マグロ過食に注意!妊婦から胎児へ影響

 水俣病のような神経障害を引き起こすよりはるかに低い濃度でも、マグロやメカジキなどメチル水銀を比較的多く含む魚介類を妊婦が食べ過ぎると、妊婦のメチル水銀摂取が胎児の発達に悪影響があることが仲井邦彦・東北大教授らの研究で明らかになったといいます。日本は水俣病を経験しながら、これまで低濃度のメチル水銀の健康影響について研究が進んできませんでした。妊娠中にメチル水銀を多く含む魚種を控えることで防げるリスクだけに、妊婦の食生活の注意点について周知徹底する必要があるといいます。


3.jpg


 2002年から、魚をよく食べていると考えられる東北地方沿岸の母子約800組を継続的に調査。母親の出産時の毛髪に含まれるメチル水銀濃度を測定し、子に対しては1歳半と3歳半の時点で国際的によく用いられる検査で運動機能や知能の発達を調べ、両者の関係を分析しました。

 毛髪のメチル水銀濃度は低い人が1ppm以下だったのに対し、高い人は100ppmを超えていました。世界保健機関などは、水俣病のような神経障害を引き起こす下限値を500ppmとしています。

 濃度が最高レベルの人たちの子は最低レベルに比べ、1歳半時点で実施した「ベイリー検査」という運動機能の発達の指標の点数が約5%低く、乳幼児期の運動機能は将来の知能発達と関連があるとされます。3歳半時点の知能指数検査では男児のみ約10%の差があり、海外の研究で、男児の方が影響を受けやすいことが知られています。


2.jpg


 厚生労働省は2005年、海外の研究を基に、妊婦に対しメチル水銀の1週間当たりの摂取許容量を体重1キロ当たり100万分の2グラムと決めました。厚生労働省はこれに基づき、クロマグロの摂取は週80グラム未満とするなどの目安を示しています。今回の調査では約2割がこれを超えていたと考えられるといいます。

 研究チームの仲井邦彦・東北大教授は「目安を守れば、影響は心配しなくてよいと考えられる。魚には貴重な栄養も含まれており、妊婦が魚を断つことは好ましくない。食物連鎖の上位にいるマグロなどを避けサンマなどを食べるなど、魚種を選ぶことが大切だ」と話しています。


メチル水銀とは


1.gif


 水銀は地殻や土壌に含まれ、火山噴火や石炭の燃焼、金の採掘などに伴って排出されます。これが水中や土壌中で微生物の働きなどによって化学変化し、メチル水銀が生成されます。海水にも含まれ、食物連鎖によって徐々に濃縮し、上位に位置するクロマグロなどで濃度が高くなります。水俣病は、工場排水中の高濃度のメチル水銀が原因でした。

( 毎日新聞他より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する