増加しているとの主張が、アメリカの総合医学雑誌『New England Journal of Medicine』に掲載されました。


40年で250倍に増えた除草剤使用量

 その論文によれば、米・モンサント社が1970年に開発した「ラウンドアップ」の商品名で知られる除草剤・グリホサートのアメリカ農業における使用総量は、1974〜2014年までの40年間で250倍以上に増加し、今では1億1300万kgにも及びます。そしてその原因は、「ラウンドアップ耐性」を持つよう遺伝子組み換えされたトウモロコシや大豆などの作物にあると、ワシントン州立大学研究教授Charles Benbrook氏ら著者は説明しています。

 ラウンドアップ耐性のある遺伝子組み換え作物が開発された当初は、農場では1種類の除草剤を全体に散布すればよかったのですが、何年も同じ除草剤を使い続ければ、耐性を持つ雑草が出てくるのは自然の摂理です。徐々にラウンドアップに耐性を有する雑草が広く出現するようになったため、さらに強力な除草剤も合わせて使わねばならなくなり、使用量も散布回数も増えてしまいました。

image.jpg


 そこで今、ラウンドアップを散布しても枯れない雑草の対策として新たな遺伝子組み換え作物が開発されていますが、それに伴い問題になっているのが、米国環境保護庁が2014年に承認した「エンリスト・デュオ」という混合除草剤です。

 今春、国際がん研究機関(IARC)は「ラウンドアップ」の成分であるグリホサートを、5段階ある発がん性の分類で上から2番目にリスクが高い「おそらく発がん性がある」と分類。さらに除草剤の一種である「2,4-D」を3番目の「発がん性が疑われる」と分類しました。

 これらはいずれも新しい混合除草剤「エンリスト・デュオ」に含まれる成分であり、農場の作業者や近隣住人へのリスクが懸念されます。実際にアメリカでは、このような化学物質は周囲の水源に侵入し始めており、近年の研究では、地表水、雨水、さらに人の尿からも微量のグリホサートが検出されています。「弱いパンチでも繰り返し当てれば大きなダメージとなるだろう」と、米天然資源保護協議会(NRDC)のJennifer Sass氏は懸念しています。

 Benbrook氏ら著者は、環境保護庁に対して「エンリスト・デュオ」の使用許可を延期するよう要求していますが、製造元のダウ・アグロサイエンス社は、認可は長期間の十分な審査に基づいており、国際がん研究機関(IARC)の提議する懸念についても考慮したと反論。両物質はDDTのような有害な殺虫剤とは異なり、血液中に取り込まれず排泄されると主張しています。


取捨選択のためにも適正な表示を

 今のところこの論争は決着を見ませんが、今後も世界で同様の問題が起きる可能性は高いといいます。遺伝子組み換え技術が使われている状況は、大規模で画一的な栽培体系なだけに、開発がエスカレートするほど環境や生態系への影響が心配です。これでは結局、雑草と除草剤、害虫と殺虫剤のいたちごっこをしているにすぎません。

 日本では、遺伝子組み換え作物の商業用栽培はほぼありませんが、家畜の餌や加工食品の原料として大量に輸入され、トウモロコシの80%、大豆の75%は遺伝子組み換え品種と推測されます。

アメリカGM表示運動地図.png


 規制の厳しいEUでは、基本的に遺伝子組み換え技術を用いている食品はすべて表示の義務があります。それに対して日本の表示義務は、原材料の上位3品目についてのみ。また上位3品目内であってもその重量が全体の5%以下なら表示義務の対象外と、非常に甘いのが現状です。

 遺伝子組み換え作物は、本当に環境や人体に対して悪影響がないのか。いまだ明確な答えが出ていない以上、消費者には取捨選択のための情報を得る権利があるはずです。この問題に関して、アメリカでは消費者運動が広く展開されています。情報開示と表示義務の適正化に対し、私たちも声を上げていくべきです。

(Health Pressより)
スポンサーサイト

主なる神よ、われらみな汝をたたえん(BWV130)

 今日は大天使ミカエルの祝日です。この日、カトリックの人々を中心に、秋の収穫を喜び、悪魔を追い払ったミカエルと天使達を祝います。ミカエルは神の御前にいる最高位の天使のひとりで、プロテスタントにおいては唯一の大天使です。新約聖書ではユダ書9節およびヨハネの黙示録12章7節に登場します。

 このカンタータは1724.9.29の聖ミカエル祭にライプツィヒで初演されました。



 牧師で宗教詩人でもあったパウル・エーバーのコラール「主なる神よ、われらみな汝をたたえん」に基づくコラール・カンタータで、トランペットとオーボエをそれぞれ3本とティンパニとフルートまで使った、壮麗で祝祭的な作品です。


 エリック・J.ミルンズ指揮、モントリオール・バロック、モニカ・マウフ (S)、デイヴィッド・DQ・リー(A)、ヤン・コボウ(T)、ステファン・マクロード (B)の演奏でお聴きください。




1.合唱

主なる神よ、われらは皆あなたを讃え

あなたに感謝するぺきてす

あなたが造られたものに対して、

あなたの御座の周りに浮遊する天使だけでも。

2.レチタティーヴォ(アルト)

天使たちの明るい輝きと高い知恵は、

神がどれだけわれら人間を顧みられ、

これはどの力布、二れほどぴ〕武器を

われらのために造られたかを示している。

彼らは休むことなく神の栄光をたたえ、

彼らの勤勉は全て、

彼らが、主キリストよ、あなたのために、

そしてあなたを信じるあわれな群のために

 向けられている。

 しかしこの守りが

サタンの怒りと力を前に、どれだけ必要なことか。

3.アリア(バス)

年老いた竜は妬みに燃え

つねに新たな苦しみを考え出し、

小さき群を引き離そうとする。

 彼は、神のものを滅ぼすことを好み、

  すぐに悪巧みをつかう、

 休みも安らぎも知らないからだ。

4.レチタティーヴォ(二重唱 ソプラノとテノール)

しかしわれらは幸いなことに、昼も夜も

天使の群が見張りをし、

サタンの攻撃を壊滅する。

獅子のもとに置かれたダニエルは、

天使の手が彼を守ることを知った。

またかのバビロンの炉の中で

燃え盛る炎がいかなる傷をも負わせなかったとき、

信じる者たちは、感謝の歌を聞かせた、

そのように危険にあっても

そのときこそ天使の助けが現れるのだ。

5.アリア(テノール)

おお、ケルビムたちの主君よ、

この勇士たちの貴い群を

いかなるときも

あなたを信じる者たちに仕えさせて下さい。

  彼らがエリアの車で

 信じる者たちを天国のあなたのもとに

   連れていくように。

6.合唱

だからわれらは正しくもあなたを頌め讃え

神よ、あなたに永遠に感謝します、

そして親愛なる天使の群も

今日とこしえにあなたを賛美します。

そしてあなたに願います、あらゆるとき

天使たちに命じて下されるように、

あなたを信じる小さな群を守り、

あなたの神の御言葉を敬い続けさせるようにと

人間は偏見の塊である?

理性的であることを妨げる12の認知バイアス

 人間の脳は1秒間に1016回という現存するいかなるコンピューターよりも強力な処理を行うことができます。しかし人間の認知には偏りがあり、このおかげで、しばしば判断が狂い、誤った結論を下します。


18azlo1delz86jpg.jpg


 これを認知バイアスといいますが、論理的誤謬(ごびゅう)の場合は、論理的な論証における間違いです。例えば、人格攻撃論法、すべり坂論法、循環論法、威力に訴える論証などが挙げられます。他方、認知バイアスとは、思考上の欠陥や制限、すなわち記憶の誤り、社会的帰属の誤り、記憶の誤りなどに起因する判断の欠陥のことです。

 社会心理学者の中には、認知バイアスは効率的な情報処理に役立っていると主張する者もいます。それでも、このせいで酷い間違いを犯すことはよくあります。認知バイアスは以下のように分類できます。


1. 確証バイアス


18ayyh5fi16acjpg.jpg


 人は自分に同意する人物に同意したがります。人が自分と同じ政治的意見を持つサイトにばかりアクセスしたり、同じ価値観や趣味の持ち主とばかり付き合うのもこのためです。同様に、自分の価値観を揺るがすような人や集団、あるいは情報源からは遠ざかります。こうした選好が、行動心理学者バラス・スキナーが言う確証バイアスです。

 人は無意識のうちに、自分の偏った意見を増強する意見のみを参考にし、そうでないものはいかに正当なものであろうとも無視してしまいます。逆説的ではありますが、インターネットはこうした傾向をさらに助長しました。


2. 内集団バイアス


18ayykvlrms2qjpg.jpg


 確証バイアスに多少似ているのが内集団バイアスです。これは生まれ持った部族的な傾向で、その大部分がいわゆる「愛情ホルモン」オキシトシンに関連しています。この神経伝達物質は、グループ内の人との絆の強化を促しますが、部外者に対しては逆の効果を発揮します。余所者を怪しく感じたり、恐れたり、軽蔑したりさせます。こうして、見知らぬ者を差し置いて、仲間の能力や価値を過大評価してしまいます。


3. 賭博者の誤謬(ごびゅう)

 誤謬というが、思考傾向のバイアスです。人は過去の出来事が未来の結果に影響を与えると考え過ぎてしまいます。その典型的な例がコイン投げです。5回連続で表が出たとしたら、人は次は裏が出る可能性が高いと考えがちです。しかし、確率的には裏も表も相変わらず50%で変わりません。統計学者が言うように、各回の結果はそれぞれ独立しており、表と裏が出る確率はそれぞれ50%なのです。

 これに関連して、ギャンブル依存症の要因にもなるポジティブな期待バイアスもあります。つまり、運の流れはやがて変わるはずで、幸運はそこまで来ていると錯覚させます。


4. 無駄遣いの正当化

 無駄遣いをしてしまったとき、その買い物がお買い得だったと正当化します。これこそが購入後の正当化という、買い物などでまずい決断をした後に気分を良くさせる一種の心理メカニズムです。

 買主のストックホルム症候群とも呼ばれ、特に高価な買い物をしてしまった後に無意識のうちにそれを正当化しようとします。社会心理学者によれば、一貫性を貫き、認知的な不協和音を避けようとする心理的欲求に起因するそうです。


5. 蓋然性(がいぜんせい)無視


18ayysrq5ih2ojpg.jpg


 車のドライブに恐れを抱く人は少ないのですが、飛行機恐怖症の人は結構います。空を飛ぶことは非常に不自然で危険な行為に思えますが、実際には交通事故で死ぬ確率は、飛行機が墜落して死ぬ確率よりもはるかに高いわけです。統計的には、交通事故に遭う確率は84回に1回であるのに対して、飛行機墜落事故に遭う確率は5,000回に1回です。にもかかわらず、人間の脳はこの明白な理屈が分かりません。同様にして、階段からの転落や食中毒など蓋然性の高い事故よりも、テロに巻き込まれることを恐れます。

 社会心理学者キャス・サンスティーンはこれを蓋然性の無視と呼びました。人間はリスク感覚はしばしば正確ではなく、比較的無害な行為のリスクを過大評価し、より危険なものを過少評価します。


6. 観測選択バイアス

 それまで気づかなかった物事に気づくと、その頻度が増加したと思い込んでしまう効果のことです。その格好の例が、新車を買った後で、同じ車種を色々なところで見かけるようなるケースです。

 妊娠すると、周囲に妊婦が大勢いることに気がつき出すのも同じです。私たちは心で選択した物事に意識を向けるようにできています。問題は、大抵の人がこのバイアスに気がついておらず、その物事が増えたのだと勘違いすることです。ある出来事が偶然のはずがないと思わせるのも、この認知バイアスのせいです。


7. 現状維持バイアス

 人間は変化を恐れる傾向にあります。こうして、なるべく変化が少なそうな現状を維持できる選択をするようになります。言うまでもなく、これは経済から政治まで様々な場面において当てはまります。選挙ではこれまでと同じ党に投票し、レストランでは毎回同じものを注文するのもこのせいです。このバイアスの問題点は、別の選択肢が劣っており、状況を悪くすると思い込ませることです。「壊れてないものを直すな」という諺にすべてが要約されています。


8. 負バイアス


18ayz1hg3qjhbjpg.jpg


 人は悪いニュースにばかり目がいく傾向があります。また、悪いニュースをやたらと信用し、良いニュースは疑いの目で見ます。進化的には、悪いニュースに注目する方が適応的だったのでしょう。しかし今日では本当に良いニュースを無視して、悪いニュースの中で生活している恐れがあります。

 例えば、心理学者スティーブン・ピンカーは、犯罪、暴力、戦争などの不正義は確実に減少しているのに、人々は世の中が悪くなっていると考えていると論じています。これこそが負バイアスの典型例です。


9. バンドワゴン効果

 意識されることはあまりありませんが、人は右へならえが大好きです。世の中にあることが流行ると、個人の脳は機能を停止して一種の集合意識状態になり、それに追従しようとします。これは必ずしも大きな集団である必要はなく、家族や職場の同僚のような小さな集団でも起こり得ます。

 バンドワゴン効果とは、集団の中に普及した行動や社会規範、あるいはミームの原因となる効果です。これに証拠や動機などは関係ありません。世論調査が個人の意見を操作するものとして批判されるのもこのためです。このバイアスは周囲に順応したいという欲求に根ざしています。


10. 投影バイアス

 人は常に心に囚われているため、しばしば意識や選好の外にあるものを予測することが困難になります。つまり、殆どの人間が自分と同じように考えると根拠もなく想定しがちです。これは投影バイアスあるいは偽の合意効果という、他人が自分と同じように考え、自分に同意するはずだと思い込むことの原因になります。

 これによって、自分がごく普通であると勘違いをし、ありもしない総意があるかのように振る舞うようになります。過激派グループが自分たち以外にも同じ意見の人間が大勢いると考えたり、ある人が選挙の当選者や試合の勝者の予測に自信過剰になるのも、これが原因です。


11. 現在バイアス


18ayzoe6wkg7fjpg.jpg


 人間は未来の自分を想像することが本当に苦手で、行動や予測はその影響を受けています。大抵の人間は楽しいことは今すぐ味わい、嫌なことは後廻しにしたがります。貯金をするより今すぐ使いたがるのも同じ例です。それゆえに特に経済学者や医療関係者に注目される理論です。1998年の研究では、被験者に今後一週間の食事メニューを決めてもらうと74%がフルーツを選択しましたが、その日のメニューを決めてもらうと70%がチョコレートを選択しました。


12. アンカリング効果

 相対性の罠とも呼ばれるこのバイアスは、人が限定的な要素しか比較しない傾向を指します。典型的な例は、セール中の商品を買い物するとき、その値段の違いは気にしますが、絶対的な値段自体はあまり気にしないケースです。

 レストランがメニューに非常に高価な料理とより手頃に見える料理を載せておくのはこのためです。高価過ぎず、安過ぎもない、中間の選択肢が良く選ばれる理由でもあります。

 というわけで、どんなに公明正大で偏見を持たずに判断しようとしても、脳にはなんらかのバイアスがかかっている事実を認める必要があります。いかに自分が理性的で理論的であると思っていても、実はそうでもないということを自身で理解する必要があるのかもしれません。

(原文:io9 The Future 翻訳:Karapaia)

主に向かいてその御名の栄光を讃えよ(BWV148)

 今日聴くカンタータは三位一体主日後第17主日、ライプツィヒ着任後の1723年か1725年の該当祝日に初演されたものと考えられています。

 台本はピカンダー(Picanderは「かささぎ男」という意味の筆名、本名クリスティアン・フリードリヒ・ヘンリーツィ)とされています。


無題.png


 当日の福音書の朗読は、イエスが安息日に水腫患者を癒やしたことと婚礼の宴で末席を選ぶことのたとえが述べられた部分です。カンタータはこれを基礎において安息日の意義について考察しています。

 最後のコラールは歌詞が残っていませんが、新バッハ全集では作者不詳の「私の愛しい神に」の第6節が指定されています。


 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、モンテヴェルディ合唱団、フランシス・ボーン(アルト)、マーク・パドモア (テノール)の演奏でお聴きください。




1.合唱

「御名の栄光を主に帰せよ。聖なる輝き満ちたる主にひれ伏せ。」

2.アリア(テノール)

わたしは急ぐ

いのちの教えを聴くために

そして喜びをもって聖なる家を訪ねる。

  なんと美しい

3.レチタティーヴォ(アルト)

鹿が清い水を求めて進むように、

神よ、わたしはあなたに呼びかける。

なぜならわたしの安らぎのすベてとは

あなたをおいていないから。

なんと神聖で貴いことか

いと高き方よ、あなたの安息の祝いは。

そこでわたしはあなたの御力を

義とされた者たちとともに讃えます。

おお、この闇夜の子らが

神の慈しみを心して思うなら、

やはり神はみずからわたしの中に住まわれている。

4.アリア(アルト)

口と心はあなたのために開かれています、

いと高き方よ、お入りください。

  わたしはあなたの中に、そしてあなたは

   わたしの中に。

  信じ、愛し、耐え、願うことこそ

  わたしの安らぎの寝床です。

5,レチタティーヴォ(テノール) *ガーディナーは省略しています

わが神よ、わたしの中にお宿りください

そしてわたしに卸霊をください、

それはわたしをあなの御言葉紫に従って

 統治します、

わたしの生活が

あなたのお気に召すものとなるように、

そしてわたしが後の日に

あなたの栄光にあって、

愛する神よ、あなたとととに

大いなる安息を祝えるように。

6.コラール(合唱)

あらゆるときにアーメンと

心の底から唱えます。

どうかわれらをお導きください、

主キリストよ、あらゆるときに、

われらがあなたの御名を

とこしえに讃えますように。アーメン。

今の時期が危ない…ハチに刺されてアナフィラキシーショック!

 北海道士幌町で23日、音更町の酪農業の男性(37)がスズメバチに刺され、まもなく死亡した。帯広署によると、男性は家族らと農作業中に手を刺されたという。男性は過去にも刺されたことがあり、ショック死したとみられる。(朝日新聞Digitalより)

 初夏から真夏にかけて活発になるイメージのある毒バチ。ところが危険とされるスズメバチは秋の行楽シーズンこそ気をつけなければならない時期だと言います。日本では実に毎年20人ほどの方がハチに刺されて亡くなっています。


3-thumb-520x390-203.jpg


 刺すハチの中で攻撃性が高いのはスズメバチとアシナガバチです。中でも注意しなくてはならないのは、スズメバチです。彼らは外敵から巣を守る防衛本能が非常に発達しているので、些細な刺激に対しても敏感に反応して人を襲います。

 またスズメバチは秋になっても活発に活動します。巣が外気に露出しているアシナガバチが、秋になると活動を終えるのとは対照的に、巣が外被に覆われており、巣内の温度が外気に影響されにくいことが理由です。

 実際、スズメバチによる被害は、夏だけでなく秋にも多く起きます。アウトドアに出かけた際はもちろん、ふだんからスズメバチには十分に注意する必要があります。

 では、刺されないようにするためには、どのようなことに注意するべきでしょうか。

 ポイントはスズメバチを興奮させる色・動き・匂いについて、理解することだそうです。一般にスズメバチを興奮させる色として、黒色が知られています。しかし実際には色そのものよりも、背景とのコントラストが重要であることが分かっています。そのため、安全と考えられている白色であっても、背景色と大きく異なれば、刺激となる可能性があります。また急に動いたり、手で追い払ったりするような動作の他、香水やオーデコロン、最近ではしっかりと香りが残るタイプの柔軟剤などの匂いも、スズメバチを刺激する可能性があります。

thumb_450_01_px450.jpg

個体数は増えていなくても被害が増加する理由

 スズメバチによる被害は、この数十年で大幅に増加しました。背景にはスズメバチと人が遭遇する機会が増加したことがあります。

 最も大きな理由は宅地開発や都市化が進んだことです。都市部での生活に順応したスズメバチの一部は、家の軒下や屋根裏、マンションのベランダなど、私たちの身近な場所に巣を作るようになりました。実際に自宅の庭で草むしりや樹木の剪定作業中に被害に遭うケースは多発しています。

 また東京をはじめとする大都市ではスズメバチの巣の駆除依頼が年々増加していますが、これは実際に数が増えたというよりは、メディアがスズメバチの凶暴さや恐ろしさを煽り、スズメバチに対する人々の恐怖心が高まっているからでもあります。

 もう一つ、被害者数が増加している原因の一つが、ハイキングや登山に出かける人が、増えていることが挙げられます。被害に遭った人は、気づかないうちにスズメバチのテリトリーに侵入していることが多いのですが、これはスズメバチが、木の中や地中など閉鎖された空間に巣を作るのを好むため、巣が目につきにくく、テリトリーを侵してしまうわけです。

 これらに加えて、温暖化との関係も指摘されています。一般的に昆虫の生息範囲は気温の上昇により拡大するのですが、温暖化の結果、スズメバチの生息範囲が広がっている可能性があります。


ハチに刺されて「アナフィラキシーショック」…どれくらい危険?


 ハチに刺されると、その毒による痛みなど局所的な反応が起こるほか、アレルギー反応のアナフィラキシーが起こる可能性があります。局所反応とは、数日程度続く刺された部位の痛みや、皮膚が赤くなったり(発赤)、硬くなったり(硬結)することです。ほとんどの場合、治療は冷却や軟膏などの対症療法で十分です。

 一方で、超急性の全身性アレルギー反応であるアナフィラキシーには、十分な注意を払う必要があります。アナフィラキシーはハチに刺された人の0.3~3%に起こります。典型的な症状は、全身のじんましんやむずむずちくちくとした掻痒(そうよう)感ですが、重症例になると、上気道閉塞による呼吸器症状や血圧低下などの心血管症状を引き起こします。これはアナフィラキシーショックとして知られている危険な状態であり、最悪の場合、死に至ることもあります。

teigi.jpg


1度目は大丈夫でも、再び刺されてアナフィラキシーショックを起こす!?

 以前毒バチに刺された際にアナフィラキシー反応を起こさなかったという人も、決して油断できません。赤く大きく腫れるなどの強い症状が出た人の場合、次に毒バチに刺されたとき、1~5%ほどの確率でアナフィラキシーショックを起こす可能性があるからです。

 アナフィラキシーショックを起こすと、毒バチに刺されてから早いと10~15分以内、多くは1時間以内に死亡にいたることがあります。そのため迅速な対応が求められます。ところが実際に被害に遭う場所は、人里離れた地域も珍しくなく、対応が難しいわけです。


アナフィラキシーショックを防ぐには

 ではどのような人がアナフィラキシーショックになりやすいのでしょうか?

 現時点で明らかなのは、以前にハチの毒によるアナフィラキシーを発症した人です。この場合、次から毒バチに刺された場合に、実に30~70%の確率でアナフィラキシーを起こすと言われています。



 こうしたハイリスク群は、エピペンと呼ばれる緊急対応キットを携行することが推奨されています。発症後すぐにエピペンを用いることで、アナフィラキシー症状を抑える、あるいは弱くすることができるからです。実際に、アナフィラキシーショック発症後にエピペンをすぐに使ったことで、重症化を防ぐことができた例が増えてきています。


人から刺激がなければ襲ってこない

 スズメバチは常々、危険な生物として取り上げられてきました。もちろんそのような一面があることは否定できません。しかし、多くの場合、人からの刺激がその攻撃のきっかけとなっていることも事実です。

 これからのシーズン、スズメバチの特徴を理解して、無用に彼らを刺激することは避けたいものです。

(Nikkei Trendy Netより)

交通事故削減に大きな期待を集める「透けるトラック」?

 エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化しています。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的です、周りを走る他の車に向けて安全を知らせるためのものなのです。


後続車に知らせる前方の視界


SaftyTrack.jpg


 前を行くトラックを追い越そうと、反対車線に出たとたん…。まさに上の写真のような、ドライバーとしてはヒヤリとする状況です。

 一般的に大型トラックは、乗用車に比べてスピードが遅いものです。分かりきっていても、運転中トラックの背後につくと、人間の心理のなかにイライラが湧いてきます。「抜きたくて仕方ない」と心のどこかでそんな気持ちが出てきても不思議はありません。

 そうして、アクセルを踏み込んで…でも、前方の状況は当然のことながらトラックが死角になって見えないので大事故につながる危険性が潜んでいます。サムスン電子が、着目したのはまさにそこです。


安全を確認したら「お先にどうぞ」


final-gif.gif


samsung2_3349227a.gif


 前述のような状況では、日本国内ではそれほど多くないかもしれません。しかし、サムスン電子によると、アルゼンチンでは、およそ1時間に一人が交通事故により亡くなっているというデータがあり、じつにその80%が車の追い越しのタイミングに発生しているといいます。単車線道路が数百もあるこの国で、サムスン電子は従来にない革新的な安全性能開発に乗り出しました。いま、彼らがトラックに搭載し、テスト走行を繰り返している技術が「Safty Truck」です。

 仕組みはいたって簡単。トラックのフロントバンパー部にワイヤレスカメラを装着、その映像を荷台(車体後部)に設置した4台の大型モニターで映し出すというものです。死角になっているはずの前方の視界が、これでクリアになるという訳です。夜間走行時にも視界を確保できるよう、ナイトモードも同時にテストされています。



 サムスン電子の公式ブログ「SAMSUNG TOMORROW」によると、このプロトタイプモデルは残念ながら、まだ公道を走行することは許可されていません。現在、事故のない車社会実現に向け、各国の政府機関と協力し、試験走行を繰り返し実施している最中です。

(Tabilabo他より)

なぜWindows10 の「System」プロセスは大量のRAMを使用しているのか?

 Windows10にアップデートした人は、奇妙な点に気づいたかもしれません。それは、Systemプロセスがありえない量のRAMを消費するときがあることです。その量は1GBを超えることもあります。実は、それはバグではなく、Windows10の機能の1つです。


1392992783100150088.jpg

タスクマネージャー


 Windowsの新バージョンで何が起こっているかを説明する前に、Windowsの旧バージョンがメモリをどのように扱っていたのでしょうか。RAMにデータを蓄積できるスペースは限られています。コンピュータのメモリを使い果たしてしまうと、Windowsは使用頻度がもっとも低いデータを、ハードドライブのページファイルに転送します。

 この方法の欠点として、ページファイルに移動したデータを再び参照しなければならない場合、高速なメモリからではなく、時間がかかるハードドライブからデータを読み込まなければならないことです。アプリがクラッシュするよりはましですが、データはメモリ上に留まっている方がいいわけです。


Windows10 はどのようにメモリを管理しているのか

 Windows10も、必要に応じてページファイルを使います。しかしコンピュータのメモリが満杯に近づくと、Windows10はメモリの古いページを「圧縮して」、使用スペースを減らそうとします。複数のファイルでZIPアーカイブを作るときのような感じです。ですから、たとえば、起動したまましばらく使っていないアプリがあれば、Windowsは、そのアプリについての情報をハードドライブには移さず、そのまま小さく圧縮してメモリに残そうとします。

 もちろんこの方法には、圧縮されたメモリを解凍するのに、CPUのパワーをより多く使用するというマイナス面があります。しかし、パフォーマンスへの悪影響という点から見ると、システムがハードドライブからデータを引き出さなければならない場合より、はるかに小さいわけです(ハードドライブがSSDだとしても同じです)。ですからたとえ圧縮されたとしても、メモリからアプリの古いデータを引き出す方が、ハードドライブのページファイルから取り込むよりも速くなります。

 Windows 10が作り出す圧縮メモリはすべて、Systemプロセスに保存されます。時間が経つとSystemプロセスが膨れあがるように見えます。コンピュータの使用時間が長ければ長いほど(そして、起動させたアプリやブラウザのタブの数が多ければ多いほど)、Windowsが圧縮しなければならないメモリ内のデータ量は増えます。


無題.png


 マックユーザーは2013年以来、これととてもよく似た機能を使ってきました。Linuxカーネルの新バージョンでさえ、あるタイプのメモリ圧縮を用いています。タスクマネージャーを見ると心配になってしまいますが、こうしたメモリ保存方法は優れているだけでなく、ほかのオペレーティングシステムではすでにごく一般的な方法です。


対処法

 これについて何か対策を取る必要はありません。使用していないRAMは無駄なRAMです。「RAMを節約する」ためにアプリを閉じたところで、再びそのアプリが必要になった時に、起動に余分な時間がかかります。コンピュータの速度が落ちていないのなら、大量のRAMを消費しているプログラムについてとくに心配する必要はありません。

 しかし圧縮メモリの解凍には、ハードドライブから取り込むよりもCPUサイクルを多く使用しますから、しばらく使っていなかったアプリに切り替える場合は、一時的にコンピュータに余分な負荷がかかります。そうした場合に取れる対策はいくつかありますが、それは、いつも使ってきた解決法とほぼ同じです。

RAMを増やす:システムにとって一番いいのは、RAM全体をアップグレードすることです。実際に使えるRAMが増えれば、Windows10がスペースを圧縮する必要性は減ります。

64ビットバージョンでは8GBが理想的


ジャンクアプリをアンインストールする:コンピュータにインストールされたアプリの半分は不要ながらくたで、リソースを無駄に使用しています。必要でないアプリはすべて削除しましょう。

必要のないアプリやタブを閉じる:使用中のものが増えれば増えるほど、メモリからSystemプロセスに追いやられるデータ量は増えます。ブラウザに関しては、長い間使っておらず、再び使うこともないとわかっているタブを閉じる、または停止すれば、効果的です。

 新バージョンになったとはいえ、Windowsはさほど大きく変わったわけではありません。メモリの大量消費への対処法は、Windowsの旧バージョンとたいして違いはありません。ただ、タスクマネージャーで初めて目にした時は、ちょっと戸惑ってしまうでしょう。けれども、心配無用です。Systemプロセスは、コンピュータができるだけスムーズに動くよう、以前にも増してせっせと働いてくれています。

(Lifehackerより)

オッターヴォ・ダントーネ

 イタリア生まれのオッターヴォ・ダントーネはミラノ音楽院でオルガンとチェンバロを学び、1985年に国際パリ祭で通奏低音賞を受賞しました。チェンバロとフォルテピアノのソリスト、オーケストラとアンサンブルの指揮者としてデビューし、1996年に古楽アンサンブル、アカデミア・ビザンチナ古楽アンサンブルを結成してヨーロッパ、アメリカ、イスラエル、メキシコなどでツアー活動をしています。


ottavio-dantone.jpg


 1999年オペラの分野でもデビューし、古典のレパートリーを中心に、ラジオやテレビに出演。数多くのレコーディングも行っています。


 最初にチェンバロの演奏で「半音階的幻想曲とフーガ ニ短調」BWV903を演奏会の動画でお聴きください。演奏会なので仕方ないのですが、少し演奏の乱れがあります。2013.10.26の演奏です。



 次にゴールドベルク変奏曲(BWV988)のアリアと変奏曲1~5までをお聴きください。アレンジして演奏しているので少し違和感があります。


 


 カンタータ「われらあまたの苦難をへて」BWV146のシンフォニアは、この曲はチェンバロ協奏曲第1番ニ短調(BWV1052)のパロディです。アカデミア ビザンチナ古楽アンサンブルを指揮しながらオルガンを演奏しています。



 2台のチェンバロのための協奏曲第1番ハ短調(BWV1060)を、ヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲に編曲し、ヴィクロリア・ムローヴァと共演しています。



 他に平均律クラヴィーア曲集第1巻、第2巻もYoutubeで聴くことができますが、ダントーネのテンポも的確で歯切れのよい演奏は、国際的にも高く評価されています。今後の活躍が期待できます。




日本の「忘れ去られた英雄」

 “報われない” “日陰者”という意味の“Unsung”という形容詞を冠せられた主人公は、1980年代に「フラッシュメモリ」を開発し、世界を凌駕した舛岡富士雄です。シリコンバレーのコンピュータ歴史博物館でも日本発の技術として初めて殿堂入りした、世界的ヒーローの成した偉業は、なぜ、日本であまり知られていないのしょうか。


14113cp2.jpg


 2001年、フラッシュメモリの市場規模は、760億ドル(9兆1,200億円)に達しました。自動車やコンピュータ、携帯電話など総額3兆ドル(360兆円)以上の商品にフラッシュメモリが組み込まれました。半導体分野に新風を巻き起こした、そのフラッシュメモリの生みの親が、舛岡富士雄です。

 フラッシュメモリは、1980年代の半導体分野における最も重要な技術革新です。その発明者である舛岡は、巨万の富を得ているはずだと思うかもしれません。しかし、現在72歳になる舛岡が暮らすのは、その常識が通用しない、日本なのです。

 フラッシュメモリを発明した舛岡に対して、雇用主である東芝が支払った報奨金はわずか「数百ドル(数万円)」です。フラッシュメモリ市場は、すぐにライバルであるインテルに奪われました。さらに東芝はその後、舛岡を研究の続けられないポストに左遷しようと、何度も試みました。

 しかし、東芝はこれを否定しています。広報担当者は本誌に対し、フラッシュメモリを発明したのはインテルであると、繰り返し主張しました。一方インテルは東芝がフラッシュメモリを発明したと主張しているのです。

 97年、ニューヨークの米国電気電子学会(IEEE)は東芝在籍中のフラッシュメモリ発明の業績をたたえ、舛岡にモーリス・N・リーブマン賞を贈与しています。そこで、東芝にこの点を改めて問いただすと、フラッシュメモリを発明したのは東芝であることを認めたうえで、東芝は先行利益を守りきれなかったと語りました。

 この舛岡富士雄を巡る物語から浮かび上がるのは、既存の製品の応用を重視するあまり、基礎研究を怠り、米国との半導体戦争に敗れた日本の姿です。

 日本で業績を正しく評価されないことに不満に感じている研究者は、舛岡だけに留まりません。青色LEDを発明した中村修二は、01年、特許の帰属を巡り、勤務していた日亜化学工業を相手に訴訟を起こしました。そして、中村は現在、米国で暮らしています。

 舛岡は東北大学で博士号を取得し、71年に東芝に入社。その僅か4カ月後、SAMOSと呼ばれるタイプのメモリを発明。さらに、入社5年で、別のタイプのメモリ開発にも成功した舛岡は、その後、半導体製造部門に異動となり、そこで、1メガビットのDRAMを開発しました。

dram-memory-modules-18268-2787977.jpg

 しかし、彼が情熱を注ぎ込んだのは、電光石火(フラッシュ)のようにひらめいた自らのアイデアでした。

 84年、サンノゼで開催された国際電子デバイス会議(IEDM)で、舛岡が自ら開発したフラッシュメモリを発表すると、米国の半導体業界に衝撃が走りました。

 舛岡の上役たちの見込みに反し、この会議の終了後、東芝には、インテルなど、米国のコンピュータ関連会社や自動車メーカーなどから、サンプルに関する問い合わせが殺到。インテルはすぐさま300名のエンジニアをフラッシュメモリの開発に専従させました。

 一方、東芝は「非専従のスタッフ5名を配置してくれました」と舛岡は語ります。舛岡のグループは、他社に先駆けて、フラッシュメモリを市場に投入しましたが、インテルはすぐに巻き返し、この市場を制しました。

img_02.jpg

 舛岡には、米国企業からスカウトの話もありましたが、「当時、日本では、会社を辞めるという選択肢が一般的ではありませんでした」と語ります。

 ところが、新型メモリを市場に投入した90年、当時47歳で円熟期に入っていた舛岡に対して、東芝は部下のいないポストへの「昇進」を受けるよう迫り始めました。

 「会社から『お前はもう必要ない』と言われたということです。昇進とは名ばかりの、部下も同僚もいないポストに私を追いやろうとしました。エンジニアにとって、それは死を意味します。当然、私は納得がいかず、自分の上司を飛び越して、その上に不満をぶつけ、3年間、抵抗しました。しかし、結局は、『チームの和を乱し、命令に従わないなら、独りで勝手にやれ』というのが会社の結論でした」。

94年、舛岡は東芝を退社し、東北大学の教授に就任しました。

 しかし、東芝の言い分は異なります。広報担当者によると、舛岡が打診されたのは、部下の教育が可能なポストへの昇進であるうえ、「当時、フラッシュメモリの市場はさほど大きなものではなく」、東芝の屋台骨を支えていたのはDRAMであったといいます。

 東芝は01年12月、DRAM事業から撤退し、フラッシュメモリに重点的に経営資源を投入すると発表しました。

 02年現在、東芝のメモリチップの売上高は、年間12億ドル(1,440億円)に達しており、金額は明らかにされていないものの、その中には他のメーカーから得ている特許使用料も含まれます。


nand_img_02.gif


 フラッシュメモリの市場は数年以内に1,500億ドル(18兆円)に達し、NAND型のシェアはさらに拡大すると予想されます。NAND型のシェアが拡大するに伴い、東芝の利益も増加しますが、舛岡の手にその一部がわたることはありません。

(中略)

 しかし舛岡は、過去に囚われることなく、未来を見つめています。現在、舛岡は189件の特許を保有しており、その他に50件の特許を申請中です。さらに、まだ明らかにしていない最大の発明も控えています。

 舛岡は、過去8年間、東北の地で、3次元設計の新たなシリコン半導体テクノロジーに取り組んできました。

 自らを売り込むことは、舛岡が苦手とする分野ですが、今回、舛岡は、新たな発明の設計図面を実際の生産に移すために必要な資金を提供してくれるベンチャー・キャピタルを見つけたいと考えています。3次元デバイスの生産に必要な資金は、4,000万~8,000万ドルにもなります。

 皮肉にも、彼の新しい発明から生み出される利益を最も多く手にするのは、またしても米国企業になりそうです。

 出る杭は打たれるという言葉通りの状況を嘆く日本人は少なくありませんが、今もなお、多くの日本人が、個を殺すことを求められています。

(Forbesより)ベンジャミン・フルフォード = 文 松永宏昭 = 翻訳

PCで脳の平均年齢が若返ることが判明

 仕事でもプライベートでも、コンピュータが欠かせない現代人。今やスマホやPC、タブレットなどを使わない日はありませんが、こういった習慣が、人間の脳を若返らせてくれることが最近の研究でわかりました。

 この研究はジャーナルPLOS Oneとインテリジェンスに掲載されました。


今の50歳の脳年齢は42歳


1.jpg


 よく知られている通り、通常、加齢とともに物覚えが悪くなったり、脳の反応が鈍くなったりするものですが、今の50歳の脳は42歳であると科学者たちは結論づけました。50歳以上の人びとによる脳の認知力テストの点数が継続的に向上しており、研究者たちは、コンピュータや携帯端末の使用による刺激の高まりが原因だと考えています。

 スマホやPCから離れて、静かに過ごす「デジタル・デトックス」の必要性が叫ばれることもあります。最近ではコンピュータを常時携帯することのマイナスの面が注目されがちですが、脳を若々しく保てるとはうれしい効果です。


脳に効く「パスワードの暗記」

 平均的な人だと、仕事用PCへのアクセスやオンラインバンクの利用、オンラインでの料金支払い、SNSへのログインなど、1日に10個のパスワードを思い出す必要があります。またパソコンにはいろいろなコマンドやオプションがあり、下さなければいけない決断が増えます。イギリスにおける人口研究では、50歳以上の脳年齢のテスト結果は、6年前の同テストにおける8歳下の脳年齢と同じか、それよ

りよりも若いことがわかりました。


2.jpg


 上記の結果で驚くのが、つい6年前のデータよりも、人びとの脳が大きく若返っていることです。

 たしかに、近年は急速にスマホやコンピュータが普及していて、それらの使用時間も増える一方。かつてはテレビを見るなどして過ごしていた受身の時間が、テクノロジーの進化で、もっと脳を使うライフスタイルにどんどん変化しています。ライフスタイルが変われば脳も変わるということが顕著な形で示されたわけで、とても興味深い結果です。


脳が若返れば、外見も若くなる?

 中年世代の脳の若返りについては、イギリスだけでなく、ドイツのテストでも同様の結果が出ています。脳は使えば使うほど、発達するものだと聞きますが、本当だったよです。昔にくらべると今は実年齢よりも若々しい外見の人が多いですが、脳が若返っているからかもしれません。

 好むと好まざるとにかかわらず、肌身離さずテクノロジーを使わずにはいられない現代人にとっての今回の朗報。わずらわしいと感じていたパスワードの記憶やコンピュータの機能を覚えることも、「脳が若返る」と思えば苦にならなくなりそうです。

(原文:The Telegraph、Cafeglobeの翻訳より)