オートファジーを活用し、難病治療の研究広がる

 ノーベル生理学・医学賞に決まった大隅良典・東京工業大学栄誉教授が解明した「オートファジー」を活用して病気の治療を目指す研究が広がっています。順天堂大学と慶応義塾大学はパーキンソン病の原因物質を取り除く化合物を特定。東京医科歯科大学は膵臓がん、新潟大学は肝臓がんなどの治療に使えそうな物質を見つけました。近い将来、難病治療を大きく変える可能性もあるといいます。


PB1.jpg


 オートファジーは不要になったたんぱく質などを分解してリサイクルする仕組みですが、オートファジーをつかさどる遺伝子が正常に働かないことで発症するとされる病気は多く、例えば、体のふるえや筋肉のこわばりなどが起こるパーキンソン病はオートファジーが正常に働かなくなった結果、アルファ・シヌクレインというたんぱく質を分解できなくなり、脳内に大量に蓄積することで神経細胞が死んで発症すると考えられています。

 順天大の斉木臣二准教授と慶大の井本正哉教授らが見つけた化合物は、オートファジーの働きを高めることでアルファ・シヌクレインを取り除きます。シヌクレインが異常にたまるようにしたラットの細胞を使い、1600種類の化合物を試して、ある化合物が効果が高いことを突き止めました。

 細胞にふりかけて2日後に調べると、オートファジーが促進されました。原因たんぱく質が少なくなって神経細胞の死滅も減りました。動物実験で安全性を確かめ、3年後の臨床試験実施を目指します。

 がんの治療に応用する研究も進んでいます。一般に、がん細胞はオートファジーを活性化させることで、自らの細胞内のたんぱく質の分解を促し、増殖に必要な栄養素を得ます。しかし、その働きが過剰になると、がん細胞が細胞内のたんぱく質を分解し尽くして死にます。

 東京医科歯科大学の清水重臣教授らは、オートファジーを過剰に働かせることで治療する薬の開発に取り組んでいます。マウスを使った実験で、オートファジーを過剰に活性化させてがんを縮小する可能性のある化合物を見つけました。従来にない新たなメカニズムの抗がん剤開発につながるといいます。

 肝臓がんでは、オートファジーが働かないと、がん細胞の増殖を促すたんぱく質が増えやすくなります。新潟大の小松雅明教授らは、肝臓がんの細胞に蓄積するp62というたんぱく質に注目しています。

 正常な細胞では、p62はオートファジーによって分解されます。肝臓がんの細胞はオートファジーの働きを抑えることでp62を増やし、増殖しやすい環境を作り出します。小松教授らはp62の機能を弱めてがん細胞の増殖を抑える化合物を見つけました。オートファジーの機能を高めてp62の分解を促す物質探しにも取り組んでいます。

(Nikkei Web刊より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する