完璧なパスワードはBRAINPRINT(脳紋)

 顔・声紋・指紋といった身体的・行動的特徴に基づき個人を認識する技術、「生体認証」の重要性は、セキュリティ保全の分野においてますます増しています。従来の個人識別番号とパスワードでは容易に破られてしまうからです。バークレイズは、スマホからネットバンキングを行う顧客向けに指紋認証システムの「TouchID」を導入しました。

 しかしこれだけでは不正を完全に防ぐことができません。極端な話、指を切り落としてしまえばいいのです。またセロファンを使って、ガラス面に付着した指紋を採取し、そこにゼラチンを塗るなど、指紋を偽造する方法はいくつかあります。こうしたことから、コピーが困難な、より高度な生体認証システムの開発が急務です。その答えとして有望視されるもの、それが「脳」です。


image.jpg


脳の電気的活動をベースにする脳紋の研究

 脳の電気的活動をベースにする生体認証技術は、不正を防止する確かな潜在能力を示しています。ここ数年になされたいくつもの研究が、脳が考える方法は人によって異なっており、”BRAINPRINT(脳紋)”は人それぞれ独自のものであることを明らかにしています。

 事実、当時ですら、102人の被験者を対象にした実験で98パーセントの精度で個人を特定できています。これは指紋の99.8パーセントかなり近い精度です。最近では、こうしたことが血流の変化から脳の活動を測定するfMRIによって確認されています。

 ある研究では、リラックスする・ストーリーを聞く・計算する・感情を浮かべた顔を見る・体の動いている部位を想像するといった特定の精神的作業を行わせることで、最大99パーセントの精度で個人の特定に成功しています。


脳紋を認証する装置の開発

 しかしfMRIのコストと難しさ(長時間スキャナーの中でじっと横になっていなければならない)は、日常的な生体認証を行う上では実用的ではありません。電極で脳波パターンを計測する脳波計(EEG)が注目されたのはこのためです。しかしEEGも楽ではありません。計測にはゼリーが塗られた電極付きのキャップを被らなければならないからです。こうしたことが脳紋を利用する技術の実現を阻んでいました。

 ところが最近では、一般的なイヤフォンの表面に組み込んだ電極を用いて、ゼリーを塗ることなく、耳から脳波を測定できるようになりました。だからといって脳紋の測定は簡単ではありません。脳が常に様々な情報を処理しているために、脳波は雑音だらけだからです。そうした雑音を減らす技術もありますが、それには強力な演算能力が必要でした。しかしスマートフォンの進化は目覚ましく、理論的にはあらゆる演算能力をスマートフォンで賄えるようになってきました。



双子には使えない、脳紋が安定しないなどがネックだった

 では脳紋が未だに普及していない理由は何でしょうか? まず1つには、双子には使えないことが挙げられます。双子の脳波はほとんど同じパターンを示します。しかし最大の問題は長期的に脳紋が安定していないことである。脳紋は一度測定すればそれで済むというものではなく、例えば1か月間隔といった具合で、定期的に測定を続けなければなりません。これは脳の接続が可塑的な振る舞い(経験に応じて変化する)をすることが原因です。


特定の発信音を使用することで弱点を克服

 しかしイギリス、ケント大学の研究チームの調査からは、イヤフォンで鳴らす特定の発信音を用いれば、こうした変化を最小限に抑えられることが判明しました。発信音が脳に与える影響についてはまだ完全には明らかになっていませんが、これが脳を落ち着かせ、活動に対する集中力を増加させると推測されています。

 ニューヨークの銀行では、ニューヨーク州金融サービス局が推奨する多因子認証プロトコルが導入されるようになるといいます。これは内部システムなどにアクセスする際、3つ以上の認証メカニズムを併用するものです。

 指紋認証や声紋認証も有望ですが、新しいサイバーセキュリティ基準を満たす上でよりふさわしいのは脳紋です。例えば、指紋の場合は一生変化することがないために、仮にセキュリティが破られてしまっても、新しい指紋を用意することはできません。しかし脳紋は異なる精神的活動を用いれば、更新することができます。


89c44147.jpg


将来的にはパスワードを入力する代わりに利用できる可能性も

 脳紋はさらに、従来の英数字のパスワードに代わるパスワード生成にも利用することができます。例えば、ATMの利用者はいちいち暗証番号を入力するのではなく、イヤフォンを耳に入れて、ATMの画面に表示される個人識別番号を見るといったやり方です。個人識別番号を見ると脳に変化が現れ、それが認証されてATMを利用できるようになります。

 また強要されている状況においては、ストレスで脳紋が機能しなくなります。したがって犯罪の防止にも有効です。こうした点や他人の思考をコピーすることの難しさを考えれば、脳紋を利用する利点は明らかです。

 特に多因子認証システムの一部として今後脳紋が採用される可能性は非常に高いでしょう。いつの日か、銀行から脳波を測定するイヤフォンが送られてくるかもしれません。パスワードを入力しなければならないことが多い昨今。パスワードをうっかり忘れがちな私にとっては朗報なのかもしれません。iPhoneなどの指紋認証や、乾燥体質の為か、何度指で押しても開かない時、結局パスワード打ち込んでるわけです。パスワードを一切覚えなくていい未来がくるかもしれません。

(Mail Online―カラパイアより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する