口臭の原因となる歯周病は「乳酸菌」で防ぐ!

 30歳以上の約8割が罹患しているといわれる「歯周病」。ポピュラーな病気とはいえ、口臭の原因となったり、ひどくなると歯が抜けたり、さらには全身に影響を及ぼすこともあります。


koushuu-710x400.png


 乳酸菌は、そんな歯周病を予防したり虫歯を防ぐ効果があることも認められている、オーラルケアにも強い味方だといいます。


口臭の最大原因である「歯周病」は怖い病気

 口臭には、いろいろな原因があり、ニンニクやニラなど臭いの強いものを食べたり、虫歯、消化器系の病気、糖尿病など全身の病気が原因となることもありますが、最も大きな原因となるのは歯周病です。

 歯周病は、口内の細菌感染によって引き起こされる炎症性の疾患。厚生労働省の調べでは、20歳代の7割、30~50歳代の8割、60歳以上にいたっては9割が罹患しているとされています。

 このように多くの人が罹患している病気ですが、実は決してあなどってはいけないといいます。歯周病は、歯と歯肉の境目に細菌が停滞し、歯肉が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。進行すると「歯周ポケット」とよばれる歯と歯肉の間に深い境目ができ、歯がグラグラ動くようになり、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

 さらに最近の研究では、歯周病の原因となった菌や病原因子などが血管を通じて身体中にまわり、心疾患や糖尿病、誤嚥性肺炎など全身の疾患にも影響を及ぼすことが解明されてきました。歯周病は虫歯と違って痛むわけではないから放置しがちですが、進行すると実は命にもかかわる危険な病気です。



 歯周病を引き起こすのは口の中に住む細菌です。その数は、約300~500種類、約60億個。これらの菌は、腸の中と同じく乳酸菌をはじめとする「善玉菌」と、歯周病を引き起こすジンジバリス菌のような「悪玉菌」に分けられます。

 このような悪玉菌は、歯と歯茎の間で食べ物のカスをエサに増殖し続け、歯周ポケットを形成します。その際、メチルメルカプタンやインドールなどの臭気物質を排出し、それが強い口臭を放つこととなります。

 歯周病の進行を防ぐためには、口の中の善玉菌である乳酸菌を増やせば有効であることが、いろいろな実験で証明されています。

 たとえば、歯周病の原因菌となる代表的な悪玉菌の3種類に乳酸菌LS1を加えて培養したところ、24時間で3菌ともほぼ死滅したという報告があります。また、57名の被験者に乳酸菌LS1を毎日服用してもらったところ、4週間後、歯周病の原因となる菌数は20分の1に減少。口臭測定装置で口臭があると判定された20名の被験者は、乳酸菌服用後8週間、3分の2は口臭が消失、口臭が残っているとされた残り3分の1の人たちも明らかに口臭の減少が認められたといいます。


歯周病予防だけでなく、虫歯予防にも有効な乳酸菌

 虫歯を作るのは、歯周病菌とはまた違った「ミュータンス菌」という悪玉菌です。ミュータンス菌は、砂糖をもとにして不溶性グルカンというベトベトした糊のような物質を作り出し、自分の体を歯の表面に付着させて増殖を始めます。

 乳酸菌を服用すると、この不溶性グルカンが明らかに減少することが臨床実験で証明されています。不溶性グルカンが作り出されなければ、虫歯菌が長時間、歯に付着することができなくなり、虫歯の発生そのものが抑制されることとなります。乳酸菌は歯周病だけでなく虫歯予防にも有効というわけです。

 歯周病や虫歯を防ぐためには毎日の歯磨きが欠かせませんが、乳酸菌はオーラルケアにも強い味方となってくれます。虫歯予防のためにLS1菌などの入ったヨーグルトで歯磨きをする方法もありますが、最近はタブレットなども販売されています。

(HealthPressより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する