世界初「認知症ワクチン」が誕生。インフルエンザのように予防接種可能に!?

 厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測があります。

 これまで、日本のみならず世界中で治療薬の研究開発が進むなか、オーストラリアとアメリカの共同研究チームが、ブレイクスルーとなる新薬を開発したと大きな話題を呼んでいます。


認知症治療薬に新時代の幕開けか?



 発症の原因によって細かく分類されている認知症。なかでも半数近い人がアルツハイマー型認知症を患っています。今回の新薬も、このアルツハイマー型に有効なワクチンです。

 米政府から多額の資金援助を受けてカリフォルニア大学分子医学研究所と、フリンダース大学(南オーストラリア)の研究チームが共同開発した「認知症ワクチン」が、なぜここまで注目されているのでしょうか?

 これまで進行を遅らせる薬はありますが、認知症を予防する薬は皆無でした。現在、日本でも使用されている認知症治療薬は4種類。どれも発症後に投与され、あくまで「進行を遅らせる」ことに主眼をおいたものです。ところが、研究チームが開発した新薬は、認知症になる前に予防薬として投与できます。


50歳以上は予防接種が可能。初期段階なら回復も期待



 フリンダース大学のNikolai ­Petrovsky医学教授によると、脳内のアミロイドベーターとタウ、2種類のタンパク質の蓄積によって引き起こされる認知症の症状から、このワクチンはそれらを分解させる働きかけをするものだそうです。

 Petrovsky教授は、臨床実験に成功した上での前提ながら、この先3年から5年以内にはこれらのワクチンが実際に医療現場で十分に活用される見込みがあることを「The Australian」に語っています。

 また、高齢者予備軍として50歳以上の人であれば、だれでもインフルエンザと等しく、認知症の予防接種を受けることができるそうです。しかも、驚くことに認知症初期段階の人であれば、このワクチン投与で症状の回復も見込めるといいます。


薬で認知症を治す日は近い?

 アメリカ政府は、このPetrovsky教授の研究を含めた認知症治療薬の開発に、2016年だけで10億ドル(約1,000億円)以上を投資している、と「ABC News」は報じました。

 国際アルツハイマー病協会(Alzheimer’s Disease International、ADI)が発表した報告書によると、世界では毎年新たに約990万人が認知症を患い、2010年の推定値と比較して約30%高い数値だといいます。新薬への需要は非常に高く、ワクチン製品化へのプロセスを是が非でも速めたい米政府の意気込みを感じます。

 いまも、世界中で治療薬開発に向けたさまざまな研究開発が行われています。しかし、結実するまでの道のりは果てしなく、認知症の研究が進んでいるアメリカにおいて、過去20年で101もの新治療薬が開発に失敗した、という事実もあります。

 今回の予防ワクチンが身を結ぶのか。そこに世界が大きく注目しています。

(ABC NewsーTabi Laboより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する