Intelの新しいメモリー「Optane」でHDDでもSSD級に速くなる!

 Intelといえば、CPUのメーカーですが、このほどIntelが発表した、新しい「インテル Optane メモリー」(以下Optane=オプテイン)は、メモリ業界でも同社の存在感を大きくアップさせる可能性を秘めています。

 新たにリリースされるOptaneは、HDDモデルでも抜群に動作スピードが向上し、SSDモデルかと思わせる使用感を体験できるといいます。Intelは「これぞメモリ業界において、過去数十年間で最大の進歩だ」と発表しています。


optane.jpg


 PCのメモリは通常はRAM(Random Access Memory)のことをいいますが、そのなかでも、PC本体に挿さるDRAM(Dynamic RAM)は、容量が大きければ大きいほど、PCの動作スピードを向上させるものといった認識が一般的です。とはいえ、あくまでもDRAMは揮発性メモリのため、電源を落としてしまうと記憶内容は消えてしまいます。電源が供給されないと、記憶している情報を保持できないため、ユーザーの利用プログラムを学習してスピードアップを図ったり、電源オンからPCが起動するまでの速度を向上させたりするためには用いられません。

 一方、SSDが属するNANDメモリなどの不揮発性メモリは、たとえ電源がオフになっても学習内容を記憶できます。ただし、揮発性メモリに比べるとスピードが落ちる欠点を抱えています。


インテル Optane メモリー

 そこで新たにIntelが発表したOptaneは、DRAMの高速性を維持しつつも、よくアクセスして使われるプログラムやデータを、たとえ電源が切られた後でも記憶保持。そのため、PCの起動速度を倍に向上させるほか、ブラウザの立ち上がりが5倍も高速化されるといった導入効果が明かされています。




 また最大のメリットは、安くで量産できるため、HDDモデルにOptaneを組み合わせた仕様にすれば、テラバイト級のストレージを備えつつ、SSDモデルのような高速感を味わえると謳われています。また、SSDモデルにOptaneを組み合わせると、さらなるスピードアップも実現します。なおこのメモリは、同社が昨夏に披露した「3D Xpoint」アーキテクチャがベースとなっています。

 ちなみにOptaneは、これまで挿さっていたDRAMの隣りに挿せばよいだけで、従来のシステムのスーパーチャージャーのように動作します。つまり、まるでアドオンのような働きをし、なくても動くものの、あったらより高速化されるという位置づけです。たとえOptaneが動作不良に陥っても、システムそのものは問題なく動き続ける原理です。

 しかしHDDモデルのDRAMの横に挿して使うわけにはいかず、やや厳しい動作条件が設定されています。まずOptaneは、米国で4月24日に発売され、ラインナップはデスクトップPC向けの16GBモデルと32GBモデルのみ。しかも、Intelの「Kaby Lake」世代のプロセッサーのみでサポートされており、いわゆるOptane対応のマザーボードのスロット以外では、たとえ挿しても認識してくれません。よほど最近のモデルでなければ、いま使っているPCへそのまま挿すだけで使えません。

 Intelによると「Optane Memory」を使用するための3D XPoint SSD「Optane」は既存のNVMe SSDと同じM.2フォームファクタで供給され、接続帯域はPCI-E3.0x4となります。モジュールサイズはM.2-2280とM.2-2242の2種類、メモリ容量は16/32/60/120/180GBがラインナップされるようです。

 3D XPoint SSD「Optane」は従来のNVMe M.2 SSDと同じスロットを使用するため、200シリーズチップセットではPCI-Eレーンが100シリーズの20レーンから24レーンに拡張され、マザーボードベンダーも「Optane Memory」を意識しているので、すでに発表されている多くのマザーボードで2スロット以上のM.2端子が搭載されています。


200シリーズマザーボード(ASRock B250M-HDV)


 そのため基本的にKabyLake CPUと200シリーズマザーボードを購入すれば3D XPoint SSD「Optane」が発売されたら「Optane Memory」を使用できると考えられます。

 Intelは、Optaneを大々的に普及させていくことを狙っており、続々と対応マザーボードや搭載PCが発売されていく予定です。今年後半からはノートPC向けにも用意される方針が明かされているため、ゆくゆくはPCの標準メモリのような扱いになってくるかもしれません。

インテル Optane メモリー、GIZMODO他より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する