鼻が利かなくなると「死が近い」!?

 俗に「鼻が利く」といえば、利にさとい人を指します。では、「鼻が利かなくなる」とどうなるのでしょうか? 実は「死亡するリスクが高い」という報告があります。

 どんなに好きな匂いでも、そればかり嗅ぎ続けると嗅覚が低下します。嗅覚器はデリケートで疲労しやすいからです。この一時的な感度の低下を「嗅覚疲労」と呼びます。

 一方、「無嗅覚症(anosmia)」と呼ばれる嗅覚の障害は、高齢層の7割にみられ、若年層においては15%以下とされています。そして従来の先行研究によれば、この嗅覚検査の成績がふるわない高齢者の場合、嗅覚が鋭い高齢者よりも相対的に「早く死亡する可能性が高い」という傾向が示唆されてきました。

 では、40代や50代の中年期以降においても、こうした死亡率に関する連鎖傾向は読み取れるものなのだろうか。あるいはそのリスクに認知症は関与しているのだろうか。

 この2点の検討を目論んで、ストックホルム大学(スウェーデン)心理学准教授のJonas Olofsson氏らが試みた研究成果が『Journal of the American Geriatrics Society』に掲載されました。


嗅覚鈍化は要注意!

 嗅覚検査と認知機能低下などの健康状態の調査を通じて、その関連性を探る今回の研究に際しては、40~90歳の被験者1774人が対象に選ばれました。すると10年間におよぶ追跡調査期間中、411人がこの世を旅立ったそうです。10年を費やして得た結果では、40~50代でも「嗅覚が鈍くなること」が早期死亡と関連する事実が示唆されました。

 具体的には、中年期以降に嗅覚が低下(鈍化)した人の場合、そうでない人と比べ「10年以内に死亡するリスクが20%ほど高い」傾向が判明しました。


嗅覚は<脳の変化>を反映した指標

 入念な解析の結果、先行研究が示唆したとおり、嗅覚検査の成績が悪い人ほど死亡リスクが「有意に高い」事実も分かりました。しかし、被験者の学歴や各自の健康状態、加齢に伴う認知機能などに関連する変数を調整・解析しても、前述のような関連性は読み取れなかったそうです。

 主筆者のOlofsson氏は、「我々ヒトの嗅覚は脳の変化をよく反映しており、<坑道のカナリア>よろしく、五感のなかでもとりわけ鋭敏な指標になるのではないかと思う」と見ています。

 そして、「先達陣の研究では、この嗅覚の低下が認知症と関連することが示されてきた。一方、今回の私たちの研究では、早期死亡との関連においては認知症が特に関与していないことが判明した。つまり、従来より考えられてきたものとは別の、生物学的な機序が背景にあるのではないかと考えている」と述べています。


匂い感じなくなるのは生命活動の終わり?

 その上で「嗅覚が鈍くなる原因」については、感染症やケガ、あるいは薬の服用など多様な理由が考えられるため、嗅覚の鈍化を感じたら「まずは医者に相談すべき」だと述べています。

 この点については、副鼻腔や鼻の問題に詳しい米シカゴ大学外科准教授のJayant Pinto氏も「嗅覚検査を行うと、実際の症状よりも嗅覚を悪く感じている人が多い。食べ物の風味には嗅覚が関与するため、食事が美味しいと感じられるうちはとくに問題はないだろう」といいます。

 陸上の生物は空気中、水中の生物は水中の化学物質を感知する機能が「嗅覚」です。同じく化学物質の受容による「味覚」との違いは、「嗅覚」の場合、(接触しなくても)自らの周辺に散らばっているものを受け取る点にあります。

 要は遠くにあるものでも匂いをキャッチし、その「正体」を知ることもできる点で優れているのです。

 嗅覚は多くの生物にとって、食べ物の探索や危険の感知、生殖活動の誘発など、生命活動に不可欠な役割を果たします。野生動物では、いかに鋭敏に匂いを感知できるかが生存に大きく関わります。ヒトも匂いを敏感に感じ取れなくなるのは、生命活動の終わりを示しているかもしれません。

(Health Pressより)
スポンサーサイト