白髪が多いほど狭心症や心筋梗塞リスクも高い!?

 男性では、白髪が多いほど心疾患リスクが上昇する可能性があることが新たな研究で示唆されました。ただし、今回の研究は毛髪の色と心臓リスクとの関連性を示したに過ぎず、因果関係を示したわけではありません。

 この研究では42~64歳の成人男性545人を対象として、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患(CAD)の徴候と毛髪の色との関連を分析しました。全ての対象者はプラークの蓄積などを調べるためにマルチスライスCTによる冠動脈造影を受け、さらに白髪の程度に基づき「真っ黒」から「真っ白」まで1~5群に分類されました。

 

 

 その結果、対象者の80%ではCADの徴候が認められました。CADのある対象者では、CADのない対象者に比べて白髪化スコアが有意に高く、黒髪よりも白髪の方が多い群(3~5群)である可能性が高かったといいます。研究著者であるカイロ大学(エジプト)心臓専門医のIrini Samuel氏は、「この関連は、年齢やベースライン時の心疾患発症リスクの有無にかかわらず認められた。なお、女性は髪を染める頻度が高いために、今回の解析には含めることができなかった」と話しています。

 

白髪の遺伝子も発見されている

 今回の解析によると、白髪の増加を予測する独立因子は加齢のみでした。しかし同時に、白髪は“生物学的老化”に伴って生じる可能性があるとも同氏らは指摘しています。これらはいずれも、全身の炎症の亢進、ホルモンの変化、DNA修復能力の低下、細胞の分裂・成長能力の低下などを含む、細胞レベルの劣化により発現するものだからです。

 ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ遺伝学研究所のアンドレ・ルイス・リナレス教授とK・アディカリ教授の研究チームは、髪を白くする「IRF4遺伝子」を世界で初めて特定したと英国の科学誌『Nature Communications』に発表しました。「IRF4遺伝子」は毛母細胞の中のメラニン色素に作用して髪を白くする働きがあり、メラニン色素の生成・蓄積や毛髪の色の決定に強く関わっていることが判明。「白髪化の初期段階では、IRF4遺伝子がメラニン色素を作り出す毛母細胞の生存と維持に深く関係している。髪染めが白髪を食い止めるための唯一の選択肢ではなくなるかもしれない」と話しています。

 

色素幹細胞の枯渇から白髪になる

 2009年6月、東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループが、白髪になる仕組みを解明した、とアメリカの国際科学誌Cell(セル)に、2009年6月12日付で掲載発表しました。グループは、2002年に黒髪の色素を作る色素幹細胞を初めて発見し、2005年には色素幹細胞が枯渇すると白髪になることを発見していますが、マウス実験で、黒髪の色素(メラニン)を作る「色素幹細胞」が DNAの損傷を修復できずに「自己複製」しないで、すべて分化することがわかりました。その結果、色素幹細胞が枯渇して色素を作る細胞がなくなり、白髪になるといいます。

 これまで謎が多かった白髪の原因は解明されつつあります。これまでは遺伝、加齢、生活習慣、病気の4つが白髪になる原因とされてきましたが、細胞レベルの劣化による白髪の発現メカニズムが少しずつ解明されています。

 カイロ大学Irini Samuel氏は「白髪と心疾患の関連性における遺伝的・環境的な機序をさらに解明し、女性にもこの知見が当てはまるのかを調べるためにはさらなる研究が必要だ」と述べ、既に心疾患リスクが高いと分かっている人には、定期的に検診を受けるよう勧めています。

 白髪と心疾患のリスクにおける加齢の相関性は極めてわかりやすく、至極当然のように感じられます。今後は加齢における細胞レベルの劣化や遺伝的要素の更なる解明が望まれます。

(Health Pressより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する