救いは我らに来たれり(BWV9)

 今日は三位一体主日後第6主日です。BACHはライプツィヒの第2年目にコラール・カンタータを集中的に作曲しましたが、完全な年巻を完成できなかったため、後年これを補う作業が行われました。1932年にBWV9が補われ、1732.7.20、ライプツィヒで初演されたのが、このコラール・カンタータです。


b70d652ef2466278233d507ebe2bebf3.jpg


 この日の福音書の章句は「殺すなかれ、人を殺したものは裁きを受ける」という律法の再解釈です。イエスは、自分は律法を廃棄するためではなく、それを満たすために来たと述べ、殺人の禁止を、すべての怒りや争いへの戒めとして解釈し直します。

 この曲はパウル・スペラートゥス作詞の同名コラールを基にしています。


 シギスヴァルト・クイケン指揮、 ラ・プティット・バンド 、鈴木美登里(S)、マグダレナ・コジェナー(MS)、クヌート・ショッホ(テノール)、ヤン・ファン・デア・クラッベン(B)の演奏でお聴きください。





救いは我らに来たれり(BWV9)

1.コラール(合唱)

Es ist das Heil uns kommen her

救いが私たちにもたらされた

von Gnad' und lauter Güte;

恵みとただ慈しみの御心によって。

die Werk' die helfen nimmermehr,

人の行いは何の役にもたたない、

sie mögen nicht behüten;

それは私たちの守りにはならない。

der Glaub' sieht Jesum Christum an,

だが信仰はイエス・キリストを見つめる、

der hat g'nug für uns all getan,

私たちすべてのために十分なことを為してくださった方を、

er ist der Mittler worden.

彼こそが神と人との仲介者となられたのだ。

2.レチタティーボ(バス)

Gott gab uns ein Gesetz, doch waren wir zu schwach,

神は私たちに律法を与えられたが、私たちはあまりに弱く

daß wir es hätten halten können.

それを守ることなど及びも付かなかった。

Wir gingen nur den Sünden nach,

私たちはただ罪の道に従い、

kein Mensch war fromm zu nennen;

正しい者と呼ばれるべき人は一人もいなかった。

der Geist blieb an dem Fleische kleben

霊は肉にへばりついたままで

und wagte nicht zu widerstreben.

罪にあらがおうとさえしなかったのだ。

Wir sollten in Gesetze gehn

私たちは律法の道を歩み

und dort als wie in einem Spiegel sehn,

そこでまるで鏡に映すようにして、

wie unsere Natur unartig sei:

私たちの本性がいかによこしまなものか知るほかになかった。

Und dennoch blieben wir dabei.

それなのに私たちはその罪にとどまるばかりだった。

Aus eigner Kraft war niemand fähig,

自分の力では誰一人として

der Sünden Unart zu verlassen,

罪のよこしまから逃れることはできない、

er mocht’ auch alle Kraft zusammenfassen.

たとえ自分の全ての力を呼び起こしたとしても。

3.アリア(テノール)

Wir waren schon zu tief gesunken,

私たちはもはやあまりにも深く沈み込み、

der Abgrund schluckt uns völlig ein,

深淵が私たちを飲み込もうとしている、

die Tiefe drohte schon den Tod,

奈落はまさに死の恐怖を突きつけ、

und dennoch konnt in solcher Not

そのような窮地にもかかわらず、

uns keine Hand behülflich sein.

私たちにさしのべられる手はどこにもない。

4.レチタティーボ(バス)

Doch mußte das Gesetz erfüllet werden;

けれども律法は成就されなければならない。

deswegen kam das Heil der Erden,

それゆえにこの世の救いが現れた、

des Höchsten Sohn, der hat es selbst erfüllt

いと高き神の子の救いが、彼は律法を自ら成就し

und seines Vaters Zorn gestillt.

そして父なる神の怒りを鎮められた。

Durch sein unschuldig Sterben

彼の罪なき死を通して

ließ er uns Hülf’ erwerben;

私たちに救いを得させてくださった。

wer nun demselben traut,

今や彼を信じ、

wer auf sein Leiden baut,

彼の受難に依り頼むならば、

der gehet nicht verloren.

その人は滅びることがない。

Der Himmel ist vor den erkoren,

神の国はあなたがた選ばれた者の前にある。

der wahren Glauben mit sich bringt

真の信仰を抱き

und fest um Jesu Armen schlingt.

イエスに固くすがりつく者の前に。

5.アリア 二重唱(ソプラノとアルト)

Herr, du siehst statt guter Werke

主よ、あなたは善い行いには目を留めず、

auf des Herzens Glaubensstärke,

その心の信仰の強さに目を留められます

nur den Glauben nimmst du an.

あなたが嘉せられるのはただ信仰のみです。

Nur der Glaube macht gerecht,

ただ信仰だけが人を義とし、

alles andre scheint zu schlecht,

その他の全てのものは、

als daß es uns helfen kann.

私たちを救うためには無益なのです。

6.レチタティーヴォ(バス)

Wenn wir die Sünd’ aus dem Gesetz erkennen,

私たちが律法によって罪に気がつくならば、

so schlägt es das Gewissen nieder;

それによって良心は打ちのめされる。

doch ist das unser Trost zu nennen,

けれども私たちの慰めと言うべきなのは

daß wir im Evangelio

私たちが福音においては

gleich wieder froh

すぐに再び晴れやかに

und freudig werden:

喜びに満ちることだ。

dies, dies stärket unsern Glauben wieder.

まさにこのことが、また私たちの信仰を強めてくれる。

Drauf hoffen wir der Zeit,

このことによって私たちは

die Gottes Gütigkeit

神が慈愛をもって私たちに

uns zugesaget hat,

約束された時を待ち望む。

doch aber auch aus weisem Rat

しかしまた神は深い配慮から

die Stunde uns verschwiegen.

その時を私たちに隠された。

Jedoch, wir lassen uns begnügen;

けれども、私たちはそのことに満足する。

er weiß es, wenn es nötig ist,

神はそれが必要な時を知り給い、

und brauchet keine List

そして私たちに対しては何の策略も

an uns: Wir dürfen auf ihn bauen

必要とされないのだから。私たちは神を信頼し

und ihm allein vertrauen.

ただ神のみに依り頼めば良いのだ。

7.コラール(合唱)

Ob sich's anließ, als wollt' er nicht,

たとえ神には人を救うお気持ちなどなさそうに思えても、

laß dich es nicht erschrecken,

そのことにおびえるな。

denn wo er ist am besten mit,

というのは、神が最も近く共におられるときは

da will er's nicht entdecken;

神はそのことを明かそうとされないのだから。

sein Wort laß dir gewisser sein,

神の言葉にさらに確信を持ち、

und ob dein Herz spräch lauter Nein,

そしてもしあなたの心がただただ「否」と言うとしても

so lass doch dir nicht grauen.

それでもなお恐れるな。

                   対訳:葛の葉


マタイによる福音書 第5章 20-26

言っておくが、あなたがたの義が律法学者やファリサイ派の人々の義にまさっていなければ、あなたがたは決して天の国に入ることができない。

「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。

しかし、私は言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。

だから、あなたが祭壇に供え物を捧げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、

その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を捧げなさい。

あなたを訴える人と一緒に道を行く場合途中で早く和解しなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡し、あなたは牢に投げ込まれるに違いない。

はっきり言っておく。最後の一クァドランスを返すまで、決してそこから出ることはできない。」

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する