リツイートは脳から「力」を奪う?

 リツイートは、現代社会に広く普及していますが、多くの場合、私たちがリツイートする情報の内容をしっかり読んでないとしても、自分の関心のほんの一部を捉えたものを他の人たちと共有することに、大きな問題があるとは思われません。

 しかし、コーネル大学と北京大学の共同研究チームは、それは単に「多分、それほど害はない」という程度の話ではないかもしれないと指摘しています。新たな調査の結果、オンラインでのリツイートまたは情報の共有は、精神的能力を奪っている可能性があるとみられることが分かったのです。精神的能力とは、理解し、回想し、内容を有益に利用することを支援する能力を指します。


4e5d5852a1ff5a42a7f05c102f1298c5.jpg


 仮説を検証するため、研究者らは2つのグループに分けた学生を対象に調査を行いました。中国版のツイッターと呼ばれる「微博(weibo、ウェイボー)」からのメッセージを両方のグループに送り、一方には「リツイートするか、次のメッセージを読むか」の選択肢を与え、別のグループにはリツイートをせず、すぐに次のメッセージを読むよう指示しました。

 学生たちにはその後、メッセージの内容をどの程度理解したか、その内容を思い出せるかどうかのテストを受けてもらった結果、リツイートが認められていたグループの回答には、間違った答えが他方のグループの2倍近くあることが確認されました。内容に関する理解の程度も、非常に低く、リツイートしたメッセージが何についての話だったかは覚えていたものの、内容はあまり理解していませんでした。

 さらに、同じ2つのグループを対象に、同一の条件で追跡調査も行いました。どちらのグループにも、メッセージを受け取った後に無関係の科学雑誌の記事を読んでもらい、その後、メッセージの内容に関するテストを受けてもらいました。メッセージをリツイートしたグループは読んだだけのグループに比べ、理解度に関するテストの結果が非常に悪かったそうです。

 こうした結果の原因は、どこにあるのか。研究者らは、「認知過負荷」が理由ではないかと推測しています。内容ではなく、共有するかどうかについての決定が、精神的能力を流出させているというのです。


積み重なれば影響は大きい!

 コーネル大学人類生態学部の教授によれば、「共有が認知過負荷を引き起こし、それが、その後の課題への取り組みを妨げる」と考えられます。

 「共有するか否か」による精神的能力の流出は、メッセージ一件当たりで考えれば小さなものですが、積み重なれば状況が変わります。1日のうちに(あるいは時間の単位で)、私たちがこうした決定を下す回数がどれだけに上るかを考えてみればよいといいます。

 これらの結果は、認知能力を必要とするその他のあらゆる事柄に対し、大きな損失がもたらされる可能性があることを示しています。前出の教授は、「現実の世界において、学生たちはインターネット上で色々な情報を集め、そうした情報を交換しています。その直後にテストを受ければ、成績に悪影響が与えられていることも考え得る」と話しています。

 私たちは実際に、いつも何も考えずに情報を共有しているのでしょうか。こうした結果が、それを意味しているのかどうかはまだ分かりません。しかし小さな精神的能力の流出が積み重なり、その他の事柄にも悪影響を与えるかもしれないという点は、興味深いところです。

(Forbesより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する