「ゴキブリのミルク」未来のスーパーフードに?

 体に良いものは時に見た目が良くないものですが、今回の場合は特にそうです。インド・バンガロールにある幹細胞・再生医学研究所(inStem)などの国際研究チームが最近発表した研究結果によると、ゴキブリが出すミルクには、健康増進効果があるかもしれないのだといいます。

 研究に7年、論文準備に3年を費やしたチームは、ゴキブリの体内で結晶化されたミルクのタンパク質が、多くの栄養を含んでいることを発見しました。含有エネルギーは牛乳のほぼ4倍、水牛の乳の3倍だったといいます。



 研究チームはインド紙タイムズ・オブ・インディアに対し、このタンパク質の結晶は「完全食品」であり、「多くの必須アミノ酸や、特定の脂質や糖質といった、細胞の発達といった重要な活動に必要なエネルギーを蓄える物質」を含んでいると語っています。

 その理由は、40年以上前にさかのぼります。当時、昆虫の繁殖と進化を研究していた科学者で米大学教授のバーバラ・ステイは、ゴキブリの中でも特に体の大きい種類がいることに着目しました。

 彼女の研究を引き継いだ研究チームは2006年、進化に関するさまざまな研究を開始。当初の研究目的には、成長速度の違いや、タンパク質の結晶が生み出される仕組みの解明などが含まれていましたが、ゴキブリのミルクを食用化できる可能性に気付いたのは2013年になってからだったといいます。


 一番大事なのは、ゴキブリの種類で、主に太平洋地域に生息し、卵でなく幼虫を産む珍しい種であるディプロプテラ・プンクタータ(Diploptera punctata)を使う必要があります。ミルクはもちろん雌しか生み出さず、妊娠期間の40~45%が経過した生後54日ほどの個体が最適だといいます。


c838599f.gif

ゴキブリの胚からこぼれるタンパク質結晶


 採取方法は当然ながら、牛乳やアーモンドミルクとは全く異なります。ゴキブリをつぶすことなく殺し、腹部を切り開いて光沢のある結晶化したミルクを取り出します。保存は比較的簡単で、酸度やアルカリ度が低い中性のpH値環境に置いておきます。

 取り出されたミルクは「結晶」と表現されていることから分かる通り、スーパーで売っているような白い液状のミルクではありません。果敢にも味見した研究者によると、「味は全くしない」といいます。このため、将来的に製品化される場合、アーモンドミルクや牛乳のアイスクリームのような形ではなく、プロテインドリンクやサプリメント、エナジーバーなどの形態が最適だろうと、研究チームは語っています。

 研究チームは製品化を目指し、安全性の確保に必要な情報であるミルクの立体構造の解明を進めています。生物工学を用い、同じタンパク質をゴキブリではなく酵母に生産させる方法も期待を集めています。うまくいけば10年以内にも製品化が実現する可能性があるといいます。

(Forbes、Karapaiaより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する