不眠になりやすい遺伝子を発見!

 滋賀医科大学睡眠行動医学講座の角谷寛特任教授、理化学研究所の吉川武男シニア・チームリーダー、ワシントン州立大学、ペンシルベニア大学の日米共同研究グループは、成人男性294人を対象に統合失調症の発症に関わる「遺伝子FABP7」と睡眠時間の関係を分析。遺伝子FABP7の突然変異は、たびたび睡眠が途切れる「睡眠断片化(中途覚醒)」をもたらす事実を世界で初めて究明し、『Science Advances』に発表しました。



中途覚醒の原因は遺伝子の突然変異だった

 脳細胞(リン脂質膜)は、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの多価不飽和脂肪酸(PUFA)を多く含んでいます。多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、中枢神経系の細胞分化、シナプス形成、脳の発達に必須の物質です。水に溶けないため、FABP(脂肪酸結合タンパク質)と結合して細胞内を移動し、脂質代謝の促進、シグナル伝達、転写制御を司っています。

 このような細胞内の多価不飽和脂肪酸(PUFA)の取り込みや輸送に関わるFABP(脂肪酸結合タンパク質)のうち、7番目に単離されたのがFABP7(脂肪酸結合タンパク質7型)です。FABP7は、脳の中枢神経系のアストロサイトというグリア細胞に発現するため、脳型脂肪酸結合タンパク質とも呼ばれます。

 発表によれば、この遺伝子FABP7のミスセンス突然変異をもつ人は睡眠断片化が起きやすかったといいます。遺伝子のミスセンス突然変異とは、DNAの「A」「T」「G」「C」のうちの1塩基が別の塩基に置き換わる突然変異によって異常naタンパク質を産生する変異です。

 つまり、FABP7の61番目のアミノ酸(FABP7-T61M)の変異をもつ人は、もたない人よりも、活動量計が計測した睡眠エピソード(睡眠可能時間)が短く、睡眠エピソードの頻度が高く、中途覚醒が多く、睡眠がより断片化していました。

 また、FABP7の61番目のアミノ酸の変異をもつマウスとショウジョウバエでも、同様の変化を再現できました。つまり、FABP7を欠損したマウスとショウジョウバエは、睡眠エピソードの長さが短く、その頻度が高かったそうです。

 この研究よって、ヒト・マウス・ショウジョウバエなどの動物種を問わず、FABP7の61番目のアミノ酸(FABP7-T61M)の変異によって、睡眠が断片化し、中途覚醒が起きる事実が確認されたことになります。

 ヒト睡眠のゲノム疫学研究と実験動物による睡眠基礎研究のコラボから結実した驚異的な研究成果は、中途覚醒の謎の解明に大きく貢献しますが、謎はまだあります。


遺伝子FABP7の発現をコントロールしつつ睡眠の質を高めるDHAの神秘

 謎を解くカギは、このFABP7の61番目のアミノ酸(FABP7-T61M)にありました。FABP7の61番目のアミノ酸(FABP7-T61M)の部位はDHA(ドコサヘキサエン酸)との結合部位であることから、食事やサプリメントによって中途覚醒を緩和する可能性が高いといいます。

 2014年にオックスフォード大学の研究グループは、DHAの摂取は睡眠の状態を改善すると発表しました。発表によると、7~9歳の子ども395人を対象に、睡眠時間と血中のDHAの濃度を分析。DHAのサプリメント(600mg)を毎日摂るグループと、DHAを含まない偽のサプリメント(偽薬)を毎日摂るグループに分け、およそ4か月間にわたる睡眠時間の変化を比較しました。その結果、血中のDHAの濃度が低い子どもは、睡眠の状態が悪くなる傾向が強く、さらに、睡眠時間を厳密に測定できる活動量計を着けて実験を行ったグループ(43人)を調べると、DHAを摂った子どもは睡眠時間が約1時間長く、中途覚醒が減りました。

 この研究から、DHAの血中濃度を高く保てば、子どもの睡眠を改善する可能性が高いことが判明したことになります。不眠症には、ベッドに入ってもなかなか寝付けない入眠困難と、眠ってもたびたび目が覚める中途覚醒があります。DHAは主に中途覚醒に効果をもつが、睡眠薬ほどの強い作用は期待できません。

 牛乳にはトリプトファンが多く含まれるので、寝る前に飲むと安眠に役立つとも言われるように、たとえば、毎日の食事にDHAが豊富なサンマ、サバ、マグロ、あんこうの肝、クジラ、ウナギなどをバランスよく摂り入れるのは賢明です。今回の研究成果がDHAよりも効果が高く、中途覚醒を劇的に減らす薬剤やサプリメントの開発につながることが期待できます。

 このように、FABP7とDHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸は、親和性が高いので、脳の神経可塑性を高め、脳の働きを正常化し、とくに胎生期や出生期の子どもの脳に強い影響を与えます。しかも、血中の中性脂肪値やコレステロール値の調節、高脂血症、高血圧、動脈硬化の予防などの働きがあることから、DHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸は、快眠だけでなく、人間の成長と健康に絶対に欠かせません。

(Health Pressより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する