裸で寝ると健康的でリッチになる4つの理由

 裸で寝るという人は、たった8%しかいません。ほとんどすべての人が裸で寝ることのメリットを今日から見出すことができます。半ば強引に聞こえるかもしれませんが、着心地のよいフランネルのパジャマを着る前に、私の話を聞いてみてください。―トラヴィス・ブラッドベリー



1. 裸だとよく眠れる

 質の高い眠りが脳に良いということは、周知の通りですが、Rochester大学の最新の調査は、それがどれほど良いかを明らかにしています。調査によれば、目を覚ましている時の神経活動による副産物の毒性タンパク質を、睡眠時に脳がニューロンから取り除いているといいます。ここで注目したいのは、脳がこの毒性タンパク質を十分に取り除くことができるのは、質の高い睡眠がしっかりととれている時だけだということです。質の高い、深い睡眠がとれていないと、脳細胞の中に毒性タンパク質が残ってしまい、脳の状態を乱すため、最終的には考える力が弱まってしまいます。結果、情報を整理する力や、問題解決能力のはたらきが鈍くなり、クリエイティビティが失われ、さらに感情的になりやすくなってしまうというわけです。Amsterdam大学の研究者は、皮膚の温度が低くなると、より深く眠れるようになり、夜中に目を冷ます回数が減るということを発見しています。服を脱いで素肌になるのは、部屋の温度を調節する必要なく、皮膚の温度を下げることができる、賢い方法だと言えます。


2. 裸で寝ることで、ストレスが減る

 長期にわたるストレスが良くないのは、誰もが知っていることです。免疫システムを抑制し、心臓疾患やうつ、肥満のリスクを高め、さらに認識能力が低くなります。ストレスは、あなたのコルチゾール値に悪影響を与えます。適度な休息は、コルチゾール値を正常値に戻し、身の回りの出来事にかかわらず、ストレスレベルが改善されます。前項で説明したように、裸で寝ることで、安眠を確保しやすくなります。


3. 裸で寝るほうがヘルシー

 裸で寝ることには、健康上のメリットがたくさんありますが、体重を減らすことにも効果があります。アメリカ国立衛生研究所の調査では、睡眠時に涼しい状態が保たれていると、代謝の速度が速まるということが発見されています。というのも、身体を温めるために、より多くの褐色脂肪がつくりだされるからです。褐色脂肪は、カロリーを消費することによって熱を生み出します(身体のほかの臓器の300倍の熱だそうです)が、これにより、1日中ずっと代謝を上がり続け、体重が減りやすくなるのです。この代謝的な効果に加え、何も着ていないことによって、血液の循環がスムーズになるため、心臓と筋肉にも良い効果が得られます。快眠により、成長ホルモンとメラトニンの分泌が促されるため、エイジングケアも期待できます。


4. 裸で寝れば自信がつく

 自信があるというのは、たんに気分がいいということだけではありません。実は、成功への一過程でもあります。自信を持つことで、新しいことに挑戦し、課題に取り組み、逆境を乗り越えられるようになります。Melbourne大学の研究によれば、自信がある人は、そうでない人に比べて、高い賃金を稼ぎ、出世もしやすいことがわかっています。裸で寝るということは、ありのままの姿でいられるということです。自分の身体に心地良さをより感じられるようになれば、自己肯定力や自信も増すはずです。

裸で寝ることのメリットについて、おわかりいただけたでしょうか? 本当にたくさんメリットがありますので、試さない手はありません。

(Inc.―Lifehackerより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する