腸内バクテリアが皮膚がんの抑制に効果を発揮する!

 2015年の秋、「腸内バクテリアが皮膚がんの抑制に効果を発揮する」という内容の研究結果が発表され、大きな注目を集めました。現在、製薬会社はこぞって「バクテリアを利用してがんを治療する薬」の開発を行っており、ニュースサイトのBloomberg Businessがその取り組みについてまとめています。


1.png


 2015年11月、シカゴ大学の研究者が、マウスの胃腸に存在するバクテリアが皮膚がんの免疫療法として有効であることを発見しました。研究では人間の消化管内に存在するビフィズス菌をマウスに経口投与し、マウスのメラノーマの成長と、自発的な抗腫瘍性の免疫の働きが観察されたところ、皮膚がんの成長抑制で免疫療法と同程度の効果があったと報告しています。また、ビフィズス菌の投与と免疫療法の両方を実施した場合はメラノーマの成長がほとんどストップしたとのこと。また、別の研究では、フランスの研究者がバクテリアの一種は免疫応答療法を活性化させることを発表。一連の出来事により、製薬会社は人体のマイクロバイオームに大きく興味を示すようになりました。

 Roche’s Genentech divisionで働くDaniel Chenさんは、がんの免疫療法について研究をしている1人。「5年前は『胃腸のバクテリアが免疫系の応答で重要な役割を果たしているの?』と聞かれたら笑い飛ばしていたでしょうが、今では免疫学者の多くがバクテリアと免疫系は大きく関係していると考えています」とChenさんは語っています。研究は順調に行われていますが、これまでに得られた効果は全て一時的なもので、「治療の効果を長期にわたって人体で出し続ける」ということが大きなハードルとなっており、投資者の中には「製品化には少なくとも5年はかかるだろう」と見ている人も。


2.jpg


 しかし、マイクロバイオームやバクテリアと免疫の関係に対する注目は全体的に見て大きくなっており、ネスレは2015年1月に、クロストリジウム属を利用した消化系に効果的な治療法を開発するambridgeという企業に6500万ドル(約74億円)を投資しました。研究がうまくいけば、体にいいバクテリアを含む食べ物やサプリメントが市場に出てくる可能性もあるわけです。

 2015年に炎症性腸疾患に関するマイクロバイオーム薬のライセンス契約をジョンソン・エンド・ジョンソンと結んだと発表したスタートアップのVedanta BiosciencesのCEOであるBernat Olleさんは、製薬会社に興味を持たれる度合いや、どれほど彼らが真剣にこの分野に参入したがっているか、ということから、いかに製薬会社がバクテリアを利用したがん治療に期待を抱いているかがわかる、と語ります。

 また、スタートアップの4D Pharma PLCは2015年11月に動物実験において乳がん・肺がんに有効なバクテリアを発見したと発表。4D Pharma PLCは人を対象とした実験を2016年末にも行う予定で、すでに1億4000万ドル(約160億円)の出資金を集めているとのことです。

 一方で、フランスのENTEROMEは別のアプローチを取っており、バクテリアの分泌物を使った治療法を開発中。これも大きな注目を集めており、2016年3月中に1500万ユーロ(約19億円)の融資が行われる予定だそうです。


3.jpg


 ただし、これまでの研究で、人間のマイクロバイオームのあり方は多様であるため、免疫療法はたとえ一卵性双生児のマウスであっても効果に差があることがわかっています。また、無数にあるバクテリアの中からがん治療に有効なものを特定することや、効果を発揮するのに必要なバクテリアの量を突き止めるのも難しいところで、「ある患者にとっては有効だが、別の患者には有害になる」ということが起こりうるのも今後の課題としてあげられています。

(Bloomberg―Gigazineより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する