究極の癒やし効果と称された「432Hz」音楽にまつわる9つの嘘と真実

 432Hzは究極の癒やしを得られる魔法の数字だといいます。これは宇宙の自然な周波数で、自然治癒力がアップし、音楽を一層魅力的なものにするとして話題となりました。 A(ラ)の音を一般的な440Hz(一般的な調律の際の音高の標準)から若干低めるだけで、宇宙の神秘を手にできるとまことしやかに囁かれています。

 とりあえずは440HZと432HZを先入観なしに聞き比べてみましょう。




1. チベット・ボウルやピタゴラス・モノコードなどの古代の楽器は432Hzを基準としていた

 Hzは1930年代に考案され、それ以前は”サイクル・パー・セカンド”と呼ばれ、正確に計測できるようになったのは、フェリックス・サヴァールがサヴァールの車輪を、ヨハン・シャイブラーがトノメーターを発明した1834年のことです。また、その測定が試みられるようになったのは16世紀に入ってからのことです。したがって古代の楽器が意図的に432Hzを選んで調律されたとは考えにくい。


2. ピタゴラス音律は432Hzだった

 ピタゴラス音律は比率に基づいており、絶対的というよりは基準ピッチに対して相対的なものです。ピタゴラスがHzを知っていたはずはありません。

 Cが1ならばAは27/16(すわなわち432/256)で、確かに432はCとAの比率の倍数ですが、これはどんな基本周波数にも当てはめることができ、特定のHzとは関係がありません。

 ピタゴラス音律は完全五度に基づきます。しかし五度を循環させても、どれかを半音下げない限りは循環が完成することはありません。

 つまりピタゴラス音律は各オクターブに一貫性を持たせるために、それぞれの調律を下げなければならない。こうすると平均律が均等でなくなり、複雑なハーモニーを奏でられなくなります。これがピタゴラス音律が現在利用されなくなった理由です。


3. モーツァルトはすべての楽曲に432Hzを用いた

 モーツァルトが実際に使用したという音を知る唯一の手がかりは、1780年の音叉で、これは21.6Hzでした。この音叉は当代一のピアノ職人ヨハン・アンドレアス・シュタインが使用してた音叉の音です。彼のピアノはモーツァルト以外にも、ハイドンやベートーベンも用いていました。したがって、彼らはA = 421.6Hzを使用してた可能性が高い。

 それより30年前、イングランドでヘンデルが使用していた音叉は422.5Hzで、モーツァルトのものに近い。が、432Hzとはかなり違います。


4. ヴェルディはすべての楽曲に432Hzを用いた

 ヴェルディは生涯を通じていくつかの調律を用いました。当時、オーケストラに華やかさを与えるためにピッチ基準がインフレ状態でした。こうした状況について、彼はオペラ歌手が高音を歌えなくなるとして懸念していました。

 ヴェルディは自身が作曲したレクイエムに435Hz(1859年当時、フランスの標準調子)を用いるよう要請しましたが、後年になって432Hzが望ましい旨をほのめかしています。そういった意味では、ヴェルディは、432Hzに言及した唯一の作曲家です。


5. かつて432hzが一般的であったのに、我々は祖先の知恵を忘れてしまった

 音楽学者のアレキサンダー・ジョン・エリスは古代のパイプオルガンと音叉を調査し、その音程をグラフに書き留めました。

 そして発見したのが、432Hzについて言及があるのは、1880年のイタリア(ヴェルディによる)のみであったことです。彼の目的が演奏上の理由であったことはすでに述べましたが、基準ができるまで、Aの音は400Hzから460Hzまで変動しています。


6. 432Hzは心臓・脳・地球・太陽・水の周波数である



 臓の周波数は1~2.5Hzまで変動します。安定して432Hzの約数になることはありません。脳あるいは神経振動は1~70Hz。8Hzや他の432Hzの約数にはなりません。地球から発生する電磁振動をシューマン共鳴といいます。その1つは平均7.83Hzで共鳴しています。55でかければ = 430.65Hzになるが、ぴったりではありません。

 太陽からの超音波振動の計測結果は5.964ギガHzでした。偶然142Hz(144Hzではない)になるには周波数が42,000分の1にならなければならないし、それでもA = 426Hzにしかなりません。

 水の分子もまた振動していますが、それは赤外線スペクトル(90~11テラHz)に近い広帯域です。広すぎて、432Hzどころか、どの特定の周波数にも好まれません。


7. ゲッベルスとナチスは440Hzで世界征服を目論んだ

 「ナチ政権がどの周波数が最も恐怖と攻撃性を引き起こすかを研究し、その結果440Hzのピッチを国際標準に採用することを支持した」という陰謀論があります。しかし国際的に440Hzを基準として用いる合意がなされたのは、1939年、ロンドンで開催された国際会議です。つまり首謀者は英国規格協会です。


8. サイマティクス(物体の固有振動を可視化する研究)によって432Hzが水と宇宙の周波数であることが証明さた

 432Hz説の証拠とされる美しい動画やイメージがいくつか存在します。しかし、それは共鳴体(水や金属板)という、様々な周波数に共鳴するようチューニングできる代物によって作られました。

 すなわちバイオリンやギターが用いる440Hzに共鳴するようチューニングした共鳴体を用いれば、しいサイマティック形状が作られるということです。その幾何学的図形は定常波という現象によって作られたものです。


9. A = 432Hzにすると音楽はより美しくなる

 音楽の感性は人それぞれです。音楽家は基本周波数として440Hzの使用を強制されているわけではなく、世界各地のオーケストラが演奏に応じて様々なピッチを用いています。

 一般的には、バロック音楽ならA = 415Hz、古典や初期ロマン主義時代ならおよそ425Hz、それ以降なら440Hzといった具合です。


 結論を言うと、432Hzは調律基準の選択肢の1つであり特別な意味はないようです。特定の周波数に調律したからといって、宇宙のパワーが解き放たれることも、音楽が殊更美しくなることもありません。ただし、プラセボ効果的なものはあるようです。偽薬に健康効果があるように、432Hzの音楽が素晴らしいものだと実感できれば、それ相応の癒し効果も得られることでしょう。

 自分が何を信じ、どう感じるかで、その結果が変わるのはなにもこれに限ったことではありません。さらなる可能性を追求したいなら、楽曲や歴史的背景に応じてチューニングをいろいろ変えてみて、自分だけの癒しの周波数を探してみるのもいいかもしれません。

(ASK・AUDIO―カラパイアより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する