お金をかけずに頭の働きを良くするツール

 「頭が良くなる薬」とか「記憶力を高めるコンピューターゲーム」があると聞いたことがあるかもしれません。コンピューターやスマートフォンのおかげで誰もがクリエイティブな才能を開花させられるという文章や広告を目にしたことは間違いなくあるはずです。


a.jpg


 しかし、頭の働きを良くする最も強力なツールは瓶に入って売られているわけでもなければ、スクリーン上にあるわけでもないことがわかっています。そのツールとは、誰の机の引き出しの中にも転がっているごく普通の鉛筆です。直近の科学的実証によれば、鉛筆やペンを使うと、薬やコンピューターにはできない方法で脳を鍛えて強化することになるといいます。


1. 学習速度が速くなる

 UCLAの心理学者Pam A. Mueller氏とDaniel M. Oppenheime氏によれば、大学生たちは、実験室のテストでも教室でも、コンピューターより手書きでノートを取る方が学習能力が高くなります。これは、コンピューターだと注意力散漫を招く度合いが高まるからというわけではなく、手で書くと熟考と情報処理のプロセスをたどることになり、それが受け取った情報の理解を深め記憶しやすく符号化することにつながるからです。

 会議のメモをPCで取ることはやめて、紙にメモするようにします。人の話す速度よりタイプする速度の方が速いといいますが、手書きで要点をメモした方が会話の内容をしっかり覚えていられるそうです。


2. 創造力が高まる

 ワシントン大学で実施され「Futurity magazine」誌に掲載された研究によれば、手書きで作文を書く子供たちの方が、キーボードを使う子供たちより文章が上手に速く書けます。この能力差は大人にも当てはまるようです。「成人の脳の画像検査で、文字を形成したり、文字を選んだり視覚的にとらえたりすることの有効性が証明されています。」と研究著者のVirginia Berninger教授は説明しています。

 例を挙げると、Gregory P. Norris氏は作家の中で最も多作ですが、彼は全作品を手書きで書いています。作家仲間の慰安旅行の間に彼が35000語ぐらいの小説をみるみる書き上げていました。


3. 集中力が高まる

 キーボードの大きな欠点の1つは、インターネットにつながるスクリーンとつながっていることです。その結果、仕事をしようとすると常に邪魔が入ります。特にクリエイティブな思考を必要とする仕事のときは困りものです。

 UCIで施行されワシントンポストに掲載された研究によれば、典型的なオフィスワーカーには平均3分5秒ごとに作業の中断や切り替えが発生します。そして、元の作業に戻るまでに23分15秒かかっています。

 近代的なオフィスには、気が散る原因となるものがいたるところにあり、たとえ自宅勤務をしていても、メールをチェックしたりニュースをブラウズしなくてはというプレッシャーが常にあるせいで、生産性が損なわれています。

 キーボードとスクリーンから遠ざかり紙とペンに切り替えると、精神的にも物理的にも邪魔されることが少ない世界にあっという間に移行できます。どんなに高品質な鉛筆でもせいぜい100円ぐらいで買えます。これで頭の働きががぐっと良くなるなら、安いものです。

(Inc.―Lifehackerより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する