かれらみなサバより来たらん(BWV65)

 今日は公現祭です。復活祭,聖霊降臨祭とともにキリスト教最古の三大祝日の一つで、東方よりの博士 (王) の来貢、イエスの受洗、およびカナでのイエスの最初の奇跡を通して神が世に現れたことを記念する日です。

 このカンタータは1724.1.6にライプツィヒで初演されました。


「マギの礼拝」ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ


 歌詞には福音書の書簡に代わり、旧約聖書からイザヤ書が選ばれ、BACHも冒頭合唱の歌詞にこの部分(イザヤ書60章6節)をそのまま使い、シバから王たちとたくさんの人々が捧げものを携えて祝福にやって来るという喜ばしい曲になっています。


 ポール・マクリーシュ指揮、ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズ、チャーリー・ダニエルズ(T)、ピーター・ハーベイ(B)の演奏でお聴きください。





かれらみなサバより来たらん(BWV65)

1.合唱

Sie werden aus Saba alle kommen,

もろびと シバより 来たり

Gold und Weihrauch bringen

宝を ささげ

und des Herren Lob verkündigen.

主の ほまれ のべ伝えん

2.コラール(合唱)

Die Kön'ge aus Saba kamen dar,

来たれる シバの 君

Gold, Weihrauch, Myrrhen brachten sie dar,

ささげぬ 貴き 宝を

Alleluja!

アレルヤ アレルヤ

3.レチタティーヴォ(バス)

Was dort Jesaias vorhergesehn,

かくて イザヤの 予見は

Das ist zu Bethlehem geschehn.

ベツレヘムに 現わる

Hier stellen sich die Weisen Bei Jesu Krippe ein

博士ら イェスの もとに 来たり

Und wollen ihn als ihren König preisen.

おのが 君と あがめまつる

Gold, Weihrauch, Myrrhen sind

ささぐる 宝

Die köstlichen Geschenke,

黄金(おうごん) 乳香(にゅうこう)

Womit sie dieses Jesuskind

没薬(もつやく)は

Zu Bethlehem im Stall beehren.

み子を 敬わんとてなり

Mein Jesu, wenn ich itzt an meine Pflicht gedenke,

わが イェス、いま われも ささぐべし

Muß ich mich auch zu deiner Krippe kehren

なが 馬ぶねの もとに 至り

Und gleichfalls dankbar sein:

感謝の 心を

Denn dieser Tag ist mir ein Tag der Freuden,

今日こそ 喜びの 日

Da du, o Lebensfürst,

汝 いのちの 主

Das Licht der Heiden

世の 光 いでたまえば

Und ihr Erlöser wirst.

何を ささげん

Was aber bring ich wohl, du Himmelskönig?

天(あま)つ 君よ

Ist dir mein Herze nicht zuwenig,

なれは わが 心をも

So nimm es gnädig an,

受けたまえば

Weil ich nichts Edlers bringen kann.

宝は これなり

4.アリア(バス)

Gold aus Ophir ist zu schlecht,

黄金(こがね)も むなし

Weg, nur weg mit eitlen Gaben,

失せよ あだなる 宝

Die ihr aus der Erde brecht!

地に 生(な)れる もの

Jesus will das Herze haben.

イェスは 心を 求む

Schenke dies, o Christenschar,

そを 主に ささげよ

Jesu zu dem neuen Jahr!

新たの 年に

5.レチタティーヴォ(テノール)

Verschmähe nicht,

み光よ みとめたまえ

Du, meiner Seele Licht,

わが ささぐる 心をば

Mein Herz, das ich in Demut zu dir bringe;

かかる ものにも

Es schließt ja solche Dinge

み霊(たま)の 実(み)の

In sich zugleich mit ein,

宿れる なれば

Die deines Geistes Früchte sein.

信仰と 祈りと

Des Glaubens Gold, der Weihrauch des Gebets,

耐え忍ぶ 心こそ 宝

Die Myrrhen der Geduld sind meine Gaben,

わが ささぐる もの

Die sollst du, Jesu, für und für

受けたまえ

Zum Eigentum und zum Geschenke haben.

とわに 主よ

Gib aber dich auch selber mir,

されど 主は

So machst du mich zum Reichsten auf der Erden;

われに その 身を たまえば

Denn, hab ich dich, so muß

われは ああ かの日

Des größten Reichtums Überfluß

み国にて 大いなる

Mir dermaleinst im Himmel werden.

富に みち溢れん

6.アリア(テノール)

Nimm mich dir zu eigen hin,

受けたまえ われを

Nimm mein Herze zum Geschenke.

わが 魂は ながもの

Alles, alles, was ich bin,

わが 持てる すべて

Was ich rede, tu und denke,

語り 行うところ

Soll, mein Heiland, nur allein

そは ただ わが 主の

Dir zum Dienst gewidmet sein.

ために あり

7.コラール

Ei nun, mein Gott, so fall ich dir

いざ 主よ ゆだねん

Getrost in deine Hände.

われを なが み手に

Nimm mich und mach es so mit mir

取りて 為したまえ

Bis an mein letztes Ende,

終りの 時まで

Wie du wohl weißt, daß meinem Geist

み旨(むね)の ままに

Dadurch sein Nutz entstehe,

心の うちに

Und deine Ehr je mehr und mehr

いよよ み栄えの

Sich in ihr selbst erhöhe.

照りわたらん ことを

                   対訳:大村恵美子


マタイによる福音書 2,1-12

イエスは、へロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、へロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、おまえはユダの指導者たちの中で決していちばん小さいものではない。おまえから指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、へロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。私も行って拝もう」といってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子母はマリアとともにおられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として捧げた。ところが、「へロデのところに帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する