花粉症で口臭がひどくなる!

 花粉症と口臭の悪化については意外に知られていませんが、以外にも密接な関係があるといいます。日本は花粉で悩む方が多く、3人に1人が花粉症。その花粉症を持つ108人にアンケートを行ったところ、花粉症の時期に口臭が悪化すると答えた人が実に72%もいました。(厚生労働省 平成22年度花粉症対策 花粉症Q&A集~平成22年度)



 口臭の主な原因は「唾液」ですが、花粉症による「口の乾燥」や口内への悪玉菌の侵入、繁殖などが原因で口腔内の状態が悪化して口臭がひどくなっていきます。


抗ヒスタミン薬の副作用でも口臭が悪化

 花粉症になるとなぜ口臭が悪化するのでしょうか?


①鼻がつまって口が開きやすく、口臭が悪化する

 花粉症の症状の1つに鼻づまりがあります。鼻がつまると息がしにくくなるために、口呼吸も合わせて行なうようになります。口で息をしていると、当然口の中が渇きやすくなり口臭を抑えるために必要な唾液が無くなるため、口臭が起こりやすくなります。


②花粉症の薬には口が渇く副作用があり、口臭が悪化する

 花粉症の治療薬としては、抗ヒスタミン薬が処方される事が多いのですが、副作用として口渇(こうかつ)、つまり「口の乾燥」があります。効き目の強い、すこし昔の薬ほど口が渇きやすくなる傾向があるといいます。口の渇きすぎを起こさないように薬の量を抑えることで口臭予防に効果があります。


③鼻水が口に入ってくる後鼻漏のせいで口臭が悪化する

 鼻漏とは、鼻水(鼻汁)のこと。鼻水が前に垂れることをふつううに「鼻水が出る(前鼻漏)」といいますが、後ろ(のど側)に流れることを後鼻漏(こうびろう)といいます。

 鼻と喉はつながっているため、鼻水の一部が喉に流れることは誰にでも起こりますが、粘度の高い鼻水が大量に喉に流れ込むと食事や睡眠などの日常生活にも支障が出てしまいます。後鼻漏をもたらす鼻の病気としては、副鼻腔炎などがありますが、膿の臭いが息に混じることでさらに口臭が強くなります。

 また、マスクなどの口臭をひどくします。マスクを着用しているとついつい口が開きっぱなしになる傾向があるためです。これが悪玉菌の侵入はもちろん、口の乾燥にも繋がって口臭の原因になるといいます。

 花粉症の人が行う鼻うがいについても海外旅の際に水道水の中に悪玉菌であるアメーバー菌などが入っているケースにあるといい、海外へ旅行する際には鼻うがいはしないようにします。アメーバー菌は鼻粘膜を通じて繁殖していき、口臭の原因になります。


ネバネバ唾液をサラサラ唾液へ変える

 では花粉症のシーズン、口臭を悪化させないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 朝起きて口臭がきついのはこの悪玉菌が繁殖しているせで、夜中に出る唾液の質にもサラサラ系とネバネバ系の2種類の唾液がありますが、夜中に出るネバネバした唾液には洗浄作用が少なく、口の中にたまっても悪玉菌が全然洗われず、逆に繁殖させてしまう原因になります。ネバネバではなく、サラサラした唾液を出すためには、耳下腺や顎下腺などを4本の指(もしくは親指)で10回ほどマッサージ刺激することでサラサラの唾液が出やすくなります。このマッサージは美容にもいいといいます。

 また、食事を抜かないことも大切で、空腹時ほど口臭がきつくなる傾向があります。アンケートなどを通じて様々な人が空腹と口臭の関係を指摘しているとのことで、朝、昼、晩と規則正しい食事を心がけることの大切です。

 意外と知られていない花粉症と口臭の関係。普段大丈夫だと思っている何気ない花粉症対策が逆に口臭の原因になっています。視点を変え、口臭の原因を自身の健康状態や環境ともう一度、照らし合わせて探ってみることで、日常の中の大きな悩みの一つ“口臭”を改善することが出来るかもしれません。

(Health Pressより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する