主の栄光を 天は語り(BWV76)

 三位一体主日後第2主日に聴くこの曲は、BACHのライプツィヒ聖トーマス教会での最初のカンタータで、1723.6.6に初演されました。トマス教会ではこの作品をもってカントルとしての職務が始まりました。
 前週にニコライ教会で演奏されたBWV75と極めて似た構成で、両方の教会での初演用に一対のものとして構想されたました。両方とも雄大な曲想で、ライプツィヒ初年度の名作と呼ぶにふさわしい作品です。

 

 

 歌詞台本は、礼拝で朗読されたルカ福音書の天国の晩餐会のたとえに基づく部分から始まりますが、偶像崇拝者たちへの弾劾や彼らに対する戦いについても述べられ、変化に富んでいます。全編を通して神の栄光をたたえる内容で、自信に満ちた明るい曲想です。特にトランペットが随所で活躍し一層の華やかさを加えています。

 カイ・ヨハンセン指揮、シュティフツバロック・シュトゥットガルト、シュトゥットガルトカントライ、フランツィスカ・ボーベ(S)、ソフィー・ハームセン(A)、アンドレアス・ウェラー(T)、ベンジャミン・アップル(B)の演奏会動画でお聴きください。なお13曲のレチタティーヴォ(テノール)の録画が欠けています。

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

 

主の栄光を 天は語り(BWV76)

 第1部

1.合唱

Die Himmel erzähren die Ehre Gottes,

主の 栄光を 天は 語り

und die Feste verkündiget seiner Hände Werk.

大空は み手の わざを のべ伝う

Es ist keine Sprache noch Rede,

語らず 言わざれど

da man nicht ihre Stimme höre.

その 声は 聞こゆ

2.レチタティーヴォ(テノール)

So läßt sich Gott nicht unbezeuget!

かくて 主は 証(あか)したもう

Natur und Gnade redt alle Menschen an:
そを 語る 自然は 人に

Dies alles hat ja Gott getan,

しかり みな 主の 賜物

Daß sich die Himmel regen

天地(あめつち) うごき

Und Geist und Körper sich bewegen.

身も 魂も 生くるなり

Gott selbst hat sich zu euch geneiget

神は なれらが かたえに

Und ruft durch Boten ohne Zahl:

声を おくりたもう

Auf, kommt zu meinem Liebesmahl!

いざ 来たれ 愛の 宴(うたげ)に と

3.アリア(ソプラノ)

Hört, ihr Völker, Gottes Stimme,

聞け 民よ 主の 声を

Eilt zu seinem Gnadenthron!

みもとに 急げ

Aller Dinge Grund und Ende

よろずの 主こそは

Ist sein eingeborner Sohn:

み神の ひとり子

Daß sich alles zu ihm wende.

ものみな みもとに 帰りくるなり

4.レチタティーヴォ(バス)

Wer aber hört,

誰ぞ 聞かん

Da sich der größte Haufen

あだし神をば

Zu andern Göttern kehrt?

仰ぐ 者らに

Der ältste Götze eigner Lust

人の 胸の 内は

Beherrscht der Menschen Brust.

欲に みたさる

Die Weisen brüten Torheit aus,

賢き 者すら

Und Belial sitzt wohl in Gottes Haus,

愚かの わざを 思い

Weil auch die Christen selbst von Christo laufen.

み民も 主を 離れたれば

5.アリア(バス)

Fahr hin, abgöttische Zunft!

失せよ 主なき 者よ

Sollt sich die Welt gleich verkehren,

世は 背くとも

Will ich doch Christum verehren,

われは イェスを 仰ぐ

Er ist das Licht der Vernunft.

まことの 光を

6.レチタティーヴォ(アルト)

Du hast uns, Herr, von allen Straßen

われらを 暗きより

Zu dir geruft,

が主は 呼びもどしぬ みもとに

Als wir im Finsternis der Heiden saßen,

光のごと 主は

Und, wie das Licht die Luft

われらを 照らして

Belebet und erquickt,

生かしめたもう

Uns auch erleuchtet und belebet,

その身を われらが 糧(かて)と し

Ja mit dir selbst gespeiset und getränket

また みたまを

Und deinen Geist geschenket,

われらに 降(くだ)しぬ

Der stets in unserm Geiste schwebet.

されば 熱き この 祈り

Drum sei dir dies Gebet demütigst zugeschickt:

なれに ささげまつらん

7.コラール

Es woll uns Gott genädig sein

われらを 恵みて

Und seinen Segen geben;

祝したまえや

Sein Antlitz; uns mit hellem Schein

み光 示しませ

Erleucht zum ewgen Leben,

とわの いのちを

Daß wir erkennen seine Werk,

悟らしめたまえ

Und was ihm lieb auf Erden,

なすべき わざを

Und Jesus Christus´ Heil und Stärk

イェスの み救いを

Bekannt den Heiden werden

世に 告げ知らせ

Und sie zu Gott bekehren!

みもとに 帰らしめたまえ

第2部

8.シンフォニア

9.レチタティーヴォ(バス)

Gott segne noch die treue Schar,

主よ なが み民に

Damit sie seine Ehre

主の み栄えを

Durch Glauben, Liebe, Heiligkeit

信仰と 愛 聖(きよ)き もて

Erweise und vermehre.

増さしめたまえ

Sie ist der Himmel auf der Erden

こは 地にある み国

Und muß durch steten Streit

世の 戦い

Mit Haß und mit Gefahr

そを 襲えど

In dieser Welt gereinigt werden.

たえせず 強めらる

10.アリア(テノール)

Hasse nur, hasse mich recht,

厭(いと)えよ われをば

Feindlichs Geschlecht!

悪魔よ

Christum gläubig zu umfassen,

主に まこと ささぐる

Will ich alle Freude lassen.

われは 満ち足れり

11.レチタティーヴォ(アルト)

Ich fühle schon im Geist,

すでに われは

Wie Christus mir

主の 愛の

Der Liebe Süßigkeit erweist

いとしきを 知る

Und mich mit Manna speist,

主は マナもて 充(み)たしたもう

Damit sich unter uns allhier

われら いま ここに

Die brüderliche Treue

友なる まこと

Stets stärke und verneue.

強めしめんとてなり

12.アリア(アルト)

Liebt, ihr Christen, in der Tat!

愛を おこなえ 主の民

Jesus stirbet für die Brüder,

イェス なしたまいし ごと

Und sie sterben für sich wieder,

友の ため 死すなり

Weil er sich verbunden hat.

主に ありて われら はらから なれば

13.レチタティーヴォ(テノール)

So soll die Christenheit

かくて 主の民

Die Liebe Gottes preisen

主の 愛を たたえ

Und sie an sich erweisen:

身をもて 証しせん

Bis in die Ewigkeit

とこしなえに

Die Himmel frommer Seelen

み神の ほまれ

Gott und sein Lob erzählen.

語りつがれん

14.コラール

Es danke, Gott, und lobe dich

よき わざ もて

Das Volk in guten Taten;

主を 讃えしめたまえ

Das Land bringt Frucht und bessert sich,

地は 豊かに みのり

Dein Wort ist wohlgeraten.

み言葉 成りぬ

Uns segne Vater und der Sohn,

父 み子 みたまよ

Uns segne Gott, der Heilge Geist,

祝しませ われらを

Dem alle Welt die Ehre tu,

地は 主の 栄えを

Für ihm sich fürchte allermeist

み前に あらわし

Und sprech von Herzen: Amen.

となえまつる アーメン

                   訳詞:大村恵美子

 

ルカによる福音書 第14章 16-24

そこで、イエスは言われた。「ある人が盛大な宴会を催そうとして、大勢の人を招き、宴会の時刻になったので、僕(しもべ)を送り、招いておいた人々に、『もう用意ができましたから、おいでください』と言わせた。

すると皆、次々に断った。最初の人は、『畑を買ったので、見に行かねばなりません。どうか、失礼させてください』と言った。

ほかの人は、『牛を二頭ずつ五組買ったので、それを調べに行くところです。どうか、失礼させてください』と言った。

僕は帰って、このことを主人に報告した。すると、家の主人は怒って、僕に言った。『急いで街の広場や路地へ出て行き、貧しい人、体の不自由な人、目の見えない人、足の不自由な人をここに連れてきなさい。』

やがて、僕が、『御主人様、仰せのとおりにいたしましたが、まだ席があります』と言うと、主人は言った。『通りや小道に出て行き、無理にでも人々を連れて来て、この家をいっぱいにしてくれ。

言っておくが、あの招かれた人たちの中で、わたしの食事を味わう者は一人もいない。』」

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する