卵子に入れない精子にする「分子コンドーム」

 精子は身長の24,000倍の距離を泳ぎ、卵子に到達すると狂ったように回ってドリルのように侵入します。このラストスパートを駆動するのがカルシウム。それならばカルシウムを断ってしまえば永久に卵子にタッチダウンできないのでは? そう考えたUCバークレーが古今東西の男性避妊の薬効の聞こえ高い自然の生薬を調べ回り、ついにそのカルシウム噴射の元を断つ成分に辿り着きました!

 

 

 ひとつ目はプリスチメリン(pristimerin)という、ライコウトウ(別名トリプテリジウム・ウィルフォルディ)から抽出される成分です。関節リウマチの治療薬として使われており、漢方薬の世界ではすでに精子に作用し生殖機能を低下させる効能で知られています。もうひとつはルペオール(lupeol)。こちらはマンゴー、アロエ、たんぽぽの根やぶどうに含まれています。抗がん薬として臨床実験が行なわれたりもしているものです。

 以上2つの成分は避妊効果は得られますが、卵子と精子にはなんらの悪影響もないそうです。また、男性が発情するホルモン系男性避妊薬と異なり、これと言う副作用もありません。

 Polina Lishko分子細胞生物学助教授率いるチームは早速これを「分子コンドーム」と呼び、成果をPNASに発表しました。

 

メカニズム

精子は2億総参加のマラソン水泳で卵子を目指します。実際にはあらぬ方向に泳いで終わる精子、ただ回って終わる精子も多く、まともに卵子を目指せない精子がざっくり半分。ここで倍率は1億倍に下がります。方向感覚に優れた精子1億人(まだ人ではないが)を待ち受けるのが透明帯(zona pellucida)という卵子の堅い殻ですこの岩場に頭をぶつけると精子はそれまでのニョロニョロした動きをやめ、パワーキックモードに気持ちを切り替えます。尾っぽのところに「CatSper」という燃料供給路からカルシウムが噴射されて稼働するので、ドリルのように回ります。

 前回の研究でチームは、このカルシウム供給弁を開ける鍵を握る成分まで突き止めていました。それは女性ホルモンの一種「プロゲステロン」。これがABHD2と合体すると、カルシウムの蛇口が開きます。この知見をもとにチームは今回、ABHD2や供給路と関連がある化学物質、このカルシウムをブロックできる物質を探し求めました。世界各地の民間療法の薬を当たり、上記2つに絞り込み、実験した結果、プロゲステロンとABHD2の合体を邪魔する効能があることがわかりました。そして、、、

 

プロゲステロンとABHD2が合体しないとカルシウムの弁が開かない

 

→燃料がないから精子にもスイッチが入らない

 

→卵子の厚い壁を呆然と見上げるだけの精子

 

→精子、無念のうちにこの世を去る

 

…という流れで避妊に成功しました。助教授はこう言っています。

「2つの植物性化合物はとても、とても低い濃度で避妊効果が得られます。緊急避妊薬のレボノルゲストレルのおよそ10分の1の濃度で済みます。次世代の緊急避妊薬として期待できるということで、チームでは『分子コンドーム(molecular condoms)』というニックネームで呼んでいます。植物由来の、毒性のない、ホルモンを使用しない、低濃度で抑えられる避妊方法。そんなものが使えるなら、それを使うほうがベターなオプションと言えそうです」

 精子は女性の生殖器に入ってから5~6時間かけて成熟するため到達までにラグがあり、事後の緊急避妊薬としても有望なうえ、スキンパッチやリングに応用すれば永久避妊も可能とのことです。

(GIZMODOより)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する