なぜシャツのボタンは男女が左右逆なのか?

 もともと日本は和服文化で、シャツは外国から入ってきたものです。そのシャツのボタンは、男性は自分から見て右側に付いていて、それを左側の穴に通す形となっています。しかし女性はその逆です。



一体なぜ男女で違いがあるのだろう?

 今では日本でもあたりまえのように着用しているシャツですが、男性のシャツはボタンが自分から見て右側についています。右利きの男性がボタンを留めやすいようになっています。それに対し、女性のシャツはボタンが左側についています。大多数の人は右利きなので、女性のシャツだってボタンが右側にあるべきでしょう。

 女性のシャツのボタンが左についている決定的な理由はないが、わずかながらいくつかの説があるといいます。


1. 母親になるから



 母親は昔からたいてい左手で赤ちゃんを抱き、利き手の右手がフリーになります。右側からスムーズにシャツをはだけて簡単に授乳ができるようにするために、左側にボタンが縫いつけられているといます。


2. 馬に片鞍乗りするから



 昔は女性は馬に乗るとき、またがるのではなく、馬の左側に両脚をたらす片鞍乗りをしていました。馬で走るときに女性のシャツの胸にあまり空気が入らないよう、ボタンが左側につけられていたといいます。


3. 上流階級の女性は使用人に服を着せてもらっていたから



 ボタンをつけた洋服が生まれたのは13世紀頃のヨーロッパと言われている。その当時、ボタンがついているような高級な服を着ることができたのは上流階級のみでした。

 当時男性は自分で洋服を着ていたが、女性は使用人に服を着せてもらっていました。使用人はほとんど右利きだったので、女性の服のボタンをかけやすいように、左側に縫いつけられていたといいます。

 いずれにせよ当時の名残で、男性と女性のボタンは左右逆のまま今日に至っています。そもそも洋服と言われるものには謎が多いのです。


 例えば、ジーンズのポケットについている小さなリベット(鋲)。いったい何のためについているのでしょう?



 実はリベットのおかげでにジーンズの強度が上がっているのだそうです。これは、炭鉱夫がジーンズを履いていた時代にさかのぼります。

 リーバイス・ジーンズでおなじみの、リーヴァイ・ストラウスが、どのくらいの頻度でジーンズを洗濯すべきかという問題に挑戦し、このリベット補強ジーンズを考案し特許を取得しています。

(Mirror Online―翻訳:Karapaia)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する