ヨーグルトや漬物で善玉菌を増やして大腸がんを撃退!

 大腸がん患者が増え続けていといいます。女性では部位別がんの死亡数でトップで男性では肺、胃に次いで3位となっており、この順位は2003年以降、変わっていません。しかも大腸がんの患者数は、ここ20年間で2倍以上に増えており、毎年、女性では2万2000人以上のが、男性では2万6000人以上が命を落としています。


腸内環境をいかに整えるかが大腸がん予防のカギ

 大腸がんが増え続ける主な原因は、食事内容の変化です。食事が肉食中心で欧米化してきたため、脂肪を摂りすぎたり、食物繊維が足りなくなったことが、その大きな原因として考えられています。

 また、極端なダイエットも大腸がんの原因の一つです。便となる食物繊維の摂取量が減って便秘になるうえ、善玉の腸内細菌の働きが弱まるためです。


saikin.jpg


 脂肪を摂りすぎて食物繊維が不足した食生活を続けていると、腸内には悪玉菌がはびこるようになります。特にウェルシュ菌は、腸内で肉などのたんぱく質を分解する際にニトロソアミンという発がん性物質を生み出します。これが大腸がんを引き起こす原因となります。

 さらに悪玉菌は、脂肪を分解するために肝臓で作られる胆汁酸を酸化させ、二次胆汁酸という発がん促進物質を生み出します。つまり、腸内の悪玉菌をいかに減らすかが、大腸がん予防にとって重要なカギとなるわけです。

 なお、肉類を食べすぎると胆汁が過剰に分泌され、これも発がん促進物質である二次胆汁酸を増やす原因となります。その意味でも肉類の食べ過ぎは避けましょう。

 大腸がんの予防のためには、まず、肉類を食べすぎず、食物繊維が豊富に含まれている野菜や果物、豆類などをしっかり摂ることが大切です。

 そのうえで、腸内の善玉菌を増やす乳酸菌を多く含むヨーグルトや漬物などの発酵食品を摂っていきます。大腸にビフィズス菌などの善玉菌が増えれば、悪玉菌が減り、ニトロソアミンや二次胆汁酸の発生を減らすこととなります。そのうえ、乳酸菌は免疫力を高めるため、がんになりにくい体を作る効果もあります。

 実際、1994年に、大腸がん罹患率の減少を目指し、国では食物繊維と乳酸菌使った実験が行われ、4年間の追跡調査の結果、その効果が実証されています。腸内環境を整え、大腸がんを防ぐために、ぜひ意識をして乳酸菌の多く含まれている食品を摂取するよう心がけましょう。

 大腸がん予防に関連する乳酸菌は、LKM512株、シロタ株、K-1株、BC90株(アルビン菌)などが挙げられます。


40歳を過ぎたら大腸内視鏡検査を

 大腸がんで、毎年、多くの人が命を失っていますが、大腸がんに罹患している人は、死亡者の2倍以上いるとみられています。これは、大腸がん患者の生存率が、他のがんに比べ比較的高いことも関係しています。早期に大腸がんを見つけることができれば、内視鏡を使った切除などで体への侵襲も少なく、ほぼ完全に治療することができます。



 大腸がんの検査といえば、検診で行われる便の潜血反応を見るものが一般的ですが、がん発見の精度には疑問が残ります。その点、大腸内視鏡による検査は、大腸がんをほぼ100%発見することができ、ポリープや早期がんであれば、その場での切除治療が可能です。

 ただし、これまでの大腸内視鏡の検査は、痛みを伴う辛いものでした。一般的な大腸内視鏡検査では、最初に大量の空気を大腸に入れて内視鏡を進めていきますが、空気で膨らみきった大腸にスコープをうまく進めていくためには、時間がかかるうえ、かなり熟練していないとスコープが腸壁に強くあたって痛みを伴うことになります。

 しかし、最近では空気を送らずに行う無送気法や、空気の代わりに水を少しずつ流してスムーズにスコープを大腸に押し進める水浸法など痛みを伴わない新しい方法がいろいろ開発されています。検査前の麻酔の注射もほとんど必要なく、検査時間も短縮されています。

 40歳を過ぎたら、2年に1度は大腸内視鏡検査を受けることが勧められます。それが無理なら、せめて5年に1度は大腸内視鏡検査を受ければ、大腸がんのリスクをぐんと減らすことができるといいます。これまで躊躇していた人も、今後は大腸内視鏡検査を定期的に受けることが勧められます。

(HealthPressより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する