アウディが世界初の自動運転「レベル3」を実現

 アウディは、スペイン・バルセロナで現地時間7月11日に開催した「アウディサミット」の中で、市販車として世界初となる「レベル3」自動運転を採用した新型アウディ『A8』を初公開し、2018年以降段階的に「パーキングパイロット」「ガレージパイロット」「トラフィックジャムパイロット」などの自律運転機能を市販車に採用していくことを明らかにしました。



 新型A8の最大の目玉は、独自のAI技術に基づいた、市販車として世界初となる「レベル3」自動運転機能です。「トラフィックジャムパイロット」と呼ばれるこの機能は、「中央分離帯のある比較的混雑した高速道路を60km/h以下で走行しているとき、ドライバーに代わって運転操作を引き受ける」もの。条件は限定的ですが、これを満たす場合はクルマ側に操縦を任せた自動運転状態となります。

 発進、加速、減速はもちろん、ハンドル操作もおこなう上、ハンドルから手を離した状態で走り続けることが可能です。アウディは「その国の法律で許されていれば、車載のテレビを視聴するなど、運転以外の行為を行うことも可能」と説明しています。また、システム側の機能が限界に達した場合は、ドライバーに運転操作をおこなうよう通知されます。


96958A9E93819688E3E29BEAUDI.jpg


 これを実現するのは、様々な車載センサーからの情報を統合する「セントラルドライバーアシスタンスコントローラー(zFAS)」です。レーダーセンサー、フロントカメラ、超音波センサーのほか、自動車分野として初めて採用されたというレーザースキャナーから送られるデータをzFASに集約することで、クルマ周辺の立体モデルを瞬時に算出することができるといいます。クルマの周囲に何があるか、何が起きているかをクルマが立体的にとらえることができるというわけです。zFASには、NVIDIA、Infineon、Alteraの高性能チップや、Mobileyeのプロセッサーなどを組み合わせ、拡張性も高いといいます。

 アウディは「トラフィックジャムパイロット」の導入については、「各国における 法的枠組みを明らかにし、各々の市場におけるシステムの適用とテストが必要」として、それぞれの市場での「承認手続きの範囲とそのタイムスケールを世界中で遵守」した上で段階的に市販モデルに採用していくとコメントしています。

(Response、日経Webより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する