「座りっぱなし」が健康に及ぼす悪影響、運動では帳消しにできない?

 アメリカ心臓協会(AHA)は“座りっぱなし”の弊害について科学に基づく忠告を発表しました。活動不足が私たちに及ぼす影響について、専門家チームが入手可能な証拠を検証してレビューを執筆したものです。専門家チームの所見によれば、アメリカ人は1日に平均6~8時間を座った状態で過ごしています。座りっぱなしが糖尿病から死亡に至るまでのあらゆる問題とつながりがあることは、数多くの研究で示されています。しかしもっと大きな問題は、運動をするだけでは解決にならないことです。


1.jpg


 仕事はデスクワークですが余暇には活発に活動している、という人でも、そもそも座っている時間が少ない人と同水準にまで病気や死亡のリスクを引き下げることはできないといいます。そうなると運動に関する効果的なガイドラインを策定するのが難しいが、専門家チームは、現段階でより効果的なメッセージは「もっと運動を」ではなく「座る時間を減らそう」だろうと結論づけています。

 AHAの機関誌『サーキュレーション(Circulation)』に発表されたレビューで、専門家チームは座っている時間や運動、病気・死亡のリスクに関する研究報告を徹底検証。その結果、年を追うにつれて人々の座っている時間が長くなっていることを発見しました。レビューで引用されているある研究によれば、アメリカで暮らしている人々が1週間のうち座って過ごす時間は、1965年には26時間でしたが2009年には38時間に増えています。

 長時間座りっぱなしでいることは、糖尿病、心臓血管への悪影響や死亡と繰り返し関連が指摘されてきました。たとえばテレビの視聴時間と糖尿病リスクの関係を検証した複数の研究によれば、テレビを見る時間が2時間増えるごとに、糖尿病のリスクが少なくとも14%、1時間増えるごとに、心臓病のリスクが約6~8%増加するとの結果が示されました。また座りっぱなしの時間がきわめて長い人は、最も短い部類の人々に比べて死亡のリスクが大幅に高くなり、数倍になる場合もあります。

 さらに大きな問題は、運動をしても、座りっぱなしによる悪影響を部分的にしか減らせない可能性があることかもしれません。つまり活発な活動をしている人でも、座っている時間が長ければ、よりリスクが高い状態にあることは変わらないのです。では、どうすればいいのか。専門家チームは、30分ごとに立ち上がってストレッチをしたり少し歩いたりするなど、意識して座りっぱなしの時間を中断するべきだと指摘します。「昼休みまで座りっぱなしで働くのではなく、何度かオフィスの中を歩き回るといい」と、レビューの著者デボラ・ローム・ヤングは勧めています。

 どの程度の運動を「適切な」レベルと呼ぶかについては、多くの議論があります。今回のレビューでは、運動・活動の種類やそれに費やす時間について、新たな提言は行っていませんが、彼らの結論は「座る時間を減らして、もっと活動する」というシンプルなものです。しかしどれだけの運動が必要なのか、どのような活動を運動と見なすのかは、具体的に分かっていません。それならば意識して時々椅子から立ち上がり、少し動き回ること――これが、現時点で私たちが知っておくべき全てなのでしょう。

(Forbesより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する