私はすべての行いで(BWV97)

 BACHがコラールの全詩節をそのまま歌詞として作曲したするカンタータは、全部で10曲ありますが、1720年代末から1730年代前半に集中しています。この作品もその一つで、パウル・フレミングの同名のコラール全9節を歌詞としています。

 この曲は教会カンタータに分類されていますが、礼拝用ではなく結婚式などに用いられる汎用作品と見られています。初演は1734.7.25と推測されます。


20100505230724.jpg


 BACHの後期ならではの密度の高い作品で、素朴で変化に乏しい歌詞から多彩な音楽の可能性を引き出すことに成功しています。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ&合唱団、サンドリーヌ・ピオー(S)、ボグナ・バルトシュ(A)、ジェームス・ギルクライスト(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。





私はすべての行いで(BWV97)

1.合唱

In allen meinen Taten       私はすべての行いで

Lass ich den Hochsten raten, 至高者の忠告に従います。

Der alles kann und hat;         その方はすべてを知り、すべてを持つ方。  

Er muss zu allen Dingen,   どんな事柄でも、

Soll's anders wohl gelingen, もし別な道が良いとすれば、そのように   

Selbst geben Rat und Tat.       ご自分で忠告と指示を与えて下さる方です。

2.アリア(バス)

Nichts ist es spat und fruhe   おそかれ早かれ、

Um all mienie Muhe,   私の苦労は無に終わる。

Mein Sorgen ist umsonst.         私が思い煩っても空しい。

Er mag's mit meinen Sachen       神が私のことを

Nach seinem Willen machen,       み心のままにして下さいますように。

Ich stell's in seine Gunst.       私は神の恵みにすべてを委ねます。

3.レチタティフ(テノール)

Es kann mir nichts geschehen,     私には何も起きません、

Als was er hat versehen,       神が定めて下さったこと以外は。

Und was mir selig ist:       それが私の幸せなのです。

Ich nehm es,wie er's gibet;       神が与えるものを私は受け入れます、

Was ihm von mir beliebet,       神が私に良しとされるものを

Das hab ich auch erkiest.       私も選んだのです。

4.アリア(テノール)                          

Ich traue seiner Gnaden,私は 神の恵みにゆだねます、

Die mich vor allem Schaden, み恵みは私をあらゆるわざわいと

Vor allem Ubel schutzt.       あらゆる悪から守って下さいます。

Leb ich nach seinen Gesetzten,     私が神のおきてに従って生きるなら、

So wird mich nichts verletzen,      私を損なうものは何もなく、

Nichts fehlen,was mir nutzt.         私を益するものには欠けがないでしょう。

5.レチタティフ(アルト)

Er wolle meiner Sunden       神がみ恵みによって

In Gnaden mich entbinden,       私を罪から解放してくださり、

Durchstreichen meine Schuld!     私のとがを消し去ってくださいますように。

Er wird auf mein Verbrechen        神は私の違反に

Nicht stracks das Urteil sprechen すぐに判決を下さず、

Und haben noch Geduld.       なお忍耐して下さるでしょう。

6.アリア(アルト)

Leg ich mich spate nieder,       夜おそく寝る時も、

Erwache fruhe wieder,       朝早くまた覚める時も、

Lieg oder ziehe fort,       立ち止まる時も進む時も、

In Schwachheit und in Banden,   弱さの中でも捕らわれの時にも、

Und was mir stosst zuhanden,    何事かが私に降りかかる時も、

So trostet mich sein Wort.       神の言葉が私を慰めて下さいます。

7.二重唱(ソプラノ、バス)

Hat er es denn beschlossen, 神がおきめになったのであれば、

So will ich unverdrossen       私はくじけずに

An mein Verhangnis gehn!       私の運命に従おう。

Kein Unfall unter allen すべてにまさる災いも

Wird mir zu harte fallen,       私には厳しすぎることはない。

Ich will ihn uberstehn.       私はそれに耐えよう。

8.アリア(ソプラノ)

Ihm hab ich mich ergeben       私は神に身を委ねた、

Zu sterben und zu leben,       死ぬのも生きるのも

Sobald er mir gebeut       神の命のまま。

Es sei heut oder morgen;       今日であれ明日であれ、

Dafur lass ich ihn sorgen;       神の配慮におまかせしよう。

Er weiss die rechte Zeit.       神は最善の時をご存じなのだ。

9.コラール

So sei nun,Seele,deine       さあ魂よ、気を落とすことなく、

Und traue dem alleine,       ただより頼むがよい、

Der dich erschaffen hat;       お前の造り主なる方に。

Es gehe,wie es gehe,       どんな事が起ころうとも、

Dein Vater in der Hohe       高きにいます父は

Weiss allen Sachen Rat.       すべての事に答えを持っておられる。

                           訳詞:川端純四郎
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する