トマトに驚愕の効果…夏バテ対策や美容に効能

 夏野菜の代表・トマトは南米アンデス地方原産で、15世紀の大航海時代にインゲンマメ、トウモロコシなどと共にヨーロッパへ持ち込まれました。トマトの原種は、アルカロイドと呼ばれる苦み成分をつくり出します。アルカロイドはトマトが害虫から身を守るためにつくり出す物質ですが、人間も苦みを「毒の味」と感じるため、トマトは毒のある植物とみなされ、ヨーロッパでは19世紀まで主に観賞用植物として扱われました。現在市場に出回っているトマトは品種改良を行い、アルカロイドをつくらない品種がほとんどなので、人間に対して毒性はありません。



 日本人は、アンデスの人々同様にトマトが好きな人種です。トマトが好まれる理由は、糖分が低いため夏にぴったりなみずみずしいさわやかさがあり、0.3%ほど含まれるグルタミン酸は日本人の大好きな昆布のうまみ成分と同じ物質です。

ハンバーガーに薄切りトマトを1枚挟むだけでハンバーガーの風味が大きく変わるように、トマトは肉料理、卵料理、米料理から麺類に至るまで、あらゆる料理で彩りや風味を増すために活用されています。

 ところで、店頭に並んでいる一般のトマトと木にぶら下がって完熟したトマトとでは、まったく味が異なります。完熟トマトは糖分が増して甘くなり、さらにフラネオールという香り成分が実の中に蓄積されるため、果実っぽい風味になります。一方で、店頭に並んでいるトマトの多くは緑色の段階で収穫された後に赤くなるため、それらの成分が蓄積しておらず、果実というよりは野菜らしい味がします。日本人は前者の完熟トマト、欧米人は後者の野菜トマトが好きな傾向があります。

フラネオールの構造式


 フラネオールは、イチゴの代表的な香り成分であることからストロベリーフラノンとも呼ばれ、パイナップル、ブドウ、ソバの香り成分です。人間はフラネオールに対して非常に敏感なので、最新の分析装置でも検出できないほどの微量も風味として感じ取ることができます。ワインのようにフラネオールを含む植物を原料とした加工食品の芳醇な香りにも寄与していると考えられますが、どのような食品にどの程度含まれているのかは、まだよくわかっていません。


トマトのリコピンが有害な活性酸素を中和する

 夏野菜と呼ばれるものには、トマトのほかにキュウリ、ピーマン、ゴーヤなどがありますが、夏にこれらの野菜を食べるのが良しとされているのには、理由があります。

 夏の強い日差しを浴びると、紫外線が皮膚の細胞の中にまで到達して、細胞の中で活性酸素をつくり出します。トマトやピーマンは抗酸化物質のリコピンを豊富に含み、有害な活性酸素を中和する作用があります。キュウリやゴーヤは、汗として失われてしまうカリウムやミネラルを豊富に含みます。

このように、夏野菜には私たちが暑い季節に必要としている栄養分が豊富に含まれているのです。夏バテ対策としても、これらの野菜を積極的に摂取したいものです。

 暑い夏にぴったりのトマトですが、「トマトケチャップは好きだけど、生のトマトは嫌い」という人は意外と多いものです。トマトが嫌いな理由として、もっともよく耳にするのは「中心部分の種を含んだグジュグジュの半液体ゼリー質がすっぱくておいしくない」というものです。しかし、このゼリー質には疲労回復や美容にいいとされるクエン酸やリンゴ酸が豊富に含まれているため、実は夏に最適な部位です。


TriviaNews_5810933_7.jpg


そこでオススメなのが、「生トマトに醤油」です。醤油には「抑制効果」という、酸味の強い食品の味に丸みをつける効果があります。また、食欲を増進させ、唾液や胃液の分泌を促して食物の消化吸収を助ける作用があるため、夏バテ対策としてトマトとの相乗効果が期待できます。生のトマトが苦手な人は、ぜひ一度、たっぷりの醤油でトマトを食べてみてください。

(Business Journalより)

スポンサーサイト