汝何を悲しまんとするや(BWV107)

 三位一体節後第7主日、1724年7月23日初演されたこのコラール・カンタータは、J.へールマンのコラールの歌詞がそのまま台本に用いられ、自由詩の部分がありません。詩人に台本を依頼できなかったためだと推測されています。

 このカンタータの特徴は、カンタータに初めてフラウト・トラヴェルソが起用されて活躍することです。



 当日の福音書の聖句は、ガラリアの湖畔で群衆と過ごしていたイエスが、7つのパンを裂いて5000人に食べ物を与えた奇跡の物語を語っています。へールマンのコラールの内容では直接ふれていませんが、神信頼という共通の内容を持っています。


 一昨年はフィリップ・ヘレヴェッヘの演奏を聴いたので、今回はピーテル・ヤン・ルーシンク指揮、ネーデルランド・バッハ・コレギウム、オランダ少年合唱団、ルース・ホルトン(S)、ニコ・ファン・デル・ミール(T)、バス・ラムセラール(B)の演奏でお聴きください。




汝何を悲しまんとするや(BWV107)

1.コラール合唱

Was willst du dich betruben,

なぜ悲しみうなだれるのか

O meine liebe Seel?

おお わが愛する魂よ

Ergib dich, den zu lieben,

わが身をゆだね そして愛しなさい

Der heist Immanuel!

インマヌエルと呼ばれるお方を。

Vertraue ihm allein,

ひたすらその方のみを 信頼しなさい

Er wird gut alles machen

その方はすべてを善きものとされ

Und fordern deine Sachen,

あなたに必要な手を差しのべてくださる

Wie dir's wird selig sein!

あなたが幸いとなるように!

2.レチタティーヴォ(バス)

Denn Gott verlasset keinen,

神は ご自身に 依り頼む者を

Der sich auf ihn verlast,

誰をもお見捨てにならない

Er bleibt getreu den Seinen,

神は ご自身に忠実な人々に

Die ihm vertrauen fest.

いつも真実であり続けられます

Last sich's an wunderlich,

その身にいかなる異変が起こっても

So las dir doch nicht grauen!

恐れることはありません!

Mit Freuden wirst du schauen,

喜びをもって あなたは見るでしょう

Wie Gott wird retten dich.

いかに神が救いの手を差しのべてくださるのかを

3.アリア(バス)

Auf ihn magst du es wagen

神を信じつつ立ち向かいなさい

Mit unerschrocknem Mut,

揺るぎない勇気をもって。

Du wirst mit ihm erjagen,

神がいますゆえ 手にできるのです

Was dir ist nutz und gut.

あなたにとっての善きものを。

Was Gott beschlossen hat,

神が定められたことを

Das kann niemand hindern

誰一人 変えることはできません

Aus allen Menschenkindern;

すべての人の子の中からは。

Es geht nach seinem Rat.

それは神の摂理ゆえ

4.アリア(テノール)

Wenn auch gleich aus der Hollen

たとえ地獄から

Der Satan wollte sich

サタンがやって来て

Dir selbst entgegenstellen

あなたの行く手を塞(ふさ)ぎ

Und toben wider dich,

猛(たけ)り狂いつつ襲いかからんとしても

So mus er doch mit Spott

ついには恥辱にまみれ

Von seinen Ranken lassen,

あなたを捕らえんとする企みを

Damit er dich will fassen;

ついには放棄するでしょう

Denn dein Werk fordert Gott.

あなたの行いを神は支えてくださるゆえ

5.アリア(ソプラノ)

Er richt's zu seinen Ehren

神は示される、ご自身の栄光のため

Und deiner Seligkeit;

またあなたがたの幸いのために。

Soll's sein, kein Mensch kanns wehren,

何人(なんびと)もそれを妨げることはできない

Und wars ihm noch so leid.

たとえ それが悔やまれることであっても

Will's denn Gott haben nicht,

神がお望みでないことを

So kann's niemand fortreiben,

何人(なんびと)もそれを続けることはできない

Es mus zuruckebleiben,

そしてそれはなされずに終わるでしょう

Was Gott will, das geschicht.

神の御旨(みむね)こそ成就されんことを

6.アリア(テノール)

Drum ich mich ihm ergebe,

ゆえにわたしはこの身を捧げ

Ihm sei es heimgestellt;

あなたに一切を委ねまつります。

Nach nichts ich sonst mehr strebe,

わたしはそれ以上には何も望まない

Denn nur was ihm gefallt.

神の喜び給(たも)うことのほかは。

Drauf ware ich und bin still,

自分を無にし ひたすら静かに待つのみ

Sein Will der ist der beste,

神の御心(みこころ)こそが最善であり

Das glaub ich steif und feste,

わたしはそれを堅く つよく信じます

Gott mach es, wie er will!

神の御心(みこころ)のままになされますように!

7.コラール合唱

Herr, gib, das ich dein Ehre

主よ あなたの栄光を与えてください

Ja all mein Leben lang

しかり まさにわたしの命の続く限り

Von Herzengrund vermehre,

心の底より いや増して

Dir sage Lob und Dank!

あなたへ賛美と感謝の言葉を言えますように!

O Vater, Sohn und Geist,

おお 父 ・子・ そして聖霊よ

Der du aus lauter Gnaden

あなたの偽りなき まことの恵みは

Abwendest Not und Schaden,

苦悩や艱難(かんなん)をわが身から遠ざけてくれます

Sei immerdar gepreist!

(父・子・聖霊が)永遠(とわ)に崇められますように!

                    対訳:バッハクライス神戸


マルコによる福音書 8章 1-9
 そのころ、また群衆が大勢いて、何も食べるものがなかったので、イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた。「群衆がかわいそうだ。もう三日も私と一緒にいるのに、食べ物がない。空腹のまま家に帰らせると、途中で疲れ切ってしまうだろう。中には遠くから来ているものもいる。」弟子たちは答えた。「こんな人里離れた所で、いったいどこからパンを手に入れて、これだけの人に十分食べさせることができるでしょうか。」イエスが、「パンは幾つあるか」とお尋ねになると、弟子たちは、「七つあります」と言った。そこで、イエスは地面に座るように群衆に命じ、七つのパンを取り、感謝の祈りを唱えてこれを裂き、人々に配るようにと弟子たちにお渡しになった。弟子たちは群衆に配った。また、小さい魚が少しあったので、賛美の祈りを唱えて、それも配るようにと言われた。人々は食べて満腹したが、残ったパンの屑を集めると、七籠になった。およそ四千人の人がいた。イエスは彼らを解散させられた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する