キウイが腸に効く ダイエットや便秘にも

 甘酸っぱくてみずみずしいキウイフルーツ。便通以外にも、さまざまな健康効果があることがわかってきました。

 昨年キウイフルーツの健康効果に関する初めての国際シンポジウムが、ニュージーランドの北部タウランガで開かれ、最新の研究成果が発表されました。なかでも注目は、世界的にも関心の高い腸内細菌との関連です。腸内細菌は、肥満や糖尿病、アレルギー性疾患などと深いかかわりがあるとして国内外で研究が進んでいます。



 キウイフルーツの機能性に詳しく、シンポジウムに参加した駒沢女子大学健康栄養学科の西山一朗教授は「腸内モデルを使った実験で、キウイを添加すると、酢酸やプロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸が増えた。これらが善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善すると考えられる」と分析します。善玉菌のビフィズス菌、肥満の人に少ないといわれるバクテロイデス属なども増加したといいます。



 一方、キウイはダイエットにも効果がありそうです。「キウイのGI値(グライセミック インデックス。食後血糖値の上がりやすさを示す指標)は、40前後で、低GI値食品といえる」と西山教授。しかも炭水化物の一部をキウイに置き換えた実験では、食後の血糖値の急上昇が抑えられたそうです。肥満ホルモンのインスリンが過剰に分泌されずにすむというわけです。西山教授は血糖値対策なら「炭水化物を食べる前にキウイを食べるといい」と助言しています。



 また、便秘改善効果についても報告があり、便秘型の過敏性腸症候群の患者(IBS-C)や便秘を訴える成人に1日2個のキウイを4週間食べてもらったところ、排便回数や便の形状、腹痛の頻度などが有意に改善しました。この研究は、ニュージーランドとイタリア、日本の3カ国共同で実施されており、日本でもヒト試験が始まる予定です。

 西山教授は「キウイに含まれる水溶性食物繊維や多糖類が主に血糖や便秘改善に関与しているようだ」と話しています。水溶性食物繊維には糖の吸収を穏やかにする働きがあり、また腸内で増えた酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸が腸管を刺激して便通を改善すると推測できます。

 ほかにも、1日2個のキウイで血しょう中のビタミンC濃度が飽和状態になることや、血しょう中の好中球が増加して免疫力を高める可能性があることなどが発表されました。

(NIKKEI STYLEより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する