カフェインの“眠気覚まし効果”は3日以上は続かない!

 平日の平均睡眠時間が6時間を切るような場合、「カフェイン飲料」を頼りにしている人は少なくないと思います。ところが、カフェイン神話を揺るがせる研究報告が、米国・デンバーで開催されたAPSS(睡眠専門家協会)集会で発表されました。

 報告者は、メリーランド州シルバースプリングにあるウォルター・リード陸軍研究所のTracy Jill Doty氏らです。それによると、何日か連続で睡眠不足が続いた後は、意外にもカフェインによる覚せいや精神能力を改善する効果が得られなくなるというものです。



3日目以降はプラセボと同じ結果に

 カフェイン効果を探る研究は、次のような手順で行なわれました。健康なボランティア48人が集められ、一晩の睡眠を「5時間」に制限した条件下で、5日間を過ごしてもらいました。その間、被験者たちは1日2回、200mgのカフェインか有効成分を含まないプラセボ(偽薬)のいずれかを摂取し続けました。

 さらに、目が覚めている間は1時間ごとに知的技能テストが全員に実施され、それが5日間にわたって繰り返されました。

 その結果、最初の2日間こそカフェイン摂取組がプラセボ組よりも優位性を示し、試験成績がよかったのですが、残りの3日間の成績は、逆転までは至らないまでも、プラセボ組との差が認められなくなってしまったといいます。

 前出のDoty氏は「カフェインは睡眠が足りない時の能力低下に抗うために、世間でも広く使用されています。しかし、今回のデータは、1日当たりの有効用量のカフェインを摂取し続けても、複数日の睡眠制限から生じる能力低下を補う(予防する)には不十分であるという事実を示唆しています」と話します。

 そして、平均的なコーヒー1杯分のカフェイン含有量は95mgですが、とりわけ意外だったのは1日2回の、200mgのカフェイン摂取による能力上昇が、3日間(×5時間)の睡眠制限後に失われてしまった点でした。

minkyogeki.jpg

カフェインが効かないのなら、ミカンにリンゴ、スルメやワサビも総動員!?

 であるならば、3日目以降も睡眠時間を削らなければならない強行時期は、カフェイン以外の眠気覚ましを工夫しなければ乗り越えられないという道理になります。

 近年は「フリスク芸人」なるコトバも生まれるほど、清涼菓子の愛好家も増えています。ライバル商品に至っては、粒が通常(0.14g)の7倍(1.00g)もあるメガ版まで登場し、「巨大ミンティア」とも呼ばれています。

 一方、21世紀を象徴する新・四文字熟語とさえ呼びたくなる眠気覚ましドリンク「眠眠打破」シリーズは、現行では最上位の商品も登場。その名も『激強打破』は、含有成分も強烈です。

 その原材料には、スッポン、赤マムシ、サソリ、蟻、ウミヘビ、馬の心臓……。もはや、読むカフェイン飲料か!?

 カフェイン摂取の大きな目的が眠気覚ましや集中力アップにあるならば、エナジードリンクでさらに補完しようと考える人も多いでしょう。

 しかし昨年、24時間営業のガソリンスタンド従業員の男性が、エナジー・ドリンクとカフェイン錠剤を併用し続けた結果、体調不良を訴えるとともに嘔吐で動けなくなり、最後は緊急搬送されたものの死亡したという報道は、記憶に新しい。

 エナジー・ドリンクには、低血糖から生じる脳の働きを活性化されるための砂糖が大量に含まれている、という盲点もあります。最近ではエナジー・ドリンクとアルコール類を混ぜる飲み方も蔓延し、カフェインのマスキング効果から無自覚裡に飲み過ぎてしまう傾向も増えているといいます。

 日本人の体格を鑑みると、健康な成人のカフェイン摂取量は1日当たり400mg(マグカップでコーヒー3杯分)と内閣府の食品安全委員会も提唱しています。その効果も「睡眠不足2晩目まで」というのであれば、他の眠気不足対策も動員してみるほうが賢明かもしれません。

 コーヒーを筆頭とするカフェイン信仰一辺倒ではなく、その香りがα波を取り除いて脳を覚醒させる「ミカン」効果や、丸かじりで脳を刺激して脳を活性化させる「リンゴ」効果。同じく噛む効果が生まれる「スルメ」や、嗅ぐだけで安上りな「ワサビ」効果なども侮れません。

 しかしそこはやはり「眠い時は潔く仮眠に踏み切る」という英断が有効です。米国疾病管理予防センター(CDC)も、成人は一晩に7〜8時間眠るべきであると助言しています。無理は必ずたたります。

(Health Pressより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する