見よ、われ多くの漁師を遣わさん(BWV88)

 三位一体主日後第5主日に聴くカンタータは、、1726. 7.21にライプツィヒで初演されました。台本は近郊都市ルードルシュタットで出版された「正福音書に基づく主日・祝日の祈り」と題される歌詞集ですが作者は不詳です。BACHはこの台本を高く評価し、何度も使っています。


無題.jpg


 この日の福音書の章句は、ケネサレト湖畔においてイエスが「漁師を弟子に」したことを語っています。

 カンタータの冒頭に置かれた「見よ、われは多くの漁師を遣わさん」という言葉は、旧約のエレミヤ書からの引用で、イエスが弟子を「釣り上げて」漁師漁師とするのは、人間に救いと庇護を与えるためで、漁師の比喩が福音として捉え直されるプロセスを描いています。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ、ヨハネッテ・ゾマー(S)、ボグナ・バルトシュ(A)、クリストフ・プレガルディエン(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。





見よ、われ多くの漁師を遣わさん(BWV88)

第1部

1.アリア(バス)

Siehe, ich will viel Fischer aussenden,

「見よ、私は多くの漁師を遣わそう、

 spricht der Herr, die sollen sie fischen.

 と主は言われる、彼らを釣り上げさせる漁師を。

 Und darnach will ich viel Jäger aussenden,

 その後、私は多くの狩人をつかわして

 die sollen sie fahen auf allen Bergen

 彼らを狩り出させるのだ、

 und allen Hügeln und in allen Steinritzen.

 すべての山、すべての丘、すべての石の裂け目で。」

2.レチタティーヴォ(テノール)

Wie leichtlich könnte doch der Höchste uns entbehren
その気になれば簡単だ、いと高き者が私たちを不要とし

Und seine Gnade von uns kehren,

恵みを召し上げることなど。

Wenn der verkehrte Sinn sich böslich von ihm trennt

それは逆心が悪意をもっていと古き者から離れ、

Und mit verstocktem Mut

かたくなな強情で

In sein Verderben rennt.

滅びへの道をひた走るときに起こる。

Was aber tut

だが何をなされるのか、

Sein vatertreu Gemüte?

父の信実をもつ、あの方の御心は?

Tritt er mit seiner Güte

神は慈しみともども

Von uns, gleich so wie wir von ihm, zurück,

私たちから、私たちがあの方から離れたのと同じように、

遠ぎかるのだろうか?

Und überlässt er uns der Feinde List und Tück?

そして私たちを委ねるのだろうか、敵の悪だくみと謀りへと?

3.アリア(テノール)

Nein, Gott ist allezeit geflissen,

そうではない。神はいつもつとめておられる、

Uns auf gutem Weg zu wissen

よき道を歩み、

Unter seiner Gnade Schein.

恵みの輝きのもとにある私たちを知るようにと。

Ja, wenn wir verirret sein

そうだ、私たちが迷い、

Und die rechte Bahn verlassen,

正しい道を離れるとき、

Will er uns gar suchen lassen.

神は私たちを、探させようとさえしてくださるのだ。


第2部

4.レチタティーヴォとアリオーソ(テノールとバス)

(T)Jesus sprach zu Simon:

  イエスはシモンに言った。

(B)Fürchte dich nicht; denn von nun an wirst du Menschen fahen.

  恐れるな、今から後、お前は人間を生け捕るのだから、と。

5.アリア(二重唱 ソプラノとアルト)

Beruft Gott selbst, so muss der Segen

神みずからお召しになったからには、祝福は必ずや

Auf allem unsern Tun

私たちのあらゆる行いの上に、

Im Übermaße ruhn,

あふれるばかりに宿ることだろう。

Stünd uns gleich Furcht und Sorg entgegen.

たとえ私たちを 恐れと煩いが妨げても、

Das Pfund, so er uns ausgetan,

神は私たちにお預けになったムナを

Will er mit Wucher wiederhaben;

儲けとともに取り戻そうとなさる。

Wenn wir es nur nicht selbst vergraben,
私たちがそれをみずからしまいこまぬ限り、

So hilft er gern, damit es fruchten kann.

神は進んで助けてくださるのだ、実りが得られるようにと。

6.レチタティーヴォ(ソプラノ)

Was kann dich denn in deinem Wandel schrecken,

いったい何がお前を、日々の営みの中で驚かすことができるのか、

Wenn dir, mein Herz, Gott selbst die Hände reicht?

私の心よ、お前に、神がみずから手を差し伸べてくださるからには。

Vor dessen bloßem Wink schon alles Unglück weicht,

神が一瞥してくださるだけで、あらゆる不幸が退く。

Und der dich mächtiglich kann schützen und bedecken.

神のまなざしは、お前を力強く、守り、庇護することができるのだ。

Kommt Mühe, Überlast, Neid, Plag und Falschheit her

労苦や重荷、妬み、厄災、偽りがやってきて

Und trachtet, was du tust, zu stören und zu hindern,

お前のしていることを、妨害し、妨げようとしても、

Lass kurzes Ungemach den Vorsatz nicht vermindern;

少々の面倒に、志を衰えさせることのないように。

Das Werk, so er bestimmt, wird keinem je zu schwer.

神の定めてくださった仕事は、誰にも、過ぎる重さにはなることはない。

Geh allzeit freudig fort, du wirst am Ende sehen,

いつも喜ばしく前進しなさい、そうすれば最期に見ることだろう、

Dass, was dich eh gequält, dir sei zu Nutz geschehen!

お前をかつて苦しめたものが、お前の益になったことを。

7.コラール

Sing, bet und get auf Gottes Wegen,

歌い、祈り、神の道を歩みなさい。

Verricht das Deine nur getreu

自分の務めをひたすら忠実に果たし、

Und trau des Himmels reichem Segen,

天の豊かな祝福に信頼しなさい。

So wird er bei dir werden neu;

祝福はあなたのもとで、日々新たになるだろう。

Denn welcher seine Zuversicht

なぜなら信頼を

Auf Gott setzt, den verlässt er nicht.

神に置く者を、神はお見捨てにならないのだから

                     対訳:礒山 雅


ルカによる福音書 第5章 1-11

イエスがゲネサレト湖畔に立っておられると、神の言葉を聞こうとして、群衆がその周りに押し寄せて来た。

イエスは、二そうの舟が岸にあるのを御覧になった。漁師たちは、舟から上がって網を洗っていた。

そこでイエスは、そのうちの一そうであるシモンの持ち舟に乗り、岸から少し漕ぎ出すようにお頼みになった。そして、腰を下ろして舟から群衆に教え始められた。

話し終わったとき、シモンに、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言われた。

シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。

そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。

そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そうの舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになった。

これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。

とれた魚にシモンも一緒にいた者も皆驚いたからである。

シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」

そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する