夜間頻尿は死亡率が2倍も高くなる!

 就寝中にトイレに起きる回数は、50歳以上の中年以上なら1回が標準ですが、3回以上起きる「夜間頻尿」は、高齢者の寿命を縮める可能性があり、夜間頻尿の人は、70代なら男性のおよそ30%で女性のおよそ15%と高いといいます。

 北欧の高齢者グループを4年間にわたって追跡調査した疫学研究によると、夜間頻尿の人は、夜間頻尿でない人よりも、およそ2倍の高い死亡率を示しています。しかも、高齢者が夜中に何度も起きてトイレに行けば、転倒して骨折するリスクが高まり、骨折による肺炎を併発しやすくなります。

睡眠中の呼吸障害が引き起こす危険

 高齢者だけではありません。20代、30代、40代でも、夜中に必ずトイレに起きる人は、酷いいびきをかいたり、睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群に罹っている恐れがあります。

 いびきは、睡眠中に気道が狭くなるため、空気が通る時にのどが振動して音が鳴る状態。睡眠時無呼吸症候群は、10秒以上の無呼吸の状態が、1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある疾患で、いびきや睡眠時無呼吸症候群の主因は、扁桃肥大のほか、肥満、アルコール依存、仰向けの睡眠姿勢、加齢、鼻詰まりなどです。

 このような睡眠中の呼吸障害が長期間続くと、ストレスによって交感神経の緊張が強まるため、高血圧や心疾患を合併し、睡眠不足による交通事故などを起こす危険性があります。

 また、夜中は日中よりも尿量が少なくなりますが、糖尿病、心臓病、腎臓病に罹ると、夜中の尿の回数も、尿量も多くなります。夜間頻尿は、重大な疾患を警告するSOSなのです。ちなみに、1日の排尿回数は4~8回程度、1回の尿量の平均量は200~400ml程度です。

おしっこが近いのは「膀胱の動脈硬化」という排尿障害

 なぜ夜間頻尿という排尿障害が起きるのでしょう? 尿は、ウエストまわりの背骨を挟んで左右に1つずつある腎臓で作られます。大人なら毎日約1.5tもの血液が腎臓に運ばれ、腎臓は血液から老廃物を濾過し、必要な栄養分を再吸収します。余分な水分や老廃物は尿管を通って膀胱に運ばれて尿になります。大人なら1分間当たり約1cc、1日当たり約1000~1500ccの尿が作られます。

1.jpg

 膀胱は、伸び縮みするので、尿がない時はしぼんだ袋状ですが、尿が増えると丸く脹らみ、最大600ccの尿を溜めます。膀胱に尿がおよそ半分程度(約150cc)溜まると、膀胱の筋肉が感知した圧力信号が脊髄から脳に伝わり、尿意を感じます。尿意を感じると、脳の排尿命令が脊髄から膀胱と尿道に伝わります。

 尿道の付け根にある蛇口のような尿道括約筋が、尿を排出するかしないかを制御しています。尿意が強まり、尿道括約筋が緩んで尿道が開くと、膀胱の排尿筋が収縮するので、ポンプのような仕組みで尿が排泄されます。

 腎臓から膀胱までの排尿の仕組みに男女差はありませんが、尿道の構造に違いがあります。つまり、男性は尿道が長く、L字型に曲がっていますが、女性は尿道が短く、まっすぐ下に伸びているため、頻尿や尿失禁(尿もれ)を起こしやすいわけです。このように尿を十分に溜め、尿をスムーズに出す仕組み、それが排尿の働きです。

2.jpg

 夜間頻尿などの排尿障害は、尿が十分にたまらないうちに尿意を急に感じる過活動性膀胱のほか、回数が増える、夜中にトイレに起きる、尿が細い、力まないと出ない、排尿に時間がかかる、残尿感があるなどの諸症状が現われます。

 尿が十分にたまらないうちに尿意を急に感じる過活動性膀胱が起きるのは、膀胱の筋肉が硬くなると、尿が少し溜まっただけで膀胱内の圧力が高まるからです。つまり、膀胱の筋肉が硬くなる、いわば「膀胱の動脈硬化」によって血液の流れが悪化すると、尿が近くなります。さらに、糖尿病に罹ると、血流と自律神経の伝逹が悪化し、神経が過敏になるため、尿意を感じやすくなります。膀胱の動脈硬化は、血液の流れが悪くなれば、心臓や脳が心筋梗塞や脳梗塞を起こすのと同じ理屈です。

 さらに、尿意を感じやすくする要因がストレスです。強いストレスを受けると、交感神経は尿意を強め、膀胱の尿の出口と尿管を締めるため、排尿障害につながりやすいといいます。

尿が出にくい、時間がかかる、尿の間隔が近くなるのはなぜ?

 尿が出にくい、時間がかかる、尿の間隔が近い(頻尿)になるのも、交感神経が尿の出口を締めているからです。前立腺が肥大化したり、血圧が上昇すると、さらに交感神経の働きが強まるので、尿がますます出にくくなります。

 最近の生活習慣病の疫学研究によれば、一酸化窒素(NO)の激減が排尿障害をはじめ、高血圧、糖尿病、動脈硬化症、うつ病の発症に関わっていることが分かっています。一酸化窒素(NO)が激減するのは、活性酸素による酸化と糖化が原因です。活性酸素は、カロリー過多の食事、喫煙、紫外線、放射線によって増え、糖化は、高血糖、高果糖のほか、揚げ物などの過食によって起きます。

 血管や神経組織でアルギニンというアミノ酸から作られる一酸化窒素(NO)は、全身の平滑筋を緩めることから、尿の出口も緩めるため、尿が出にくい、時間がかかる、尿の間隔が近くなるなどの排尿障害が緩和されます。

 さらに、交感神経を抑えながら、一酸化窒素(NO)を増やす方法は適度な運動です。少し汗ばんだり、心拍数が上がる程度の軽い有酸素運動、たとえば、毎日15分の早歩きする、ストレッチする、ゆっくり入浴するなどを習慣化すれば、交感神経の過活動が抑えられるので、排尿障害はかなり和らげられるといいます。

 夜中に3回以上トイレに起きる夜間頻尿は、睡眠障害の元凶です。心配な人は、泌尿器科の診断・治療を必ず受けましょう。

(HealthPress、画像は花王ヘルスケアナビ他より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する