スマホが目の不調を引き起こす!

 スマホなどのディスプレイを見続けることで起こる健康上のトラブルは「VDT(Visual Display Terminal)症候群」と呼ばれ、新たな現代病として注目を集めています。「遠くのものにピントが合いにくい」という症状も、VDT症候群の一つです。スマホ老眼とも呼ばれ、近年のスマホやタブレット端末の普及に加え、スマホが持つ4つの特性も拍車をかけているといいます。



スマホが目の負担になる4つの特性


1.jpg


 さらに、仕事だけでなく日常生活でもスマホを使う機会は増えています。1日を通してスマホを見る時間が増えることは、目の調節機能の不全を引き起こすきっかけとなり、スマホ老眼を増やすことにつながっています。


スマホを長時間使い続けると、ピント調節力が低下する

 老眼とは、「目のピント調節機能の異常」によって起こる症状です。ピントが遠くに合ったままになると手元がぼやけ、近くに合ったままになると遠くがぼやけます。その意味で老眼とスマホ老眼はどちらもピント調節機能不全という点では同じです。

 ピント調節には、レンズの役割を果たす水晶体と、レンズの厚みを変える毛様体筋(もうようたいきん)という筋肉が関係しています。景色など「遠くをみるとき」は毛様体筋がゆるみ、水晶体は薄くなる。一方、スマホなど「近くを見るとき」は、水晶体を厚くさせるため毛様体筋は縮みます。このように、カメラレンズのオートフォーカスのように、水晶体の厚みをスムーズに変えることで、目はピントを合わせています。

無題.jpg

 ところが、スマホを長時間使用し続けると、毛様体筋は縮みっぱなし(緊張状態)になり、すぐに緩まなくなってしまいます。水晶体が厚いまま遠くを見るため、ピントが合わず、ぼんやりします。

 このピント調節機能の不全が、今、巷でいわれている「スマホ老眼」です。スマホ老眼は、医学用語では「仮性近視」のことです。

 40~50代では、老眼が顕著になりピント調節機能はだいぶ衰えますが、まだ余力もわずかに残っています。そんな人たちがスマホの使い過ぎで、スマホ老眼の症状が現れることも珍しくありません。


目のかすみ、ぼやけて見える、肩こりや頭痛も

 スマホ老眼の症状はどのようなものでしょうか。


2.jpg


 これらの症状は、目を酷使した後、すなわち夕方以降に出やすくなります。ただ、一時的なものなので、目を休めると自然に改善します。ひと晩寝たら翌日には元の見え方に戻っているのが通常です。しかし長く続く毛様体筋の緊張状態は、肩や首、頭部の筋肉のこりへと連鎖していきます。


スマホ老眼の行く末は「近視の悪化」

 さらに、ピント調節機能の不全、すなわち“仮性老眼”が長く続くと、老眼ではなく、近視化する傾向にあるといいます。人の体は、与えられた環境に順応するようにできています。近くに焦点が合いやすいように、眼球を変化させて対応しようとします。スマホ老眼は、放置したら老眼になるのかと思いきや、近視化するといいます。目が悪くなるのは、成長期の子どもだけではありません。


スマホ老眼と老眼の違いとは回復するか否か

 老眼におけるピント調節異常は、毛様体筋そのものが老化して、伸び縮みしにくくなることで起こり、改善することはありません。一方、スマホ老眼は、目の調節力の機能不全によるものなので、目を休ませると改善します。そこが大きな違いです。


スマホ老眼はメガネで目の緊張を緩和しよう

 スマホ老眼による肩こりや近視の進行を緩和するには、目を甘やかすことが大切だといいます。そのためには、老眼鏡が一つのツールになります。

 小さい画面上の細かな文字にピントを合わせようと、目の毛様体筋には負荷がかかっています。調節は目ではなく、メガネに任せると目が楽になります。例えば、指先の指紋を見るとき、裸眼でも頑張れば見えますが、虫メガネを使うと指先が拡大され、指先にピントが合って、楽に見ることができるのと同じです。

 近視化を予防するためにメガネをかけるのは、少々矛盾するように感じるかもしれませんが、スマホを長時間使う方は試してみると目が疲れなくなります。眼科医も勧めています。

(日経Goodayより要約)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する