糖尿病患者は健常者より平均余命も障害がなく過ごせる期間も短い!

 厚生労働省の調査によれば、2014年の日本人の平均寿命は男性80.50歳、女性86.83歳です。高度な医療システムの革新、公的保険制度の運用、健康的な食生活や栄養管理、国民の健康意識など、長命長寿を支えるファクターに恵まれていることから、日本は世界一の長寿国になりました。一方、日本人の死因は、がん、心疾患、脳血管疾患が上位を占めます。

 とりわけ糖尿病は、最近の研究によると、がん、心疾患、脳血管疾患の発症リスクを高める重篤な難病です。しかも糖尿病が引き金になって発症する腎不全は、血糖コントロールの不良が続けば、全身の免疫力やホメオスタシス(恒常性)が低下するため、肺炎などの呼吸器疾患を合併する恐れがあります。



70歳以上では男性の4人に1人、女性の6人に1人が糖尿病有病者

 2015年12月の厚生労働省『平成26年患者調査の概況』によれば、国内の糖尿病の患者数は316万6000人で、2011年調査の270万から46万6000人も増え、過去最高を記録。2015年11月の国際糖尿病連合(IDF)の『糖尿病アトラス 第7版』では患者数720万人となっています。

 生活習慣病関連の患者数は、高血圧性疾患1010万8000人、高脂血症206万2000人、心疾患172万9000人、がん162万6000人、脳血管疾患117万9000人。高血圧性疾患に次いで糖尿病が急増している状況が読み取れます。

 2015年12月の厚生労働省『平成26年国民健康・栄養調査』によれば、糖尿病有病者(HbA1c値6.5%以上の糖尿病が強く疑われる人)の割合は、男性15.5%、女性9.8%。20〜79歳の8.8%、11人に1人が糖尿病有病者です。50歳を超えると増えはじめ、70歳以上では男性の4人に1人(22.3%)、女性の6人に1人(17.0%)が糖尿病に悩まされています。

 2015年11月の厚生労働省『平成26年人口動態統計の概況』によれば、糖尿病による死亡数は年間1万3669人(男性7265人、女性6404人)を数えています。糖尿病による死亡は、糖尿病の合併症や糖尿病に起因する疾患によって死亡するケースが多いといいます。


糖尿病患者は何歳まで生きられる? 少しずつ改善される糖尿病患者の平均余命

 1型糖尿病患者の「平均余命」と「平均寿命」を追跡した研究があります。ある年齢の人々が何年生きられるかの期待値が「平均余命」、0歳の平均余命が「平均寿命」です。

 2015年1月、英国スコットランドのダンディー大学は、20代前半の1型糖尿病患者2万4691人を対象に平均余命を調査しました。その結果、1型糖尿病患者の平均余命は、健常者より男性が11.1年、女性が12.9年も短かったそうです。

 ただし、1975年に米国で行われた調査では、1型糖尿病患者の平均余命は、健常者より27年も短かったことから、40年間でかなり改善されたのは確かです。

 なお、1型糖尿病患者の70歳生存率は、健常者では男性が76%、女性が83%に対して、2型糖尿病患者では男性が47%、女性が55%とやや低くなっています。

 2015年12月30日、米国疾病予防管理センター(CDC)の研究チームは、1998~2012年の15年間にわたって、50歳以上の米国人2万人以上を追跡し、糖尿病と身体機能の障害、移動・食事・更衣・排泄・入浴などの日常生活動作(ADL)との関連を分析。その研究成果を米国糖尿病学会(ADA)の医学誌『Diabetes Care』に発表しました。

 この研究によると、糖尿病患者は健常者より4.6年早死し、ADLの障害は健常者より6〜7年早く進行し、1〜2年間継続しています。3つ以上の身体障害をもつ割合は、健常者の男性12〜16%に対して、糖尿病の男性20〜24%と、ADLの低下や身体障害が死期を早めています。

日本糖尿病学会2007年の調査より


平均余命も障害がなく過ごせる期間も短い

 さらに、2016年4月14日のEASD欧州糖尿病学会誌『Diabetologia』オンライン版によれば、オーストラリアメルボル市にあるベイカーIDI心臓・糖尿病研究所のDianna Magliano氏は「成人の糖尿病患者は、健常者より平均余命が数年短く、障害がなく過ごせる期間も短い」と発言しました。

 Magliano氏の報告によると、1型糖尿病も2型糖尿病も、50歳の平均余命は男性が30年、女性が34年。障害なく過ごせる期間は発症後12~13年、健常者より男性が8.2年、女性が9.1年も短く、障害を伴う期間は男性が17年、女性が21年でした。

 ニューヨーク市のモンテフィオーレ医療センター臨床糖尿病センターのJoel Zonszeinセンター長は「米国の糖尿病患者の3分の1は発症に気づいていない。気づいても3分の1は治療しない。高血圧や脂質異常症を合併し、血糖降下療法でも半数以上は目標値に達しない。糖尿病治療をより早期から積極的に行わなければならない」とコメントしています。

 地球上の糖尿病有病者数は4億1500万人。生活習慣病や肥満の余波は、世界を糖尿病に陥れています。糖尿病に伴う血糖値の上昇は、失明、運動障害、下肢切断などの血管合併症を招きます。2040年までに6億4200万人、25歳以下の人々のおよそ3分の1が発症する恐れがあります。

 糖尿病患者は短命です。しかし早期の予防処置、生活習慣の見直し、適切な血糖降下療法、食事療法、運動療法を組み合わせて症状を改善すれば、合併症を予防できます。「死に至る病」を避けられ、健常者と変わらない寿命を全うできます。1型糖尿病と健常者の寿命の差は縮まっています。糖尿病発症の機序を解明するさらなる臨床研究が急がれます。

(HealthPressより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する