「忙しさ」は脳にいい!

 できる限り長く頭脳明晰であり続けること。これが最近話題のテーマですが、不思議とその方法についてはほとんど知られていません。

 たとえば最近の研究では、頭の体操のためにつくられたコンピューター・プログラムよりも、ヨガや瞑想の方が効果的である可能性があることが示されました。そして今回、オンライン科学雑誌Frontiers in Aging Neuroscienceに発表された新たな研究では、年齢を重ねても忙しく活動している人もまた、記憶力や認知力のテストでより優れたスコアを記録する可能性があるとの所見が示されました。とはいえ、忙しさにも種類があることを覚えておくことも重要です。


1955d7f3e19ae6bfbe168a715bfedb1b.jpg


 テキサス大学ダラス校の研究チームは、記憶力と認知力を異なる複数の側面から測定するために、59~80歳の被験者330人を対象に、神経心理学のさまざまなテストを実施しました。被験者たちは、自分がどれくらい忙しいと感じているかに関することも問われました。「平均的な日はどれくらい忙しいですか?」「やらなければならないことが多すぎて、普段よりも寝るのが遅くなることはどれくらい頻繁にありますか?」などといった質問です。

 その結果、より忙しいと報告した人の方が、そうではない人に比べて作業記憶と推理力が優れており、語彙も豊富でした。また忙しさとエピソード記憶機能、つまり、過去の出来事を思い出す力にも特に強い関連が見られました。

 今の時代、多くの人が「忙しすぎる」と感じ、そしてそのことにストレスを感じることが多いのですが、今回の研究はその忙しさに、新たに前向きな見方をもたらすものとなるかもしれません。

 しかし研究には幾つかの限界もあり、忙しさと認知力や記憶力の関係において、どちらがどちらに影響を及ぼすのかははっきりしていません。忙しいからそれらの機能がより磨かれるのか、それとも、記憶力や認知力が優れているから、より長く忙しく活動し続けることができるのかは、はっきりしていません。

 より教育水準の高い人の方が精神能力が高いため、認知力の低下をより長く食い止めておくことができると示す証拠もあります。あるいは、忙しくしている人は体を動かすことも多く、それが認知機能を維持しているのかもしれません。



 忙しさについての概念の変化についても、指摘しておくべきでしょう。年齢を重ねた人の感じる忙しさは、人との直接のやりとりや社交行事への参加、(デジタルではなく)物理的な活動を伴うゲームや趣味などの取り組みです。これに対して若者は、複数の電子機器を交互に使ったり、ソーシャルメディア上の友人とやりとりをしたりといった、過剰なデジタル活動で忙しさを感じている可能性があります。

 これらの「忙しさ」が長い年月の中で脳とその健康にどのような影響を及ぼすのかははっきりしていなませんが、あまりプラスの影響を及ぼさない可能性があることを示唆する幾つかの証拠があります。そして研究者たちは、忙しさと認知力の関係における重要な要素は「学び」であると見られると指摘しています。

 年齢を重ねても頭脳明晰でいられるためには何が必要なのか、忙しさとどのような関係があるのかについては、今後まださらなる研究が必要です。忙しく活動し続けることが、優れた記憶力や認知力の維持に有効である可能性は十分にあります。

 しかしその忙しさを「何から」感じているのかに留意することが重要です。自分の好きな仕事や新しい趣味、授業や友人との外出から感じているのであれば、そのどれもがおそらく良い影響を及ぼします。しかしフェイスブックのやりすぎや、より不健康な、そしてよりストレスを感じることで過度な負担を負うことで忙しさを感じているならば、脳のために環境を変えるべき時かもしれなません。

(Forbesより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する