大麻の主成分が、脳の老化と精神的退化を逆転させる可能性!

 マウスを使った実験から、大麻に含まれる有効成分を日常的に摂取することで、老化にともなう脳の老化を防止できる可能性があることが浮き彫りになってきています。しかし、その効果を得るのに投与された成分の量から、マウスの健康状態がどの程度確保できているのかは不透明です。

 

GettyImages.jpg

 

 ドイツとイスラエルの共同研究チームによる研究では、生まれてから2か月・12か月・18か月のマウスに対して大麻に含まれる有効成分「THC(テトラヒドロカンナビノール)」を4週間にわたって与える実験が行われました。これらのマウスは年齢的に「若いマウス・中高年のマウス・老いたマウス」に分類される世代となっており、それぞれの脳の中でどのような変化が起こり、精神状態的な変化および遺伝子活性のレベルが調査されています。

 THCは大麻の陶酔作用を生みだす基となるもので、動物の体内に備わっているカンナビノイド受容体と結合することでその作用が生まれる仕組みです。これまでの研究から、このカンナビノイド受容体の働きは加齢により低下することがわかっており、研究チームは加齢に伴う精神的な働きの低下と関連していると考えています。

 そこで研究チームは、上記の3タイプのマウスにTHCを与えて、学習能力と記憶能力の変化を観察しました。その結果、全ての年代のマウスにおいて老化による影響が見られなくなったとのことで、いずれも生後2か月のマウスと同等の能力が認められたとのこと。また、遺伝子活性のレベルについても同様の「若返り効果」のようなものが確認されているといいます。

 しかし一方で、生後2か月かつTHCを与えられたマウスの脳内では、遺伝子活性の様子がTHCを与えられていない年老いたマウスと同じ状態になっていたことも判明しているとのこと。この不可思議な結果について研究チームは「さらなる検証が望まれる」としています。

 このように、「若返り」とも取れる効果が見られたマウスによる実験ですが、欠点がないわけではないようです。この研究では、体重1kgあたり3ミリグラムの有効成分がマウスに与えられており、これを1時間あたりに換算すると、体重1kgあたり毎時125マイクログラムという数値になります。人間の場合、この2倍の数値となる体重1kgあたり毎時250マイクログラムの有効成分を摂取すると、自動車の運転に明確な悪影響が現れるレベル、つまり「ラリっている状態である」ということになるため、例え老化が食い止められたとしても正常な日常生活を送れるかどうかは不透明です。研究チームでは、2017年後半にも人間が参加する研究を実施する予定とのことです。

(The Guardian、 Ars Technica、Gigazineより)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する