歯を20本以上を残すための4つの対策

 日本人の平均寿命は延びていますが、歯の寿命はそれに追いついていません。成人の歯は親知らずも入れて全部で32本ですが、40歳代を境に急速に減り、多くの人が60歳代で20本近くまで減ってしまうのが現状です。

 歯を失う原因として大きいのは「虫歯」と「歯周病」です。米国歯科学会(ADA)によると、高齢者になって歯を失わないでいるために、成年や壮年期から対策を始めることが必要だといいます。


shutterstock_526549270-1340x1035.jpg


大人の虫歯が気が付かないうちに進行しやすい

 虫歯菌は糖質を栄養にして、ねばねばした物質を作ります。それが食べかすとともに歯垢(プラーク)となり、その中で虫歯菌がさらに増えて酸を作り、歯のエナメル質を溶かして虫歯になります。特に大人が虫歯になりやすい箇所は、「歯と歯の間」「歯の根元」、以前治療をした「詰め物と歯の隙間」です。歯と歯の間と歯の根元は手入れが行き届きにくいため、プラークがつきやすくなります。

 特に、「歯の根元」は、加齢によって歯ぐきが下がり、歯ぐきに守られていた箇所が露出してしまうと、その部分が虫歯になりやすくなるので注意が必要です。


歯周病が40歳以降に歯を失う原因に

 一方、歯周病は、歯と歯ぐきの境目にプラークや歯石がたまり、その中にいる歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こすことで発症します。歯ぐきの出血や腫れが続くと、やがて歯ぐきや歯ぐきの中にある骨(歯槽骨)などが破壊され、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

 最近は若い人の歯周病が増え、40歳以上で80%に達しているといいます。歯周病は年齢とともに悪化して、40歳以降に急速に歯が失われていく原因となります。

 糖尿病の人は特に注意が必要です。糖尿病の人とそうでないとはほぼ同じ割合で歯周病にかかりますが、糖尿病の人のほうが歯周病が悪化しやすい傾向がみられます。糖尿病と歯の管理を両立することが大切となります。


口の中の健康を保つためのチェックリスト

 成年や壮年期には、仕事や家庭の忙しさにかまけて、つい歯や歯ぐきの小な異常を見逃しやすくなります。以下のあてはまる症状があったら、すぐにかかりつけ歯科医に相談しましょう。


□ 歯垢(プラーク)・歯石が付いている

□ 歯肉が腫れる

□ 口の中が粘る

□ 息がくさい

□ 噛むと痛い

□ 歯肉が腫れる

□ 歯肉から出血する

□ 歯と歯の間にすき間ができている

□ 歯がぐらぐらする


 40歳以上になって歯を失わないでいるために、成年や壮年期から対策を始めることが必要です。歯が抜ける原因の多くは歯周病で、歯周病には軽度な歯肉炎と進行した歯周炎があります。


● 週に1回以上は鏡で自分の歯ぐきの状態を観察しよう。

● 定期的に歯石をとるなど、歯のクリーニングを受けよう。

● 歯や口の状態にあった歯みがき方法を身につけよう。

● 口臭予防のために口のケアをしよう。


歯磨きが基本 毎日のセルフケアが重要

 歯周病が疑われて歯科を受診した場合、まず、歯や歯ぐきの状態を調べる「歯周組織検査」が行われます。この検査で歯周病と診断された場合に、「歯磨きの指導」と「歯石の除去」が行われます。その後、「再評価」を行い、改善がみられない場合は「歯周外科手術」が行われます。

 歯周病と診断された場合、まず必要なのは歯磨きの指導です。歯周病の原因はプラークなので、自分で行う毎日のケアが重要とります。

 歯に対してブラシを90度に当てて磨く「スクラッビング法」や歯と歯ぐきの間にブラシを45度に当てて磨く「バス法」などの磨き方は効果的にプラークを落とすことができます。

 内科的な健診と同様に、歯科健診も半年に1回は受けるよう心がけます。最寄りの歯科医院、あるいは健診によっては市町村の保健センターや指定歯科医療機関などでも受けられます。

 歯石は、プラークがミネラルなどを吸着して石のように硬くなったもので、そこが細菌のすみかとなって毒素をため込み、この毒素が歯周病の炎症を進めてしまいます。歯石は歯科でスケーラ-という器具を使用して除去します。主に手用スケーラーで削り取る方法と超音波スケーラ-で粉砕する方法の2種類があります。

 また、歯石の除去とセットで、歯周ポケット内部の歯石や歯根表面の汚染されたセメント質を除去し、歯の根をなめらかにする処置である「ルートプレーニング」などが行われます。

(保健指導リソースガイドより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する