赤い食材「アスタキサンチン」は目の救世主!

 業務中はパソコン作業、通勤時間や休憩中にはスマートフォン…。なにかと目を酷使する環境の中にいると、「疲れ目」「眼精疲労」といった不調が現れやすく、積み重なると肩や首のコリにつながり、仕事の効率を下げる原因になってしいます。2015年4月に始まった機能性表示食品制度でも、眼精疲労に効く成分として、ブルーベリー、アントシアニン、ルテインなどが脚光を浴びていますが、中でも、アスタキサンチンが注目されています。


アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンCの6000倍!

 アスタキサンチンは、海藻やサケ、エビ、カニ、イクラなどの魚介類に含まれる赤い色素。自然界に広く見られる色素であるカロテノイドの一種です。カロテノイドにはほかにもリコピン、ルテイン、βカロテンなど600種類以上が知られており、総じて抗酸化作用を持ちますが、数あるカロテノイドの中でもアスタキサンチンの抗酸化力は非常に強いことが知られています。その抗酸化力はβカロテンの5倍、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍に相当するといわれ、以前から化粧品や美容食品の成分として活用されていました。



「毛様体筋の震え」に着目し、眼精疲労の改善を証明

 アスタキサンチンは、強い抗酸化作用で目の新陳代謝を良好にし、血流を促す働きがあります。それにより目の疲労が軽減され、ピント調節機能もスムーズに。VDT作業(パソコンなどの画面を見て行う仕事のこと)をする人だけでなく、老眼で目が疲れやすい人にも向いているといいます。眼精疲労は、通常の休息では回復しない目の疲れ。目のみならず、肩こりや頭痛といった体の症状も引き起こしてしまいます。

 特に働き盛りのビジネスパーソン世代には、長時間手元を見る作業やパソコン業務などで毛様体筋が縮みっぱなしの人が多いので、目の血流が悪くなり、ピント調節機能が低下、疲労物質も溜まり、眼精疲労へとつながりやすくなります。

 眼精疲労が回復したかどうかを評価するポイントが、毛様体筋の震えで、腕の筋肉を例に挙げると、重いモノを持つとプルプル震え、限界に近づくと何も持たなくても震えていることがあります。毛様体筋も同様で、疲れが溜まると震え、疲れがピークに達するとピント調整していないときでも震え続けます。

 実験では、1日6mgのアスタキサンチンを2週間摂取したグループとしないグループに、30分間ゲーム機を操作してもらい、操作直後と、その後30分の休憩後の調節微動(毛様体筋の震え)を測定しました。その結果、アスタキサンチンを摂取したグループでは、調節微動の指標が低下したといいます。

2.jpg

30~42歳の健康な男女10人に30分間IT機器を操作させた後、20分間アイマスクを付けて休息させた。2週間にわたり、夕食後にアスタキサンチンを6mg摂取させ、摂取前(0日目)と摂取後(14日目)の調節微動を比較。摂取前と比較して、HFC値(調節微動の高周波成分)の変化量に有意差(p<0.05)が認められた。


サプリメントは朝に摂っておく

 アスタキサンチンは体内で作ることができないので、食べ物で摂取する必要があります。アスタキサンチンを多く含んでいるのは、サケ、キンメダイ、エビ、カニ、イクラなどの赤色の魚介類。1日の摂取量の目安は約6㎎といわれ、サケの切り身なら2~3切れ、エビでは10匹くらいに相当します。食品だけで摂るのが難しい場合はサプリメントに頼ってもいいそうです。

 アスタキサンチンは「目を疲れにくくさせる」のではなく、「疲れから早く回復する」ことが主な効能。朝に飲んでおくと、会社へ出勤して仕事にとりかかるころから効き始め、眼精疲労の回復を早めます。目が疲れたと感じてから摂るのでは遅いといいます。

(Nikkei Goodayより要約)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する