FC2ブログ

海外旅行でも使えるスマホ選び

 海外旅行でも日本国内と同じように、スマホが使えるととても便利です。私も初めはオフラインでGoogle Mapだけ使うことを目的に、ベストセラーで安価なHUAWEI P10 Liteを購入しましたが、旅行で役立つアプリを色々インストールしてみたところ、やはりオンラインで使うと用途が広がります。

 そこで30日間1G使えるThreeデータ通信プリペイドSIMを購入したわけですが、これは選び方が逆で、まず渡航先で使われている周波数に対応した機種を選ぶことが先であることに後で気づきました。

 今回の渡航先は北米ですが、カナダを含めこの地域では主にB2(1900MHz)が使われています。ところが購入したHUAWEI P10 Liteは、この周波数には対応していません。3G(W-CDMA) B5(850MHz)で電波を捉えることができると思いますが、場所によっては切れるかも知れません。

 HUAWEI P10または安価なASUS ZenFone 4 Maxを選んでいれば、B2B5共に対応し、北米の他ヨーロッパ、オセアニア、アジアでも使えます。


3機種の対応周波数比較




  


   HUAWEI P10(約60,000円)    ZenFone 4 Max(約26,000円) 


 スマホの買い替え予定があり、海外旅行も計画しているようでしたら、対応周波数が多い機種を選ぶのが賢明だと思います。また、iPhoneの場合、詳しくは調べていませんが2014年発売のiPhone6以降は多くの周波数に対応しているようです。

 なお世界各国の通信方式、周波数はUS版のWikipediaで調べることができます。


ヨーロッパのモバイルネットワーク事業者


南北アメリカのモバイルネットワーク事業者


アジア太平洋地域のモバイルネットワーク事業者


中東およびアフリカのモバイルネットワーク事業者


 またネットワーク事業者とデバイス(スマホ)の互換性を確認するには、下記のサイトで検索できます。


Frequency Check


3機種の検索結果

 Find out if your unlocked phone or mobile device will work with AT&T   (United States).

※ AT&Tは2016年12月31日をもってGSMのサービスは終了しています。

 HUAWEI P10及びASUS ZenFone 4 MaxはLTEは75%、UMTS(W-CDMA)は100%対応してしますが、HUAWEI P10 LiteではLTEは受信できず、UMTS(W-CDMA)に50%しか対応していないことが確認できます。
スポンサーサイト